僕は友達が少ない(はがない)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕は友達が少ない』は、平坂読による日本のライトノベルを原作としたアニメ作品。本作は「残念系青春ラブコメ」というキャッチコピーを持っており、他のラブコメ作品とは一味違う、ちょっと残念な、でも憎めないキャラクター達が魅力である。主人公の羽瀬川小鷹は、中身は普通なのにヤンキーっぽい見た目で怖がられてしまい、友達を作れずにいた。そんな時にいつも不機嫌そうで同じく友達が作れずにいる少女、三日月夜空と出会う。そして「隣人部」という友達作りを目指す部活を作ることになる。果たして彼らは本当の友達を作れるのか。

出典: twitter.com

CV:加藤英美里

マリアの姉。小鷹達よりも1歳年下で妹と同じく学園のシスターである。外見は銀髪碧眼の美少女なのだが言動や行動が下品で、人前でも平気でゲップやおならをするなど、残念系美少女である。マリアに対しては厳しく躾を行っているために煙たがられているが、実は凄まじいシスコンである。

遊佐 葵(ゆさ あおい)

CV:伊瀬茉莉也

聖クロニカ学園高等部2年3組。生徒会会計を務めている。小柄な体格で、赤い髪型が特徴的。期末試験で常に星奈の下である学年2位のため、星奈をライバル視している。その一方で星奈のことを高く評価しており、星奈の可能性を潰している隣人部を生徒会の権限を使って廃部させようとする。しかし夜空と星奈の圧力によって泣く泣く諦めることになる。

日高 日向(ひだか ひなた)

出典: rancolle.com

CV:日笠陽子

聖クロニカ学園高等部3年生。容姿端麗で運動万能。美しい容姿とはうらはらに、男っぽい豪快な口調で大らかな性格である。小鷹の人間性を気に入り生徒会入会を勧めた。

麻田(あさだ)

出典: www.anikore.jp

CV:芹亜希子

小鷹が転校初日に授業をしていた、世界史の担任教師である。見た目は黒髪の美人で、金髪の小鷹にビビっていた。

ミキ、タケオ、ハルコ

CV:平田真菜(ミキ)、椎橋和義(タケオ)、川上千尋(ハルコ)

文化祭で小鳩主演の映画を隣人部皆で見に行った際に、小鳩と仲良くなりたいけど人見知りされてしまうということを小鷹に話していたメンバー。学年は小鳩と同じ中等部2年でクラスは2組である。

柏崎家とその関係者

柏崎 天馬(かしわざき ぺがさす)

CV:置鮎龍太郎

星奈の父親で、聖クロニカ学園理事長。着物に縛った長髪という和風な見た目。「天馬」と書いて「ぺがさす」と読む自身の名前が恥ずかしいらしい。酒に弱く、小鷹と飲んでいるとすぐに酔っ払い、星奈と小鷹は付き合っているという誤解を招く。小鷹の父のことを今でも無二の親友だと考えており、小鷹はよく思い出話に付き合わされる。

ステラ・レッドフィールド

出典: blog.livedoor.jp

CV :柚木涼香

柏崎家に仕えるメイド。金髪セミショートヘアで碧眼の美女。年齢は22歳。冷静かつ無表情で物怖じしない性格だが、冗談好きな面白い一面もある。料理はもちろん、星奈のヘアメイクや服装選びまでこなしている。寝るときは全裸らしい。

鉄の死霊術師

レイス・フォン・ドラキュリア・屍(レイス・フォン・ドラキュリア・しかばね)

出典: www.anikore.jp

CV:中村知子

金髪美少女で、左右の目がそれぞれ青と赤のカラーをしている。格好はゴスロリ系で、普段は犬のぬいぐるみを持っている。魔力を持っている設定で、小鳩はこのキャラに憧れて、コスプレや中二病な言動をしている

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

妹さえいればいい。(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妹さえいればいい。』とは、平坂読による青春ラブコメライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品である。 今をときめくライトノベル業界を彩る作家たちを舞台に妹をこよなく愛する小説家『羽嶋伊月』を中心とした個性豊かな登場人物たちが繰り広げていく、青春ラブコメ作品。

Read Article

「僕は友達が少ない」に作家が込めた「毒」とは?

先日、最終巻が発売された人気ライトノベル「僕は友達が少ない」(通称「はがない」)。ラノベ読み界隈ではいろいろと物議をかもすような締めくくりになっているようですが、自分としては作者の平坂読さんが言うように「青春モノの終幕は、これが一番しっくりくる」ように思えます。ラストシーンで自分の高校生活を振り返って「いい青春だった」と締めくくった主人公ですが、そう言えるほどのものだったのでしょうか?

Read Article

目次 - Contents