キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。
『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。
日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。
イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

日本語吹替:田中敦子
麻薬組織であるゴールデン・サークルのリーダー。
世界中の麻薬市場を独占している大富豪であるものの、自由がないことに不満を感じている。
カンボジアの奥地にポピー・ランドと名付けたアジトをつくり、そこで生活をしたり誘拐したエルトン・ジョンを閉じ込めたりしている。
自由を得るために麻薬に特殊な毒を混ぜたものを流通させ、その毒に汚染された人物を救う解毒剤を渡す代わりに、麻薬を合法化させるようアメリカ大統領に取引を持ち掛ける。
過去に精神を病んで入院していた過去があり、ミスした部下をミンチにし、その肉でハンバーガーを作るといった残虐な一面を持つ。

チャーリー・ヘスケス(演:エドワード・ホルクロフト)

日本語吹替:櫻井トオル
上流階級出身のエグジーと一緒にエージェントを目指していたが不合格となった元候補生。
前作で首に仕掛けられた爆弾が爆発して死亡したと思われていたが、エグジーが彼に流した電流によって爆弾がうまく作動しなかった。声と右腕を失ったが生き延びることができた。
ゴールデンサークルの属しており、ポピーの右腕。
ポピーの指示で機械の右腕であるアームマゲドンを付けている。
アームマゲドンはボウリングの弾を軽々と放り投げるパワーを持ち、ワイヤーで腕ごと飛ばして攻撃もできる武器となっている。

クララ(演:ポピー・デルヴィーニュ)

日本語吹替:木下紗華
チャーリーの元恋人。
チャーリーと別れた後も連絡を取りあっていることから、エグジーたちに目を付けられ、グラストンベリーのロックフェスにいるところで接触する。
エグジーに誘われた際、陰部の粘膜を通して通信機を取りつけられ、チェーリーと連絡していたところを盗聴され、それを元にエグジーはチャーリーのアジトを突き止める。
チャーリーのアジトの爆破に巻き込まれて死亡してしまう。
腰にはゴールデン・サークルの一員であることを意味する金の輪のタトゥーを入れている。

その他

ティルデ王女(演:ハンナ・アルストロム)

日本語吹替:佐古真弓
前作でエグジーに助けられた、スウェーデンの王女。
その後、エグジーとは恋人同士となり、両親に紹介するほどの仲である。
汚物にまみれたエグジーにキスしようとしたり、エグジーの愛犬であるJBを失った彼のために新しい犬を買ってあげるほど彼のことを愛している。
ストレスからドラッグを使用してしまい、ポピーが混入させた毒に感染してしまう。

アメリカ合衆国大統領(演:ブルース・グリーンウッド)

日本語吹替:志賀麻登佳
麻薬に混入した毒薬の解毒剤を提供する代わりに、麻薬を合法化するようポピーに交渉を迫られる。
一度は大統領として国民の命を守るためにその要求を受け入れたように思えたが、麻薬を嫌っており、使用した者は自業自得と考えポピーの要求をのまずに麻薬使用者を見殺しにしようとする。
補佐官であるフォックスの麻薬使用が分かった際も冷たく突き放し救おうとはしなかった。
解毒剤が世界中に行き渡った後、大量虐殺を企てたとして、逮捕される。

フォックス首席補佐官(演:エミリー・ワトソン)

日本語吹替:野沢由香里
アメリカ合衆国大統領の右腕。
麻薬使用者を見殺しにしようとする大統領を説得しようとするが、自身も麻薬を使用していたため毒薬に感染してしまい大統領に冷たく突き放されてしまう。
しかし、解毒剤で元に戻った後は大統領を大量殺人を企てたとして弾劾する。

エルトン・ジョン(演:エルトン・ジョン)

日本語吹替:岩崎ひろし
ポピーによって誘拐され、ポピー・ランドのステージで衣装をつけて演奏することを強要されている。
ポピーは彼のことを大切に扱っており、ポピーの護衛である狂暴なロボット犬からはポピーの友達とプログラミングされており、攻撃を加えられることのない唯一の人物。
しかし、彼もまたポピーに気づかれないところでドラッグを使用しており毒に感染してしまうが、ポピーが大統領に解毒剤の効果についてテレビを通じてメッセージを送った時に出演させられ、解毒剤を飲ませてもらい一命を取り留めた。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』の用語

キングスマン

キングスマンとは、イギリスの独立情報機関の名称のこと。
サヴィル・ロウにあるテーラーをアジトとしている。
エグジーやハリー、マーリンなどがエージェントとして所属しており、アーサーがこの機関のリーダー。
緊急事態の時に使う決められた手順をエージェントに知らせてあり、マーリンとエグジーはその手順に従って金庫の中にあるウイスキーを発見した。
ポピーから攻撃されたことにより壊滅してしまったが、ステイツマンの援助によりテーラーが再建され、さらに資金繰りをとしてスコッチの製造を始める。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングスマン(映画)のネタバレ解説まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

ジョン・ウィック:パラベラム(映画)のネタバレ解説まとめ

『ジョン・ウィック:パラベラム』とは、2019年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション映画。 『ジョン・ウィック』シリーズの三作目となり、引き続き主演をキアヌ・リーヴスが務める。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「世界はお前を許さない」。 コンチネンタル・ホテルで殺しをしてはいけないと言う掟を破ったジョンは、1400万ドルの賞金を懸けられたことにより世界中の殺し屋から追われる身となる。 満身創痍となったジョンはかつて血の誓印を交わしたソフィアに協力を求めモロッコへ向かう。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

シャザム!(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデッド・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画である。DCコミックスの『シャザム』を主人公としている。家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」が、魔術師・シャザムとの出会いをきっかけに、里親と一緒に暮らす子供たちと絆を築いて成長していく。その一方で、シャザムと会った事があるサデウスは、悪の道を歩み始める。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

目次 - Contents