ACCA13区監察課(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。ACCA本部監察課副課長のジーン・オータスの過ごしていた平和な日常が少しずつ世界の陰謀に巻き込まれていく。その軸となるのは巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る男たちの’’粋’’様だ。食えないキャラクターたちが勢ぞろいする大人な雰囲気の作品となっている。

『ACCA13区監察課』の概要

『ACCA13区監察課(オノ・ナツメ作)』とは『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)にて2013年~2016年まで連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。『月刊ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス刊)2013年vol.7から2016年Vol.11まで連載した後、同誌にて2017年Vol.1から同年Vol.11まで番外編『ACCA13区監察課 P.S.』が連載された。単行本は本編が全6巻、番外編が全2巻発売されている。なおテレビアニメは2017年1月から同年3月まで放送され、2017年8月6日には、アニメ全12話の脚本を手掛けた鈴木智尋が物語を再構築した朗読音楽劇『ACCA13区監察課-Piece of Mind-』も制作された。また2019年10月には、ACCAアニメスタッフとキャストが再集結しオリジナルストーリーで描き出す後日談『ACCA13区監察課 Regards』が朗読音楽劇として展開され、2020年2月14日から全国「13」の映画館で1週間限定で劇場公開されるなど数々のメディアミックス展開もされた。また2017年11月には原作やアニメをもとに舞台化され、荒木宏文演じるジーンをはじめロッタの声はアニメと同じく悠木碧が演じた。
さらにスイーツパラダイスとコラボし『ACCA13区監察課』の世界観を表現したメニューなどが販売され、また2019年12月からは大阪、名古屋、東京にて『ACCA13区監察課』と『BADON(『月刊ビッグガンガン』連載中)』のコラボカフェを開催するなど飲食業界にも展開している。
巨大統一組織「ACCA」と「タバコ」を巡る陰謀にACCA本部監察課副課長、ジーン・オータスは平穏な日常から少しずつ巻き込まれていく。

『ACCA13区監察課』のあらすじ・ストーリー

テレビアニメ『ACCA13区監察課』

視察開始

ドーワー王国ではタバコは高級品で金持ちの道楽とされているが、周りの目を気にすることなく、地方の監視を担当している監察課の副課長・ジーン・オータスは道端でタバコを吸っていた。そんなある日ジーンが、政治とは独立した民間の組織・ACCAの本部を訪れるとACCA5長官会議で「監察課の廃止」が決定されたことを耳にする。しかし廃止が決まっても当初予定していた13区への視察は行ってほしい、と課長のオウルに言われジーンは広大な土地が広がるファーマス区へ向かうことになったのである。ファーマス支部駐在員リーダーのエイダーと合流し、視察を開始するがその途中で西署からのデータ送信時間がいつもより5分ずれていることにジーンは気づく。そして監察課員の改ざんと駐在員の不正を発見したジーンはなんとか視察を終えバードンに戻ってきた。そしてジーンは「監察課の廃止」がなくなり白紙に戻ったことを聞かされるのであった。

エイダーとともに視察するジーン

「監察課の廃止」を提案したグロッシュラー長官が、地方に不正があった場合にいち早く監察課が気づくことができるから、という理由で廃止を撤廃したことに疑問を持つリーリウムを含めた5長官達。そしてジーンは課長のオウルから、今までは2年に一度だった視察が今回は半年で残りの12区の視察をしてほしいと告げられ帰宅する。翌朝、5長官からのお達しに対して妹のロッタに「上から嫌われたんじゃない?」と言われげんなりするジーン。そんなジーンの次の視察先はACCA本部があるバードン区だった。
視察の途中でACCA本部のカフェに立ち寄ったジーンとACCA監察課バードン支部駐在員のグルスは、そこで5長官のうちのリーリウム、パインと遭う。リーリウムは監察課の廃止反対派でそれに関してグロッシュラーとは対立しているのだとジーンに告げる。しかしジーンは監察課廃止推進派のグロッシュラーの意見に賛同し「別の課への異動願を出しているが受理されない。監察課がいらないことは事実だ」と本音を明かす。そして残りの東署への視察を明日に持ち越し、ジーンは友人・ニーノと飲みに来ていた。

引き続きバードン区で視察を続けていたジーンは無くしたライターをレイル局員から取り戻した後、行きつけの食パン屋の前でニーノと遭遇する。そしてジーンは「最近見張られてる気がする」と元探偵でフリー記者のニーノに相談し「監察課が監察されてるのか」とニーノはからかうも、調査することに。それから間もなくしてジーンは視線を感じなくなった。その頃、ACCA上層部では臨時の5長官会議が開かれていた。グロッシュラーはACCA本部のクーデターに関する信憑性の高い情報を手に入れ、そして監察課の副課長のジーンが視察で地方に赴きクーデター派とコンタクトをとりクーデターに加担している、と明かしたのだ。そしてジーンに対してグロッシュラーは内務調査課の覆面局員を監視につけることにした。その正体は「クロウ」と名を変えたニーノだった。

引き続き、ジュモーク区に視察に向かったジーンはホテルで1本のタバコを受け取る。視察の途中でカメラマンとして来ていたニーノと出会い、仕事が終わったら飲みに行こうと約束する。その頃、ジーンが視察で留守にしている間、ロッタは監察課の課長オウルに声をかけられ、木の実がたっぷり入ったケーキを食べていた。オウルは、自分が乗り物に弱いことでジーンに視察を任せ留守にするため、ロッタに寂しい思いをさせている、とロッタに謝罪するがロッタは「気にしないでください」と笑顔で答えるのであった。
仕事を終えニーノと合流したジーンはお酒を飲みながら「お互いにずっと変わらない」とニーノとの高校時代のことを思い出していた。そして視察を終え、バードンに戻ってきたジーンは食パン屋に足を運びそこでACCA本部長のモーヴと遭遇する。そして彼女から食事に誘われるのだった。

食事に誘われたジーンはモーヴから「クーデターの噂を耳にしたことは?」と聞かれる。モーヴは独自で調査をするうちにただの噂ではないことを突き止めたがグロッシュラーからこれ以上の調査をやめるように通達を受けたため、ジーンが各支部を周りそこで得た情報を内々に伝えてほしい、と協力を依頼される。モーヴは、王位継承権を持つシュバーンが次期国王になっては平和な世の中とはいかない、クーデターの原因はそれを懸念する地方の有力者たちによるものだとジーンに告げる。そしてクーデターの噂は、ドーワー王室にも届いていたのだった。
ドーワー王室では王位後継者のシュバーン王子の成人記念式典が行われることになりACCA本部からは5長官、本部長と副本部長そして監察課からジーンとノットが出席することになったのだった。そして式典の取材に行くためニーノもジーンの妹・ロッタを連れてドーワー区へ向かうことに。式典が終わり、晩餐会の席でジーンはタバコを吸う、と言い自分に向けられる視線から逃げるように外へ出る。そして5長官の一人、リーリウムから「君はクーデター派の橋渡し役なのだ」と聞かされる。そしてリーリウムはさらに、クーデターの噂を作り広めたのはグロッシュラーなのだ、と告げる。

拉致されるジーン

そしてドーワーから戻ってきたばかりのジーンは次なる視察先、スイツ区へ出向いていた。伝統と格式を重んじるこの区では外部との接触が制限されており、ジーンもその閉ざされた町の雰囲気を感じていたのだ。視察に向かうためにスイツ支部駐在員・ウォーブラーと合流する。視察を進めていたジーンは昼食を買うためにウォーブラーが離れた一瞬のうちに、クーデターについての話をしていたスイツ区民によって拉致されてしまう。閉ざされたスイツ区を変えようとする区民たちの思いを聞き「5長官のいう’’クーデター’’とは違う」そう感じたジーンは、自らが管理人をつとめるマンションの住人は有力者揃いでスイツを変えるのに一役買ってくれるだろうと提案する。
しかし時すでに遅くクーデターが勃発してしまったのだ。スイツ区における「クーデター」とは区と平民たちとの衝突だと知ったジーンはウォーブラーとともに裏道を通って逃げていたが、平民たちに再び巻き込まれる。しかしそれを助けたのは一人の男だった。なんとか暴動は鎮圧し、スイツ区の現状に疑問を覚え反体制派と内通していたウォーブラーは「自分を逃がしてくれ」とジーンに懇願する。それを聞いたジーンは今回の暴動の件を外に持ち出さない代わりに、逮捕した者を開放するようにスイツ区支部長と交渉したのだ。そのおかげでウォーブラーの反体制派との内通の情報はもみ消されスイツ支部に残ることになったのである。

視線

ある日、王室近衛兵のマギーは部下をバードンへ向かわせ、ロッタの情報を集めるように指示していたが、白玉クリームあんみつに気を取られた部下はロッタを見失ってしまう。それに憤慨したマギーは自らバードンへ足を運ぶことになったのだ。いつも通りロッタがカフェでお茶をしているところをマギーは監視していたが同じくロッタにお近づきになろうとしていたレイルもその場にいたのだ。レイルは「なぜロッタを尾行しているのか」と聞くも、マギーは答えず、なんと食パンに夢中だったのだ。こうして食パンとトーストについて意気投合した二人はロッタについての情報を共有しあう仲になったのだ。
一方、スイツ区から戻ったジーンは課長のオウルに、今まで幾度となく出している異動願について、視察がすべて終わったら受理されるだろうかと尋ねる。しかし思うような答えは得られなかった。そしてジーンはACCA本部からの移動途中で車から声をかけるリーリウムと出会う。ジーンはその車中で「グロッシュラーとクーデターがつながらない」とリーリウムに告げ、さらに、自分につけている監視員はACCA局員なのか、と問う。そしてリーリウムは「君はその目に慣れすぎていて気付いていない」と明かしたのである。
そしてジーンは次の視察先、雪深いビッラ区へ。そこにはジーンの監視役として当然ニーノも来ていた。ホテルの前で立ち尽くしなかなかホテルに入らないジーンを不思議に思うニーノだったが、その瞬間遥か遠くからカメラを構えた自分に向かってなんとジーンは視線を向けたのである。ニーノは今まで全然自分の視線に気づかなかったジーンが、気づいてしまったことに唖然。

そんなニーノを知ってか知らずか、ジーンはACCA監察課ビッラ支部の駐在員リーダー・ダンリンとともに視察を開始する。そして視察と食事を済ませたジーンは雪深い山の中へ入っていく。「一日ぐらい食事に誘ってくると思ってた」と木の陰に隠れていたニーノに声をかけ、さらにスイツ区での暴動騒ぎの中助けてくれた奴の背中に見覚えがあった、と告げるジーン。「俺がお前を見ているのはACCAの務めじゃない。それ以上は今は言えない」とだけ告げ二人は雪山を後にするのだった。
ビッラ区から戻りロッタ、ニーノと食事をしていたジーンは年末が近づいているというのに休みもなく次の視察先、ロックス区へ向かうのだった。ACCA監察課ロックス区支部の駐在員リーダー・サンドパイパーやグロッシュラーと同じく長髪サラサラの男性が多いこの区の視察途中、ジーンは里帰りしていたグロッシュラーと出会う。そこでジーンは、13年前に隣のペシ区との区境で起きた列車事故で自分の両親は亡くなったことを明かした。ペシ区は何一つ責任を負おうとせず、ペシ区との争いを避けるためにロックス区が全責任を負い、そして当時支部長だったグロッシュラーは、国鉄をACCA傘下に加えることを提唱し実現、それ以降の鉄道事故が減少したことにジーンは感謝していると伝えるのだった。

ロックス区から視察を終え戻ったジーンはすぐさま行きつけの食パン屋へ向かい、そこでモーヴ本部長と会う。何も報告することがないと言ったジーンに対して「案外君は役に立たんな」と見切りをつけられてしまう。

そして監察課では、新年のカウントダウンをどうやって過ごそうかと話が盛り上がっていた。大手百貨店の支配人やらが住んでいるジーンのマンションでパーティが開催されることを知った、アトリ、ケリ、モズはノットとその家族とともにパーティに参加するのであった。そこには課長オウルの姿も。監察課のみんなや住民たちとジーンやロッタ、ニーノはつかの間の休息を得るのだった。そして年が明け、鐘が鳴り響き「ACCA誕生100周年」の年がスタートするのであった。
「ACCA誕生100周年」の挨拶を終え、グロッシュラーは、なぜジーンが監視をつけていることに気づいたのか、考えていた。そして普段姿を現すことのない談話室へやってきたグロッシュラーはリーリウムに「なぜ監視について漏らしたのか」と尋ねる。「動きが欲しいと思ったからだ」と告げるリーリウム。
その頃、長寿の区・ハレ区を訪れていたジーンはACCA監察課ハレ支部の駐在員リーダー・パルスとともに支部長や区長からおもてなしを受けていた。モーヴに何か報告できることがないかと支部長らからクーデターについて聞き出そうとするが何も収穫は得られなかった。

真実

モーヴから真実を告げられるジーン

次の視察先であるドーワー区で、ジーンは自分がクーデター派の橋渡し役になっていることや各長官たちの思惑について考えていた。しかし今後の情勢は「王室次第」だと考えることをやめ、視察に出るのであった。ロッタへのお土産を買おうと街を歩いていたジーンのもとにニーノが声をかける。お土産を買うには時間が遅いから明日にしようと告げられ、翌日ジーンとニーノはカフェにやってきていたがその日は「国王様のお出まし」がある日だった。お出ましの度に贔屓にしている菓子店を訪れる国王様はその場に居合わせたジーンとニーノに声をかけ一緒にケーキを食べることになったのだが、ニーノは国王様とジーンがケーキを食べているのをカメラ越しに見つめていた。

ドーワーから戻りロッタにお土産を渡すジーン。そんなジーンの次の視察先はチョコレートの名産地であり女性の活躍が著しいコロレー区だった。そしてジーンはモーヴ本部長と遭遇し「君は王族の人間だ」と衝撃の事実を明かされる。ジーンは、自分のことを語らせるべきやつがいる、とモーヴに告げる。

その頃王室では、次期国王シュバーンは第二王女の血を引いているかもしれないロッタが自分にとって邪魔になる存在なのかどうか調べるためにバードンへ行きたいとマギーに告げる。王族の血を引いていたとしても自分の王位継承権は変わらないと余裕を見せるシュバーンだが、マギーは「年の離れた兄がいる」と告げるのであった。

過去

雨の中、ニーノはコロレー区で「聞かせてくれる?」と言ったジーンに33年前のことを語り始める。

33年前、コロレーの短期留学から戻った王室のシュネー第二王女は、王家の人間はもっと自分の目で城の外を見るべき、とし自由と革新の思想を持っていた。そんなある日、シュネーのお付きであるアーベントは枢機院長のクヴァルムから極秘の任務を与えられる。ペシ区から順番に外遊するシュネーを小さな船に乗せ事故に見せかけ死を偽装し、除籍、さらにバードンへ逃げるように計画していたのだった。そしてアーベントは自分の従者をバードンへ同行させることにしたが、それは幼いころのニーノとその父親だった。
身分を隠しバードンへやってきたシュネーとアーベントだったが、シュネーはそれぞれの生き方を全うするためその場で別れようとアーベントに告げ振り返ることなくシュネーはバードンの街へ消えていったのである。シュネーのバードンでの姿を国王様に報告する大事な役目を与えられたニーノの父親は、バードンで暮らすシュネーが食パンやチョコに夢中になり、さらに食パン店で出会った青年と恋をするなど、毎日のように国王様に写真と報告書を送っていた。そしてジーンが生まれその成長の様子をニーノは陰から見守っていた。そして父親のほうもパン教室に通うシュネーを見守っていた。

ほどなくしてロッタが生まれ、ジーンも高校生になった。そしてある日、父親からジーンと同じ高校に通い写真部に所属しながらそばで写真をいっぱい撮ってくるようにと頼まれた25歳のニーノは、アーベントからもらったカメラでジーンやロッタの写真を撮りながら、友人としてそばで見守り続けてきたのであった。そんな幸せな日々を送っていたニーノだったが、悲劇が起きた。

ペシ区とロックス区の区境で列車事故が起きたのだ。そしてシュネーと夫、そして自分の父親までもが事故に巻き込まれたのだと知る。しかしそんな悲劇があってもニーノはジーンとロッタ、二人を見守ることにしたのだと告げる。

陰謀

ある日、ジーンが視察で長く留守にしている間、シュネー第二王女の姉にあたる第一王女の親衛隊がロッタを狙っていると王室近衛兵・マギーからACCA新人局員のレイルの元に連絡が入る。ロッタを守ろうとレイルは動き出し安全な場所に連れて行こうとするが、その途中で行きつけのカフェの店主に出会う。ロッタは制服では目立つと言い、いったんマンションに戻ることに。しかし、マンションに侵入者が現れレイルは急いでロッタを連れ出すが二人はあえなく捕まってしまう。その車中、ロッタは自分が「ドーワー家の血筋」だと知らされる。しかしそこに、人混みに酔った課長のオウルが現れ機転を利かし二人は難を逃れたのである。
そのころACCA本部では臨時の5長官会議が開かれていた。グロッシュラーは、クーデターを起こすのであればACCA主体で実行すべき、と告げる。ACCAを廃止し王家の独裁を目指す次期国王シュバーンが王座につくのを阻止するためクーデターを起こす、つまり除籍されているジーンを王座へ擁立するのかグロッシュラーは問う。リーリウムをはじめとする5長官は全会一致で賛成したのだった。その後、祝杯をあげていたリーリウムとグロッシュラーは、次はモーヴ本部長を黙らせようとしていた。そしてこの時のために3人の長官の前で対立を見せてきたと告げるリーリウムはついに本性を見せる。

一方、ヤッカラ区へ視察へ訪れていたジーンは区長からタバコをもらい受けるが休む暇もなく次の視察先、岩と砂しかない厳しい環境下で区民はみんな地下に街を作り生活をしているというプラネッタ区へ。広大な土地がありながら食物は育たず、財政難のため区民は地下資源が発見されることに期待を寄せているこの区にジーンは思いを馳せる。そしてまたタバコを受け取るのであった。
ジーンは視察を終えバードンに戻り、ロッタから自分がいない間に起きた出来事を聞かされる。そしてジーンもニーノはドーワー王室に仕えていること、枢機院長の命令で自分たちを見守ってきたことを伝える。そしてジーンは最後の視察先であるフラワウ区へ足を運ぶのだった。

急転直下

最後の視察先、フラワウを訪れていたジーンは区長と支部長を務めるリーリウム兄弟にもてなしを受けていた。区民たちの表情も明るく朗らかで花が咲き誇るフラワウ区に、ジーンはどことなく見えない「力」が動いているのではないかと感じていた。そして密かにジーンに危機が迫っていた。

その夜、区長たちとの会食を終えたジーンだったがそこに暗殺の手が忍び寄る。間一髪のところでジーンをかばったのはニーノだった。凶弾に倒れたニーノは意識を取り戻し「自分の役目は見守るだけ」と言ったニーノに対しジーンは「見守るだけ?もうやめろよ、お前の人生はドーワー家のためのものじゃない」と無表情のまま告げげ、ジーンはフラワウ区長から最後のタバコを受け取る。
バードンに戻ったジーンから13本のタバコを見せられたリーリウムはACCAや国民を守るのは、国王の座に就くのは君しかいない、とジーンに告げる。そしてACCA誕生100周年記念式典への出席のため5長官や13区の代表が集まり準備が着々と進められていた。そして国王に代わって王室代表としてシュバーン王子もマギーとともにバードンに向かっていたのだった。

グロッシュラーと密会していたリーリウムはジーンを王座に擁立し、ジーンを操り国を動かしフラワウが実権を握るのだ、とついに本音を明かした。そして式典当日張り詰めた空気の中、区長前広場にはたくさんの民衆がつめかけ、ドーワー王国の命運を握る計画が遂行されようとしていた。

式典に参列する5長官およびシュバーン王子

Penguin_Office
Penguin_Office
@Penguin_Office

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

つらつらわらじ(備前熊田家参勤絵巻)のネタバレ解説・考察まとめ

『つらつらわらじ』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる時代劇漫画である。時は寛政、備前岡山藩主の熊田治隆は参勤交代のために江戸に向かうことになった。そして、隠居して江戸で暮らす計画を立てているため、江戸までの旅を楽しもうと考えていたのだ。しかし、江戸までの道のりは波乱の連続だった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、2年に1度の参勤交代エンターテインメントだ。

Read Article

レディ&オールドマン(LADY and OLDMAN)のネタバレ解説・考察まとめ

『レディ&オールドマン』とはオノ・ナツメが『ウルトラジャンプ』で連載していた男女バディ・エンタテインメント漫画作品。連載時期は2015年~2019年までで全8巻で完結。オノ・ナツメ原作の『ACCA13区監察課』や『BADON』とはまた違ったかなりハードボイルドな内容だ。舞台は1963年のロサンゼルス郊外。父親譲りのおせっかいな性格のシェリー・ブライトと100年間刑務所に入っていたというロバート・ウィンツ。この二人の出会いが全ての始まりだった。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)のネタバレ解説・考察まとめ

『リストランテ・パラディーゾ(GENTE〜リストランテの人々〜)』とは、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で連載されていたオノ・ナツメによる、老紳士たちが織り成すハートフル漫画である。幼くして両親が離婚し祖父母に預けられたニコレッタは、母親の再婚相手を一目見るためローマにあるリストランテにやってきた。そこで働き始めたニコレッタは、従業員全員が老眼鏡着用必須のリストランテであることを知ったのである。数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、老眼鏡紳士たちによるおもてなし漫画だ。

Read Article

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハヴ・ア・グレイト・サンデー』とは『月刊モーニングtwo』(講談社)で連載されていたオノ・ナツメによる、ある男たちの日曜日の出来事を描いたハートフル漫画である。初老の作家・楽々居輪治は、長くニューヨークで暮らしていたが、ある事情を抱え単身東京に戻ってきた。そして、一人暮らしを謳歌しようと思っていた輪治のもとに、息子のマックスと娘婿のヤスがやってきたのだった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、男だけの週末エンターテインメントだ。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents