Bolbbalgan4(BOL4・赤頬思春期)の徹底解説まとめ

Bolbbalgan4は高校の同級生であるアン・ジヨンとウ・ジユンで構成されているアコースティックデュオである。デュオ名であるBolbbalgan4(赤頬思春期)とは、正直で純粋な音楽をしたいという意味が込められている。その名の通りの彼女たちの甘い歌声にのせられた正直でリアルな恋や悩みを綴った歌詞が、デビューして間もないころから若者から絶大な人気を誇る理由となった。しかし、2020年4月からはウ・ジユンが脱退し、アン・ジヨンが一人でBOL4として活躍している。

以前リリースした『BLUE』のように憂鬱で沈んでしまうという曲でなく、「ストレスがあるからこそ旅行に行ってリフレッシュしよう」といった明るい、夏休みなどの長期休みの前に聞きたくなるような曲だ。
「つかれたの くるいそうなの みんなどいて さあいくわよ」といった歌詞がが開放的で明るいメロディーに乗せられており、旅のわくわくした気持ちを高めてくれそうな一曲だ。
見ると元気が出るようなカラフルでビビットカラーが多いMVとなっている。

Wind

恋に落ちた人を風に例えて歌っているこの曲。
MVも大自然の中撮影され、男の子が女の子をドキドキさせる姿が印象的だ。
「あなたが風のように心に入ってくる」というあまり理解できない歌詞があるが、この自然の中で撮られたMVを見れば恋は意識しなくても風のようにするりと落ちてしまうのだなと、すんなり歌詞を理解できるようになっている。

Starlight

海辺でピアノとともに歌っている姿が印象的なこのMV。
大自然の中で撮影することでこの曲の壮大さがより伝わりやすくなっている。
また、かわいらしいだけでない、ジヨンの力強い歌唱力にも注目だ。

Bom

天使に扮したジヨンがかわいらしいこの曲は、韓国語で春を意味する「ボム」という語句を使って恋のわくわくさと春のわくわくさを合わせて表現している。
MVも春らしいピンクの天使に扮したジヨンがかわいらしい。
また、春といえば多くの人が連想する桜も必要なく、私はあなたといたいのという歌詞がつづられており、長い間リリースされてこなかったBOL4らしいかわいらしい曲に喜んだファンが多かった。

Stars Over Me

「星を見に行かないという誘いを兼ねて海を見に行ったり、好きな音楽をかけて楽しもうよ」といった元気づけてくれるような一曲となっている。
MVでもきれいな海ではしゃぐ姿やベットで飛び跳ねながら楽しむ様子に元気がもらえる。

Workholic

会社員の大変な日々を表現したのがこの一曲。
多くの人が経験するような大変な日々を過ごしながら憂鬱な気分が表現されていて共感を呼んだ。
帰ってきて着替えずにビールを飲んでベットにダイブしてしまう姿など会社員の一日を表現したようなMVもリアルである。

25

25歳になって他の人の目を気にするのではなく、自我を確立すればよいという強い意志ができたという歌詞が印象的なこの曲。
他の人に惑わされて自分がなくなりそうなときに支えてくれるような曲だ。
MVもカラフルな衣装を着たメンバーたちがモノクロの過去を見ているシーンがあり、今のほうが過去のモノクロでつまらない自分ではなくて、彩のある自分になれて満足しているというメッセージを衣装でも表現している。

Hug

好きな人を思いながら歌う姿がかわいらしいMV。
様々なカラフルな衣装を着ており、お花もたくさん出てくるMVがかわいらしいので必見だ。

Leo

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents