NiziU(ニジュー)の徹底解説まとめ

NiziUとは、ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによるグローバルガールズグループオーディション「Nizi Project」で選抜された9人組アイドル。2020年1月から配信されたNizi Projectは少女たちが次々と課されるミッションに立ち向かっていく様子に日本のみならず世界中で大きな話題となった。Nizi Projectのファイナルミッションで披露された「Make you happy」はYouTubeの再生回数1億回突破、社会現象を巻き起こした。

NiziUの概要

NiziUとは、ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによるグローバルガールズグループオーディション「Nizi Project」で選抜された9人組アイドルである。
Nizi Projectは日本国内8都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄)、ハワイ、ロサンゼルスでグローバル・オーディションを実施。1万人の応募者の中から26人が選抜され、東京で行われる合宿に参加した。東京合宿の最終日にはチームに分かれてのショーケースが行われ、JYPエンターテインメントのJ.Y.Park(パク・ジニョン)が直接審査した。そこで選ばれた14人は韓国でJYPエンターテインメントの練習生として6か月間トレーニングを受け、最終ミッションの上位9人でグローバルガールズグループNiziUが結成された。
最終ミッションで披露されたJ.Y.Parkによる書き下ろし曲「Make you happy」「Baby I'm a star」「Boom Boom Boom」「虹の向こうへ」が収録されたプレデビューデジタルミニアルバムが2020年6月30日に発売された。「Make you happy」のサビ部分の縄跳びダンスが社会現象を巻き起こし、多くの芸能人やYouTuberなどがカバーダンスを投稿した。
JYPエンターテインメントの練習生としてトレーニングを受けたこともあり、9人の息のあったパフォーマンスは高い評価を受けている。

NiziUの活動経歴

Nizi Project最終ミッションからプレデビュー

2020年6月26日、Nizi Project最終回において、最終ミッション上位9人でNiziUが結成された。6月30日には最終ミッションで披露した『Make you happy』をデジタルミニアルバムとしてプレデビュー。『Make you happy』はサビの縄跳びダンスで大きな話題を呼び、全世界音楽配信サイトで110冠を獲得するという快挙を成し遂げた。また歴代最高週間デジタルアルバムダウンロード数、歴代最高週間ストリーミングランキング再生数も更新した。YouTubeに投稿された「Make you happy」のミュージックビデオは投稿から2か月で1億回再生を突破した。
9月12日に日本テレビ系列「THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?」で音楽番組初出演。韓国からのリモート参加で「Make you happy」をテレビで初披露した。9月末には韓国から日本へ帰国し、日本での活動を開始する。
しかし、10月23日に公式ホームぺージでメンバーのミイヒが体調不良のため当分活動を休止するという発表がされた。デビューにむけてのプロモーション活動はミイヒを抜いた8人で行うこととなる。
10月27日日本テレビ系列「スッキリ」に生出演し、日本のテレビ番組のスタジオに初登場した。「シブヤノオト」「ミュージックステーション」「しゃべくり007」など音楽番組やバラエティ番組へ多数出演。
10月30日には「MTV Video Music Awards Japan 2020」の「最優秀ダンスビデオ賞」を「Make you happy」で受賞。
11月5日からはhuluでNiziUのデビューまでに密着した新番組『We NiziU!~We need U!~』が配信開始。韓国でレッスンを受ける様子や、デビュー曲のMV撮影の密着などが配信された。
11月16日に、NHKで「紅白歌合戦」の出場者発表会見が行われ、NiziUがデビュー前にもかかわらず「紅白歌合戦」に出演することが発表された。

『Step and a step』でデビュー

12月2日に1stシングル『Step and a step』を発売。正式にデビューした。CD発売に先駆けて11月25日に解禁されたMVは5000万回再生を越えた。サビのステップはうさぎダンスとして若者の間で流行している。
オリコンデイリーCDシングルランキングで初登場1位、オリコン週間CDシングルランキングでも初登場1位を獲得した。
デビュー後も国内の多くの音楽番組でパフォーマンスを披露している。
12月20日に体調不良のため休養中だったミイヒが活動再開することが公式ホームページ並びにアーティスト公式インスタグラムで発表された。

NiziUのメンバー

山口真子(やまぐち まこ)

2001年4月4日生まれ。福岡県出身。
NiziUのリーダー。Nizi Projectが始動する前からJYPエンターテインメントの練習生として2年7か月間活動していた。毎日の活動を欠かさずノートに記録するなど、努力家としてメンバーからも尊敬されているが、性格は非常に天然であり、まだ料理されていないタマネギをみて「おいしそう~」とつぶやいたというエピソードがある。
Nizi Projectでは練習生として東京合宿から圧倒的な実力を見せつけていた。東京合宿ではボーカルテスト、ダンステストともに26人中1位。その後も順位を落とさず、最終ミッションも1位で通過し、NiziUのリーダーとしてデビューした。

大江梨久(おおえ りく)

2002年10月26日生まれ。京都府出身。
キャッチコピーは「NiziUのエネルギッシュなリス」。アイドルとしてのトレーニングを受けた経験はなく、歌に関してはNizi Projectに参加するまで習ったこともなかった。しかし、J.Y.Parkからは「歌や呼吸法を習ったことがないのに、教科書のように完璧にできている」「成長率No.1」と歌で高い評価を受けている。マコと一緒にサビを歌うことが多い。キャッチコピーの通り、メンバー内でもムードメーカー的存在であり、関西出身の影響もあるのかユーモアあふれるギャグで日常的にメンバーたちを笑わせているらしい。
特技は空手で、黒帯3段を持っている。Nizi Projectの東京合宿のスター性テストでも空手を披露し、演技が始まると同時に変わった表情をJ.Y.Parkは絶賛した。韓国合宿でもグループのリーダーとして高い評価を受けるなどして、最終順位2位でデビューした。

横井里茉(よこい りま)

2004年3月26日生まれ、東京都出身。
キャッチコピーは「NiziUの魅力的なボイス」。キャッチコピーにあるようにメンバー随一のラップの技術を持つ。母はモデルの中林美和で、父はラッパーのZeebra。
マコ、ミイヒと同じく元JYPエンターテインメントの練習生。7か月間練習生として活動していた。「麺を飲むのが好き」と公言したり、公式インスタグラムでリオと一緒にジャージャー麵を二人前平らげる様子をアップするなど、大の麺類好き。自分が動物のラマに似ていることをアピールしており、普段の日常生活でもよくラマのものまねをしているらしい。
Nizi Projectではアヤカ、ミイヒと3人で組んだユニットでioiの「very very very」を披露し、本来2人で担当するラップパートを一人でこなし、J.Y.Parkを驚愕させた。練習生としてトレーニングを受けた経験からダンスの実力も申し分なく、最終順位3位でデビューした。

花橋梨緒(はなばし りお)

2002年2月4日生まれ、愛知県出身。
キャッチコピーは「NiziUの元気の源」。過去にEXILEの事務所LDHの系列のダンススクールEXPG STUDIOに通っており、ダンススキルはメンバーの中でもトップレベル。卵が大好きで、マヤにオムライスをよく作ってもらっている。huluから配信されている「We NiziU」の密着動画では、レッスンの合間のお昼休憩でもオムライスを頬張っていた。
Nizi Projectにはダンス以外に、演技(歌)に挑戦したいと応募した。J.Y.Parkにダンスで高い評価を受けたが歌に関してはまだ課題が残ると指摘され、他のメンバーの助けを借りながらボーカルレッスンに取り組む様子が印象的であった。NiziUの年長組であるリオ、マヤ、マコの3人で結成された「チームオンニ」で挑んだミッションでは、J.Y.Parkの「Swing Baby」の振り付けを1から考えた。最終順位4位でデビュー。

勝村摩耶(かつむら まや)

hinadaniro
hinadaniro
@hinadaniro

目次 - Contents