真実(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『真実』とは、2019年の日仏共同制作のヒューマンドラマ映画。2018年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督の作品。代表作は『万引き家族』『誰も知らない』など。主演には、フランスを代表する大女優カトリーヌ・ドウーヴを起用し、すべての撮影をフランスで行った監督の初の国際共同製作映画ということで、世界から注目を浴びる。『真実』の出版を機にベテラン女優ファビエンヌとその娘リュミールが心に秘めている真実、彼女たちを取り巻く人々の思いが暴かれてゆく。

本作のタイトルにもなっている50万部発行となったファビエンヌの自伝本。この自伝本をきっかけに語られなかった真実と書かれた嘘に家族は翻弄される。
大女優は私生活を100%犠牲にしないと成功しないと考えるファビエンヌは、もちろん自伝本も女優としてのファビエンヌとして書いている。
自伝本の中では、長年音信不通の元夫ピエールは死亡したことになっており、公私共に世話になっている個人秘書リュックも存在していない。よきライバルでありよき友だったサラについても一言も触れていない。一度も行ったことのない娘のリュミールの学校の迎えのシーンは詳細まで作り上げられ語られている。

サラ

女優だったサラは、ファビエンヌのライバルでありよき友であった。素晴らしい演技をしていたサラは、ファビエンヌが取ったセザール賞の候補者でもあった。母親業を放棄していたファビエンヌに変わりファビエンヌの娘リュミールの世話をしており、リュミールにとっては母代わりだった。約40年前にお酒を飲んで海に泳ぎに行ってそのまま帰らぬ人となってしまった。容姿はマノン・ルノワールとよく似ていて、マノンはサラの再来と言われている。
ファビエンヌは、70歳を過ぎた今もサラの存在を感じながら演技をしている。が、自伝本『真実』には一言もサラについてふれていない。

『母の記憶に』

作中でファビエンヌが演じている最新作映画のタイトル。SF作品で、治療することができない難病にかかり、余命2年と分かって、年を取らず病気も進行しないという宇宙での暮らしを選び、7年ごとに地球に戻ってくる母とその娘の物語。
ケン・リュウの短編『母の記憶に』を原作にしている。
作中冒頭では、記者がファビエンヌにインタビューをしており、その中で、ファビエンヌは『母の記憶に』について「大した作品じゃないわよ」と言っている。サラの再来と評判の新進女優マノン・ルノワールと共演することだけが目的でこの役を引き受けたことを作中で娘のリュミールに告白する。

『ヴァンセンヌの森の王女』

作品中にたびたび出てくる物語のタイトル。シャルロットは寝る前にリュミールに読み聞かせてもらっている。一方ファビエンヌは同物語の魔女役を演じている。登場人物の魔女は人間を動物に変える魔法を持っている。
ヴァンセンヌの森はパリの東部に実在する森林公園である。

セザール賞

作中で過去にサラを差し置いてファビエンヌが取った賞として紹介される。実際にセザール賞は存在しており、フランスにおける映画賞でアメリカ アカデミー賞に相当する賞である。
実際ファビエンヌ演じるカトリーヌ・ドヌーヴも1981年、1993年、2016年にセザール賞を受賞している。

『真実』名言・名セリフ/名シーン・名場面

名言・名セリフ

ファビエンヌ・ダジュヴィル「真実なんて退屈だわ」

ようやく自伝本を読んだリュミールは、翌日嘘で固められた自伝に怒りをあらわにしてファビエンヌに詰め寄り「どこに真実があるの?」と問う。それに対し「真実なんて退屈だわ」と返す。これを皮切りに表に出ない「真実」と語られる「嘘」に引き込まれていく。

ファビエンヌ「ひどい母親で下手な女優であるより、ひどい母親、ひどい友人でも大女優のほうがましでしょ。あなたが許してくれなくてもファンは許してくれるから」

娘のリュミールに理解してもらえず歯がゆい思いをしているファビエンヌ。わがままで謝ることを知らずに生きてきているためどんなときでもつい本音が言えない。サラの死に関してリュミールと言い合いが白熱しサラの死は自分のせいだと言われてつい言ってしまう一言。女優として私生活を犠牲にして生きてきているファヴィエンヌならではの言葉だ。

ハンク「本当は、嫉妬させたかったんじゃないの?」

自伝本について「ファビエンヌと話がしたかったからここに来たんだろ?だったらなんで自分も連れて来たんだ?幸せな家族をファビエンヌに見せて嫉妬させたかったからじゃないのか?」とハンクに言われ自分でも気が付いていなかった心の奥底にある母親への対抗心に気が付く.。

リュミール「これはママの魔法?」「ママを許しそうだから」

ようやく少しずつ語られなかった真実が明らかになってくる。リュミールは自分が信じていた事実と実際の事実が違っていたことにショックを受け、母は自分のことをちゃんと見ていてくれたことを知る。不可能だと思っていた、母との和解に信じられないリュミールが発する一言。

ファヴィエンヌ「あなたがいなくなってとても孤独だった」

撮影中の映画のワンシーンでファビエンヌ演じるエイミーはすでに宇宙で暮らす母より年上となっている。次の面会は7年後、その時にはもう会うことはできないかもしれないという場面でいうセリフ。アドリブで転ぶシーンをしたあとに、「あなたがいなくなってとても孤独だった」というファヴィエンヌは、マノンを通して彼女にうり二つの今は亡きサラに話しているようだ。セリフでしか本音が言えないファヴィエンヌ。この一言にサラへの思いが詰まっている。横顔しか映らないアングル、哀愁のただよう雰囲気はさすがの大女優といえるパーフェクトなワンシーン。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

デイブレイカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『デイブレイカー』とは、オーストラリア出身のスピエリッグ兄弟の監督・脚本によるSFアクション・ホラー。人口の9割以上がヴァンパイアと化した近未来を舞台に、人間の減少により血液不足に陥った状況を解決するために代用血液の開発を進めていたヴァンパイアの男が、人間とヴァンパイアの双方を救う新たな道を探ろうとする。09年・オーストラリア・アメリカ製作。

Read Article

歩いても 歩いても(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

兄の命日に久々に実家に集まった横山家。しかし次男の良多は父と折り合いが悪く、気が重い。食卓には母の作った手料理が並び、思い出話に花が咲く。そんな何気ない会話の中に、家族それぞれが抱えた事情が見え隠れする。どこにでもある家族の夏の一日を静かに繊細に描いた、是枝裕和監督の思いが詰まったホームドラマ。

Read Article

そして父になる(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『そして父になる』とは、”赤ちゃん取り違え事件”を扱った、2013年制作の日本映画。TVドキュメンタリー出身の是枝裕和が監督・脚本・編集を担当し、主演の福山雅治が初の父親役を演じた。第66回カンヌ国際映画祭では見事に審査委員賞を受賞し大きな話題となった。ある日、突然6年間育てた息子が病院で取り違えられた他人の子どもだったと知らされた対照的な2組の夫婦が、過酷な決断を迫られ、それぞれに葛藤を繰り返す中で本当に大切なものを学んでいく姿を描く。

Read Article

ガタカ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ガタカ』とは1997年にアメリカで製作されたSF映画。 遺伝的優劣によって人生が左右される近未来社会の中で、遺伝的問題を抱えた1人の青年が不屈のチャレンジ精神で人生を切り開き、夢を叶えようとする姿を描いている。遺伝子がすべてと言われる世界の中で、当り前である概念を打ち砕き、不可能を可能としようとする姿に周囲が心動かされていくヒューマンストーリーでもある。現実感のある設定と名言の詰まったセリフの数々は、見る者の心に訴えかけ、今もって語り継がれる作品となっている。

Read Article

海街diary(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『海街diary』(うみまちダイアリー)とは、『月刊フラワーズ』にて2006年から連載されている吉田秋生による漫画、及びそれを原作とする映画である。外に女を作り出て行った父と、それにショックを受け新たな男を作り家族を捨てた母親。そんな両親を持つ三姉妹が父の訃報をきっかけに腹違いの妹・すずと出会い、絆を深めながら生き生きとそれぞれの人生を生きていく様が鎌倉を舞台として叙情的に描かれている。

Read Article

目次 - Contents