新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』とは、ガイナックス制作による庵野秀明監督のアニメーション映画。主たるジャンルはロボットアニメに分類される。同名TV作品のリメイク映画作品。
地球に突如として謎の巨大生命体「使徒」が出現。これへの対処に組織された特務機関「ネルフ」は、巨大人造人間「エヴァンゲリオン」を創造した。操縦には資格を持った14歳の少年が必要である。操縦者に選ばれた少年碇シンジと、彼を取り巻く人間たちの複雑怪奇な愛憎劇を描く。

CV:緒方恵美

本作の主人公。
14歳の少年であり、母に死なれ父に捨てられた(と思っている)ことから、己の殻にこもる内向的な性格になった。
父であるゲンドウに呼び出され、第3新東京市に呼ばれエヴァンゲリオン初号機のパイロットに選ばれた後は、葛城ミサトの保護化に置かれる。
エヴァのパイロットとしては天性の素質があり、非常に高いシンクロ率を維持する。

敵、使徒との戦いの中でゲンドウとの接触、他のエヴァのパイロットたち、学校の友人たちの交流を経験し、一人の少年として成長を見せるが、戦況の悪化によって友人たちが疎開し、綾波やアスカが戦闘不能になっていく中で追い詰められ、再び己の殻の中に閉じこもってしまう。
そんな最中に現れ、理解ある友人となってくれたはずの渚カヲルも、その正体は使徒であり、結局は自分の手で倒さねばならなかった。これがトドメとなり、ショックによって自己崩壊してしまう。

その後は最終的にエヴァ初号機に再搭乗し、神の力を得つつも人類補完計画の発動でひとつの生命体と化してしまった人間の在り方を拒否し、もう一度、元の世界をはじめることを決意した。

なお、本作のスポットが当たっている劇中時間軸は、主に彼が自己崩壊を起こしてからのもののため、常にぼそぼそと喋るか、悲鳴のような絶叫を上げるかで、非常に精神が不安定な印象を視聴者に与える。
(もっとも、本作はメインキャラクターの多くが精神不安定なのだが、主人公だけあってその筆頭である)

後の世で創造される漫画版や新劇場版、あるいは『スーパーロボット大戦シリーズ』をはじめとする『新世紀エヴァンゲリオン』の物語が再構築された世界での彼は、もう少しロボットアニメの主人公らしく、勇気のある人物の描き方をされている。

そのため、後世に描かれた碇シンジしか知らない視聴者の中に、本作のシンジを見て「キャラクターの性格設定が後の作品では変わったんだ」と誤解する向きがあるが、制作側は一度も碇シンジというキャラクターの方向性を変えてはおらず、その設定は一貫していると声を担当した緒方恵美が証言している。

ただ、そう言われても本作とその後の作品群のシンジに「差」を感じるのは事実であり、その疑問を解決するためには、本作の制作された1990年代中盤~後半という時代背景を知る必要がある。
この時代は、さかのぼる1980年代バブルの崩壊によって日本の経済が崩壊した後、まさにその影響が市井の個人にまでも強く出始めた時代なのである。すなわち「失われた20年(30年とも)」であり「就職氷河期」である。

親世代は子を満足に養う経済力を失い、子世代はそれによる進学の挫折、進学できても卒業後の就職口が見つからない。それだけならばまだしも、完全に経済力を失って路頭に迷う人間・家族も少なくなかった。
どうやって生きていけばいいのか解らない、外に出れば自分以外のみんなが理解できない敵や化け物に見える、等々の閉塞感があった。インターネットはおろか、携帯電話さえ限られた人間しか扱えない時代だったと考えれば、個々人の孤独化に歯止めをかけられなかったことが容易に想像できよう。

(実際には、そのような状況は常に起き得るものだが、それ以前の1980年代バブル期の日本が「ジャパン・アズ・ナンバーワン」などと世界中からもてはやされていたように、あまりにも華々しかったための反動に日本人全員が苦しんだともいえる)

そして、その波はキャラクターの原案者たちにも例外なく襲いかかっており、特に監督の庵野秀明は鬱病を患っていたともされている。
本作の碇シンジには、そのような背景が非常に色濃く反映されており、いわば「その当時の若者の感覚を体現する」キャラクターであるため、後の、日本人の大半がある程度の経済苦に慣れた世で生まれる「再構築された碇シンジ」とは違っていて当然なのである。

綾波レイ(あやなみ れい)

CV:林原めぐみ

エヴァ零号機パイロットという以外、あらゆる経歴が謎につつまれている少女。
蒼い髪と赤い瞳が特長の14歳。

非常に物静かかつ冷静沈着な性格であり、どんなことが起きても動揺しないどころか、感情の起伏さえ見せない。
しかし、感情がないわけではなく嫌なものは嫌と言い、時として皮肉も言う。なぜか碇ゲンドウにだけは、ある程度心を開いたような応対をしていたが、シンジと出会った後は彼とも淡泊ながら、なんとなしに絆のようなものを築いていく。

その正体は、故人であるシンジの母親、碇ユイと神の一柱アダムの遺伝子を混合して生み出されたクローンであり、さらにその魂にはもう一柱の神リリスのものを宿した半人半神だった。
一言でいえばエヴァ世界の「絶対神」である。

本作においては、彼女がゲンドウとの融合を拒否することで、彼の企てた人類補完計画は失敗に終わった。
元々の肉体であったオリジナル・リリスへと還り、シンジにその力のすべてをゆだねる。このことから、シンジは正しく神の子として証明され、また神そのものとなったのである。

最後はシンジを見守るかのようにL.C.L.の海に浮かび、消えた。

惣流・アスカ・ラングレー(そうりゅう・あすか・らんぐれー)

CV:宮村優子

物語の途中で加わる、エヴァ弐号機パイロットである少女。14歳。

帰国子女であり、幼い頃にエヴァ操縦者としての見いだされ英才教育を受けている。そのため14歳にして大学を卒業(飛び級)する才女であり、日本語のほかドイツ語を自由自在に操る。
また性格も攻撃的だが明るく、誰に対しても物怖じしないために交友関係が広い。シンジにも辛くはあたるが好意を持って接する。
ただし、自分を否定したり自己肯定の邪魔となる相手には、殺意にも近い憎悪を向けるきらいがある。

それらはすべて幼少期に母親が精神障害で自分を認識できなくなり、あまつさえ自殺した、という衝撃による激しいトラウマに起因するもの。すなわち周囲の人間に自分を受け入れてもらうことがアスカのすべてであり、それが果たせなくなった場合には一気に追い詰められてしまうのだ。

本作においては、戦況の悪化によってアスカがエヴァとのシンクロを失い、操縦ができなくなったあとの話に主なスポットが当たっているため、中盤までは回想に出てくるシーンを除いてこれといった出番がない。
逆に、後半の戦略自衛隊とエヴァ量産機が襲来してくるシーンからはエヴァ弐号機の中に母の魂を見たことで一気に覚醒し、破竹の勢いで敵をせん滅していくがエヴァ弐号機の稼働時間終了と共に、愛機ともども「食われて」死亡。

その最期を直視したシンジは絶叫し錯乱、人類補完計画開始の引き金となってしまうが、最終的にL.C.L.の海から再生する。
シンジと二人だけの世界にいる光景は、さながら原初の人間アダムとイブを再現したかのようだったが、最後のシーンにおける彼女の「気持ち悪い」とセリフが、聖書の通りに人類の祖として「つがい」になれるかどうかに影を落としている。

(とはいえ地球の生命体にとって、生きている他者というのは生存をかけたライバルという側面もあり、そこに拒否・拒絶があるのは仕方がない。それを妥協したりあるいは支配、もしくは被支配によって克服することから共生関係は生まれるわけだから、むしろアスカの言葉は前向きだと捉える意見もある。このあたりは制作側が明確にせず、ぼかしているため、視聴者が自分なりの答えを見つけるしかない)

特務機関NERV(ネルフ)

葛城ミサト(かつらぎ みさと)

CV:三石琴乃

ネルフ戦術作戦部作戦局第1課所属の女性。29歳。
シンジと正反対に明朗快活な性格をしており、沈みがちなシンジの保護者となり彼の面倒を見ている。
(ただし生活力は皆無であり、夜勤でもないのに昼間からビールをかっ食らうようなダメ人間。料理の腕もレトルトカレーすら食べられないものに仕上げてしまうほど壊滅的。あくまで精神的に、という意味である)

またその外面は、かつて父親とその仲間たちをセカンドインパクトによって目の前ですべて失ったことから来る精神外傷、孤独を極端に恐れる内面の裏返しでもあり、時としてその弱さが加持リョウジや、シンジなど、悪しく思っていない男性の前で表れる。

本作においては主に自己崩壊して動けなくなったシンジの救出に動いている。
ネルフに突入してきた戦略自衛隊の軍人三人を、奇襲ではあるが一人で叩き潰すなど、超人的な活躍が見られるも、シンジをエヴァ初号機まで送り届けたあと、負っていた傷が原因で倒れてしまい、そのまま爆発に巻き込まれて死亡した。

本来はシンジとすべてが対照的な『新世紀エヴァンゲリオン』もう一人の主人公として描かれるはずだったが、やはり年齢や立場の設定が、メインとなる少年少女の視聴者層には支持を得られなかったようで、ロボットアニメによくある主人公の指導者的立ち位置に納まっている。

碇ゲンドウ(いかり げんどう)

CV:立木文彦

シンジの父親にして、特務機関ネルフの最高司令官。48歳。
肩書きだけ見るといかにもロボットアニメにありそうな設定だが、それを逆手にとって、彼は主人公である息子シンジをほとんど理解できない、しようともしない、いわゆる育児放棄親のような描かれ方をしている。
死別した妻ユイに再会するため、ネルフ上位機関ゼーレの用意した人類補完計画シナリオに従うフリをしつつ、自分が補完後の世界の神になろうと企んでいる。
極めて寡黙であり、滅多に感情を見せず、また利用しようと考えたものを無感情に扱っていく。綾波レイだけはその例外に見えたが、それも結局は彼女が自分の意志を汲み取らなければ企みを達成できないという理由によってのものであり、最終的にはそのことを綾波本人に見透かされ拒絶される。

本作においては、まさに人類補完計画発動直前のタイミングに話のスポットが当たっているため、人類補完計画を自分の考える方向に誘導しようとするが、上述のように綾波の翻意で神になれず、失敗に終わった。
劇中、彼の精神面が描写されるシーンにおいては「自分は誰からも嫌われる人間であり、当然、息子シンジにも近づけば彼を傷つけ、自分も傷つけられるだけ。だから何もしないほうがいい」という趣旨の言葉を吐いていた。

最終的にはシンジが普通の親子関係を送りたいと強く願っていたことを悟り、彼に対して謝罪しつつ補完された。

冬月コウゾウ(ふゆつき こうぞう)

CV:清川元夢

ネルフの副司令官で60歳。
学生時代のゲンドウの恩師だが、その後のネルフ設立以降は同志といった立場になり、現在では副司令官という形で、名目上ゲンドウの部下になっている。また、碇ユイ以外で、ゲンドウがある程度の信頼を置いている唯一の人物である。

碇ユイが未婚の学生だった頃から、彼女に好意を抱いている。
精神不安定か、じつは人外だというキャラクターの多い『エヴァ』にしては、珍しく落ち着いている大人の人間に見えるが、その実、彼もゲンドウと同じく碇ユイへ執心する一人の男性に過ぎない。
ゲンドウの部下に甘んじたことを含めて、冬月の取る行動のすべては人類補完計画による碇ユイとの再会のためである。

本作においても、登場シーンの大半はゲンドウのサポートに徹し、最終的には補完の際の使者として現れた碇ユイの幻影に包まれてL.C.L.に還る。

赤木リツコ(あかぎ りつこ)

CV:山口由里子

ネルフにおけるエヴァンゲリオン開発責任者。また同組織を統轄するスーパーコンピューター「MAGI」の保守と運営担当でもある。
30歳。
いわゆる、ロボットアニメでよくある発明から整備までなんでもこなす「博士」に属する立場にあるが、これのキャラクターを壮年~老人男性ではなく若い女性としたことは革新的な発想であった。

葛城ミサト、加持リョウジとは大学時代からの友人関係である。現在ではゲンドウの愛人だが、亡き母もかつてゲンドウの愛人であったことを知っており、そのことに対する葛藤がある。
冬月に次いでネルフ内の情報にアクセスできる権限を持っている。
ヘビースモーカーであり、猫好き。

本作においてもゲンドウの片腕としてその目的のサポートをしていくが、結局、彼女も彼女の母も利用されていただけの存在であり、そのことを悟った彼女は愛憎の果てにゲンドウと無理心中しようとしたが失敗し、射殺された。

日向マコト(ひゅうが まこと)

CV:結城比呂

ネルフオペレーターの一人。
ミサトに好意を持っており、地味ながらも行動力のある男性。

本作においては、もはや脇役オペレーターの行動ひとつでは、どうにもならない状況まで進行した話にスポットが当たっているため、彼の特長でクローズアップされたのはミサトに好意を持っているということだけである。
事実、補完される間際にミサトの幻影に抱きつかれ口づけされつつL.C.L.に還るというのが彼の最大かつ最後の見せ場だった。

伊吹マヤ(いぶき まや)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下ヱヴァ:序)とは、ガイナックスの取締役だった庵野秀明氏が独立し、2006年に設立した株式会社カラーの第1回作品である。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下TVシリーズ)に新たな設定とストーリーを追加して、再構築したシリーズの第1作目である。本作は全4部作の第1作目にあたる。またタイトルの『序』は雅楽の用語『序破急』から来ている。ヱヴァ:序はTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリが基盤となっているが、TVシリーズの原画の流用は1枚もない。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの三作目である。 主人公碇シンジが目覚めると、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年もの月日が流れていた。自身が起こした大災害により滅亡に瀕する世界で、かつての仲間たちが新世界創世を画策する「NERV」とそれを阻む「WILLE」の二派に別れて相争う中、シンジは14年前の真実を求めてNERV本部へと向かう。

Read Article

碇シンジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇シンジ(いかりシンジ)とは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの主人公でエヴァンゲリオン初号機のパイロット。母・碇ユイをエヴァ起動実験の事故で失って以降父・ゲンドウとは距離を置いていたが、2015年突如ネルフ本部のある第3新東京市に呼び出され、エヴァ初号機パイロットに任命される。最初はエヴァに乗る事を拒絶していたシンジだったが、上司兼保護者の葛城ミサトやパイロット仲間の綾波レイや惣流(新劇場版では式波)・アスカ・ラングレー、クラスメイト達との交流を通して徐々に成長していく。

Read Article

真希波・マリ・イラストリアス(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

真希波・マリ・イラストリアス(まきなみ・マリ・イラストリアス)とはヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの登場人物で、エヴァ仮設5号機、2号機、8号機パイロット。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』より登場する新キャラクターで、その明るく奔放なキャラクターと謎に満ちた正体に注目が集まった。2つ結びの茶髪と赤縁眼鏡がトレードマーク。『Q』以降は改2号機パイロットである式波・アスカ・ラングレーの相方として8号機を操り、数々の戦場を駆け抜ける。

Read Article

碇ゲンドウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ゲンドウとは、新世紀エヴァンゲリオンの登場人物で、特務機関ネルフの最高司令官。主人公碇シンジの実父ではあるが、その関係は荒んでおりほとんど親子らしい会話を交わすことはなかった。本作の核心ともいえる「人類補完計画」を実行すべく謀略を巡らせる黒幕的ポジション。その真の目的は、過去に命を落とした最愛の妻・碇ユイと再会することである。常にサングラスをかけており、その表情を読み取ることは難しい。

Read Article

日向マコト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

日向マコトとは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で特務機関ネルフ本部のオペレーター。黒縁眼鏡とオールバックの髪型が特徴の男性。エヴァの戦闘時におけるサポートが主な仕事であり、使徒の反応を観測した際に「パターン青!」と告げるのが日向のお決まりのセリフとなっている。物語にあまり関わらない役どころではあるが、第1話から新劇場版まで出演しているレギュラーキャラクターであり、エヴァという作品の世界観を支える名脇役である。

Read Article

相田ケンスケ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

相田ケンスケとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で主人公碇シンジのクラスメイト。軍事オタクで常にビデオカメラを持ち歩いている変わり者。眼鏡と茶髪、そばかすが特徴的な中学生。エヴァに強い憧れを抱いており、戦闘を一目見るためにシェルターを抜けだしたり、パイロットになりたいと指揮官の葛城ミサトに直談判したりと目的のためならなりふり構わないところがある。新劇場版では大人になったケンスケが再登場し、物語のキーマンとなった。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(シン・エヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』(EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)とは、2021年に公開されたSFアニメーション映画。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の4作目にあたり、四半世紀にわたる『エヴァンゲリオン』シリーズの集大成の作品として、公開前から注目を集めた。総監督・脚本・原作・製作総指揮を庵野秀明が務める。前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の後、失意のどん底にいる碇シンジが立ち直る姿を描く。

Read Article

綾波レイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

綾波レイ(あやなみレイ)とは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物であり、エヴァ零号機のパイロット。水色の髪に赤い瞳が特徴のミステリアスな美少女。当初は感情をほとんど表に出さず、機械のように命令に忠実に従っていたが、シンジとの交流を通して徐々に自我が芽生えていく。その正体はシンジの母・碇ユイを元にしたクローンであり、複数の「綾波レイ」が存在している。人類補完計画の要として、作中で大きな役割を果たす。

Read Article

渚カヲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

渚カヲル(なぎさカヲル)とは新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で、5番目のエヴァンゲリオンパイロット(フィフスチルドレン)。その正体は第1にして最後の使徒であり、作中で提示された多くの謎の鍵を握る重要人物。白い髪と赤い瞳、色白の肌が特徴的な美少年である。主人公である碇シンジに強い興味を持ち、瞬く間に心を通い合わせた親友となる。傷ついたシンジを慰め、大きな影響を与えるが、最終的にはシンジの手にかかって亡くなるという悲劇的な最期を迎える。

Read Article

加持リョウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

加持リョウジとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフに所属する諜報員。後ろで束ねた長髪に無精髭、咥え煙草がトレードマークの伊達男で、飄々としたプレイボーイ。しかしその真の姿は、ネルフとその上位組織であるゼーレ、日本政府を股にかけて暗躍する三重スパイである。セカンドインパクトの真相を探るため独自に動いていたが、ゼーレを裏切ったことで始末された。エヴァの戦闘指揮官・葛城ミサトは彼の元恋人であり、再会した後は再び深い仲になっている。

Read Article

冬月コウゾウ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

冬月コウゾウとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で特務機関ネルフ副指令。謎に包まれたネルフ司令碇ゲンドウの数少ない理解者であり、真の目的を共有する同志である。主にネルフの実務処理を担当しているが、ゲンドウの不在時には代わりに作戦指揮を執ることも多い。元々は京都大学の教授として形而上生物学を研究しており、その時に教え子であった碇ユイやゲンドウと出会っていた。ロマンスグレーの初老の紳士で、常にゲンドウの傍らに立ち戦況を見守っている。

Read Article

青葉シゲル(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

青葉シゲルとは、『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で、ネルフ本部所属のオペレーター。主に通信と情報分析を担当しており、使徒との戦闘ではエヴァや本部施設のモニタリングと戦況のアナウンスを行う。肩にかかる程度のロン毛と鋭い目つきが特徴のやせ形の男性。物語の本筋に深く関わるキャラクターではないが、テレビアニメ版第1話から登場し、作中の戦闘描写になくてはならない存在である。趣味はギターで、音楽雑誌を読んでいたりギターケースを背負って出勤したりする様子が描かれている。

Read Article

碇ユイ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

碇ユイとは『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの登場人物で、主人公碇シンジの母親。物語の始まる10年前にエヴァンゲリオン初号機の開発中の事故で死亡したとされているが、実は初号機の中に肉体ごと取り込まれてしまっている。ユイの死が夫であるゲンドウを狂わせ、人類補完計画に傾倒していく原因となった。すでに故人ということもありほとんど回想シーンでしか登場しないものの、ある意味では作品の根幹にかかわる重要人物といえる。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

鈴原サクラ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原サクラ(すずばらサクラ)とはアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの登場人物で、反ネルフ組織「ヴィレ」に所属する医療スタッフ。テレビアニメシリーズでは鈴原トウジの妹として名前だけ言及されていたが、新劇場版シリーズで初めて本人の姿が登場した。基本的に明るく柔和な女性だが、主人公の碇シンジがエヴァに乗ることについては激しく反対する。碇シンジに対して愛憎入り混じった複雑な感情を抱き、彼を不幸にしたくないという想いから過激ともいえる行動に出た。

Read Article

惣流(式波)・アスカ・ラングレー(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

惣流・アスカ・ラングレー(そうりゅう・アスカ・ラングレー)とは新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で、エヴァ弐号機のパイロット。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにおける苗字は「式波」。茶髪と赤いプラグスーツがトレードマークの帰国子女で、勝気な性格から他のパイロットともたびたび衝突する。主人公である碇シンジと任務遂行上の理由から同居することになり、反発し合いながらも徐々に絆を深めていく。エヴァで活躍することを何よりも自分の存在意義と考えている。

Read Article

葛城ミサト(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

葛城ミサトとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物でエヴァの戦闘指揮官。主人公の碇シンジの保護者兼上司として、時に厳しく接しながらも彼の成長を見守っていく。セカンドインパクト時の南極調査隊の生き残りでもあり、父の仇である使徒殲滅に情熱を燃やす。彼女の立てる作戦は無謀なものがほとんどだが、ミサト自身の強運によるものか結果的には成功を収めている。

Read Article

赤木リツコ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

赤木リツコとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物であり、特務機関ネルフ技術開発部に所属する科学者。人型兵器エヴァンゲリオンの開発に深く関わっているほか、ネルフ本部の意思決定を支えるスーパーコンピューター「MAGI」の管理運営担当者でもある。戦闘指揮官である葛城ミサトとは学生時代からの友人で、時に衝突することもあるが技術者的見地から彼女の作戦をサポートしている。ネルフ司令碇ゲンドウの愛人でもあり、エヴァとネルフの抱える秘密を知る立場にあった。

Read Article

伊吹マヤ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

伊吹マヤとは新世紀エヴァンゲリオンの登場人物で、特務機関ネルフ本部所属のオペレーター。人型兵器エヴァンゲリオンの戦闘をサポートする役回りとして、第1回から戦闘時には欠かさず登場している。上司の赤木リツコを「センパイ」と呼んで慕っており、彼女から直々に技術指導を受けている。生真面目な性格や、黒髪ショートカットという可愛らしい見た目から、メインキャラクターではないにも関わらず高い人気を誇っている。

Read Article

鈴原トウジ(エヴァンゲリオン)の徹底解説・考察まとめ

鈴原トウジとは、新世紀エヴァンゲリオンシリーズの登場人物で主人公シンジのクラスメイト。関西弁が特徴で、常に黒いウィンドブレーカーを着用している。エヴァパイロットであるシンジに当初は反感を抱いていたが、彼の苦労や覚悟を知って和解する。その後は同じくクラスメイトの相田ケンスケと共に「3バカトリオ」として親しく付き合うようになった。テレビアニメ版では参号機のテストパイロットに選ばれるが、起動実験時の暴走と初号機による破壊によって左脚を失ってしまう。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開された。今尚アニメ界で異彩を放つ作品である。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとは、1995年制作のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を原作とした劇場版アニメ。総監督庵野秀明を始めとして、ほとんどの声優やスタッフがテレビアニメシリーズに引き続き制作を手掛けている。単なるリメイクではなく「再構築(リビルド)」と位置づけ、14歳の少年少女が人型兵器エヴァンゲリオンに乗って謎の使徒と戦うという大本の設定は同一ながら、中盤から全く新しい展開を見せている。2021年にシリーズ完結作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が公開された。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン・旧劇場版の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

EVA-EXTRA-EXTRA(シンエヴァの薄い本)のネタバレ解説・考察まとめ

『EVA-EXTRA-EXTRA』とは『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の入場者プレゼントとして2021年6月12日から全国の映画館で配布された入場者特典である。前作である『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前日譚を描いた漫画『EVANGELION:3.0 (-120min.)』を始めとして、公式アニメーターによるイラストが多数収録されたことから話題を呼んだ。表紙のイラストは総作画監督である錦織敦史が担当している。

Read Article

トップをねらえ!(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

NEW

天元突破グレンラガン(アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『天元突破グレンラガン』とは、2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

めだかボックス(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

風の谷のナウシカ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『風の谷のナウシカ』とは、1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

トップをねらえ2!(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

天空の城ラピュタ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

ふしぎの海のナディア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「ふしぎの海のナディア」とは1990年から1991年までNHKによって放送されたテレビアニメ。この作品は「海底二万マイル」を原作としており、庵野英明が総監督を務めていました。19世紀を舞台としており、ナディアを巡ってノーチラス号と世界制服を企むネオ・アトランティスの戦いを描いたアニメです。

Read Article

風立ちぬ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

天元突破グレンラガンのガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents