メイちゃんの執事(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『メイちゃんの執事』とは、少女漫画雑誌『マーガレット』にて2006年から長期連載された宮城理子による漫画であり、ドラマ化や舞台化、さらにゲーム化もされた大人気作品である。また、2013年より続編やスピンオフが3作品連載された。単行本累計発行部数は750万部を突破し、幅広い世代から支持されている。物語の主人公・東雲メイは両親の死をきっかけに突然大富豪の後継者となり、淑女教育を受けるためにお嬢様学校に入学する。そこで新しい学園生活を執事と送りつつ友情を育んだり、恋をしながら成長していく学園物語だ。

『メイちゃんの執事』の概要

『メイちゃんの執事』とは2006年より少女漫画雑誌『マーガレット』にて2012年までの6年間連載された宮城理子による漫画作品である。様々なメディア展開もされており、2009年からフジテレビにて全10話構成のテレビドラマ化された。ドラマの主演を水嶋ヒロと榮倉奈々が務め、その他キャストも人気俳優が多く出演したことで大きく話題となり、平均視聴率は14.1%、最高視聴率は16.6%を記録した。ドラマの影響もあり、放送開始直後の2009年1月時点で原作漫画累計発行部数は240万部を突破した。また2011年には宝塚歌劇団星組選抜メンバーにて舞台化され、星組トップスター紅ゆずると星組娘役スター音波みのりが主演を務めて話題となった。さらに、2011年からモバゲー、GREEにてソーシャルゲーム化もされるなど、大人気の作品である。2013年からは本作の登場人物の中の1人の少年時代を描いた冒険活劇であるスピンオフ作品『ミカド☆ボーイ』を本作と同じく『マーガレット』にて連載、休載を経て2014年から本作のタイトルを変更した続編『メイちゃんの執事DX』を連載開始、2019年からは休載している。また2019年から、執事側の物語を描くスピンオフ作品として『真夜中の執事たち-メイちゃんの執事 side B-』を2020年まで連載した。原作漫画のシリーズ累計発行部数は、2020年11月時点で750万部を突破する未だに人気の衰えない作品である。物語は、田舎で平穏に暮らしていた中学2年生の主人公・東雲メイが両親の事故死をきっかけに自身が実は大富豪「本郷家」の後継者であると知るところから始まる。そして、一夜にしてお嬢様となったメイは、淑女教育を受けるためにメイ専属執事の柴田理人と共に、全寮制で究極のお嬢様学校である聖ルチア女学園へ入学する。これまでの生活環境とは全てが一変したメイが、苦悩しながらも、自身の立場や運命にひたむきに向き合い、困難を乗り越えて成長していく姿や、執事との恋愛模様を描くラブコメディ作品である。物語は2部構成となっており、第1話から第49話までは中学2年生の東雲メイが様々なお嬢様と対峙する「ルチア編」、第50話から第139話はメイが高校3年生へと成長し、祖父が選んだ留学生の花婿候補者から自分の夫となる人物を決める「婿選び編」となっている。本作の続編である『メイちゃんの執事DX』は2019年に作者の宮城理子から一時休載が発表され、現在も多くの謎を残したまま未完結であり、今度の展開も期待されている。

『メイちゃんの執事』のあらすじ・ストーリー

ルチア編

出典: booklive.jp

メイの目の前に突然現れた専属執事の柴田理人。

主人公の東雲メイ(しののめ めい)は四国の田舎に住むごく普通の中学2年生。実家はうどん屋を営んでいて、両親と毎日平凡に暮らしていた。ある日、両親が交通事故で突然亡くなり、メイは孤独の身となり絶望を感じていた。そんなメイを見た幼馴染の柴田 剣人(しばた けんと)は心配して、「なんの遠慮も心配もいらない、ウチにこいよ」とメイに言った。すると突然メイの目の前に、メイを「お嬢様」と呼ぶイケメン執事の柴田 理人(しばた りひと)が現れ、メイに衝撃の事実を伝える。それは、実はメイの父・周太郎(しゅうたろう)が大富豪「本郷家」の長男であり本郷グループ全社の後継者だったこと、そして周太郎の死によりメイが正式な後継者となったという事実だった。

出典: booklive.jp

メイの気持ちが落ち着くまでこの場所で待つと決めた理人と、戸惑うメイの同居生活の様子。

そのため、理人はメイを本郷家へ連れ戻すためにやってきたと伝えたが、メイは受け入れることが出来ず、両親と共に過ごしたこの街を離れたくないと訴える。すると理人は、メイの気持ちが落ち着くまでこの場所で待つと言い、2人の同居生活がスタートする。メイは両親の突然の死や残されたうどん屋のことで、悲しみや不安を感じながらも学校では無理に明るく振る舞っていた。しかし、家に帰れば孤独を実感し、両親の遺影を見て一人で涙を流していた。その涙を理人にも見られないよう隠そうとするメイだったが、理人は「いいんですよ、本当に悲しい時は泣いていいんです。この私がその涙を全部引き受けましょう。」と優しく言い、メイは初めて人の前で号泣した。その様子を見ていた剣人は複雑な感情となり、理人に対抗心を燃やしていた。なぜなら、理人と剣人は実の兄弟だったのだ。その後も理人は、一日中メイの傍に寄り添って身の回りの世話を全て完璧にこなし、メイの悲しみに溢れていた心を少しずつ癒していった。またメイも、だんだんとそんな理人に惹かれていくのだった。理人と同居してしばらくが経ち、メイは祖父であり現本郷グループの代表である本郷 金太郎(ほんごう きんたろう)と初めて対面することになる。両親が亡くなっても、これまで通り田舎で平凡に暮らせると思っていたメイに、金太郎は「おまえはもう本郷の人間。この先平凡な人生は送れんぞ…」と不安を煽る言葉を告げ、続けて「そのための執事じゃ。この男がどんな困難からもお前を守る。たとえ世界中がお前の敵となろうと、この男が最後の盾になる。」と執事の理人がどういう存在なのかについての言葉も伝えた。

出典: booklive.jp

ヘリでメイと聖ルチア女学園へ行く途中、執事学校の上空から入学を決めた剣人を落とす理人。

金太郎の言った「平凡な人生は送れない」という言葉通り、数日後メイの家は爆破されてしまう。メイはすぐに金太郎に報告すると笑われてしまい、苛立ちを感じたメイは後継者となることは嫌なので元の生活に戻りたいと訴えると、金太郎は「では理人を返してもらおうか。本郷家の人間としての責任を放棄する者に、大事な執事を仕えさせるわけにはいかんからの!…なあメイちゃん、平凡な田舎町に平凡でないお前が住む。当然何らかの歪が起きるもんじゃ。だがその全ては、お前が選んだ結果なんじゃよ」と言った。さらに後継者として、淑女を養成するための全寮制のお嬢様学校「聖ルチア女学園」へ入学するように伝えた。金太郎の言葉を聞いたメイは深く考え、このまま自分が田舎にいると周囲に迷惑がかかると結論付けた。そして聖ルチア女学園に入学すると滅多に外に出ることができず、今後はずっと理人がメイのお供をすることに嫌悪感を感じて反対する剣人の意見を押し切り、理人に見合うようなお嬢様になって理人に喜んでもらいたいと考えたメイは、お嬢様学校への入学を決意する。また、剣人もメイのことが心配になり、メイを守るために自分も執事になることを決め、メイと同時に聖ルチア女学園併設執事学校に入学し、執事見習いとなった。

出典: booklive.jp

豪華な寮を創造していたが、案内されたのが予想外に老朽化した陰寮で言葉を無くすメイ。

学園までヘリで到着したメイは、究極のお嬢様学校と聞いていたので豪華な寮を想像していたが、案内されたのは隙間風が吹く今にも壊れてしまいそうなボロボロの寮だった。なぜなら、この学園では善い行いをすると貰えるルチアと呼ばれる小さな球の手持ち個数により、生徒が4つの階級にランク付けされていたのだ。そのランクによって寮や食事などの生徒本人の生活だけでなく、執事の装いまで変わり、入学したばかりのメイは手持ちルチアが0なので、問答無用で一番ランク下の陰(オンブラ)寮だったのだ。陰寮の寮生はメイの他に、多美姫と執事から呼ばれる男勝りで元気な謎が多いタミーという少女だけだった。入学翌日、教師から転校生として紹介され自己紹介するメイを、クラスメイト達は「田舎者だ」などと馬鹿にしていた。だが、執事の理人が登場するとその態度は一変した。その理由は、理人の胸に付くSランク執事の金色バッジにあった。そのバッジは100人に1人しか卒業できない超難関執事学校でも、10年に1人出るかどうかと言われている最高級のSランク執事のみが持てるものだったのだ。そんな最高級な執事を仕えさせるメイに対して、多数の生徒が良い印象は抱いていなかった。その中でも華山リカ(かやま りか)は容姿端麗でプライドが高く、自分の執事である青山よりも理人のランクが高いことが気に入らず、メイに「あなたの執事もらってあげる。金バッジのSランク執事。あなたが持ってても宝の持ち腐れね。その執事はこの私に仕えることこそ相応しいの。あなたみたいな田舎者には似合わないと言ってるのよ。その執事をかけてデュエロを申し込むわ」と突然デュエロを申し込んできた。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が決闘をすることであり、負けた方は相手に自分の執事を差し出すものだった。デュエロに挑む理人を心配して弱気になっていたメイだったが、理人は「メイ様のおそばを離れたくないのです。だから絶対負けませんよ、信じてください」と強気に言い、メイの不安を和らげた。当日、宣言通りに理人は圧勝。負けた青山はリカの元を離れなければならないと怯えていたが、青山の心情を察した理人は「メイ様の執事はこの私ただひとりです。いいですね?」とリカの元を離れさせないように配慮し、無事にデュエロは終了した。そしてこのデュエロを見守っていたクラスメイト達は、理人のSランク執事としての強さだけでなく、メイと理人の信頼関係にも感心し、以降メイはクラスにだんだんと馴染んで友人も増えていった。

出典: www.google.com

忍から嘘の報告を受け、メイに嫌悪感を抱く詩織。

メイが学園にも馴染んできた頃、学園の階級が一番上位である太陽ランクの中でも、トップのルチアと呼ばれる称号を持つ本郷 詩織(ほんごう しおり)は執事の忍からある報告を受けていた。忍は「東雲メイはルチア様を亡き者にし、本郷家の財産と権力を我が物にしようとしているのです」と、根拠のない嘘を詩織へ伝えた。詩織は「あの子がおじい様にとり入って、私から理人さんを奪ったの?」と勘違いをした。詩織は病弱であり、施設で暮らしていたところを金太郎に引き取られ養子として育てられた。そして精神的に弱っていた時期に理人が1ヵ月間だけ執事として仕えていたため、理人に対して異常に執着していた。そこに突然現れた本物の金太郎の孫であり、本郷グループ後継者のメイに理人まで奪われたと考え、メイのことを非常に嫌っていたのだ。その後学園では舞踏会が開かれ、周囲のお嬢様は専属執事とワルツを踊っていたが、メイを指名してきたのは詩織の執事である忍だった。すると、詩織も理人を指名し、一緒に踊りだすのだった。想定外の展開に驚き、理人と詩織の方ばかり見ているメイに忍は「ご存知でしたか?彼は昔、ルチア様の執事をしていたんですよ」と言い、2人は誰も邪魔できない強い絆で結ばれていると伝えた。それを聞いたメイは嫉妬し、自分と詩織を比べて自信を無くし、理人に「もうあたしに構わないでください」と冷たい態度を取り、自己嫌悪になって泣いてしまった。泣いている理由を訊く理人に、メイは「あんな素敵な女性には絶対に勝てない…」と言い、続けて「好きです。自分でもどうしようもないくらい…理人さんのこと…好きなんです」と理人に告白した。理人は少し悩み、「お嬢様と執事の恋はご法度です…。しかし、今夜私はメイ様の執事ではありません。あなたのパートナーです」と言いメイにキスをした。メイは驚き、キスをしたのは慰めかと理人に訊くと、「慰めなんかじゃなかったんですけどね」と理人は微笑みながら答えた。その答えにメイは期待を寄せつつ、2人の許されない恋が少しづつ始まっていくのだった。

出典: booklive.jp

戸惑うメイの前に突然現れ、執事となった剣人。

舞踏会の後、メイのクラスに新しいクラスメイトとして詩織がやってきた。詩織は、メイは自分と同じ本郷家の一員だということをクラス全員に暴露してしまう。今までメイは身の安全のため、そして自分が本郷家の人間だと知られると周囲の態度が変わるのではないかという心配もあり、四国時代と同じ「東雲」姓を名乗り、本郷家の跡取りであることは隠していたのだ。クラスメイト達が驚いていると、続けて詩織は突然メイに理人をかけてデュエロを申し込んだ。デュエロ当日、理人は忍から「詩織がメイを消しにかかる」と言われ、動揺してしまいその隙に忍に止めを刺されて負けてしまう。忍に負けた理人は、ルール通りに詩織の執事になり、代わりにメイの執事として自分を選ぶように忍はメイに言った。メイが戸惑っていると、「こいつの執事は今日から俺だ」と執事学校で修行をしていたはずの幼馴染の剣人が颯爽と現れ、メイの新しい執事となった。

出典: booklive.jp

落ち込んでいるところを剣人に励まされるが、剣人の言葉を聞かずに弱気になっているメイ。

その後、理人と離れて生活していたメイに忍は「理人に会いたいか」と聞き、忍に連れられてメイは理人に会いに行く。理人の様子を遠くから眺めてみると、そこではとても仲睦まじく過ごしている理人と詩織の姿があった。2人の間には誰にも入れないような特別感のある空気が流れ、それを見たメイは落ち込んでしまう。そんなメイを懸命に励ます剣人だったが、メイは聞き入れずに何かと理人と比べてしまっていた。あまりにも理人や他の執事と比べられることが多く、執事としての自信を無くしてしまった剣人は、雨の中外へ飛び出す。自暴自棄になり倒れた剣人を、偶然通りかかった執事仲間の根津が助け、根津が仕えるお嬢様でメイの友人・夏目 不二子(なつめ ふじこ)がメイを連れてきて2人を再会させた。少しずつ会話をしながら、メイと剣人は寮へと帰る。その帰り道、剣人は今までずっと隠してきたメイへの気持ちが、溢れ出してしまいメイに告白してキスをする。驚いたメイだったが剣人の行動を受け入れてしまい、理人とメイそして剣人の三角関係が始まる。

出典: booklive.jp

香港マフィアに拉致された剣人とメイ。ナイフや携帯を隠していたため縄抜けしたメイと、マフィアが現れ咄嗟にまだ捕まっているフリをする剣人。

メイと剣人を引き合せた不二子は中国マフィアの娘だった。敵対する香港マフィアの手違いで、不二子と間違われてメイと剣人が拉致されてしまう。囚われて縄で縛られていたが、メイは足にナイフや携帯を隠しているほど完全防備だったため、軽々と縄を抜け出すことが出来た。そしてマフィアの黒幕であるビルに、メイはデュエロを申し込む。その頃、メイと剣人の失踪と拉致を知ったクラスメイトのお嬢様達は、この事件が表沙汰になれば不二子を守り切れなかった執事の根津の責任となり、根津がクビとなってしまうと考えメイと剣人を助けに向かうことにする。お嬢様達はその財力や権力を活用し、すぐにメイと剣人の居場所を特定し、囚われていた場所を爆破してしまう。すると、騒ぎに紛れてマフィアがメイに向け銃を発砲した瞬間、剣人がメイを庇い被弾する。その後、不二子の祖父が現れ騒ぎは収束。被弾した剣人は即緊急手術となり、しばらく入院することになる。そのため日本に帰ったメイに、剣人が復活するまでの期間限定で理人を貸すと詩織が言った。喜び詩織に好印象を感じたメイだったが、実はメイを撃ったマフィアは裏で詩織から命じられていたのだ。その事実を知らずに、再び理人と過ごせることに幸せを感じ、改めて理人が好きだと実感するメイだった。そして復活後に戻ってきた剣人は、メイの理人への気持ちが強くなっていることに気付き劣等感を感じていたが、メイの前では理人を取り戻そうと励ましていた。

出典: booklive.jp

デュエロの中止をシスターに頼み込むが、現状を諭され「全てを終わりにしたいなら死になさい」と冷たい言葉を言われるメイ。

一方で理人は、剣人にメイを取られてしまったと感じ、メイに裏切られたと詩織に話したのだった。それを聞いた詩織は、メイに怒りを感じ本格的に理人を自分の執事にしようと、理人を賭けてメイと剣人にデュエロを申し込む。さらに自信満々だった詩織は、もし自分が負けた場合はルチアの座を降りると宣言し、ルチアの座も賭けてのデュエロとなった。理人と剣人のデュエロは、剣人が負けてしまい傷付くのではないかと考えたメイは、決闘の中止を戦いを取り計らうシスターへ頼み込む。だが、「全てを終わりにするにはあなたが消えるしかない。あなたの行動一つで、いろんな人の人生が変わるのが、お嬢様なのだから」と冷たい言葉をシスターから浴びせられてしまう。デュエロ当日、前半から理人のペースに乗せられた剣人は、理人にやられ続けてボロボロになっていた。そんな時メイは、詩織にこの勝負に自分が負けても失うのは理人だけだが、詩織は負けたら理人もルチアの座も失うと考え、「ルチアではないあなたに何が残るの?」と冷酷な表情で詩織に現実を突きつける。すると詩織は、壊れたように発狂しながら騒ぎ出す。それを忍が抑えつけるが、暴れ続ける様子を見て、理人は負けを認めて剣人が勝った。実はここまでの戦いは全て理人が仕組んだ、詩織の自分への気持ちを断ち切らせようとする計画だったのだ。さらに忍が突然、詩織はこれから異国の45歳の男性と戦略結婚をすると告げ、それを聞いた詩織は絶望する。執着していた理人にも裏切られたショックも強く、発狂して自暴自棄となった詩織は自らナイフで両目を刺し失明してしまう。さらに耳まで殺ごうとした瞬間、メイが庇い詩織を助けた。精神が崩壊してしまった詩織をメイは見ていられず、詩織は火事で死んだことにすると理人へ命じる。そして詩織は、忍のことを理人だと思い込みながら、忍と共に学園を離れ行方を絶った。剣人は一連の騒動で執事としての未熟さを実感し、さらに修行を積むためイギリスへと発った。

婿選び編

出典: booklive.jp

留学生たちを出迎えるメイとお嬢様たち。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents