Bolbbalgan4(BOL4・赤頬思春期)の徹底解説まとめ

Bolbbalgan4は高校の同級生であるアン・ジヨンとウ・ジユンで構成されているアコースティックデュオである。デュオ名であるBolbbalgan4(赤頬思春期)とは、正直で純粋な音楽をしたいという意味が込められている。その名の通りの彼女たちの甘い歌声にのせられた正直でリアルな恋や悩みを綴った歌詞が、デビューして間もないころから若者から絶大な人気を誇る理由となった。しかし、2020年4月からはウ・ジユンが脱退し、アン・ジヨンが一人でBOL4として活躍している。

収録曲
1. Picnic
2. Bom
3. Stars Over Me
4. Seattle Alone
5. Mermaid

このアルバムは春らしさ全開でかわいらしいジャケット写真とともに、「Bom」を代表曲としたアルバムだ。
「Bom」は、かわいらしいジヨンの歌声と春らしい軽やかなメロディが印象的な曲だ。

Two Five

収録曲
1. Workholic
2. 25
3. XX
4. Taste
5. Day Off

今回のアルバムは今までのかわいらしい曲はあまりなく、「Workholic」などの仕事で大変で憂鬱になってしまった曲などをリリースし、また違った側面でファンから共感を集めた。
今までのかわいらしい雰囲気はないものの、例えば「Workholic」の、「すっきりするビールを飲む 笑いしか出てこないこの状況に」など社会人のリアルな心情を表した歌詞は共感を呼んだ。

思春期のアルバムⅡ 花を見た蝶

収録曲
1. Blank
2. Hug
3. Leo
4. Counseling
5. Dandelion

今作では人気男性アイドルグループのEXOのベクヒョンとコラボした「Leo」などのかわいらしい曲もありながらも、前作のような少し憂鬱な気分を歌った「Counseling」も収録されていて様々なファンの要望に応えた一枚となった。
それぞれの曲は印象はかなり違ったものになっている。今作では例えば「Counseling」の「私はあの子たちと同じ世界で生きているのに うらやましくはないです がっかりはしたけれど」などリアルな歌詞が共感を呼ぶこととなった。

韓国シングル

Filmlet

収録曲
1. 赤いリップスティック
2. Dancing Cartoon
3. 海を愛するよ

このシングルは1人体制になってからリリースされたものだ。
「赤いリップスティック」の曲中の歌詞にあるように、1人でも赤いリップスティックを付けて自信たっぷりに新しい曲を連れて再登場したBOL4の堂々とした姿勢が感じられるシングルとなった。
「不快なら見ないで 正解は私の中にある」という「赤いリップスティック」の歌詞に勇気づけられる人は多いであろう。

韓国 デジタル配信

Full Album RED PLANET(Hidden Track)

収録曲
1. 好きと言って

この曲は人気者の彼に恋をした女の子の曲で、片思いのじれったさがうまく表現された一曲となっている。
片思いの女の子のかわいらしさとかわいらしいBOL4の歌声が相まってファンが増えた曲の一つでもある。
「こんなに好きなのに 運命じゃないのかしら」といった、恋する女の子が考えていたらかわいらしいと思えるような歌詞がたくさん詰め込まれた一曲だ。

We Loved

収録曲
1.We loved

韓国のシンガーである20 Years Of Ageとのコラボレーション曲だ。
喧嘩に疲れて別れたカップルが付き合っていた頃は愛し合っていたのに別れたらすぐに他人になれるだろうかと歌った曲だ。
「隠せない 別れがきたこと 私たちは止まってしまったこと 私たちは一瞬で他人になれるだろうか」という、別れを受け入れながらも昔を懐かしむような歌詞が切ない別れをうまく表現している。

♯First Love

収録曲
1. ♯First Love

この曲はBOL4のかわいらしい歌声と素直になれない歌詞が合わさって甘酸っぱい初恋を表現している。
「いたずらしたりするのが私なりの表現方法だったのに 今でも私はあなたを見るとドキドキしている」といった歌詞が甘酸っぱい初恋を表現している。
甘すぎる曲であるとファンも飽きてしまうかもしれないが、このちょうどよい甘酸っぱさが人気の秘訣なのであろう。

Red Diary 'Hidden Track'

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents