グリザイアの迷宮(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの迷宮』とは2012年2月に発売されたアダルトゲームである。『グリザイアの果実』の続編で、各ヒロインのアフタールートと主人公・風見雄二の過去編である「カプリスの繭」などを収録している。「カプリスの繭」では雄二の家庭環境から雄二の姉一姫と両親が亡くなりテロリストに引き取られ殺人マシンなってしまい、後に自身の養母になる麻子に引き取られ育てられ、学園に来るまでを描く。「萌えゲーアワード2012」で、SILVER大賞・ユーザー支持賞および主題歌賞の金賞受賞。

CV:楠鈴音(PC版) / 鳴海エリカ(他媒体)
CRISに所属する人物で雄二の保護者である。イメージ植物は薔薇。
誕生日は4月2日。A型。身長172センチ。スリーサイズはB96W58H92。

日米合同対テロ組織である中央調査部諜報2課分室勤務であり、9029である雄二の担当官であり、前任9029の麻子の担当官も務めていた。
階級は三佐。ドイツ人とイタリア人のハーフであり現在は日本に帰化している。帰化する前の名前はジュリア・バルデラ。愛称である頭文字を取ったJBは麻子が呼び始めたもので、麻子曰くジュリアというブロンド丸出しの名前がダサい、恥ずかしくて呼びたくないからという理由である。雄二にもJBと呼ばれる。

デスク組もしくはホワイトカラーと呼ばれる本部で机に座り指示を出すタイプの構成員であるため、現場に出る事は無く命の危険はない。様々な国や立場の人間とのパイプを持つ情報関係のスペシャリストであり、重要人物などのスキャンダルをいくつも知っており時折それで脅しをかけることもある。(主に雄二に何かしらの無茶なお願いされた時)

親友である麻子とは同じ児童養護施設に引き取られ共に過ごしたが当時は仲がいいというわけではなく、何かと暴走しがちな麻子を止めるのはJBの役目であった。施設を出た後は一緒に海軍幼年学校に進み、幹候微募試験に合格した後に幹部候補としてアメリカ軍の情報部へ進んだ。そしてずるずると所謂腐れ縁が続き麻子が雄二を保護して引き取ることになった際には条件としてJBが監督する事になり、共にアメリカから日本へ移住することとなった。元々麻子の尻拭いのような形で日本に来ることは不満であり、麻子曰く軍に残っても出世も見込めず、ラングレー(CIA)に行っても外様扱いでろくな仕事も来ないのだったら日本で市ヶ谷(防衛相)か赤坂(在日米国大使館)に行って階級を上げてもらった方が給料が増えていいと言われたが、気持ちは収まらず自身に褒美として車を買うと宣言。高級な黄色い車を買った

破天荒な麻子とは対照的であり、ドイツ人らしく職務には忠実な堅物な軍人であり、普段は雄二と冗談や愚痴・暴言を言い合う仲だが事仕事となれば冷徹な表情・口調へと切り替わる。

麻子が雄二を引き取ったあと2人が住む山小屋へ様子を見に行ったり料理が下手な麻子に変わり食事を作っていた。麻子が雄二に自身の仕事をさせていたと知ったときは雄二を心配するあまり麻子と激しい喧嘩をするが、雄二の本心を聞き邪魔をしないことを決める。
麻子と同じで読書はするが麻子と違い本で得た知識を実践することはなく知識として留めておくタイプ。

麻子の死後は、麻子の遺体の処理を担当したりなど様々な手続きをした。無気力になっている雄二を自身の住まうマンションに住まわせ同棲を始めるが2人とも麻子の影を追ってしまうことに耐えられなくなりやがて帰宅しなくなり同棲を解消する。麻子が亡くなった後は雄二の保護者であり、書類上は母方の親戚の養母である。

雄二が初めての性交相手であり、雄二以外に男の影がないため雄二以外と関係を持ったことが無い。

キアラ・ファレル

右側女性

CV:桜城ちか(PC版) / 月ヶ瀬あかね(他媒体)
JBの部下である女性。作画担当フミオ。

主に蒔菜ルートに登場する。蒔菜ルートでは雄二の後を継ぎ9029になった蒔菜の担当官をしている。アフリカ人と日本人の混血であり尻がでかいことを度々雄二に弄られている。9029を特別視するために蒔菜に嫌われてはいないまでも避けられており帰国した際にも自分の元に来ない蒔菜に苛立っていた。

海兵隊

アニエス・ギャレット

CV:野々村紗夜(PC版) / 小林みい(他媒体)
雄二が入ったアメリカ海軍訓練学校の教官である女性。作画担当はフミオ。

米海軍訓練学校の女性指導教官であり階級は大尉。本来教官というのは下士官が担当するものであるが要注意人物としてアメリカ中の不良や問題児が集まるとされる雄二が所属する第7班のみ士官であるアニエスが担当する。愛称はアニー。

いわゆる鬼教官であり性格や言動は粗暴であり気に食わない事があれば即座にビンタ・殴打を繰り出す。麻子の同期であり、その時に世話になったとして弟子である雄二に目をかけており、事あるごとに呼び出しビンタして、座れなくなるまで尻を叩くなどをしていた。ダニエル曰く恰好を付けるために読めもしないフランス語の新聞を読んでいるらしい。また、あまりにも雄二に構うことからダニエルに雄二と肉体関係があるのではと疑われ、「ゴリラ女」となんかゴメンだろうと雄二に言っているところを発見した際にはダニエルの名前を歌うように口ずさみながら近づいてきた挙句に体罰をして。更に連帯責任として雄二にも体罰を食らわせた。

理不尽とも取れる暴行の嵐であるが、これは軍隊に入隊した場合に行われる通過儀礼にのようなものであり理不尽な暴行は不良や問題児が生きていた自分が1番悪く強いという狭い世界を壊すためである。しかし、褒めるところはしっかり褒めるので信頼はある。

また、バンクーバー国際空港テロ事件では長距離狙撃をできる人間として雄二を呼ぶなど教え子に対する信頼も厚い。

ヤブイヌ小隊

ジャスティン・マイクマイヤー

CV:水樹空(PC版) / 小林直人(他媒体)
雄二が所属したヤブイヌ小隊の隊長をしていた男性。作画担当フミオ。

雄二が後期実践訓練に時に所属することとなったヤブイヌ小隊の隊長である。元は戦闘工作小隊付の軍医であったが、ジャスティンを残して部隊が壊滅してしまったため混成小隊の隊長になった。ヤブイヌ小隊という名前を付ける前はあぶれた者たちの集まりであることからいらん子小隊と呼んでいた。

全米に展開する大手ステーキハウスチェーンのニューヨークステーキ・マイヤーズ経営者の御曹司であったが、親に反発して歯医者になろうとしたがなぜか軍医になってしまったアホであると自身で紹介する。親の用意した進路である約束された将来というものに反発して大学を中退したのちに軍に入隊した。冷静に周りを見た時に恵まれない人を達観して傍観していた自身に嫌気がさして自分自身の手で道を切り開きたいとしていたが、戦場では理想や綺麗ごとなど通じず徹底したリアリストを求めるため正論は邪魔であることから正義の意味を持つ自身の名前を嫌っている。豚に食だとわせたい程嫌いであり「J」と名乗る。そして周囲からもJ少尉と呼ばれている。

軍の現場指揮官としては明るく温厚な性格であり、問題児の集まりである雄二達にも理解を示した態度を取る。
雄二達が来る前に大事な部下である女性隊員アリソン上等兵を自らの指揮の不備によってゲリラの奇襲によって戦死させてしまったことで自責の念から、軍に居続けて常に最前線に身を置き、どんな無茶な命令でも受ける事を自身への罰としている。雄二たちが着た後も戦死した事を忘れたかのようにアリソンを呼びコーヒーを淹れてもらうとしたりする事があり、ジャスティンの心に深い傷を残している。
彼女の存在が大きすぎて彼女がいないと自身の靴下の場所すらわからないと言っている。

対ゲリラ戦にて対物センサーを設置しながら逃げ続け、敵を誘い込み応援分隊による包囲を待ち、部隊が反転攻勢してバックアップしつつ後方にて固定砲台となった雄二の狙撃と包囲部隊で殲滅するという「釣り野伏せ」とう戦法を使うことで仲間を守り勝利した。また、その際雄二が麻子からかけられていた「殺しが出来ない」暗示の安全ピンを味方を守るため、必要な時に非情になれない人間は自身の手を汚したくないだけの偽善者であると言い一時的に外し、観測主の代わりを務め、目標の殲滅後は更に殺しをしようとする雄二によくやったと言いと安全ピンをかけ直している。

ダニエル・ボーン

CV:倉島丈(PC版) / 藤井剛(他媒体)
海兵隊時代の雄二の親友である男性。作画担当は渡辺明夫。

学校に向かうバスで雄二の隣に座ったことをきっかけに以降ヤブイヌ小隊で共に戦う親友である。話好きのアリゾナ出身の黒人であり、仲のいい妹がいる。

身長が192センチと大きく、筋肉質な体であるため「アイアンマン」を自称している。愛称はダニー。話好きで陽気でありバディとなった雄二の名前がうまく発音できないため「ショーティー(おチビという意味)」という愛称で呼んでいるが、相棒とも呼んでおり、友人は決して見捨てないことを信条にしている友人思いの性格している。
元暴走族で車泥棒のチンピラであるが、ホラ話などで話を盛る癖があり、学校に来た経緯を13歳で車を盗み、15歳でコンビニ強盗で刑務所に入り、17歳で釈放されたが保護観察中に車を窃盗して再び刑務所へ入るか海軍へ行くかの2
択を迫られ軍へ入ってきたと言っているが、実際はただの暴走族のチンピラであると妹によって雄二にバラされている。

雄二がアメリカに来て初めて出来た友人であり、バンクーバー国際空港テロ事件でのテロリスト立てこもっていた際には強行突入部隊として参加しており、勢い余って千鶴を海に落とした上に助けを求められれていたが日本語がわからず、雄二が来るまで棒でつついて遊んでいた。そして、千鶴から助けたお礼として妹を日本の大学に入れてもらった。

ミリー・スタン

CV:東かりん(PC版) / 平山縁(他媒体)
雄二の同期でヤブイヌ小隊に所属している女性。作画担当は渡辺明夫。

本名はミリエラ・スタンフィールドというが本人曰く馬鹿で覚えられないからとしてミリー・スタンで通している。雄二とは学校の同期であり、雄二が来るまでは狙撃の競技大会でトップを誇ていたが雄二に敗れ、さらに優勝者に与えられる簡易勲章バッチを粗雑に扱う姿に憤ったことで狙撃勝負を挑む。
100メートルが有効射程距離の銃を使い182メートル先の缶に当てると言うものであり、これは軍人であった父親が成功したことのあるものであったがミリーは出来なかった。しかし、雄二が狙撃に成功したことで雄二を認め、好意を抱くようになり隠すこともなく熱烈なアプローチをするようになる。
父親は勲章を持っていたほどの名狙撃手であったが酔っぱらって語っていたことからミリー以外の人間は信じていない。

雄二のことをジーニーと呼ぶがこれはKAZAMI YUJIをうまく発音できないうえに学が無く読みも怪しいためケィズィ―・ユージェニーと覚え、さらに縮めてジーニーとなっているためである。
家族は全員他界しており、軍に入る前はバーのトイレで体を売り生計を立てていた。軍船にて家族が招かれている日は人を避けるように喫煙室におり、同じように孤独であった雄二と2人で過ごすこともあった。そして、その際に狙撃は雄二に譲り、雄二のために雄二にはできないことをして役に立ちたいと話、雄二の勧めでパイロットを目指すことになる。

ロバート・ウォルソン

CV:イモ(PC版) / 三苫紘平(他媒体)
ヤブイヌ小隊の隊員の男性。作画担当は渡辺明夫。

ヤブイヌ小隊隊員であり、後期実戦訓練中に船内にてアダルトゲームをやっているときに出会う。愛称は「ロビー」。戦闘能力はからっきしだが、パソコン操作とネットワーク知識に優れるデスク組である。
日本のオタク文化を好んでおり、他の隊員の前でも堂々と文章を英語に翻訳したアダルトゲームをプレイしており、プレイ中は喋りまくるためう非常にうるさい。また、隊内では不死身のロビー(イモータル・ロビー)と物騒なアダ名をつけられていたが、これは妹キャラ好きで「イモート(妹)」と叫んでいるところを同室に人間には「イモータル」と聞こえたためである。
日本語を間違って覚えており「実妹」を「G2マイン」「ヘタレ」を「ヘザーレィ」「AIRI(愛莉)」を「AIR-I(エア・イー)」と言っている。

美少女戦士・セイバームーンが好きであり、レトロアニメや特撮に詳しいく、雄二曰く絵にかいたようなナード(英語圏で使われているスラング。ある種の特徴を持つ人物の総称であり、この場合はオタク)。
コンピューターが得意であるがハッキングしたことはなく軍に入隊したのは部屋に引きこもってゲームばかりしていたため生肉店経営の父親に殴られたからである。

ヤブイヌ小隊においても情報分析担当として一緒に行動した際に雄二に助けられたことがあり、以降恩義を感じている。雄二の事を「ユーズリー」と呼んでいるがこれは日本語名が発音しづらいため。オタク文化の聖地である秋葉原に憧れを抱いており、日本勤務を目指し赤坂へ行くことに成功している。

エドワード・ウォーカー

CV:秋山樹(PC版) / 鶴岡聡(他媒体)
ヤブイヌ小隊の隊員の男性。作画担当フミオ。

ヤブイヌ小隊の隊員であり雄二の教え子。愛称はエディ。田舎の農家の次男で筋肉質な巨漢。雄二たちと違い一般志願兵であり体が大きく鈍間であることから学校では「水牛野郎(バッファロー・エディ)」と呼ばれていた。一時期雄二が射撃訓練の担当を務めたことがあり、当時雄二のことを先輩教官と呼んでいたが、実際は同じ一等兵でもエディの方が軍歴は上であり年も上である。また「サーイエッサー」と使っており教官が雄二でなければ張り倒されているだろうと雄二は思っていた。
(サーイエッサーの最初のサーは上官に対して使うものであり、同じ位の相手には通常使用しない。短気な人間あれば小馬鹿にされたと思う場合もある)
雄二のことは風見教官と呼んでいる。最初は雄二に敬語で接していたが、ヤブイヌ小隊に配属されたあとに敬語は取っている。

恵まれた大きな体格と強面で怖そうに見えるが、性格は穏やかで争いごととは無縁な田舎で牛と共に暮らしていた。優しすぎる性格のために射撃以外に近接格闘の成績も悪く、次の失敗は落第を意味するためにクビになってしまうと焦っていた所を雄二に救われた事でその恩をずっと忘れない義理堅い性格をしている。雄二達と再会してヤブイヌ小隊の一員として共に戦った。

父親が牧場を営んでいたが病気で死亡してしまい、経営困難になりこれが原因で母親は身体を壊してしまう。兄が1人いるが離婚を経験しており子どもの養育費の支払いで経済的ゆとりがなく支援不可でありエディは入隊することで給料を母親へ送っていた。この給料はほとんど送金しているので自身の必要なものは支給される煙草で同僚との物々交換でやりくりをしていた。

fadom
fadom
@fadom

Related Articles関連記事

グリザイアの果実(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

グリザイアの果実(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの果実』とは2011年にフロントウィングから設立10周年記念作品として発売されたアダルトゲームである。愛称「グリカジ」。 「私立美浜学園」を舞台に転校生風見雄二が5人の少女との恋愛をしていくものである。少女と仲を深めていくと見えてくる辛く重い過去を主人公が向き合い救済し人生を共にしていく物語が展開される。萌えゲーアワード2011大賞部門金賞受賞作品。PSP版とPS Vita版はファミ通クロスレビューシルバー殿堂入りを果たした。

Read Article

グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの果実-SIDE EPISODE-』とは株式会社フロントウィング設立10周年記念作品であるアダルトゲーム『グリザイアシリーズ』の番外編エピソードを収録したゲーム。アニメ『グリザイアの楽園』のBlu-ray&DVDの初回限定特典としてPC用に配布されたダウンロードコンテンツである。シナリオは「グリザイアの有閑」「グリザイアの残光」「グリザイアの旋律」の全3本。後にPlayStation Vitaにて一般発売された。PlayStation Vita版のみ主人公フルボイスになっている。

Read Article

グリザイア:ファントムトリガー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

グリザイア:ファントムトリガー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイア:ファントムトリガー』とは株式会社フロントウィングが10周年記念作品として出した『グリザイアシリーズ』の1つである。Windows / Steatmから2017年4月に1巻と2巻が同時発売した。本編の完結作品である『グリザイアの楽園』の後の話になっており、前作の主人公達が去り、残された美浜学園は特殊技能訓練校として運用されていた。今作の主人公およびヒロイン達が美浜学園に在籍し、国家の敵と戦う物語となっている。フロントウィング初の全年齢対象(15歳以上)作品である。

Read Article

グリザイアの楽園(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

グリザイアの楽園(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの楽園』とは2013年5月に発売されたアダルトゲームである。『グリザイアの果実』『グリザイアの迷宮』の続編であり、シリーズ完結作にあたる。メインルート「ブランエールの種」では前作「カプリスの繭」の最後から直接繋がっており、主人公・雄二がオスロに立ち向かい、ヒロイン達と平穏な生活を手に入れるまでを描く。同時収録の「Prologue De La GRISAIA」は『果実』の前日譚でありヒロイン達が学園に集まる過程を描いている。「萌えゲーアワード2013」では準大賞受賞。

Read Article

目次 - Contents