ウィザードリィ #2(Wizardry #2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。
「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第二作。「ダバルプスの呪いの穴」に消えた、リルガミンの街を守護する「ニルダの杖」を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

『ウィザードリィ #2』の概要

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。
米国版オリジナルのメイン製作者はロバート・ウッドヘッド(Robert Woodhead)とアンドリュー・グリーンバーグ(Andrew C. Greenberg)である。
日本語版は1986年に国産パソコン版の移植、1990年にファミリー・コンピュータ版の移植(ゲームスタジオ)が行われ、両者ともアスキーが販売。FC版は#2と#3が入れ替わっているため、タイトルは『ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士』となった。BGMは羽田健太郎、モンスターグラフィックのデザインは末弥純が手掛けた。
1993年にはPCエンジン版(販売:ナグザット 開発:アクセス)。1998年にもプレイステーション1とセガサターン、Windowsへの移植が株式会社ローカスによって行われ、#1~#3をひとつにまとめた『リルガミンサーガ』というタイトルで販売している(なおセガサターン版のみ、オリジナルのボーナスダンジョンが追加されている)。この『リルガミンサーガ』においても楽曲は羽田健太郎、イラストは末弥純が提供している。
また1999年にはスーパーファミコン版『ストーリーオブリルガミン』、2001年にはゲームボーイカラー版『ウィザードリィIII』がリリースされている。

パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する。いわゆる「ハック&スラッシュ」と呼ばれるスタイルを確立した古典RPGシリーズ第二作。
特徴的なのは「#1で育てた高レベルのキャラクターを転送できる」というシステムで、続編というより追加シナリオのような立ち位置である。
FC版ではこの転送要素が商業的に難しいと判断され、先に#3が『ウィザードリィII リルガミンの遺産』として発売される事に。
ファミコン移植にあたり本作は、1レベルからでもプレイできるよう、モンスターの強さ・呪文等が大幅にバランス調整され、隠しエリアや隠しボスが追加された『ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士』というタイトルになった(こうした経緯のため、本作は単純なナンバリングではなく、副題のイニシャルを取って「KOD」と呼称される事が多い)。
結果としてこれらの調整は大成功を収め、日本語FC版の本作はダンジョンRPGとしては屈指の名作という評価を得るに至る。後の国産外伝シリーズの定番「クリア後のエクストラダンジョン」の伝統はこの時から始まった。

「リルガミンの街に再び神の加護を得るため、伝説のダイヤモンドの騎士の装備を集めて、ニルダの杖を迷宮から持ち帰る」というのが、#2の大まかなストーリーである。

『ウィザードリィ #2』のあらすじ・ストーリー

ニルダの杖に守護される街・リルガミン

リルガミンの街

歴史上最高レベルの鍛造技術によって造られ、強力な魔力を秘めた「ニルダの杖」に守護される街・リルガミン。
「ニルダの杖」の防御力は凄まじく、リルガミンを害する意思を持つ者は街に近づく事すらできない。ニルダの杖の加護は盤石であると思われた。

邪悪な魔人・ダバルプスの暴虐

王家を滅ぼす魔人ダバルプス

だがニルダの杖には弱点があった。外からの脅威には完璧だが、リルガミンの中からの悪意に対しては無防備だったのだ。
かくしてリルガミンの街で育った邪悪なる魔人・ダバルプスはリルガミン王家を滅ぼし、闇の力で街を支配した。

マルグダ王女・アラビク王子の放浪

放浪するアラビク王子(左)とマルグダ王女

リルガミン王家でダバルプスの襲撃を逃れ、幸運にも生き残ったのはマルグダ・アラビクの姉弟のみ。
彼らはダバルプスを倒すため、伝説の「ダイヤモンドの騎士」の装備を求めた。

伝説の「ダイヤモンドの騎士」装備の探索

伝説の「ダイヤモンドの騎士」の装備

放浪の末「ダイヤモンドの騎士」の鎧・盾・兜・小手、そして伝説の聖剣「ハースニール」を入手したアラビクとマルグダ。
二人は王家の仇たる魔人ダバルプスに復讐を挑む。

ダバルプスとの決戦と、「呪いの穴」の出現

魔人ダバルプスを打ち倒すアラビク王子(右)

「ダイヤモンドの騎士」の武具に身を固めたアラビク王子は、激闘の末魔人ダバルプスを打ち倒した。
だがダバルプスは死の間際に呪いの言葉を吐き、ニルダの杖・アラビク王子ともども煙を噴き上げる穴に引きずり込まれてしまう。

マルグダ王女の御触れ

出現したダバルプスの呪いの穴

ダバルプスの死と共に出現した地下迷宮は「ダバルプスの呪いの穴」と呼ばれた。
生き残ったマルグダ王女は冒険者たちを募り、穴へと消えたニルダの杖の奪還を命じたのである。

ニルダの杖の奪還

再び集う冒険者たち

リルガミンの街には冒険者たちが集い、その中にはかの邪悪なる魔術師ワードナを倒した冒険者パーティもいた。
彼らの活躍により「呪いの穴」からニルダの杖は持ち帰られ、リルガミンに再び平和が戻ったのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウィザードリィ #4(Wizardry #4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第4作。第1作で倒された魔術師ワードナが主役となり、魔物を召喚し、冒険者たちを殺戮しつつ地上を目指し、奪われたアミュレット(護符)を取り戻すというストーリーである。

Read Article

ウィザードリィ #5(Wizardry #5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第5作。 世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちは世界を救うためソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。

Read Article

ウィザードリィ #1(Wizardry #1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #1』(Wizardry #1)とは、1981年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「狂王の試練場(Proving Grounds of the Mad Overlord)」。6人パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する、いわゆる「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第一作である。

Read Article

ウィザードリィ #3(Wizardry #3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)』とは、1983年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『リルガミンの遺産(Legacy of Llylgamyn)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第3作。世界的な天変地異の原因を探るべく、偉大なる龍ル・ケブレスの守る宝珠を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ外伝II(古代皇帝の呪い)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝II』とは、1992年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『古代皇帝の呪い(CURSE OF THE ANCIENT EMPEROR)』。日本国産ウィザードリィの第二作である。 城塞都市アルマールで遺跡が発掘され、埋葬された古代皇帝の呪いが災厄となって街を襲う。その災いを取り除くべく、冒険者たちが遺跡に挑むというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝IV(胎魔の鼓動)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝IV』とは、1996年に発売されたスーパーファミコン専用ソフトで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『胎魔の鼓動(THROB OF THE DEMON'S HERAT)』。日本国産ウィザードリィの第四作である。本作はオーソドックスなハック&スラッシュでありながら、和風テイストな舞台やイベント、ホラー要素を盛り込み、数多くのNPCとの交流や勢力争いを楽しめる。緋蓮城の先代城主の死に端を発する地方の反乱を治めるため、冒険者に「三種の神器」を集めさせるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝III(闇の聖典)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝III』とは、1993年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『闇の聖典(SCRIPTURE OF THE DARK)』。日本国産ウィザードリィの第三作である。 城塞都市ダリアを治めるアガン王が、黄金の仮面の呪いを受け狂気に陥り引きこもった。呪いを解き、王を正気に戻すため冒険者たちが集められるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝I(女王の受難)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝I』とは、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『女王の受難(SUFFERING OF THE QUEEN)』。日本国産ウィザードリィの記念すべき第一作である。 女王アイラスが即位してから災厄続きのリルガミンの街。宮廷魔術師タイロッサムまでもが裏切り「呪いの穴」に立て籠もった。彼を討伐すべく冒険者たちが召集される、というストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)』とは、2006年にWindowsで発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。日本国産の『ウィザードリィ』シリーズの1つである。 正伝シリーズへの原点回帰をうたい、初期の5種族8職業というシンプルなゲームシステムと、前作の『戦闘の監獄』のUI(ユーザーインターフェース)を採用。ストーリーが独立した公式5本のシナリオに加え、ユーザーが作成したシナリオを遊ぶ事もできるエディタが組み込まれている事が特徴。

Read Article

目次 - Contents