キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。
『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。
日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。
イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

マーリン(演:マーク・ストロング)

日本語吹替:加藤亮夫
キングスマンの新人候補生を指導する教官兼エージェント。
冷静沈着で時折怖い冗談も言う茶目っ気もある。
任務では主に電子戦・情報分析を担当している。
コードネームはマーリンで好きな曲は「カントリー・ロード」。
エージェントを裏でサポートすることが多いが、今作ではエグジーと行動を共にすることになる。

ロキシー・モートン(演:ソフィー・クックソン)

日本語吹替:下山田綾華
イギリスの独立情報組織キングスマンのエージェントであり、エグジーの親友。
コードネームはランスロット。
候補生の時から優等生であり、エグジーがティルデ王女の両親と食事をする際、王から難しい質問をされたエグジーのことを遠隔で助ける。
ポピーが発射したミサイルによって命を落としてしまう。

アーサー(演:マイケル・ガンボン)

日本語吹替:長克巳
キングスマンのリーダー。
誇り高き老エージェントであるが、下流市民を見下した考えを持っているため、ハリーとは反りが合わない。
ポピーが発射したミサイルによって命を落とす。

ステイツマン

ジンジャー(演:ハル・ベリー)

日本語吹替:本田貴子
アメリカの独立情報機関ステイツマンのメンバーであり戦略責任者。
しかし、裏方ではなくエージェントとして活躍したいという思いがあり、ウィスキーの死後、彼の後任となりエージェントとなる。
頭を打たれて瀕死となっていたハリーを助けた人物。
ステイツマンのエージェントにはアルコールの名前がコードネームとなっているが、ウィスキーの後任となるまでは裏方を担当したため、彼女だけノン・アルコールのコードネームが付いている。

テキーラ(演:チャニング・テイタム)

日本語吹替:中村悠一
アメリカの独立情報機関ステイツマンのエージェント。
ケンタッキーの蒸留所に現れたエグジーとマーリンを簡単に捕まえるほどの腕の持ち主。
しかし、麻薬愛用者で、ポピーが流通させた毒のはいった麻薬を使用してしまい、毒の効果で死亡する前にジンジャーによって眠らせられた後に冷凍される。
解毒剤が手に入った後に解凍され、キングスマンでスーツを仕立てる。

シャンパン(演:ジェフ・ブリッジス)

日本語吹替:菅生隆之
アメリカの独立情報機関ステイツマンのリーダーであり、チャンプとも呼ばれている。
キングスマンの危機を知り、エグジーやマーリンに協力し、またスコットランドの蒸留所を買収し、キングスマンでも酒の製造を行うようにして組織の再建にも協力をしてくれる人物。
テキーラにキングスマンでスーツを仕立てるように指示した人物。

ウイスキー(演:ペドロ・パスカル)

日本語吹替:宮内敦士
アメリカの独立情報機関ステイツマンのエージェント。
ニューヨーク支部を任されており、愛用の武器は電流の流れる投げ縄。
エグジーたちと協力してポピーから解毒剤を奪おうとするが、入手した解毒剤のビンを割ってしまい、その行動が怪しまれハリーに頭を打ちぬかれてしまう。
過去に恋人を麻薬中毒者に殺されたことがあり、麻薬を恨んでいる。それを一掃するため中毒者たちを見殺しにしようと考えており、エグジーたちを裏切る。

ゴールデン・サークル

ポピー・アダムズ(演:ジュリアン・ムーア)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

キングスマン(映画)のネタバレ解説まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

マンマ・ミーア!(映画)のネタバレ解説まとめ

『マンマ・ミーア!』とは、2008年にイギリス、ドイツ、アメリカが共同製作したロマンティック・コメディ・ミュージカル映画。 エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナに育てられたソフィが自身の結婚式でヴァージン・ロードを一緒に歩いてもらうために本物の父親を探し出す物語。 今作は世界的に有名なスウェーデン出身のポップ音楽グループABBAのヒット曲で構成されており、見てるだけで思わず歌い出してしまうハッピーミュージカル映画である。

Read Article

ジョン・ウィック:パラベラム(映画)のネタバレ解説まとめ

『ジョン・ウィック:パラベラム』とは、2019年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション映画。 『ジョン・ウィック』シリーズの三作目となり、引き続き主演をキアヌ・リーヴスが務める。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「世界はお前を許さない」。 コンチネンタル・ホテルで殺しをしてはいけないと言う掟を破ったジョンは、1400万ドルの賞金を懸けられたことにより世界中の殺し屋から追われる身となる。 満身創痍となったジョンはかつて血の誓印を交わしたソフィアに協力を求めモロッコへ向かう。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

シャザム!(DCEU)のネタバレ解説まとめ

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデッド・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画である。DCコミックスの『シャザム』を主人公としている。家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」が、魔術師・シャザムとの出会いをきっかけに、里親と一緒に暮らす子供たちと絆を築いて成長していく。その一方で、シャザムと会った事があるサデウスは、悪の道を歩み始める。

Read Article

ロケットマン(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

Read Article

目次 - Contents