テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。
2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。
世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

ラタトスクのしもべで全部で8体いる。
それぞれが地、水、火、風、雷、氷、光、闇の属性を司り、自分の司る属性の魔物を配下としてマナのバランスを保っている。主であるラタトスクが眠りについたことでセンチュリオン達もコア化して眠りについていた。センチュリオンは死ぬことがなく、大きなダメージを負うとコア化して自分の祭壇で眠りにつく。世界からマナが消えない限り消滅することはない。

センチュリオン・コア

センチュリオンが休眠状態の時になる卵の様な形の宝石。
ラタトスクの呼びかけでふ化させることができ、活動を始める。大きなダメージを負った際には自動的にコア化して各自の祭壇で力を蓄える。各自の祭壇は自身が司る属性のマナに偏りのある場所であり、世界再生時に精霊がいた場所と同じである。
コア状態だと力の制御ができず、配下の魔物を暴走させたり世界に異常気象を引き起こす。また、コア状態のまま生物が長時間触れていると気を狂わせる性質があり、ブルートやデクスはコア化したソルムを長時間所持していたことで正気を失っていた。ルーメンのコアを所持していたロイドが正気を保てていたのは世界樹マーテルの加護があったからである。
作中では本来の姿を見せるのはテネブラエとアクアだけで、他のセンチュリオンはどのような姿形をしているのか一切不明である。

魔物

センチュリオンの配下。
大きく分けて8種の属性を持ち、全ての魔物はその属性を司るセンチュリオンのしもべである。本来はセンチュリオンの指示に従い、マナのバランスが正される様に分配する役割を持っているが、センチュリオンがコアの状態だと錯乱状態を引き起こし人を襲う場合もある。
本作では敵としてだけではなく、契約を行い仲間として戦闘に参加させることができる。配下の魔物の数が多ければ多い程センチュリオンの力は増す。

大樹カーラーン

ラタトスクが宿っていたマナを生み出す大樹。
彗星デリス・カーラーンからエルフ達によって移植されたが、四千年前の古代大戦で大量のマナが消費されたことで枯渇してしまった。

世界樹

世界再生で大樹カーラーンから生み出された種子により新たに芽吹いたマナを生み出す樹。
マーテルが精霊として宿っている。
世界統合時にロイドが世界樹に名前を付け、マナの守護塔跡で成長を続けている。世界樹の名前はロイド達の仲間と守人だけが知っており、樹が安定するまでは秘密となっている。

エクスフィア

人間やハーフエルフの体に直接装備することで装備者の潜在能力を最大限まで引き出してくれる鉱物状の無機生命体。
世界統合前までディザイアンが生産してクルシスが管理していたが、現在ではテセアラ王の命令で回収、管理されている。アリスは魔装機械ヒュプノスで魔物を操る際にエクスフィアを用いているが、1体につき1つのエクスフィアを必要とする為、より多くの魔物を支配下におきたいアリスはエクスフィアの確保に手こずっている。

クルシスの輝石

神子が手にして生まれてくるとされる石で神子の証。
エクスフィアの進化したもので、所有者を無機生命体化させ永遠の命を与えられるとされている。リヒターはコレットの持つこのクルシスの輝石で永遠の命を得て、封魔の石を使い続けることで魔界と繋がる扉を封じようとしていた。

ギンヌンガ・ガップ

マルタ達が住む世界と魔界ニブルヘイムを繋ぐ裂け目がある場所。
ラタトスクはここに扉を作り魔族が世界に入り込めない様に封じていた。勇者ミトスによって世界が2つに分けられてからはラタトスクはコア化してこの地で眠りについていた。ラタトスクに会いに来たアステルはここでラタトスク本人によって殺害されてしまった。

魔導砲

ブルートがテセアラ人を一掃する為に使用する目的で探していた兵器。
2年前の世界再生の旅で大樹暴走を引き起こしたロイド達が大樹を鎮める為に用いたもので、その威力は凄まじく町の1つや2つ簡単に消滅させてしまうと言われている程である。ブルートはリヒターに手渡されたソルムのコアで正気を失い、その時に魔導砲の存在と起動する為にラタトスク・コアが必要であるとそそのかされた。

ヒュプノス

アリスが魔物を操る際に使用する魔装機械。
エクスフィアを使用して魔物を催眠状態にさせて使役するという物。魔物1体につき1つのエクスフィアを必要とする為効率は悪い。

血の粛清

パルマコスタで行われていたヴァンガードの集会をロイドとマーテル教会が襲い、ヴァンガードと無関係な町人達も無差別に殺害されていった事件。
この事件がきっかけで、マーテル教会へ不信感や恐怖を募らせる人が多くなった。しかし真相はヴァンガードがマーテル教会を陥れることとヴァンガード内にいる不満分子を取り除くことを目的に行った自作自演である。この時現れるロイドはデクスがソルムのコアの力で変装したものだった。実在したエミルとその両親はロイドに変装したデクスに斬り殺され命を落とす。マルタもこの時ラタトスク・コアを持ってパルマコスタにいたことで事件に巻き込まれ、ラタトスクに助けを求めて彼を復活させる。

ヒッカリカエル

カマボコグミに集まる大型のカエル型の魔物がヒッカリカエル

正式名称はノストロビア。
高エネルギーを吸収すると発光発熱して皮膚に触れた生物を昏睡状態にしてしまう性質を持った魔物で、その性質から人間達は「ヒッカリカエル」と呼んでいる。本来は寒いフラノール地方にしか生息していないが定期船等の積み荷に紛れて別の場所に渡ってしまうことがある。コアの暴走で異常気象が続いていた為、比較的温暖な気候のイズールドで異常発達し、カマボコグミに集まる習性を持った。
何故カマボコグミに集まるのかは分かっていない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。 人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。 戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。 世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。 後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。 トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。 村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

目次 - Contents