テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。
2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。
世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

CV:立木文彦
年齢:28歳(外見年齢) / 身長:186cm / 体重:78kg
ロイドの実父で元クルシスの四大天使。
世界再生の後に生き残った天使達を連れてデリス・カーラーンに移住した。ユアンとは世界樹の下で互いの世界の様子を伝え合っていた。世界再生の旅ではロイド達と世界樹を守る為に共闘したが、本作では通信による登場のみである。

ヴァンガード

リヒター・アーベント

CV:浜田賢二
年齢:20歳 / 身長:180cm / 体重:75kg
ルインで苛められていたエミルを助けた青年。
ラタトスク・コアとクルシスの輝石を求めてセンチュリオン・アクアと共に旅をしている。実はヴァンガードに所属しているハーフエルフで魔術も使える。ハーフエルフとしての差別や迫害を受けてきたことが影響し、差別的な言動をとる者とそれに抗おうとしない者を憎んでいる。エミルと知り合った当初は「勇気は夢を叶える魔法」という言葉を教え、何かとエミルの世話を焼き優しく接していたが、ヴァンガードであると知られてからはエミルを気遣いながらも敵対関係となった。
ヴァンガードに所属する前はサイバック王立研究院でハーフエルフ研究者の1人として軟禁生活をしており、その時に知り合った人間の研究者アステルと知り合い親友となる。世界で起こっている異常気象の原因がマナのバランスの崩れであると突き止めたアステルとリヒターはギンヌンガ・ガップでラタトスクに会いマナの調整を依頼するが、ラタトスクに聞き入れてもらえず親友のアステルも一方的に殺害される。親友を殺された怒りでラタトスクをコア化するまで追い詰めるが、そのコアがマルタによって持ち出されたことでマルタを付け狙う様になる。ラタトスクを殺すという利害が一致したことで魔族と契約を結び、ラタトスクの死後アステルを蘇らせようとしていた。リヒターがエミルに優しかったのはアステルと酷似していた為である。
ラタトスク・コアを奪う為にヴァンガードを利用しようと考え、ソルムのコアを総帥であるブルートに手渡して気を狂わせると言葉巧みにブルートを言いくるめて実質的にヴァンガードを乗っ取る。ヴァンガードを戦闘集団へと変え、ラタトスク・コアを探す一方、自身は神子が持つというクルシスの輝石も探していた。魔界と繋がる扉の守護者がラタトスクだと知っていた彼は魔族と契約しながらもラタトスクを殺してアステルを生き返らせた後は後、クルシスの輝石で無機生命体となり、封魔の石を使って魔族を抑え込んで扉を閉じようとしていた。以上のことからリヒターが本作の黒幕でラスボスである。
エミルを何度も救ってくれる「勇気は夢を叶える魔法」という言葉はかつてアステルがリヒターに語った言葉である。

アリス

CV:金月真美
年齢:18歳 / 身長:160cm / 体重:48kg
ヴァンガード戦闘部隊隊長。
可愛らしい外見と無邪気な言動に騙されがちだが、実際はドス黒くサディストな性格。その性格を強調するかの様に武器は乗馬用鞭を使用し、敵味方関係なくふるう。魔物をヒュプノスという魔装機械で操り使役している。実はハーフエルフである為魔術は普通に使えるのだが、まわりにハーフエルフだとばれない様に魔族と契約して魔術が使える様になったと公言している。
幼い頃、マーテル教会の旅業で両親を亡くし、ハイマの孤児院に引き取られハーフエルフ故に辛い境遇を経験している。デクスとはこの孤児院で知り合った幼馴染みで、孤児院の子供達に虐められていたデクスをいつも助けていた。孤児院で盗難事件が発生した際に濡れ衣を着せられて犯人にされたデクスを救う為に魔族との契約という禁断の方法に手を染めて彼を助けた。ロイド達が世界再生の旅で禁書を燃やしたことでアリスと魔族の間で交わされた契約は自然消滅し自由の身となるが、力を手に入れたいアリスはそれに代わる新しい方法として魔物の使役を行う様になった。
普段はデクスを罵って毛嫌いしている態度をとるが、心の奥では彼を愛していた。しかしハーフエルフとして差別されてきた過去から、誰も信じられず、いつかデクスも心変わりしてしまうのではないかと考えて素直になれずにいた。デクスの死亡を目の当たりにして本当の感情を表に出し、デクスを斬ったエミルに泣きながら攻撃するもマルタに斬られて命を落とした。
ハーフエルフとして生まれたことに恨みは持っておらず、自分の信念を貫いて生き抜こうとする彼女の生き方をリフィルとジーニアスは同族として尊敬できると語っていた。

デクス

CV:陶山章央
年齢:24歳 / 身長:178cm / 体重:70kg
ヴァンガード工作班のリーダー。
血の粛清やフラノール襲撃事件等で首謀者とされていたロイドは実はデクスがソルムのコアの力を使って変装した姿であった。アリスを溺愛しており、彼女の為なら命を投げ出す覚悟でいる。黙っていれば見た目はかっこいい好青年なのだが、アリスが絡むと暴走しがちで思い込みの激しい性格。非道な行いを繰り返していたのは全てアリスに気に入られたいが為であった。
アリスを振り向かせる為に通販で様々なモテグッズや開運グッズを購入しており、特にメロメロコウという強烈な臭いを放つ香水を愛用している。しかしまわりからは大不評でアリスからは「キモい、キショい、クサい」の「3Kデクス」と呼ばれウザがられている。本人はこれを「クール、かっこいい、輝いてる!」だと思い込んでいたが、クールの頭文字はCだと突っ込まれていた。また、アイアンメイデンという大きな開運グッズを常に持ち歩き、中にアリスの写真と髪、そして自身の武器である暗黒邪神剣ゴールデンドーンという大剣を入れている。
幼い頃に両親に捨てられたことでハイマの孤児院に入れられアリスと出会い幼馴染みとなる。ハイマで起きた冒険者が殺されて金目の物が奪われるという事件で犯人に仕立て上げられてしまうが、そこへ魔族と契約したアリスに助けられた過去をもつ。それ以来、自分の命は全てアリスの望みを叶える為に使うと決めている。
ギンヌンガ・ガップでアリスを庇って命を落とす。

ブルート・ルアルディ

CV:西凜太朗
年齢:45歳 / 身長:182cm / 体重:78kg
ヴァンガードの総帥でマルタの父親。
妻は2年前にロイド達が引き起こした大樹暴走の事件に巻き込まれて死亡している。
テセアラ人に虐げられるシルヴァラント人の復権の為にレジスタンス組織ヴァンガードを設立し活動を始めるが、リヒターに手渡されたソルムのコアの暴走で正気を失う。その後はリヒターにそそのかされて自分を800年前に滅んだシルヴァラント王家の末裔だと思い込み、シルヴァラント王朝復活の為にあらゆる非道を繰り返す様になる。テセアラ人を一掃する為に魔導砲と魔導砲を起動させる為に必要なラタトスク・コアを求めてエミル達と敵対していた。
本来のブルートはテセアラや彼らを擁護するマーテル教会を憎みつつも、常識の範囲内で活動を行う指導者であり、ソルムのコアがふ化したことで正気を取り戻した後は自らの行いを悔い改め、ヴァンガードを解散させて罪を償う覚悟を決めた。

ホーク

中央の人物がホーク

CV:岸祐二
年齢:38歳 / 身長:174cm / 体重:68kg
ヴァンガード戦闘部隊師団長。
元々は戦闘部隊のリーダーであったが、アリスがヴァンガード加入した時に指揮権争いでアリスに惨敗し、「ホーくん」と呼ばれて下僕の様な扱いを受けている。この争いでホークの背中には消えない傷が残され、その傷痕は「アリスさまのペットです」と読めるらしい。
同僚のマーグナーとは仲が悪く「金豚ヒゲ魔人」等と罵っているが、師団長としては優秀の様で部下からは信頼も篤く、慕われている。
エミル達が初めてブルートと対峙した際、ブルートに剣で突かれて死亡したかに思われていたが、重症を負ったものの一命を取り留めた。

マーグナー

中央の人物がマーグナー

CV:茶風林
年齢:40歳 / 身長:180cm / 体重:100kg
ヴァンガード戦闘部隊師団長。
金色の鎧に身を包んだ髭面の中年男性で、最初はマーテル教会騎士団団長と偽ってエミル達の前に現れる。同じヴァンガードの仲間ではあるがホークとの仲は悪く、ホークのことを「アホーク」等と罵っている。ホークがアリスに気に入られて「ホーくん」と呼ばれているのに嫉妬しており、いつかアリスから「マーくん」と呼ばれることを夢見ている。部下から慕われているホークとは対照的に部下からの信頼は薄い様である。

センチュリオン

テネブラエ

CV:大塚芳忠
闇のセンチュリオン。
主であるラタトスクに忠実に従い、礼儀正しく接する。ラタトスク・コアを宿したマルタとマルタを守る騎士であるエミルの旅に付き従い彼らを導く。
生真面目で非常に博識ではあるが、少々人をからかう癖があり自分大好きなナルシストな為、アクアからは「陰険テネブラエ」と呼ばれている。年寄りの様な発言が多く、エミル達からたまに「オヤジくさい」と言われ激怒することもしばしば。
ラタトスクがアステルを殺害するところからその後の混乱等の経緯を知っており、エミルがラタトスク本人であることも最初から知っていたが、それを偽る為にエミルをラタトスクの騎士に仕立て上げた。通常は獣の姿をしているが、釣り竿や絶世の美女等に変身する能力を持っている。コレットからは「テネブちゃん」、プレセアからは「妖精くん」等と呼ばれ、その度に正式な名前で呼ぶように訂正していたが、遂には心が折れ、呼ばれ方に文句を言わなくなった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。 人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。 戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。 世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

目次 - Contents