オレンジスパイニクラブ(オレスパ)の徹底解説まとめ

オレンジスパイニクラブ(オレスパ)とは日本の男性4人組ロックバンドである。2012年オレンジスパイニクラブの前身となるザ・童貞ズとして結成。福島県いわき市を中心に活動を開始。ギターメンバーの脱退やパートチェンジといった紆余曲折を経ながら、2019年にオレンジスパイニクラブにバンド名を改名し現在に至る。改名前から貫かれるパンクロック、繊細な恋愛バラードが彼らの音楽の魅力。ライブでは溢れ出る熱い演奏でオーディエンスを惹きつける。楽曲の1つ「キンモクセイ」がSNSで話題となり彼らの知名度を上げた。

ベース担当のゆっきーは動画編集が得意。その特技を活かしMVの編集・編集を手掛けることがある。名義は川井景介。オレンジスパイニクラブの代表曲「キンモクセイ」のMVの監督・編集も務めている。

銀杏BOYZやTheピーズやKiNGONS、BUMP OF CHICKENから影響を受けている

――みなさんの音楽に影響を与えたアーティストさんはどなたですか?

スズキナオト:一番好きで影響されたバンドはThe ピーズです。

ゆっきー:あと、BUMPとか。オレンジスパイニクラブになる前に、KiNGONSっていうパンクバンドに全員がめっちゃ影響されて、それからパンクをやるようになりました。

出典: www.billboard-japan.com

ナオト:曲を作ってたのは俺だったんですけど、単純に聴く音楽が変わっていったんですよね。その頃から銀杏BOYZとかを聴くようになって、青春パンクを好きになりました。

出典: music.fanplus.co.jp

彼らのパンク調の音楽は銀杏BOYZやTheピーズ、KiNGONSに影響を受けているとインタビューにて話している。また、BUMP OF CHICKENにも影響を与えられたと話している。BUMPとは系統は異なるが、オレンジスパイニクラブが繊細な歌詞を紡ぎだすのに影響しているのだろう。

「駅、南口にて」は水戸駅のことを指している

出典: ja.wikipedia.org

ミニアルバム『非日常』の3曲目「駅、南口にて」の駅とは茨城県の水戸駅のことである。スペースシャワーTVのモンスターロックにおける『非日常』リリースインタビューにて言及している。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents