Nujabes(山田淳・瀬葉淳)の徹底解説まとめ

Nujabesとは、日本のDJ、ヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサーである。1995年〜2010年に活動し、2010年の2月26日に交通事故に遭い36歳という若さで亡くなった。彼の音楽はJAZZとHIPHOPを混ぜた「ジャジー・ヒップホップ(JAZZY HIPHOP)」と言われており、2010年代半ばに世界的なムーブメントとなった「ローファイ・ヒップホップ(Lo-fi HIPHOP)」のルーツになった。

Nujabesの概要

Nujabes(山田淳・瀬葉淳)とは、東京都港区西麻布出身のDJ、ヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサーである。アーティスト名の「Nujabes」とは、彼の芸名である「瀬葉淳(Seba Jun)」をスペルを逆にして読んだものである。

Nujabesの活動は、1995年7月に世界一のレコードショップ密集地であった渋谷区宇田川町でレコード店「GUINNES RECORDS(ギネス・レコード)」を開業したのが始まりだった。インディペンデントレーベル「Hydeout Productions」の主宰や、その旗艦店として「Tribe」というレコードショップも運営した。

2010年2月26日深夜、東京都港区で交通事故に遭い、36歳という若さで亡くなった。多磨霊園にある墓に埋葬され、墓誌には「NUJABES・瀬葉淳」と刻まれている。

2003年8月にリリースされた1stアルバム『Metaphorical Music』は大ヒットし、翌年のアニメ『サムライチャンプルー』への楽曲提供がきっかけでファン層がワールドワイドになった。2010年代半ばに流行したローファイ・ヒップホップの、アニメーションのループにビートを流すというムーブメントのきっかけのひとつになった。ローファイ・ヒップホップは2018年にSpotifyの「急上昇したジャンル」で第2位になり、Nujabesは同年、「海外で最も再生された国内アーティスト」で第3位となった。

Nujabesの活動経歴

初期の活動経歴

出典: www.arban-mag.com

Nujabesがライターとして参加したレコードガイドブック『SUBURBIA SUITE(サバービア・スイート)』 19960214号。「Jun Seba」のクレジットがある。

1995年にレコードガイドブックの『SUBURBIA SUITE(サバービア・スイート)』にライターとして参加した時にクレジットに、本名の「Jun Yamada(山田淳)」ではなく、「Jun Seba(瀬葉淳)」としたのが「瀬葉」と名乗るようになった最初期だった。この「Seba Jun」のスペルを逆にして読んで、Nujabesというアーティスト名が誕生した。

デザインを学ぶ学生であったNujabesは卒業前後の1995年に渋谷区宇田川町でレコード店「GUINNES RECORDS(ギネス・レコード)」をオープンしたのち、1998年頃に本格的にトラック製作をスタートし、プロデューサー=Nujabesとしての活動を始める。彼のレコード店はお客さんやスタッフを含めて同世代のトラックメーカー達が集まる場となっていた。

1999年に自らのレーベル「Hydeout Productions」を始めるが、日本のレーベルであることを伏せていたためNujabesを海外のプロデューサーだと勘違いする人も多かった。アルバムを出すようになった後も雑誌の取材なども受けず、常に音だけで勝負している姿勢が日本でも海外でも支持され、レコード会社やレーベルからコラボやトラックメイクのオファーが殺到した。

Nujabesの音楽性

セカンドアルバム『Modal Soul』

彼の音楽はJAZZとHIPHOPを合わせたJAZZY HIPHOPと呼ばれる。その音楽には日本的な哀愁が含まれており、アンビエントな雰囲気も感じさせる。その日本人のフィルターを通して洗練された音楽が海外の人を惹きつけた要因でもある。

2004年3月のパリコレクションにてコムデギャルソンの音楽ディレクターを務め、フジテレビアニメ「サムライチャンプルー」の楽曲提供を行った。

彼はサンプリングをして曲を作るがセレクトするネタのセンスが特有だった。J Dillaよりも早くニューエイジ、アンビエントのサンプリングをしている。ビートへのこだわりが強く特にループ感を重視していた。2006年頃、ラップカルチャーは「不良文化」として認識されていた。そんな中流麗なサウンドのセカンドアルバム『Modal Soul』をリリースしたNujabesは別次元の世界を作り上げた。

『Modal Soul』はサンプリングから生演奏に変わる過渡期となったアルバムだ。『Metaphorical Music』にも参加していたミュージシャン/プロデューサーの Uyama Hiroto(宇山寛人)らの影響によって、生演奏の比重が徐々に増えていった。また、Nujabesがリスペクトしていたユニット、Force of Natureが四つ打ちのビートをやっており、Nujabesが『Modal Soul』で四つ打ちのビートを導入するきっかけとなった。

Shing02とのエピソード

「Luv(sic)」の裏ジャケット。Shing02のライムブックから「Luv(sic)」のリリック部分がスキャンされている。

Nujabesと「 Luv(sic)」でフィーチャリングしたShing02との出会いは、Nujabesからの「12インチを一緒に作ろう」という1通のEメールが届いたことだった。カリフォルニア州のバークレーに住んでいたShing02は一時帰国で日本に訪れた際にNujabesと初対面する。その時にお互いの音源を聞き合い特に話は弾まなかったものの、Shing02は2~3ヶ月経ってから突然「このビートで曲を作りたい!」と思ったという。この時すでにそのビートはPose Rockに渡っていたが、Poseと親交があったShing02は結局使われなかったそのビートを譲り受けることができた。

そうして始まった楽曲制作では、Nujabesからは「英語のラップ」という指示以外はほとんどなかったそうだ。そしてShing02は「音楽の女神に宛てて書いた手紙」というテーマでリリックを書き始める。「sick as dog」(=すごく体調が悪い)と「lovesick」(=恋の病)をかけた「Love sick like a dog~」(=僕は犬みたいに恋の病を患っている)というリリックが完成した。そのリリックの「Lovesick」をそのままタイトルにせず、「Love」を「Luv」にして、そこに雑誌や新聞で使われる「原文のまま」という意味の「(sic)」を足した。このタイトルには「ひねくれた愛の形だけど、そのままストレートに理解して欲しい」という意味が込められている。

続編の「Luv(sic) part2」は、9.11の直後Nujabesからビートが送られてきたという。「Luv(sic)」の続編を作ろうという話になり自然とタイトルはpart2になった。この曲は同曲がシリーズ化される大きなきっかけとなった。さらにShing02はpart3を作ることに対して、この2曲に匹敵するレベルにしなくてはならないため当初は反対していた。しかしNujabesから送られてきたビートを聞いたところ、当時メイクマネー的になっていたヒップホップシーンに向けて歌えるのではと思い続編の制作を了承した。

実は「Luv(sic) part3」は当初3バース存在していた。しかしNujabesが「2バースだけのほうが簡潔だ」と1バース分切ったのだ。また、Shing02がたまたま友人に送っていた3バース分ある同曲がアメリカで流出してしまうという事件が起き、Nujabesからは激怒のメールが届いた。ちなみに、セカンドアルバム『Modal Soul』には2バース分が収録され、Nujabes没後に3バース分が12インチシングルとして再レコーディングしリリースされた。

死後のイベント

Nujabesの10回忌に渋谷で放映された追悼映像『Pray for Nujabes』

2010年2月26日深夜、Nujabesは東京都港区で起きた交通事故に遭い病院に搬送されたが、そのまま息を引き取った。36歳という若さだった。毎年追悼イベントライブが行われるが10回忌である2020年は、東京渋谷のスクランブル交差点の大型ビジョン6面でNujabesを追悼する3分間の映像作品『Pray for Nujabes』がジャックした。映像は彼が立ち上げたレーベルHydeout Productionsが製作し、彼の代表作である「Luv(sic) part2」、「Luv(sic) part3」、「Reflection Eternal」の3曲を使用している。他にも同年、追悼イベントが東京、大阪、福岡で行われた。このイベントにはNujabesとゆかりの深い海外アーティストや、Hydeout Productionsの国内アーティストが集結し楽曲を捧げた。

Nujabesのプロフィール・人物像

Nujabes(アーティスト名:瀬葉淳、本名:山田淳)は、東京都港区西麻布出身のDJ、ヒップホップのトラックメイカー、音楽プロデューサー。1974年2月7日生まれ。1995年7月、渋谷宇田川に、レコード店「GUINNESS RECORDS(ギネスレコード)」を開店。 インディペンデントレーベル「Hydeout Production」の主宰を務める。1999年3月、渋谷神南に「Park Avenue Studios(パークアベニュー・スタジオ)」を設立する。2010年2月26日に満36歳で交通事故で亡くなる。Nujabesは生前、宣伝活動を行わず雑誌の取材などはあまり受けなかったため、その存在は謎に包まれている。

Nujabesのディスコグラフィー

『Metaphorical Music』

2003年8月21日発売

01. Blessing It - remix
02. Horn In The Middle
03. Lady Brown
04. Kumomi
05. Highs 2 Lows
06. Beat Laments The World
07. Letter From Yokosuka
08. Think Different
09. A Day By Atmosphere Supreme
10. Next View
11. Latitude - remix
12. F.I.L.O
13. Summer Gypsy
14. The Final View
15. Peaceland

Nujabesの盟友Uyama Hirotoのプロデュースソング「Letter From Yokosuka」や、Shing02とタッグを組んだ「F.I L.O」、インストゥルメンタルチューンの「A Day By Atmosphere Supreme」、親交の深いヒップホップグループFive Deezの「Latitude」のNujabes remix、Hydeout ProductionsのMCのSubstantial & Pose Rockによる「Blessing It - remix」、Cise Starの「Lady Brown」、Nujabesの幼少期の思い出や胸に刻まれた美しい風景を音に紡ぎ出した「Kumomi」、日本人の美意識を映し出した儚さもある美曲「The Final View」など、数々の名曲が収録された歴史的名盤。

アナログのシングルを中心にリリースを重ねてきたNujabesが完成させたファン待望のアルバムである。

『Modal Soul』

sigure
sigure
@sigure

目次 - Contents