Gears of War 2(ギアーズ オブ ウォー2)のネタバレ解説・考察まとめ

『Gears of War 2』(ギアーズオブウォー2)は前作『Gears of War』 の続編であり、、エピックゲームズが開発し、マイクロソフトから発売されたXbox 360用のアクションアドベンチャーゲーム(サードパーソン・シューティングゲーム)である。日本語版のキャッチコピーは「あがけ、生きろ」。

『Gears of War 2』の概要

前作『Gears of War』の続編であり、ゲームエンジンの「アンリアルエンジン3.5」によるグラフィックの強化と描画力の向上でキャラクターを10体程度しか表現できなかった前作とは違い、同時に数十体表現可能になり、大規模な戦いを表現できるようになっている。より快適に動作するようになったカバーアクションや新たなモーションのミートシールド、マルチプレーに新たな楽しさを生み出した「ホード」による協力プレーなど後々のナンバリングタイトルのゲームプレーを決定づけた作品となっている。
2008年11月7日に北米、ヨーロッパ、アジアにて同時発売され、日本版は2009年7月30日に海外でDLCとして発売されたマルチプレイヤー用マップパック3種と、新チャプター『ネクサスへの道』を同梱した拡張ディスク「All Fronts Collection」を一枚のゲームディスクに収録して発売された。

『Gears of War2』のあらすじ・ストーリー

地球によく似た惑星「セラ」に住む人類はイミルシュオンという地下資源をめぐって世界中を巻き込んだ戦争を行っていた、各国が戦争中の中ある日「ローカスト」と呼ばれる謎の生命体による攻撃を受ける事になる。ローカストの攻撃によって最初の24時間で人類の25%が死亡し人類の世界大戦はここに終結する。のちに「エマージェンスデイ」と呼ばれるこの出来事ののち、人類の絶滅のみが目的のローカストを前に人類は為すすべもなく劣勢に追いやられていく。
人類はローカストに反撃するために敵の住む地下世界に「ライトマスボム」を使用する「ライトマス作戦」によって敵を一網打尽にする計画を立てる。実行部隊のマーカス・フェニックス率いるデルタ部隊がライトマス爆弾によってローカストの指揮官、ラーム将軍の撃破とローカストの殲滅に成功した統一連邦政府(COG)であったが、破壊できたのは一部の戦力だけでありローカストは未だ健在であった。
ローカスト軍は反撃のために人類最後の砦であるハシントに総攻撃を仕掛ける作戦を開始、人類もローカストの本拠地ネクサスに対して地下に総攻撃を行う作戦に出る事となる。両軍ともに本拠地に対し攻撃に出ることで大規模な戦闘になっていくのであった。

ACT.1 標的

病院を警護するマーカス(左)とドム(右)その前に現れる新兵のカーマイン

ハシントにある病院を警護する任務に就いているマーカスとドム、そしてアーニャがいた。ドムはアーニャにローカストが戦争を仕掛けてきたときに生き別れた妻のマリアの捜索を手伝ってもらっている。その3人の前に新人の兵士であるカーマインが援軍として参加するために重い荷物を持って現れた。マーカスは兵士であるが実戦経験のないカーマインを訓練するのであった。

いかにも戦士といった風貌のタイ・カリーソ、数々の戦場を潜り抜け不死身の男と言われている歴戦の兵士

その時、病院はローカストの襲撃にあう事になり新人のカーマインを待機させてドムと二人で襲撃してきたローカスト反撃するために病院内に入るマーカス達であった。そこには顔にタゥーの入った歴戦の兵士タイがいた。三人でローカストをなんとか撃退し、待機していたカーマインと合流した。司令部のアーニャから連絡が入る、ドムは妻のマリアが病院から2~3日前にいなくなったという報告であった、もうすぐ見つけられるという期待が外れドムは怒りに任せて近くにある車を殴りつけるのであった。

COGの兵士を前に総攻撃のために演説するプレスコット議長

その頃、統一連合政府軍は起死回生の策として大量の兵士を地底へ直接突入させてローカストの本拠地を叩く作戦を可決する。作戦実行の日、兵達は指導者のプレスコット議長の演説もあって皆が士気高く、人類の明日を勝ち取る為に意気込んでいた

アサルトデリックの運転手ディジー

マーカス、ドム、カーマイン、タイの4人は地底進行作戦に参加するために集合場所にレイヴンで移動する。到着した一行の前にディジーというハットを被った中年の兵士が待ち構えていた、彼は作戦に必要な地底掘削用ポッドを積んだアサルトデリックという車両の運転手でる。
4人を乗せたアサルトデリックの進行を邪魔するようにローカストの大軍が押し寄せる。

スコージの襲撃に応戦するディジー

作戦地点に到着したデルタ部隊はポッドに乗り込み降下の準備を開始する、そこにローカストの指揮官スコージが単身アサルトデリックに乗り込んできた。ポッドの起動を邪魔させまいとディジーとタイが応戦するも苦戦している姿を見てマーカスは助けに行こうとするがポッドの安全装置が作動していて身動きが取れない。どうすることもできずポッドは起動し地底へと射出された。

ACT.2 地底の居住者

地下にたどり着いたマーカスとドムであったがカーマインとはぐれてしまい彼との合流を急ぐ。

地底に到着したマーカスとドム、しかし通信は地上とは繋がらない状態であったが近距離の通信は可能との事、別のポッドで地下に潜っていたカーマインと連絡は取れたものの大きくコースを外れてマーカス達とはぐれてしまった。マーカスとドムははぐれたカーマインとの合流を急ぐ。
カーマインを発見したマーカス達であったがカーマインはローカストに囲まれていた。包囲していたローカストを撃退したマーカスはカーマインと合流して先を急ぐ。

カンタスはローカストの司祭である、叫び声をあげるとティッカーを呼び出し攻撃を仕掛けてくる。

マーカスの元に回復した司令部の通信から連絡が入る、イリマシティーで地震が発生しているという情報とドムの妻が地下に避難している難民達と一緒に行動しているかもしれないという情報だ、ドムは期待と不安を胸に更に地下奥深くと進むのであった。
地下にはローカストの建造物が建っておりそこにはローカストの司祭カンタスが待ち構えていた、絶叫を上げなが仲間のローカストを集めるカンタスに手を焼くマーカス達であったがなんとか地下の最深部にたどり着いた。

不死身の男タイが自ら命を絶つほどにローカストの拷問は激しいようだ。

大きな門を開けるとスコージが巨大なワーム(リフトワーム)を操っている、ローカストはリフトワームを利用し街を陥没させていって最後にハシントを沈める作戦を行っていた。先程の地震はリフトワームの所為であったのだ。
ワームの掘った穴から地上に出たマーカス達は壊滅したイリマシティーを通り、仲間と合流を図ろうとするとそこにはコールの姿があった。コールと合流しべアードがローカストに捕まっているという事を聞き、べアードを探す事になる。
一行はまた地下に戻りべアードが捕まっている檻を発見した。べアードは無事のようだ。他に捕虜はいないか探す事になるが途中で捕虜輸送船を乗っ取る事に成功。その中にはタイが捕まっていた、タイを檻から逃すも全身傷だらけで激しい拷問を受けどうも様子がおかしい、タイに銃を渡し脱出するようにマーカスが言ったその時、タイは自ら頭に銃を撃ち命を絶った。タイを失ったデルタ部隊はなんとか地上に脱出しレイヴンに乗った。

pippisan
pippisan
@pippisan

Related Articles関連記事

Gears of War(ギアーズ オブ ウォー)のネタバレ解説・考察まとめ

『Gears of War』(ギアーズ・オブ・ウォー)は2006年アメリカのゲーム開発会社エピックゲームズが開発し、マイクロソフトから発売されたXbox 360用のサードパーソン・シューティングゲーム(TPS)である。 本作の「アンリアルエンジン3」を用いた美しいグラフィック、過激なゴア表現、ボタン一つで行えるスピード感あふれるカバーアクションは後のTPSに多大な影響を与えた。TPSにおける記念碑的な作品といえる。

Read Article

Fortnite(フォートナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fortnite』とは、米国Epic Games社によって開発・配信された基本無料の三人称視点のオンライン対戦型シューティングバトルロイヤルゲームである。合計100人の同時接続プレイヤーが一つの島に降り立ち最後の1人になるまで戦い抜く。 建築システムを採用しており、プレイヤーは島内へ自由に構造物を建築する事ができるようになっており陣取り・カバーの取り合いによる銃撃戦のみならず、いかに素早く建築をこなして有利を得るかを争う「建築合戦」が醍醐味。有料でストラテジーゲーム「世界を救え」も遊べる。

Read Article

【あつ森】フォートナイトを再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気ゲーム『フォートナイト』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents