青葉市子(Ichiko Aoba)の徹底解説まとめ

青葉市子とは、日本の女性シンガーソングライター。
クラシックギターの弾き語りによる演奏スタイルで澄み切った歌声、美しいメロディライン、シュールな詞が特徴的。
ギターの演奏はすべて自己流。誰から学んだわけでもなく一人で身につけたその技術によって、彼女が秘めている深く大きな世界観を表現している。
既存の音楽にとらわれずに自分の世界観を表現し、数々のミュージシャンからも多大な評価を受けている。
また、音楽家だけでなく、ナレーター・物書き・舞台役者・絵描きとしても活動。

【『かいぞくばん 2010年12月7日』の収録曲】
1. 不和リン
2. 光蜥蜴
3. 灰色の日
4. 繙く風
5. ポシェットのおうた
6. ココロノセカイ
7. イソフラ区ボンソワール物語
8. 日時計

『かいぞくばん 2010年12月7日』は、青葉市子のライブアルバム。2011年2月2日に発売された。
2010年12月7日に青山の「EATS and MEETS Cay」で行なわれたワンマンライブの模様が収録。
1stアルバム『剃刀乙女』、2ndアルバム『檻髪』の収録曲が今作には収録されている。

『0%』

【『0%』の収録曲】
1. airplane(20131125)
2. いきのこり●ぼくら(20131125)
3. i am POD(0%)(20131125)
4. IMPERIAL SMOKE TOWN(20131125)
5. Mars 2027(20131125)
6. 四月の支度(20131125)
7. うたのけはい(20131125)
8. 機械仕掛乃宇宙(20131125)
9. はるなつあきふゆ(20131125)
10. いりぐちでぐち(20131125)
11. 永遠はさよなら(20131125)

『0%』は青葉市子のライブアルバム。2014年1月29日にiTunes限定で配信された。
2013年11月25日、「Shibuya WWW」で行なわれたワンマンライブを音源化したアルバムだ。
3rdアルバム『うたびこ』、4thアルバム『0』に収録されている曲が演奏された。

なお、今作には、山田庵巳の「はるなつあきふゆ」「機械仕掛乃宇宙」や、青葉市子と親交のあるシンガーソングライター「七尾旅人」の楽曲の「airplane」のカバーも収録されている。

七尾旅人の演奏する「airplane」

『プネウマ』

【『プネウマ』の収録曲】
1. IMPERIAL SMOKE TOWN (詞曲・青葉市子)
2. Mars 2027 (詞曲・青葉市子)
3. ともしびの白百合 (詞・青葉市子 曲・三宅純)
4. 不和リン (詞曲・青葉市子)
5. Frozen Tide (曲・三宅純)
6. 重たい睫毛 (詞曲・青葉市子)
7. 日時計 (詞曲・青葉市子)
8. 神様のたくらみ (詞曲・青葉市子)
9. ゆさぎ~マホロボシヤ (詞曲・青葉市子)
10. Lilies Of The Valley (曲・三宅純)

『プネウマ』は青葉市子のライブアルバム。2017年10月25日に発売された。
2016年11月と2017年2月に代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で行なわれた三宅淳とのセッションライブが収録。
三宅淳は、ジャズトランぺッターであり、CM音楽や映画音楽など作編曲活動も行なっているミュージシャン。2016年、リオオリンピック閉会式のハンドオーバーセレモニーで流れた「君が代」のアレンジも手掛けた。

青葉市子と三宅淳の演奏が融合した今作は、幻想的な新しい宇宙を作り上げている。
「IMPERIAL SMOKE TOWN」や「不和リン」など、今まで発表された楽曲が形を変えて、新たな表情が垣間見える。
青葉市子と三宅淳の楽曲を知らずとも楽しめる作品だ。

2014年、パリで行なわれた三宅淳のライブより「Alviverde」

『"gift" at Sogetsu Hall(Live)』

【『"gift" at Sogetsu Hall』の収録曲】
1. 守り哥("gift" live ver.)
2. テリフリアメ("gift" live ver.)
3. みなしごの雨("gift" live ver.)
4. ココロノセカイ("gift" live ver.)
5. 不和リン("gift" live ver.)
6. レースのむこう("gift" live ver.)
7. 星のプレゼント("gift" live ver.)
8. 太陽さん("gift" live ver.)
9. 少女と檻("gift" live ver.)
0. 鬼ヶ島("gift" live ver.)
11. 機械仕掛乃宇宙("gift" live ver.)
12. ポシェットのおうた("gift" live ver.)
13. 遠いあこがれ("gift" live ver.)
14. 月の丘("gift" live ver.)
15. 奇跡はいつでも("gift" live ver.)
16. bouquet("gift" live ver.)
17. おめでとうの唄("gift" live ver.)

『"gift" at Sogetsu Hall』は、青葉市子のライブアルバム。2020年4月3日にリリースされた。
今作は1月に東京都の草月ホールで行われたデビュー10周年記念ソロコンサート「"gift" 青葉市子 10th anniversary concert I」の音源を収録したもの。
10年間で発表した6つのアルバムの楽曲が、このライブで演奏された。

共同作品

『火のこ』

【『火のこ』の収録曲】
1. 不和リン
2. レースのむこう
3. 3びきのくま
4. 重たい睫毛
5. 火のこ
6. 大統領を起こそう
7. 日時計
8. 続きを

『火のこ』は、青葉市子とギタリストの内橋和久との共作アルバム。2011年12月15日に発売された。

今作は、レコーディングスタジオでの一発録りをライブとして公開し、そこで収録した音源を配信するイベント「Premium Studio Live」の模様が収録されている。
透明感のある青葉市子の歌声に、内橋によるエフェクトを多用したエレキギターや、木製の薄い板を弓やハンマーで演奏する楽器の「ダクソフォン」などの音色が融合しているのが今作の特徴。
すでに発表されている楽曲の新たな一面が見られる作品となっている。

青葉市子と内橋和久の「Premium Studio Live」の模様。

『ラヂヲ』

【『ラヂオ』の収録曲】
1. IMPERIAL SMOKE TOWN
2. Mars 2027
3. STAR FRUITS SURF RIDER
4. 日時計
5. 不和リン
6. レースのむこう
7. 重たい睫毛
8. 奇跡はいつでも
9. 悲しみのラッキースター
10. Smile

『ラヂオ』は「青葉市子と妖精たち」名義のアルバム。2013年8月7日に発売された。
2013年元日にオンエアされた「坂本龍一ニューイヤー・スペシャル」でのスタジオセッションをCDしたものである。

青葉市子と妖精たちのメンバーは、青葉市子、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaan。
豪華なメンバーによる一発録りの音源を再ミックスして収録。

今まで発表された青葉市子の楽曲だけでなく、9曲目の「悲しみのラッキースター」は細野晴臣の楽曲、10曲目の「Smile」はNat King Coleの楽曲のカバーも収録されている。

『NUUAMM』

【『NUUAMM』の収録曲】
1. さっぴー
2. もうみどり
3. 時間の墓場
4. なつばくだんふゆだるま
5. 冷光のまゆ
6. れい
7. 鬼ヶ島
8. 深海の人
9. 真夜中のテレビ

『NUUAMM』は、「NUUAMM」名義の1stアルバム。2014年12月10日に発売された。
「NUUAMM」とは、青葉市子とマヒトゥ・ザ・ピーポーのユニットのこと。
「夜を縫う、朝を編む」というコンセプトで結成されて、名前のとおり、ひとつひとつの言葉を拾い、「縫い編み」された音楽性が特色のユニットである。

今作は、「懐かしい思い出、まだ見ぬ未来がまじりあい、ゆっくり流れだす。それは名前のない色、そして無垢な永遠のもの。触れると割れてしまいそうな一瞬のアルバム。」とメディアで紹介されている。
可愛らしさと優しさ、切なさと不安。そういった感情がまじりあい、不思議な暖かさに包まれる作品である。

1stアルバム『NUUAMM』の収録曲「さっぴー」のミュージックビデオ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents