テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。
2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。
世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

エミルはラタトスクの人格を自分の中に封じ込める

聖堂を出るとダイクが魔物に襲われていた。エミル達が助けて訳を聞くと、自身の後、村に魔物が入り込んできたのだとダイクは言った。それを聞いたテネブラエはギンヌンガ・ガップの扉が一時的に開いた時に魔界の波動がこの世界に流れ込んだ為だと言う。ラタトスクが生きている限り開くことにない扉が何故開いたのかとプレセアが尋ねると、一部のセンチュリオンを失ってラタトスクの力が不完全な状態の所にヴァンガードが各地で暴動を起こして人々の負の感情をまき散らしたことで扉の封印が緩まり、リヒターが扉を開けたのだとテネブラエは説明した。今はラタトスクがなんとか扉を抑え込んではいるが、扉が再び開いてしまうのも時間の問題だった。
エミルは再びラタトスクモードになり、力を完全なものにする為に邪魔する奴は斬るとロイド達に剣を向けようとする。しかしラタトスクの良心であるもう1人のエミルがそれを制止する。エミルの中で2つの人格がぶつかり合う。センチュリオン・コアを全て目覚めさせ、力を完全なものにしないとギンヌンガ・ガップの扉は閉じられないと言うラタトスクに、もう1つの人格は「別の方法がある。自分達のしたことの責任は自分達でとろう」と言うと1つの決心をしてヴェリウスを呼ぶ。エミルは精霊ラタトスクとして生きていくことを選び、ヴェリウスの力を借りてラタトスクの人格と記憶を封じてしまった。エミルはそのことを仲間に告げ、ギンヌンガ・ガップの扉を閉じる為に協力してほしいと要請する。仲間達はエミルの決断を受け入れ、協力することを誓う。ギンヌンガ・ガップへ向かう前に、エミルが人間として生きてきたこの半年でお世話になった人々に挨拶すべきだとゼロスに言われ、各々準備の為解散してアルタミラで集合しようということになった。

最初はマルタの一方的な好意だったが、いつしか2人は両想いになっており、橋の上で口付けをする

エミルがルインに一度戻ると言うと、マルタはアルタミラで療養しているブルートに会った後はエミルと過ごしたいと申し出る。エミルはそれを了承して夜にアルタミラで待ち合わせようと約束して別れた。エミルはテネブラエを連れてルインに戻るとアルバとフロルに会い、半年間お世話になったことのお礼と別れの挨拶をする。親子としてやり直したかったがもうそんな時間もないと告げるエミルに、アルバとフロルは今までエミルにしてきた酷い仕打ちを謝罪して「今からでもやり直す機会をくれ。やるべきことを終えたら帰ってきてほしい」と言い和解した。エミルがロイドの像がある噴水広場まで来ると、テネブラエはエミルがラタトスクとしてギンヌンガ・ガップを守ろうとしている訳ではなく、アステルを殺したことを悔いて自らコアに戻って扉の鍵として封印しているのではないかと尋ねる。エミルはその通りだと答え、コアに戻る為にラタトスクの人格を封じ、誰か強い人物に自分が倒されるしかないと考えていた。その為に自分は封じたはずのラタトスクの人格を演じて、仲間達に本気で倒してもらおうとしていたことを明かす。テネブラエはエミルの考えを聞いて、最期の時までエミルの味方でいることを誓った。
エミルは最後の戦いを前に世界各地を回り仲間と会話する。夜になり、マルタと待ち合わせをしたアルタミラへ向かうと、2人で決戦後について語る。マルタはブルートに代わってヴァンガードを解散させ、その後は元ヴァンガードとして処罰を受ける覚悟でいることを話す。明日の決戦が最後の別れかもしれないことに耐えられず、マルタはエミルに改めて告白する。いつも支えてくれていたマルタをエミルも好きだと伝え、口付けをする。エミルは「自分は精霊だからもう会えなくなるかもしれないけど、世界に存在する限りマルタを想い続ける」と誓った。

普段はデクスの存在をウザがっていたアリスだったが、本当はずっと好きだったと素直に告白する

翌朝、エミル達は最後の決戦の地であるギンヌンガ・ガップがある異界の扉へ向かう。魔界へと続く扉を目指してギンヌンガ・ガップの中を進むと、ロイド達が次々に消えてしまい、エミルとマルタだけとなってしまう。そこへテネブラエが現れ、ロイド達がデリスエンブレムを持っていたのではないかと推測する。デリスエンブレムとは、デリス・カーラーンで創られた物で周囲のマナを使って持ち主を守るが、ラタトスクはデリスエンブレムの持ち主がギンヌンガ・ガップの奥へ行けない様に罠を仕掛けたのだった。消えたロイド達はギンヌンガ・ガップ内のどこかに囚われているとテネブラエに教えられ、急いで探しに行くエミルとマルタ。
しかし2人の前にアリスとデクスが立ち塞がる。マルタは「アリスもデクスもセンチュリオン・コアの暴走の狂わされていただけ。もう敵対するのはやめよう」と声をかけるが、アリスは自分はずっと正気だったと言う。アリスはマルタの様に解決能力もないくせにしゃしゃり出てくる奴が大嫌いだと言い、デクスもまた、センチュリオン・コアの暴走で狂わされたりもしたが、パルマコスタの血の粛清は自らの意思でやったことだと言った。デクスはアリスの為だけに戦うと決めており、アリスもこの世界で生きぬく力を得る為リヒターが魔族を呼び寄せることすら利用しようとしてエミル達に襲い掛かる。
アリスとデクスを抑え込むエミルとマルタ。アリスは傷ついた体を引きずりながらもマルタを罵り武器を振るう。エミルがマルタを助けようとアリスに斬りかかると、デクスがアリスを庇いエミルの剣に斬られてしまう。デクスはアリスの無事を確認すると「好きだったよ」と言い残し息絶えてしまう。アリスはデクスの死を目の当たりにして、自分もずっと好きだったと涙を流しデクスを殺したエミルに襲い掛かる。
防御することで精一杯だったエミルを助ける為、マルタはアリスを背後から斬る。「エミルを傷つけることは許さない」と言うマルタ。アリスはマルタの本気を認め、「デクス…。今アリスちゃんも…追いかける…から…」とデクスの手に自分の手を添えて絶命した。マルタが自分がブルートを止めてヴァンガードなんて組織ができなければアリス達がこんな目に遭わなかったのにと嘆くが、エミルはアリス達の生き方はヴァンガードに狂わされた訳じゃないと言いマルタを慰める。自分達の考え方がエゴだとは理解しながらも、アリスやデクスを助けたかったし、リヒターのことも助けたいとエミルとマルタは思っていた。

ラタトスクの人格と融合したら良心である自分が消えてしまうのではないかと恐れているエミルにロイドは自分自身を信じろと助言する

再びロイド達を探して奥へ向かうとロイドの姿が見えた。ロイドはマーテルの加護があるから平気だったが、他の仲間は石化されてしまっていると言う。急いで石化を解こうと歩き出すエミルにロイドはマルタには聞こえない程の声でエミルに「アステルを殺したことに責任を感じて、リヒターに殺されてコア化し、扉の鍵になろうとしてないか」と尋ねられる。エミルはリヒターに殺されるつもりはないと断言する。
石化していた仲間達を助けて先に進むと、そこにアクアが立ち塞がる。アクアは自分が惚れ込んでいるリヒターの邪魔をさせないと主人であるラタトスクに敵意を向ける。リヒターは魔族と契約して、アステルを蘇らせようとしているとアクアは語る。リヒターはラタトスクを殺すことが目的ではなく、アステルを蘇らせることを目的としており、親友の復活を代償に魔族と契約していると判明する。人類滅亡を望むラタトスク相手に本気で挑む覚悟のアクアは自分の体を魔物化させて戦う。エミル達には力及ばず、アクアは力を失いコア化してしまう。アクアのコアを手に入れたエミルだったが、今のアクアをふ化させて契約させるのは可哀想だと言いマルタにふ化させず持っていてほしいと預ける。
ロイドはエミルにラタトスクの力を取り戻してギンヌンガ・ガップの扉を閉じるというのが最終目的だなと確認し、エミルもそれに頷く。ギンヌンガ・ガップの扉の前にリヒターは立っていた。エミルはアステルが蘇っても世界が魔族の支配する世界になっていたらアステルは喜ばないと訴えるがリヒターは既に新たな魔族と契約を交わしており自らの体に魔族を宿し襲い掛かってくる。エミル達は全力でリヒターを止めると、エミルが扉の前まで走り開きかけている扉を封印しようとする。しかし魔族は総力をあげて扉を開こうと抵抗する。リヒターはエミルにこれを使えと封魔の石を渡してきた。封魔の石は所有者のマナを聖なる炎の変えて魔族を滅ぼす物であった。クルシスの輝石という特殊なエクスフィアと一緒に使えばラタトスクが死んでも扉を封じることができるとリヒターは言う。エルフが住む隠れ里に安置されていた物だが、リヒターはこれを持ち出し、クルシスの輝石の力で永遠に生きながら封魔の意思で扉を閉じ続ける人柱になるつもりであったと明かす。自分が犠牲になることで、アステルは蘇り、人類も守られるとリヒターは考えていたのだった。
エミルは封魔の石を使って一時的に扉を封印すると、計画通り、ラタトスクの人格を演じてマルタの首を絞めながらアクアのコアを要求する。エミルは2つの人格を演じ分け、マルタ達に制御できない自分を殺してコア化させ扉を封じてほしいと頼み襲い掛かる。マルタ達に敗北したエミルが苦しそうに膝を付くと、マルタは何かに気付きアクアのコアをエミルに差し出す。驚くエミルにマルタは「キミはエミルだよね」と優しく声をかける。そこでテネブラエはエミルがラタトスクの人格を取り込む代わりにアステルの命を奪った罪を背負おいコア化されようとしていたことを明かす。それを聞いたマルタは本気で怒り、ラタトスクの人格を封じ込めるのではなく、正面から向き合ってほしいと説得する。エミルはラタトスクの人格と融合することで良心である自分が消えてしまうことを恐れていたが、ロイドの自分を信じろという助言に恐怖を払拭する。

ラタトスクはエミルを認め、2つ人格は融合する

エミルは再びラタトスクの人格と対峙する。ラタトスクは自分の中に良心がいる余地があるのか試すと言ってぶつかり合う。エミルはラタトスクに勝利しすると、この旅で強さと良心の2つが大切なのだと気付くことができたと言いラタトスクと融合する。そしてマルタからアクアのセンチュリオン・コアを受け取るとふ化させると全ての力を取り戻したエミルは外見はそのままに精霊ラタトスクとして復活する。
ラタトスクは人類を滅ぼすと言ったことを取り消すと誓うが、このままでは扉の封印は守り切れないと言う。ラタトスク以外が強引に扉を開けたせいで古の封印が狂ってしまったのだった。扉を開けたことに責任を感じたリヒターは自分が人柱となって封印を守ると提案すると、ラタトスクはその助力をしながら世界の理を変えると言う。世界の理を変えるというのは世界からマナ自体を取り上げてギンヌンガ・ガップの新たな封印にすることであった。全ての源であるマナを失えば大地が滅びると危惧するジーニアスにラタトスクは「時間はかかるだろうが、大地の根付く全ての命がマナを必要としない新たな理を引く」と約束する。そしてマルタの額に埋め込んだ偽物のラタトスク・コアを取り除いた。

マルタとの最後の別れにエミルはマルタが大好きだと告げる

扉の封印の為にギンヌンガ・ガップに残るラタトスクにロイド達仲間は挨拶をして別れる。マルタも別れ際にラタトスクに「ずっと大好きだよ…」と伝えると、ラタトスクはエミルの人格で「僕も大好きだよ、マルタ」と言いギンヌンガ・ガップに人が入れない様に封印した。ラタトスクはリヒターに「千年あれば世界の理を変えられる。新たな封印が完成した時に解放する」と誓う。

第9章 想い、響くとき

リヒターはラタトスクに「お前はコアと実体とに分かれることができる。分離して暮らしてはどうか」と提案する。テネブラエとアクアもマナの切り離し作業ならセンチュリオンでも手伝えるとリヒターの提案を後押しする。ラタトスクはアステルを殺して今回のことを招いた自分にそんな虫のいいことはできないと言うが、リヒターは自分の意思とは関係ないのにアステルの死を悼み責任を取ろうとしてくれたエミルに人間としての一生を過ごしてほしいと望む。その為なら自分がラタトスクの宿り木となることも厭わないと言うリヒターに加えて、ヴェリウスも「あなたの心の一部がアステルの分まで生きろと言っている」と口添えをする。ラタトスクはリヒター達の話を聞くと人の体とコアに分離してコアはリヒターの額に宿り、人の体はギンヌンガ・ガップを出る。
パルマコスタの橋の上でエミルが救ったこの世界を守る決意をするマルタ。そんなマルタの背後にエミルが歩み寄る。もう会えないと思っていたエミルとの突然の再会に「うそ…」と涙を流し喜ぶマルタ。2人は橋の上で強く抱き合い、お互いの気持ちを確かめ合うのだった。

バッドエンド

マルタを傷つけてしまったことに責任を感じ、自決の道を選ぶエミル

ギンヌンガ・ガップでエミルはラタトスクの人格を演じ分けてマルタ達を騙して自分を襲わせる。本来ならマルタ達に殺されるはずが、力の制御がつかず逆にマルタに深手を負わせてしまう。エミルがふと我に返るとマルタが倒れているのを目撃し「マルタを傷つけたかったわけじゃないのに…」と後悔し自決する。リフィルがエミルを助けようと近づくがテネブラエはラタトスクはコアに戻るだけで死ぬわけではないし、これはラタトスクが自ら選んだ道だとリフィルを妨害する。エミルはロイド達にギンヌンガ・ガップの封印をする様託すと、コア化してしまった。
その後、マルタはエミルの最期を日記に記す。日記にはエミルの演技を見抜けなかったことに対しての後悔と、もし時間が戻せるなら今度は間違えないと書き綴った。エミルに対してずっと好きでいることを誓い、救えなかったことを謝罪する最後の1文に書き物語の幕は閉じるのだった。

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』のゲームシステム

戦闘システム

「フレックスレンジ:エレメントエンハンスト・リニアモーションバトルシステム(FR:EE-LMBS)」。
基本的な特徴は前作と一緒で画面上では見えないが敵とキャラクターを結ぶラインが存在し、攻撃対象の敵とラインで繋がり攻撃していく。
それにバトルフィールド内を自由に走り回れるフリーランが追加され、様々な角度から攻撃が可能となった。

エレメントグリッド

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。 人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。 戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。 世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

目次 - Contents