新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』とは、ガイナックス制作による庵野秀明監督のアニメーション映画。主たるジャンルはロボットアニメに分類される。同名TV作品のリメイク映画作品。
地球に突如として謎の巨大生命体「使徒」が出現。これへの対処に組織された特務機関「ネルフ」は、巨大人造人間「エヴァンゲリオン」を創造した。操縦には資格を持った14歳の少年が必要である。操縦者に選ばれた少年碇シンジと、彼を取り巻く人間たちの複雑怪奇な愛憎劇を描く。

ゲンドウが信じられないと言うシンジに、怒りを見せる綾波。

綾波に関する記憶の断片

対比するように、零号機パイロットの綾波に関する記憶も並行して再生されていく。
使徒を倒すために必要だったシンジとのユニゾン訓練で、まったく足並みを揃えられないアスカに対して、抜群の相性を見せる。あまり感情を表に出さないが、シンジがどう相対すればよいのか解らないと思っている父ゲンドウのことを、信じている様子だった「彼女」は、やがて零号機と共に散っていく。

ユイの墓前で会話する碇親子。だが、ゲンドウは墓の中にはなにもないと言う。

ゲンドウに関する記憶の断片

次に妻ユイの墓前で息子シンジと珍しく会話するところから、ゲンドウに関する記憶が流れる。
ネルフを統括するスーパーコンピュータMAGIの制作者ナオコを愛人としたこと、しかし形だけであり、その心はユイを蘇らせる鍵となる綾波に注がれていたことと、それが原因でナオコは「綾波の内の一人」を手にかけたことの記憶である。
そして彼の片手には、アダムが埋め込まれていた(TV版ではただの掌だったシーンが、新規カットで描き直されている)。

ゼルエルを捕食し、そのS2機関を体内に取り込むエヴァ初号機。

エヴァと使徒に関する記憶の断片

そしてエヴァと使徒に関する記憶が再生される。
単純に使徒を倒すための兵器などではなく、エヴァはその内部に得体の知れないなにかを秘めており、そもそも使徒と同質のなにかであるらしいということが判明し、初号機が人間のコントロールを放れて「覚醒」し、自らの意志で動き、ゼルエルを捕食していった記憶の断片だ。

渚カヲル改め第17使徒タブリスを捕獲するエヴァ初号機。

カヲルに関する記憶の断片~終幕

それらの果てに「演奏練習開始時刻 定刻――ヴァイオリン――第一絃」の字幕の後、最後の使徒であるカヲルが現れる。彼は搭乗者のいなくなったエヴァ弐号機を操り初号機と戦わせ、そしてA.T.フィールドは誰もが持っている心の壁だとする言葉を吐くが、やがて敵意を翻すかのごとく生と死は等価値と発言すると、その命をシンジに捧げ、初号機に握りつぶされるシーンをもって終幕となる。

『REBIRTH』編

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の冒頭とほぼ完全に重複する。
出撃不可能に陥ったシンジと、空に円を描いて舞うエヴァ量産型のカットを最後にエンドロールとなっている。

ただし、本シリーズで人気のある楽曲「魂のルフラン」はこの編でしかかからないため、実際に映像と共に聴いてみたいという場合には『REBIRTH』編を視聴する必要がある。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』

序盤:アスカの最期

量産機が持つロンギヌスの槍(レプリカ)を奪った弐号機。

カヲルを含める全ての使徒は撃破された。今やネルフはその使命を終え、組織の解体を待つだろうとされていた。ただ、職員たちでさえもよく理解できていない最終目的「人類補完計画」の発動を目前に控えるのみだ。
街外れに駐車した愛車の中で、ミサトがその計画の内容をひとりごちる。

「出来損ないの群体としてすでに行き詰まった人類を、完全な単体としての生物へ人工進化させる人類補完計画……」

だが、この計画の細部はネルフの上部組織たる「秘密結社ゼーレ」と、碇ゲンドウ率いるネルフとでは、違っていた。
正確には、ゼーレが「人類全体の個体としての再生」だけを考えていたことに対して、ゲンドウ個人はその理屈を利用しようとしていたのだ。

ゲンドウの目的は人類補完計画は遂行しつつも、自身はエヴァという神の器を利用し、人類補完計画後に誕生する単体生命の制御役となること。すなわち自身が神となることで、その力で死んでしまった最愛の妻であり理解者たる碇ユイを蘇らせ、そして再会するということであったのだ。

当然、そのようなゲンドウ個人にしか利益のない身勝手を「他者」が認めるはずもない。ゼーレはゲンドウへ引導を渡すため、自分たちが保有する戦力をもってネルフせん滅に動き始めた。
加えてゼーレには焦りもあった。人類補完計画発動のための鍵となるのは、地球生命体の根源となった二柱の神「リリス」と「アダム」であり。その二柱の内、リリスはコピーされ「エヴァ初号機」として、アダムはその魂をゲンドウの肉体自身に宿しており、どちらもネルフの手の内にあったからだ。

ネルフに対して、ゼーレ指揮下の戦略自衛隊の襲撃がはじまる。
そもそも対人・対組織戦闘のためには組織されていなかったネルフは、あっという間に軍隊である戦略自衛隊の前に屍の山を築いていく。エヴァのパイロット全員にも射殺命令が下されており、シンジも発見されてしまう。危機一髪でミサトの銃弾に救われるものの、すでに生きる意志を失っていたシンジは身じろぎひとつできなくなっていた。

同じ頃、エヴァ弐号機に搭乗しつつもシンクロ率の低下によってこれを操縦できず、絶望に支配されていたアスカが、ふとエヴァ弐号機そのものに母の面影を見たことで覚醒。エヴァ弐号機にとどめを刺そうとする戦略自衛隊の兵器群を次々に撃破し、鬼神のごとき働きを見せる。
だがその活躍も束の間、ゼーレより放たれた9体のエヴァンゲリオン量産機の前に敗れ、アスカは文字通り、弐号機ごと量産機に「食われて」しまう。

中盤:人類補完計画発動

ゲンドウの前にのみ、敵意を向けた初号機の姿で現れるアンチA.T.フィールド。

アスカの最期を、ネルフの職員が絶叫してシンジに知らせるが、それでも彼は動けない。するとしびれを切らしたかのように、初号機が自ら動き出した。その動きは、さながらシンジに「乗りこめ」と促しているかのようであり、その姿にシンジもまた初号機に母の面影を見たのである。

起動した初号機だったが、しかしこの期に及んでもシンジにアスカの仇を討つような闘志や戦意は見られなかった。それどころか量産機たちは初号機の起動に呼応し、人類補完計画を発動するための儀式を始めてしまう。
(補足として、エヴァ量産機は神アダムをコピーしたエヴァであって、神リリスのコピーである初号機とこれらが共鳴しても補完計画は発動できる。すなわちゼーレの考える通常の人類補完計画である)

同時にゲンドウも自らの企てを達成しようと、ジオフロントで巨大な十字架に磔にされていたオリジナル・リリスに、その分身だった綾波レイを依り代にして融合しようとする。だが、この時シンジとの記憶を持つ「綾波レイ」の意識が「碇くんが呼んでいる」と融合を拒否。
彼女は、ゲンドウからアダムの力を奪うと、彼を突き放し自らの意志でオリジナル・リリスと融合したのだ。

地表の初号機と量産機は、空中で人類補完計画のために陣を組むと「生命の樹」の紋様が空に浮かび上がっていく。同時に、ジオフロントではオリジナル・リリスと、アダムの力をゲンドウから奪った綾波レイが再び、ひとつになっていく。その結果、人類補完計画はゲンドウの考えたものとは違う形(どちらかというと、ゼーレの望んだものに近い形で)で発動しはじめる。
綾波と融合したリリスは、磔を自ら脱し足下のジオフロントに満ちる生命の海(L.C.L.。生命原初の液体で満たされた海)へ落ちると、そこから純白の、地球から生えているように見えるほど巨大な綾波レイとして再生していき、シンジの乗るエヴァ初号機とさらに融合したからだ(この時、シンジは『エヴァ』の世界の神となった)。

同時に、綾波レイの分身のようなもの(正しくは人を個体として支えるA.T.フィールドを瓦解させる、アンチA.T.フィールド)が世界中の人間たちの前に、彼らを群体として終わらせる「迎え」の使者として現れていく。
その姿は、ある者には愛する者の姿に変じ、ある者には単なる綾波レイの姿として現れる。そしてある者には幸福感を、ある者にはただ恐怖を、ある者には納得を与えて、形は異なれども強制的に人間たちを、生命原初の姿である液体(L.C.L.)に変えていく。

群体が単体の生命体に変化するとは、こういうことだったのだ。
人間をはじめ、あらゆる生命体が、元はひとつのスープ「海」から生まれたとする論が正しいとするならば、まさに人類はその原初の姿に還元されていった。

終盤:シンジの願い

すべてが終わり、石化したエヴァ初号機とそれを見つめる綾波レイ。

アニメーションはここで一旦途切れ、本作の試写会を見るため訪れた映画館に座る人々(実写)や『エヴァ』キャラのコスプレをして街を行く人々(実写)という夢と現実の暗喩(夢=シンジたちの居るアニメの世界。現実=アニメを見ている我々が住む本物の世界)を映しながら、シンジと綾波の声が幸福と夢と現実の話を交わしていく。
シンジの思いは「現実が解らない。幸福がどこにあるのか解らない。だから夢の世界にしか幸福を見いだせない」と、いうものだった。

その中で、綾波がシンジに対して「虚構の世界で真実をごまかしていたのね」と言った時、シンジは反発し「僕一人の夢を見ちゃいけないのか?」と問う。その問いに対する綾波の答えは「それは夢じゃない。ただの現実の埋め合わせよ」というものだった。

さらにシンジは「じゃあ、僕の夢はどこ?」と問う。綾波はさらに「それは、現実の続き」と、答える。

すると、映画館の観客が消えて、座席だけになった寂しげな風景(実写)が映された。シンジの望む「悪意=他者の存在しない世界」の暗喩である。
シンジは人類補完計画のことを素晴らしいとは考えていないが、自分を傷つけてくる悪意や無遠慮のあふれる世界=現実から逃れたいと思うあまり、人類補完計画は他者の意志と自我を融合してしまうことで精神の苦しみ=現実を消失させてくれるもののため、計画を否定しきれないでいたが、それが綾波の言葉で揺らいでいる。

そして、少し勇気を出したかのような声色のシンジが再び綾波に「じゃあ、僕の現実はどこ?」と問うと、綾波は「それは、夢の終わりよ」と答えた。
その言葉と共に実写映像は消え、アニメーションが再開されると、白く地球を覆うほど巨大な綾波の首に穴が空き、その首からおびただしい量の赤い液体がほとぼしっていく。
他人がいない世界は、決してシンジが本当に望むものではなかったのだ。綾波=リリス(『エヴァ』世界の神)と融合したシンジが、その世界を望まないと考えた時、人類補完計画が予定していた世界は否定されたのだ。

そのことを証明するかのように、巨大な綾波レイの目玉を突き破り、リリスと融合したはずのエヴァ初号機が唸りと共に現れる。シンジは人類補完計画を拒否し、再び自分たちが群体として生きていく道を選んだのである。
シンジの、つまりは新たな神の決定が下された瞬間、巨大な綾波レイは役目を終えたかのごとく、あるいは自ら新たな生命の血肉になるかのごとく、腐り落ちてバラバラになっていった。

やがてシンジが気づくと、彼はアスカと隣り合わせでL.C.L.の海の浜辺に居た。周囲には役目を封じられ石化したエヴァ量産機の姿。そして海の上に浮かぶ、元の姿に戻った綾波レイの姿。
しかし、次の瞬間に彼女の姿は消えてなくなっていた。

アスカは仰向けになったままなにも言わない。
そんなアスカをシンジはしばらく見つめていたが、なにを思ったのかその首を絞めるも、アスカは無言のままシンジの頬をさすった。嗚咽とともに力を緩めるシンジ。
しばらく無言の時間が流れた後、アスカは「気持ち悪い」とつぶやいた。
真っ白な画面と右下に「終劇」の文字が表示され、映画が終わる。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』の登場人物・キャラクター

エヴァンゲリオンパイロット

碇シンジ(いかり しんじ)

滝野ケン(1practice)
滝野ケン(1practice)
@go-105212153033968585635

Related Articles関連記事

ヱヴァンゲリヲン新劇場版(ヱヴァ)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とは、2007年から公開されているアニメ映画シリーズである。 1994-1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』が原作。総監督はTVシリーズと同様に庵野秀明が担当している他、主要スタッフや声優もほぼ同一でリメイクではなく「リビルド(再構築)」作品。 全4部作予定で、現在3作目まで公開済み。巨大人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットの少年少女を主人公とし、人類の敵「使徒」との闘いや人間同士の争い、陰謀の謎解き、主人公の苦悩や成長を描いたストーリーである。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(ヱヴァ:序)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(以下ヱヴァ:序)とは、ガイナックスの取締役だった庵野秀明氏が独立し、2006年に設立した株式会社カラーの第1回作品である。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下TVシリーズ)に新たな設定とストーリーを追加して、再構築したシリーズの第1作目である。本作は全4部作の第1作目にあたる。またタイトルの『序』は雅楽の用語『序破急』から来ている。ヱヴァ:序はTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリが基盤となっているが、TVシリーズの原画の流用は1枚もない。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(ヱヴァ:Q)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの三作目である。 主人公碇シンジが目覚めると、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』から14年もの月日が流れていた。自身が起こした大災害により滅亡に瀕する世界で、かつての仲間たちが新世界創世を画策する「NERV」とそれを阻む「WILLE」の二派に別れて相争う中、シンジは14年前の真実を求めてNERV本部へと向かう。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)のネタバレ解説まとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とは、監督・庵野秀明が率いるGAINAXによるTVアニメ作品および登場する巨大人型兵器の名称。略称『エヴァ』。 本作を原作とする劇場版、漫画、ゲーム作品などの派生作品が存在する。本記事では1994年10月から翌3月まで放送されたTVシリーズについて記述。 90年代に社会現象とまで言われた国民的アニメの一つ。ストーリーは主に少年少女の苦悩が描かれ、人類の敵「使徒」との闘うにつれ、使徒やエヴァの正体など多くの謎解きが展開されるが、すべては説明されずに完結した作品。

Read Article

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(ヱヴァ:破)のネタバレ解説まとめ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とは、社会現象をも巻き起こしたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を、同作監督を務めた庵野秀明自らが再構成したアニメ映画作品。「新劇場版」シリーズの二作目である。 謎の巨大生物・使徒により、「セカンド・インパクト」という大災害が発生してから15年。14歳の少年碇シンジは、父ゲンドウの命令で汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と戦うことを強いられる。同じくパイロットに選ばれた少女たちと交流しながら、シンジは世界の謎を巡る奇怪な陰謀に翻弄されていく。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの使徒まとめ

使徒とは、庵野秀明監督率いるGAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』及び同作の再構築版『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場する敵である。大きな災厄セカンドインパクトから15年。14歳の少年少女が人造人間エヴァンゲリオンに乗り、謎に包まれた敵、使徒と戦う物語が主軸となっている。使徒は戦い方やデザインが従来のロボット物の敵と一線を画しており、『エヴァ』の人気を支えた一要素でもある。

Read Article

エヴァンゲリオンシリーズの機体とパイロットまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』とはGAINAXによるアニメ作品、及びそこからメディア展開された作品である。14歳の少年少女が、巨大な人造人間エヴァンゲリオンに乗り込み、使徒と呼ばれる謎の敵と戦うのが主軸。そこに聖書や心理学の要素を絡めた実験的な作風や人間ドラマが人気を呼び、社会現象にまでなった。2007年には「再構築」として『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズが公開された。今尚アニメ界で異彩を放つ作品である。

Read Article

新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)の名言・名セリフまとめ

『新世紀エヴァンゲリオン』は1995年に製作された庵野秀明監督によるロボットアニメ作品。巨大な人造人間である「エヴァンゲリオン」のパイロットである14歳の少年少女たちと、謎の敵「使徒」との戦いを描く。謎めいたストーリー展開、今までにない独特の世界観から社会的ブームを巻き起こした。それぞれの個性的なキャラクターたちから印象深いセリフが放たれている。

Read Article

トップをねらえ!(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『トップをねらえ!』とは、1988年にGAINAXによって制作された庵野秀明初監督のSFロボットアニメ作品。主人公タカヤ・ノリコが、努力と根性で苦難を乗り越え成長しながら未曾有の脅威「宇宙怪獣」と戦っていく。OVAの金字塔とまで言われ、いまだに多くのファンに愛され続けている。キャッチフレーズは「炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!」。

Read Article

風立ちぬ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

『風立ちぬ』とは、2013年にスタジオジブリが公開したアニメーション映画で、監督は宮崎駿。キャッチコピーは「生きねば。」。主人公の堀越二郎は、幼い頃から飛行機が大好きで飛行機乗りになりたかった。しかし近眼という決定的な欠陥から飛行機乗りの道を諦め、設計者を志すこととなる。そして大学生のころ関東大震災にあい、その時に出会った結核の少女、里見菜穂子と恋に落ちる。大正から昭和へと流れゆく時代に、生と死の間で苦悩する青年を描いた感動作となっている。

Read Article

天元突破グレンラガン(アニメ・映画)のネタバレ解説まとめ

2007年4月1日より同年9月30日まで、テレビ東京系列にて放送されていたアニメ。ガイナックスが単独でアニメーション制作した初のアニメ作品である。 遥か未来、人々は地中に穴を掘り、時折起きる地震と落盤に怯えながら何百年も息をひそめるように暮らしていた。そんなある日少年シモンは、不思議に光る小さなドリルと顔だけのメカを発見する。

Read Article

めだかボックス(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

原作:西尾維新、作画:暁月あきら。 週刊少年ジャンプに掲載、コミック全22巻。ジャンル「学園異能インフレ言語バトル漫画」。 ありとあらゆる事を完璧に出来る、黒神めだかが生徒会長となり学園の問題を仲間達と解決していく物語。超人を人為的に作り出す「フラスコ計画」編から「能力者」と呼ばれるキャラがめだかと戦う。原作者は「物語シリーズ」で有名、キャラの独特な名前、推理、言葉遊び、パロディが豊富。

Read Article

風の谷のナウシカ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

『風の谷のナウシカ』とは、1984年トップクラフト制作の日本アニメーション映画で、宮崎駿監督の長編アニメーション映画第2作である。原作は「アニメージュ」に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』。遥か遠い未来、近代文明が崩壊し「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。その辺境にある「風の谷」で生き抜く少女の生き様を描く。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

トップをねらえ2!(アニメ)のネタバレ解説まとめ

トップをねらえ2!(Aim for the Top2! DIEBUSTER)とはGAINAXの設立20周年記念作品として制作され、2004年11月から発売されたOVA作品。1988年に制作されたOVA作品「トップをねらえ!」の続編になる。 物語は、宇宙パイロットを目指すアンドロイドのノノが、ひょんなことから宇宙の最前線で戦うパイロットのラルクと出会うところから始まり、宇宙怪獣との戦いを描く。

Read Article

天空の城ラピュタ(ジブリ映画)のネタバレ解説まとめ

1986年公開、スタジオジブリ作品。宮崎駿氏が監督、脚本、原作を手掛けた長編アニメです。飛行石という不思議な石を持つシータと、彼女を助けた少年パズー。空に浮かぶとされる島ラピュタ発見を夢見て、飛行機を作っていたパズーはシータと共にラピュタ探しを提案します。そこに空中海賊、政府軍などが飛行石、そしてラピュタを狙い介入。ただの冒険活劇でないところが、数十年経っても衰えない人気を誇っています。

Read Article

天元突破グレンラガンのガンメン・ロボット・兵器まとめ

「天元突破グレンラガン」は2007年4月から同年9月まで放送された、GAINAX制作のオリジナルロボットアニメ。2008年と2009年には劇場版が公開された。作品は全4部で構成されており、2部までの少年期と3部以降の青年期を通して、主人公である「シモン」と彼が率いる「大グレン団」の熱き戦いが描かれている。 本記事では主要兵器として登場するロボットの『ガンメン』を中心に各部ごとまとめていく。

Read Article

①《vol.1〜15》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

雨上がり決死隊のトーク番組、略して「アメトーーク」ですが、毎回面白いですよね。近年ではperfumeさんやハーフ芸人会、プレゼン大会などもあり、その面白さは無限大です。そんな中、今回は「アメトーーク」の中で取り上げられたアニメ・漫画に関する回、DVDのvol.1からvol.15巻までを、まとめてみました。

Read Article

『エヴァ』に『デュラララ』『ガンダム』とキティちゃんコラボはとどまる事を知らない!

「キティちゃん」と言えば、サンリオの代名詞と言っても過言ではないキャラクター。日本の女の子にもっとも愛され、そしてもっとも色々な“モノ”達とコラボを果たした別名「仕事を選ばないキティ先輩」。こちらでは、そんなキティちゃんのアニメや漫画を中心とした“コラボ遍歴”を集め、まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents