おじさんはカワイイものがお好き。(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『おじさんはカワイイものがお好き。』とはツトムによるWeb漫画サイト「COMIC ポラリス」で連載されているコメディマンガである。2020年8月から眞島秀和主演でテレビドラマ化され人気となった。イケメンで仕事もできるおじさんである主人公はカワイイものが大好きだが、おじさんがカワイイ物好きなんて恥ずかしいと思っている。周りに秘密を抱えながらおじさんがカワイイものを好きでいいのか、さりげなくカワイイモノを楽しむにはどうしたらいいか葛藤するさまを描く日常系オジカワコメディである。

『おじさんはカワイイものがお好き。』の概要

『おじさんはカワイイものがお好き。』とは2017年7月6日からフレックスコミックスによるWeb漫画サイト「COMIC ポラリス」で連載中のオジカワコメディ漫画である。2020年8月にドラマ化され、「プラチナイト 木曜ドラマF」枠にて全5話が放送された。脚本は坪田文(『コウノドリ』・『マッサン』)、監督は熊坂出、チーフプロデューサーは前西和成(『探偵が早すぎる』シリーズ・『極主夫道』)、語りは森七菜が務め、カワイイものを愛でるイケてるおじさんの主人公を眞島秀和、友達役を今井翼、同僚役を桐山漣が演じた。主題歌はサイダーガールが書き下ろした「落葉」である。本作の主人公である小路三貴40歳は子供の頃に男らしくあれと育てられた反動と姉からぬいぐるみをもらったことがきっかけで犬のキャラクター「パグ太郎」を溺愛するようになり、カワイイものが大好きになる。だが学生時代カワイイものを持っていた事を陰で笑われたことでカワイイもの好きを隠すようになり離婚の原因にもなった。バツイチ一人暮らしで自宅でパグ太郎グッズに埋もれているときが至福の時間であり新商品情報をチェックしては妄想をふくらませて幸せ気分に浸っている。ある日、小路の甥で大学生の仁井真純が大学通いの為、小路の家に居候することになる。小路は真純にパグ太郎グッズを見せるわけにはいかないとカワイイものを好きを必死で隠す生活を送りながら同僚の意外な一面を見たりカワイイもの好き友達との関係を築いていく。人はそれぞれ悩みや隠し事がありそれとどうやって付き合っていくのかという題材をコメディタッチで描いており、おじさんばかり出ているのに可愛いという魅力ある作品である。かわいいおじさん達がすれ違いと勘違いを繰り広げるコメディも見どころである。

『おじさんはカワイイものがお好き。』のあらすじ・ストーリー

小路課長の日常編

絶体絶命の小路だったが木庭によって救われる。

40歳バツイチの小路三貴(おじ みつたか)には、「カワイイものが大好き」という秘密があった。

ある時彼のもとに、甥の仁井真純(にい ますみ)が大学通いの為に、小路の家を下宿先にする事になる。家にあるカワイイものを全て隠して彼を迎えるも、小路は完璧に成し遂げた自信がなく、見つかっていたらどうしようと怯えるようになる。

だが小路の思いに反し真純の方は、「せっかくの独り身なのに子持ちと思われたら困るだろう」と小路の事を思っていた。そこで彼は早く家を出る為、一人暮らし用の部屋を探し始める。見つけた候補を小路と見に行くが、そこにあったのは安くはあるが代わりにボロボロの状態の物件だった。真純の考えを知った小路は、自分の事ばかり気にしていた己を反省し、「ちゃんとした部屋が見つかるまで家にいていい」と真純に言う。

だがその翌朝、隣の課の課長・鳴戸(なると)が、カワイイアイテムを持ってきている部下を責めているところに遭遇する。部下を守る為、間に入る小路。
するとそれが気に食わなかった鳴戸が反撃とばかりに、小路が鍵にパグ太郎というカワイイキャラクターのキーホルダーをつけているのに目をつける。
「自分がカワイイ物を持ってきただけでは」と言う鳴戸に言い訳を考えようとした小路だったが、学生時代に同級生からカワイイもの好きを揶揄され思わず否定してしまった事を思い出し、同じ過ちは犯したくないと悩む。

するとそこへ、小路の部下・木庭(こば)が現れる。そして小路のキーホルダーが、かつて自分が渡したジュースのおまけである事を思い出し、それを述べる。それにより小路は部下思いの優しい上司として周囲に認知され、鳴戸の方は逆に勘違いで騒ぎ立てた迷惑な人として株を落とす。
以降、小路はパグ太郎のキーホルダーに関しては、堂々と持ち歩けるようになる。

それからしばらくした休日、小路は近くで行われている「童話ニャンコ」というキャラクターと猫カフェのコラボに向かう。だがそのカフェで小路は、鳴戸と遭遇する。

実は鳴戸は大の猫好きという秘密を抱えていた。だがもしかしたら小路も猫好きなのではないかと考え、鳴戸は「猫が好きなのか」と彼に歩み寄ってみる事にする。だがコラボグッズに興味を持っていかれていた小路は、それにそっけない返事をしてしまう。
小路に冷たい態度を取られた上、弱みを完全に握られたと思った鳴戸は、もうこの店には二度と来ないと誓う。一方小路の方は、鳴戸に対してしてしまった態度を反省していた。また己と同じように、好きなものを秘密にしている鳴戸に対して親近感を覚える。

その日以降、鳴戸は小路の方を避けるようになる。だが小路の方は、鳴戸がカフェで貰っていたコラボグッズがどんなものなのか気になっていた。
見せてもらいたいという思いから鳴戸に遠回しに質問をしてみるが、それが逆に鳴戸の小路に対する警戒心を強めてしまう。

そんな鳴戸の思いにも気づかないまま、ある日小路は自分が太ってきた事を気にしてダイエットを開始する。体型維持の為、歩いてモンスターを捕獲するスマホゲームをやり始め、見事にハマる。
そうしてゲームをしていたある日、会社裏で猫に餌をあげている鳴戸と出会う。見られたくないところを見られたと焦る鳴戸。だが小路がスマホを見ていた為、猫の写真を撮りに来たのだと勘違いし、落ち着きを取り戻してその場を切り抜ける事に成功する。

一方小路の方は、その後も鳴戸の事は気にせずにゲームを続け、キャラクターをコンプリートする事に成功。さらに真純がダイエットメニューを作って協力してくれるようになり、ダイエットにも無事成功したのだった。

カワイイもの好き仲間編

ある日、小路はパグ太郎などを出しているメーカー・KDLのガチャが出ている事を知る。休日、ガチャをしに出かける小路。ガチャにむらがる子ども達の波が引いたところを見計らってガチャを行う。
無事にパグ太郎をゲットするも、カプセルを落としてしまう。カプセルは強面の若い男性が拾ってくれたが、「おじさんがこんなものを」と笑われるのではないかと小路は考えてしまう。だが小路の考えに反し、若者は小路にカプセルを返すと笑う事もなくその場を去る。

後日、小路は彼と会社で再会する。そこで小路は彼・河合ケンタ(かわい けんた)が、自分と同じかカワイイもの好きの青年である事を知る。以来小路は彼と「カワイイもの好き仲間」として仲良くなる。

すっかり親しくなった2人はある日、ファンシーショップに向かう。お互いの好きなものをじっくり楽しむ為、一度ショップで別れる2人。
ケンタは一番大好きなキャラクター「くまちゃんのようちえん」のグッズを見に行く。実はこのキャラが好きな事を、ケンタは小路に秘密にしていた。強面な自分が「ようちえん」と書かれたグッズを好きだなんて、変な誤解を与えるのではないかと不安に思っていたのだ。

だがそこへ各フロアを見て回った小路が現れ、「くまちゃんのようちえん」をカワイイと述べる。それを聞いたケンタは思わずこれが好きな事を打ち明け、悩みを解決する事ができたのだった。

帰り道、ファンシーショップ巡りが楽しかった小路は、ケンタを童話にゃんことアニメコラボの限定ショップに誘ってみる。だが、ケンタはアニメコラボがあまり好きではなく、誘う事は叶わなかった。

一方、そんな2人の様子を少し離れたところで、真純が見ていた。真純は強面なケンタの外見と2人の近くに金融会社があった事から、「自分を養う為に小路が借金をしているのではないか」と勘違いしてしまう。

小路課長の日常編2

ある日、小路とお祭りに出かける事になる真純。小路はお祭りで打っているパグ太郎のグッズを手に入れる為、甥に買ってあげるという口実を作ろうとしていた。
だが借金をしていると勘違いしていた真純は、なんでも買い与えて来ようとする小路のそれを全て断る。そうとは知らない小路は、甥が遠慮していると勘違いして逆に物を買い与え始める。真純は慌てるも、小路が楽しそうにしているので彼とお祭りを楽しむ事に決める。

それからまたしばらくが経ち、クリスマスも近づいたある日。小路は鳴戸と一緒に、クリスマスに出張する事になる。
出張当日、思ったよりも用事が早く片付いた事もあり、小路は鳴戸と別れて地域限定グッズ探しに出る。するとその先でたまたま元妻の武林(たけばやし)と遭遇する。小路は逃げようとしたが、武林に捕まり一緒に飲む事になる。

一方小路と別れて猫カフェで過ごしていた鳴戸は、その帰り道に小路と武林が話しているのを見てしまう。自分と別行動した理由は元妻に会う為だったのかと、勘違いする鳴戸。クリスマスの夜に猫と過ごした自分と、元妻と過ごしている小路を比較し敗北感を覚える。

それから数日後、年内の仕事も終わり束の間の休みを迎える事になった小路。真純も実家に帰省した為、1人休日を満喫していた。だが気が緩んでいた小路は、新年早々オープンしたファンシーショップで手に入れたグッズと共にリビングで寝てしまう。そこへ真純が帰宅。危うくグッズが見つけられそうになるが、急いで隠しなんとか事なきを得るのだった。

甥に秘密を知られかけてからしばらくしたある日、小路は部下の茂科(もしな)から、スイーツビュッフェに誘われる。スイーツビュッフェが期間限定のキャラもののビュッフェだと知った小路は、茂科含む部下達と共にビュッフェへ行くことにする。

だが当日、そこにはなぜか武林の姿もあった。実は武林は茂科の元上司であった。仕事の転勤でこの辺りに越してきたらしく、そこで茂科に再会した彼女は彼に誘われるまま今日のビュッフェに来たのだという。
予想外の事態に動揺する小路。カワイイもの好きを理解してくれない元妻がいる場で、どう目的のキャラもののスイーツを楽しむか考える。結果、女性陣とケーキをとりに行くタイミングをずらす事で、なんとか目的を果たす事に成功するのであった。

またそれからしばらくした2月のある日。世間はバレンタインデーシーズンに突入していた。イケオジとして社内でモテていた小路は、部下達からチョコを貰う。カワイイチョコがあるかと期待するも、そこには小路が思うようなチョコはなかった。だが帰宅後、小路は自分のチョコと交換する形で、真純からパグ太郎のチョコを貰う事に成功する。こうしてカワイイチョコを無事入手する事ができたのだった。

それからしばらくしたある休日、小路は真純と映画を見にいく。映画までの時間に余裕があった小路は、真純と会社に寄り道をする。
会社に入っていった小路を真純が待っていると、そこでケンタと遭遇。ケンタを借金取りと勘違いしている真純は小路を守る為、ケンタに「お金は自分が返す」と訴える。

ケンタが何の事かわからず混乱していると、そこへ小路が戻ってくる。事情を把握した小路により、真純の誤解は無事に解ける。だが今度はケンタの方が、「小路は借金をしている」と新たな誤解を持ってしまう。

鳴戸課長の日常編

猫カフェに通う鳴戸。

猫好きの鳴戸は、猫に好かれるべく常に猫関連本をチェックしていた。だがそんな努力も虚しく、猫カフェに行っても彼が猫に好かれる事はなかった。

そんなある日、自身の部下と動物番組の話をしているのを小路の部下・臼間(うすま)に見られる。
臼間はもしかして動物が好きなのかと思い、彼に「昨日の動物番組を見たか」と尋ねる。だが番組を見逃していた鳴戸は、臼間にきつく当たってしまう。しかしすぐに臼間への態度を反省。鳴戸は、そんな番組がある事を教えてくれた臼間に感謝の視線を向ける。だが臼間の方からは睨まれているようにしか見えず、鳴戸がキツイ人という印象を覆す事はできなかった。

そんなある日、鳴戸がかつて通っていた猫カフェで「童話ニャンコ」のコラボが始まる。そこはかつて、小路に秘密を知られてしまった店だった。
小路の方は鳴戸がカフェに行くのか気になっていたが、猫好きを隠している鳴戸を気遣い聞けずにいた。週末、カフェに訪れた鳴戸。コラボコースターを貰うが童話ニャンコに興味がなく、ひとまず持つだけ持っておく事にする。

後日、鳴戸はコラボコースターを小路に見つけられてしまう。またもや弱みを握られたと思った鳴戸は、コースターを捨てる事にする。確実に処理する為、ゴミ捨てに向かおうとするが部下が来た為、咄嗟に小路にコースターの処分を任せてしまう。それにより偶然ではあったが、小路はコラボコースターを手に入れることができたのだった。

小路課長の日常編3

梅雨に入ったある日、小路の家で洗濯物が乾かず身体を拭く為のタオルがなくなってしまうという事件が発生する。使えるタオルを真純に譲った小路は、使えるタオルがないか探す。無事見つかるも、それは真純に隠していたパグ太郎のタオルだった。

真純に使っているのを見られた時の事を思い、不安な気持ちになる小路。葛藤するも、使う事を決める。だがその時、真純が使っていないタオルを見つけた為、小路の葛藤も虚しくパグ太郎は再びしまわれる事となった。

ある日、臼間が小路に会社の近くのカフェで飲んだという立体ラテの写真を見せる。予想外のカワイさにカフェに行きたくなる小路。だが社員に見られた時の事を考えると、行きづらい。しかしそのタイミングで臼間が「立体ラテは日替わりなので、もし行ったら写真を見せてほしい」と言ってくる。これを好機と捉えた小路は、ケンタも誘い立体ラテを楽しみに行く。

また別の日、真純と外食しに行った小路は、メニューの中にパグ太郎のお子様ランチがあることに気付く。真純が食べないかと期待するが、さすがにお子様ランチは食べてもらえなかった。

それからしばらくしたある日、小路はたまたま「腰痛には腹巻きがいい」という話を耳にする。気になり腹巻きについて調べると、カワイイ柄のものばかりある事を知る。さらにパグ太郎柄もある事が判明。購入するかで迷う小路だったが、もし誰かにバレたらと思うと怖くて結局買えなかった。

さらにある休日、小路は割れてしまったスマホを修理する為に向かった先で、かわいいキャラクターを採用している携帯ショップを見つけてしまう。こっちの携帯会社に変えるかで迷っていると、今度はパグ太郎の風船を配っている携帯ショップを見つける。そこにしようとしたが、人ごみに流され結局元の会社でスマホを直すことになってしまう。

それからしばらくしたある日、小路はたまたま会社帰りに武林と遭遇する。その際、武林が同僚から貰ったガチャグッズをくれる。それにより小路は武林に感謝の念を抱くのだった。

カワイイもの好き仲間編2

ある日、家に来ないかとケンタに誘われる小路。驚いた小路がその理由を尋ねると、小路が借金をしていると勘違いしたケンタが、お金を使わずに遊べる場所として家に呼んだ事が判明する。
そこで小路により借金の誤解は解けるが、それとは別に小路は週末ケンタの家へ遊びに行く事になる。

2人で買ったカワイイ食べ物を出して楽しむ小路。
そこで小路は話の流れから、彼が元カノから「カワイイものと恋人どっちが大事なのか」と問われ、何も返せずに別れてしまった過去を聞く。ケンタはもしまた彼女ができても、ひとまずこの趣味は隠しておく事にしていると小路に告げる。隠す事の大変さを知っている小路はケンタの気持ちがよくわかり、お互いの苦労に乾杯したのだった。

それからしばらくしたある日、小路はケンタに新しい彼女が出来た事を知る。ケンタと過ごす時間が減る事を、少し切なく思う小路。だがその時、KDLからプレミアムショーの先行体験案内のメールが届く。
ケンタといつか行きたいと言っていたショーだが、彼女が出来たので誘うのは難しい。それにより時間というのは有限なのだと思った小路は、この機会を逃さない為にもショーに応募する。

家族連れが多いショーに自分が行っていいのかと時折悩みつつ、抽選が発表されるのを待つ事にする。

鳴戸課長と真純の出会い編

会社帰りの鳴戸は、会社近くによく現れる猫と遊ぼうとしたその先で真純と出会う。
真純が小路の甥だと知らない彼は、猫に懐かれてる真純に「猫に懐かれるコツを教えて欲しい」と頼む。真純は鳴戸に、己が今履いてるジーンズが「猫が寄ってくるジーンズ」として話題である事を教える。

鳴戸は早速ジーンズがある店を教えてもらうが、若者向けのブランドのせいで店に入りづらく悩む。真純は「友達と行ってはどうか」と提案するが、そんな友達などいない鳴戸は「いない」と即答する。
同情した真純は、一緒に行こうかと鳴戸に提案する。鳴戸は「流石にそこまで頼むのは」とそれを断るが、結局真純に押され彼と店へ向かう事になる。

後日、改めて真純と店に行く鳴戸。とりあえず片っ端からジーンズを買い、1着だけ着て帰る事にする。そして店に付き合ってくれたお礼にと、真純を誘って猫カフェへ向かう。
真純をエスコートする形で席につく鳴戸。だが、魔法のジーンズを履いている筈なのに猫達は寄ってこない。同情した真純はおもちゃで猫をつり、鳴戸の膝へ誘導する。

ようやく猫と触れ合えたと同時に人の優しさにも触れた鳴戸は、充実感と共に人と猫カフェに来る楽しさを学ぶ。
優しい気持ちになった鳴戸は後日、以前冷たく当たってしまった臼間に謝罪のつもりで、飲み物についていたカワイイクリップを渡す。だが臼間には、不用品を押し付けられたと誤解されてしまうのだった。

小路課長とプレミアショー編

KDLプレミアショー当選発表当日、小路は当たったら誰と行こうかと考えていた。最終的に真純を誘おうかと考えるも、真純が本当に楽しんでくれるかはわからない為、結局保留にする。
そうして仕事終わり、見事ペアチケットを当選した小路は、最初はケンタを誘ってみる。だが仕事が忙しいと断られてしまい、結局真純を誘う事になる。

当日、真純と訪れたKDLのテーマパーク。真純にカワイイもの好きな事がバレないよう小路は落ち着いた気持ちで臨むも、だんだんとポーカーフェイスを保つのが難しくなっていく。
さらにショー終盤に、パグ太郎と握手できた事で喜びが頂点に達し、衝撃で記憶が吹き飛んでしまう。そうして気がつけば小路は、真純と共に外に居た。

お土産も無事に買え、真純が写真を撮っておいてくれた事で思い出も形に残す事ができ、小路にとって大満足の1日となったのだった。

鳴戸課長と真純編

小路と出張に来た鳴戸は、お土産屋でカワイイ猫の缶入りクッキーを買うことにした。真純へのお土産にしようとしたためだ。
鳴戸は仕事が終わるとすぐに、お土産を真純に渡すため以前あった場所に行く。偶然いた小路と待ち合わせをしていた真純にお土産を渡すことができたが、冷静に考えるとおじさんにお菓子を渡されるなんて気持ち悪いんじゃないかと思い焦る。
だが真純は素直に受け取ってくれて迷惑がることなどなかった。改めて真純の純粋さに心打たれる鳴戸であった。

その後、クッキー缶を持って帰ってきた真純を見た小路は、それが鳴戸が買ってきたものじゃないかと考える。どんな人に貰ったのか小路は真純に聞いてみる。だがメガネをかけていて、買い物に付き合ったことがあるということしかわからず、謎ばかりが深まってしまう。

メガネで猫のクッキーというだけで鳴戸なんじゃないかと思った小路は、会社で鳴戸に大学生と遊んでいるかと聞いてみるも、そんなわけないと即答されてしまう。
鳴戸は大学生の知り合いなんていないと考えたが、真純が大学生だったことに思い当る。もしやどこかで真純といるところを見られたのか。もしくは何かつながりがあるのかとも思ったが、真純の苗字は仁井なのでそれはなさそうだ。なぜ突然そんな話題を出したのか高速で考える鳴戸。

結果、動揺を誘って今月の成績を下げさせようという魂胆なんじゃないか、とライバル心に火を燃やすのであった。一方、会社内では鳴戸は見かけによらず、大学生の彼女がいると微妙な空気が流れたのだった。

小路課長とカワイイもの仲間編3

3chellowell
3chellowell
@3chellowell

目次 - Contents