ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

リサの誕生日当日。リサと大谷の他に仲良し7人組である信子・中尾・千春・鈴木が集まり、海へ。高校時代に戻ったみたいだと喜びはしゃぐリサ。同じくはしゃぐ大谷。2人のはしゃぎっぷりを見て他のメンバーも久々の再会を懐かしんでいた。
そこへ、遥と聖子と偶然再会。なんと舞竹と百合も一緒に海へ遊びに来ていた。「このあとリサん家に誕生日プレゼント届けに行くつもりやってんでー」と話す遥。自分の誕生日を覚えていてくれたことにリサは感動していた。

高校の時と変わらないところもありつつ、少しづつ成長している周囲に寂しさを感じるリサ。

ひとしきり遊んだ後、リサたちは浜辺に敷いたレジャーシートに腰かけて休憩していた。リサは千春に「大学どう?楽しい?」と尋ねる。すると千春は楽しいが、予備校通いの鈴木とはなかなか会えないことも漏らした。しかし来年のために今は会えなくても頑張ると話す千春の姿に大人な印象を受けるリサ。信子からも短大のこと、おばあちゃんのこと、北海道生活についての話を聞き、以前の高校時代とはみんなそれぞれ違うのだということを痛感していた。

海の家にて大谷の大学の友人らと出会う。

海の家でリサと大谷は偶然にも大谷の大学の友人である塩崎に出会う。塩崎に「チャッピー」と呼ばれ、慌てる大谷。ぞろぞろと大学の友人らが集まり、注目は次第にリサに集まった。友人の1人に「チャッピーの彼女?」と尋ねられ、「チャッピーの彼女です」と答えるリサ。そこで友人らは大谷に友人がいたことに驚いた。友人らの驚く様子を見てリサは大谷に「言ってへんの?」と問うとタイミングを逃し公表していなかったことを明かした。
彼女である自分の存在を隠されたことにショックを受けたリサは大谷のことをわざと「敦士」と呼び、お邪魔だから先に行ってるねとその場を後にした。
すっかり機嫌を損ねたリサは、彼女がいることを言わなかったことについて大谷に言及しつつもさらに距離が離れてしまった気がしていた。

リサの誕生日を祝っている最中、大谷はリサの誕生日をすっかり忘れているのだった。

海の家でバイトしていた小堀が登場し、「HAPPY BIRTH DAY リサ」とケチャップで書かれたオムライスをリサに手渡す。信子、中尾、千春、鈴木もリサの傍へ駆け寄り誕生日を祝っているとそこへ大谷が現れ「小泉、今日誕生日なん?」と一言。その場にいた全員が「まさか」と固まる。大谷はリサの誕生日だから遊びに誘ったのではなく、たまたまバイトのシフトが空いていたから誘ったのだった。それを知った信子が大谷を隅へ呼び出し、リサが専門学校に馴染めず苦労していることを話す。「そぉーんな時に誕生日忘れるってさ~~」と溜息を付く信子。大谷はリサがどうして専門学校での話を自分にしてくれなかったのか、と考えこむ。

1人泣いているリサの元に大きなバラの花束を持って登場する大谷。

日も沈みかけた頃、信子がリサに花火をしようと誘う。そこへ中尾が大谷から用事があるから先に始めといてと伝言を預かったことを話す。リサはきっと大学の友達のところへ行ったんだろう、こうして私は忘れられていくんだと考え、1人涙を流しながら花火を楽しむ他のメンバーを見つめていた。
突然、傷心中のリサの頭をつつく何かが。振り返ると大きなバラの花束を持った大谷の姿が。「はっぴーばーすでー」と言いながら照れた顔で花束を渡す大谷。以前デート中に街中でバラの花束をプレゼントしているカップルを羨ましそうに見ていたリサを大谷は覚えていたのだった。リサは大谷が日常の何気ないシーンでもしっかりリサを見ていてくれたことに感動。大谷は「なんで学校のこと俺に言えへんねん」と尋ねる。リサは大谷が楽しそうに大学やバイトに励む姿を見て遠慮していた。そのことを知った大谷は「アホ」とリサの頭をべしっと叩き、今言いたいこと全部言え!聞いてやると一喝。リサは大谷が「チャッピー」とさぶい名前で呼ばれていること、塩崎が大谷に気があるのではないかと心配したこと、もっと大谷と会いたいと思っていることを涙ながらに話した。すべて受け止めた大谷は「リサ」と呼び、花火に誘う。初めて下の名前で呼ばれたリサは驚きながらも、2人の距離がぐっと縮まった気がしていた。

専門学校の授業中、隣にいた生徒と打ち解けるリサ。

その後、専門学校で授業を受けるリサ。たまたま隣にいた学生と意気投合し、リサの専門学生生活も一歩前進していた。大谷とも会うことができ、リサは改めて大谷の存在の大きさを痛感していた。そして、どちらかが落ち込んだ時はそうしてお互いにアホパンチで一喝しあいながらこれからも2人で歩いて行こうと前を向くリサだった。

『ラブ★コン』の登場人物・キャラクター

仲良し6人組

小泉リサ(こいずみ りさ)

出典: kossynolog.com

CV:岡村明美/演:藤澤恵麻
『ラブ★コン』の主人公。身長170cmの高身長女子。大阪・舞戸学園の高校生である。身長は中学2年時で167cm、その後高校2年生では172cmと更新している。身長が大きいことから「巨女(きょおんな)」や「巨神様」と呼ばれ、大谷と並ぶとオール・阪神巨人と呼ばれている。主にボケ担当。明るくポジティブな性格。身長差にコンプレックスを抱きながらも、大谷に一途な想いを寄せる。

大谷敦士(おおたに あつし)

CV:永田彬/演:小池徹平
『ラブ★コン』の準主人公。小さい身長を気にしており、背の低いことから周りによくチビ扱いされている。中学1年生の時の身長が143cm、高校1年生の時が156cm、高校2年生は156.2cmと代り映えしないが、本人は成長に喜んでいる。リサとはオール・阪神巨人とコンビに呼ばれており、主にツッコミ担当。ノリツッコミも得意としている。中学時代からバスケ部に所属しており、高校3年時にはキャプテンを務めた。最初は恋愛対象として見れなかったが、リサの一途な想いに次第に心が動かされていく。

石原信子(いしはら のぶこ)

CV:東さおり/演:玉木成実
舞戸学園の高校生。仲良し6人組メンバー。リサの親友でもある。おしゃれ好きで入学時の風貌が外国人に近かったことからリサに英語で話しかけられる。かなりのおばあちゃんっ子で、おばあちゃんの言いつけを守りずっとピアスを開けていなかった。中尾と付き合っている。

中尾平吉(なかお へいきち)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

Read Article

NEW

まもって守護月天!(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『まもって守護月天!』とは1996年から『月間少年ガンガン』にて連載を開始した桜野みねねによるハートフルコメディ漫画及び、漫画を原作としたアニメ作品のことである。幼少期より家族の不在によって心に寂しさを抱えて過ごしてきた少年が、父からの贈り物によって呼び出された精霊たちと生活を共にして賑やかな日々を送るようになる。日常のドタバタ劇だけではなく、登場人物たちの恋模様や頼りなかった少年が徐々に成長していく姿も見どころだ。

Read Article

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

NEW

魔女見習いをさがして(おジャ魔女どれみ)のネタバレ解説まとめ

『魔女見習いを探して』は1999年に放送開始した、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作された映画。本作は、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』を視聴して成長した3人を主人公としているため、小学生・春風どれみを主人公としたアニメシリーズとは異なる完全新作映画である。大学4年生で進路に悩む長瀬ソラ、仕事が思うようにいかず苦しむ会社員の吉月ミレ、夢のために奮闘するフリーターの川谷レイカ。3人が偶然にも『おジャ魔女どれみ』という共通点で繋がり、ゆかりの地を巡る旅に出かける。

Read Article

目次 - Contents