両面宿儺(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

両面宿儺は、『呪術廻戦』の登場人物。
千年以上前の人間で、その性格は残忍にして狡猾、尊大にして凶悪。殺戮と闘争を好み、当時の術師が総出で挑んで敗れた“呪いの王”。死後に指だけが呪物として残され、今もなお世に悪しき影響を与えている。
その指を主人公虎杖悠仁が飲み込んだため、彼の肉体を依り代に復活。しかし理由は不明ながら虎杖の意識を奪うことができず、事実上その体内に封じられる。虎杖の内に潜み、肉体を乗っ取る隙を虎視眈々とうかがいつつ、時に暴威を振るって善悪の区別なく命を奪う極めて危険な存在。

両面宿儺のプロフィール・人物像

等級:特級呪霊
生誕:千年以上前
肩書き:呪いの王

両面宿儺(りょうめんすくな)は、『呪術廻戦』の登場人物。日本書紀や岐阜県の伝承などに記される、二つの顔と四本の腕を持っていたとされる“両面宿儺”の伝説がモデルだと思われる。以下、見出しを除く記事中では宿儺と表記する。
千年以上前の人間で、その性格は残忍にして狡猾、尊大にして凶悪。弱者の殺戮と強者との闘争を好み、万事を己の快不快のみを基準に判断し、呪術全盛の時代に当時の術師が総出で挑んで敗れた“呪いの王”。四本の腕を持ち、死後に死蝋と化した全二十本の指が呪物として残され、今もなお世に悪しき影響を与えている。

その指を主人公虎杖悠仁が飲み込んだため、彼の肉体を依り代に復活。しかし理由は不明ながら虎杖の意識を奪うことができず、事実上その体内に封じられる。これにより虎杖は宿儺の呪力にも抗える特殊な才能を持つ“宿儺の器”として認定され、彼に全ての指を飲ませてから殺すことで、宿儺を完全消滅させるという計画が発動する。
虎杖が新たな指を飲んでいくことで往年の力を取り戻せばなんとでもなると考えているのか、それに対して何かしらの行動を起こすでもなく、ただ彼の内に潜んで肉体を乗っ取る隙を虎視眈々とうかがう。規格外の強敵を倒すため意図的に呼び起こされるなど、時に虎杖から肉体の主導権を委ねられることもあるが、その都度恐るべき暴威を振るって善悪の区別なく多くの命を奪う。極めて危険な怪物であり、『呪術廻戦』の物語の中核を成す重要な存在。

元が人間であることは事実だが、当時の人柄や来歴、どのようにしてこれほどの力を得たのかは不明。裏梅という人物と面識があったような描写も見られるものの、その裏梅の正体もまた謎に包まれている。

前述の通り、死後にその二十本の指が呪物と化し、厳重に封じられてなお溢れ出る呪力が様々な災いを起こす。歴代の呪術師の誰もがそれを破壊することすら叶わず、封印するに留めていた。千年という時間の中で次第に散逸し、行方が分からなくなる。
物語開始時点では六本が東京都立呪術高等専門学校(以下呪術高専)で保管され、その他のものは由来も分からぬまま魔除けとして利用されたり、自らの呪力を増幅するために呪霊が飲み込んだりしていた。宿儺は力を取り戻すために自身の指を欲しており、肉体を共有している“宿儺の器”虎杖にも感覚としてそれは伝わるため、彼は宿儺の指に対してある種のレーダーに近い能力を持っている。宿儺の完全消滅という計画の要でありながら、虎杖が危険な呪霊絡みの事件の調査に駆り出されているのはこれが理由である。

虎杖のことは「気に入らない小僧」として忌々しく思うと共に完全に見下しており、彼が死の恐怖に涙する様を見ては失笑し、致命傷を負った友人を救うため自分にすがった際はそれを拒否した上で「矜持も未来も捨てながら何も救えない」と腹の底から嗤いつつ愚弄した。肉体を共有しているだけで共感するようなことは一切なく、幾度かの接触を経て虎杖からも「敵」あるいは「絶対に滅ぼさなければならない危険過ぎる存在」として認識されている。
その虎杖には「他人に“自分と虎杖は以前からの知り合いで、ごく親しい間柄だった”という記憶を無意識に植え付ける」能力があることが判明しつつあるものの、虎杖が二度目にこの能力を披露した際、それを彼の精神世界の中から眺めて怪訝な顔をしていたため、宿儺に由来する力ではないと思われる。

一方、自分の目的のために瀕死の虎杖と契約を結んだこともあり、その際は虎杖に丁寧に契約の仕組みと内容を説明していた。これはそうすることが自身のメリットにつながるからで、決して虎杖のためではないものの、“理性的な対応がまったくできないわけではない”姿を描くことで、“理性はあるのに決して相容れない”という宿儺の怪物性を高める演出になっている。
なお、この時結んだ契約は「虎杖の内に潜む宿儺が“契閥”と唱えたら一分だけ自分に肉体を明け渡す」、「この契約を忘れる」、「その代わり虎杖を蘇生させる」というもの。虎杖はこれを拒絶したもののほぼ無理矢理押し付けられてしまい、実際にこの契約の内容も覚えていない。

虎杖のクラスメイトである伏黒恵のことは、潜在的な実力を高く評価しており、彼がその才能を十全に発揮する時を心待ちにしている。これは単に「伏黒の成長が見たい」というより「成長した伏黒と戦いたい」というものであり、入れ込み振りはかなりのもの。虎杖の意識が眠ったままの状態で伏黒の窮地を感知した際は、自ら駆けつけてそれを助けている。
伏黒もまた宿儺の危険性を理解しており、「宿儺の指を飲み込んで処刑対象だった虎杖を救うよう頼んだのは自分なのだから、いざとなれば自分が彼を殺さなければならない」として最悪の事態に備えて覚悟は固めている。

虎杖らの担任教師にして現代最強の術師である五条悟に対しては、その強さを認めた上で「小僧(=虎杖)の体を奪ったら真っ先に殺してやる」と宣言している。五条はこれに「宿儺に狙われるなんて光栄だ」と返しており、完全体の宿儺相手にも勝てるかと虎杖に問われた際は「ちょっとしんどいが勝つ」と答えている。

特級呪霊の一味は、夏油(の体を乗っ取った何者か)のアドバイスで宿儺を味方につけることを自分たちの計画の柱の一つとしている。
その長である真人の術式「無為転変」は、相手の魂に直接触れ、これを変形させることで殺傷するという代物だが、呪霊として格上である宿儺(及び肉体を共有している虎杖)には通じない。しかし宿儺は格下の存在が自分の魂に触れること自体を不遜の極みとして怒りを表しており、虎杖との戦闘中に無為転変での攻撃を試みた真人に一度は警告を与え、二度目は容赦の無い斬撃を加えて戦闘不能に追い込んだ。
宿儺の実力の片鱗を体験した真人は、彼を味方につける方針についてはその正当性を十全に認め、相応の敬意も払っているものの、一方でその宿主たる虎杖への殺意を否定せず、後にそれを実行に移す。どのような思惑か、宿儺の側はこれを黙認するかのような態度を見せている。

真人の仲間である漏瑚は、「宿儺の指に換算すると八、九本」という作中屈指の実力者だが、十五本分の指を手に入れた宿儺と相対した時は、以前殺されかけた五条悟を引き合いにして彼を「異質な強さ」と評した。
その後「自分に一撃入れられれば仲間になってやる」という宿儺の言葉に乗って文字通り死力を尽くすも終始翻弄され、力の差を思い知らされながら敗北。しかし宿儺にとってもそれなりに歯応えのある相手だったのか、「お前は強い」と称賛されて感極まっていた。

両面宿儺の呪術・能力

解(かい)

宿儺が放つ斬撃。理屈としては単純な術だが威力は桁外れで、魔虚羅にすら甚大なダメージを与えた。

捌(はつ)

宿儺が放つもう一つの斬撃。相手との呪力の差、対象の強度に応じて威力を変え、一太刀で斬断する。高い再生能力などの対策が無い限り、食らえば即死の一撃必殺の術である。

領域展開 伏魔御廚子(りょういきてんかい ふくまみづし)

両面宿儺の領域展開。
基本的に、領域展開は自分に有意な異空間を作り出してそこに相手を引きずり込むものだが、伏魔御廚子は通常空間に異形の社を呼び出す。結果相手に「逃げる」という選択肢を与えることになるが、その“縛り”を設けることで術の力を増幅し半径200mにも及ぶ広大な範囲に効果を発揮する。
効果範囲内の全てのものに、解と捌の二つの斬撃を絶え間なく浴びせる。“宿儺の指”を取り込んだ仮想特級怨霊を一瞬で輪切りにし、渋谷の一区画を跡形もなく切り刻み、魔虚羅をも戦闘不能に追い込むなど、恐るべき威力を見せつけた。

開(フーガ)

漏瑚との火力合戦の中で見せた術。
印を組みながら弓を引くような独特の構えから放つ攻撃で、漏瑚の最大最強の火力を正面から打ち破って消し炭と化した。魔虚羅にトドメを刺す際にも放っており、その威力と使用した局面から考えて宿儺の切り札の一つだと思われる。

両面宿儺の来歴・活躍

呪いの王

千年以上前、呪術全盛の時代に、宿儺は“呪いの王”として君臨していた。

千年以上前、呪術全盛時代に生まれる。四本の腕を持つ異形ではあるが人間で、規格外の力を持つ術師だった。当時から尊大かつ凶悪な性格で、思うままに弱者の殺戮と強者との闘争を楽しむ。
この時代を生きた全ての呪術師が討伐せんとするもそれを返り討ちにし、「呪いの王」との異名と共に恐れられるようになっていった。
裏梅なる謎の人物とはこの頃からの知り合いだと思われるが、彼の正体や宿儺との関係は不明である。

特級呪物・“宿儺の指”

死後、宿儺の指は死蝋として残り、特級呪物として世に災いを成し続ける。

死後、全部で二十本あるその遺体の指の全てが死蝋(高い湿度などの特殊な条件がそろうことで成分変化し、遺体が腐敗しなくなること)化し、生前のそれに等しい呪力を撒き散らす特級呪物となる。
歴代の呪術師の誰もがこれを破壊できず、厳重に封印するに留まる。しかし長い時間の中で少しずつ散逸し、現代における呪術師の最大拠点・呪術高専で管理しているのはわずか六本。それ以外はある物は由来も分からぬまま魔除けとして利用され、ある物は呪霊が己の力を増幅にするために取り込むなど、完全に行方の分からない状態にあった。
その内の一本が仙台の杉澤第三高校にあることが判明。その回収のため、呪術高専一年生で2級呪術師の伏黒恵が派遣される。

“宿儺の器”虎杖悠仁

虎杖悠仁の肉体を依り代に、宿儺はこの世に復活する。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

呪術廻戦(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

伏黒恵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒恵は、『呪術廻戦』の登場人物。 東京都立呪術高等専門学校の一年生で、主人公虎杖悠仁とはクラスメイト。呪術の名門禪院家の血筋を引く麒麟児で、この歳にして二級呪術師の資格を有する。 一見するとクールで真面目な優等生ながら、内には激しい情動を秘めた少年。善人だった姉が呪いによって倒れたことが呪術師を目指す動機となっており、最強の呪術師五条悟に師事する。自身を救うために特級呪霊両面宿儺の宿主となった虎杖を庇い、彼の善性と呪術師としての潜在的な才能を信じて、宿儺の力を求めるあまたの敵と戦っていく。

Read Article

七海建人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

七海建人は、『呪術廻戦』の登場人物。 主人公虎杖悠仁の教師である五条悟の後輩で、1級の資格を持つ強力な呪術師。言動は慇懃なサラリーマンといった風だが内には強い使命感を持っており、自身の感情を原動力としながらもクールに冷徹に立ち回る。一度は呪術師という仕事への絶望から一般企業へと就職するも、自身が心の中では「やりがい」や「誰かに必要とされること」を望んでいたことに気づき、呪術の世界に舞い戻った。五条の代理で虎杖と任務に赴き、次第に彼の才能と志を認めて頼れる兄貴分となっていった。

Read Article

釘崎野薔薇(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

釘崎野薔薇は、『呪術廻戦』の登場人物。 東北の田舎出身の少女で、東京への強い憧れを持つ。東京都立呪術高等専門学校に入学したのも、呪術師の才能があること以上に“金の心配無しに東京に行ける”というミーハーな理由から。本人はこれを「自分が自分らしくあるためだから命を懸けられる」と鮮やかに言い切り、並外れた度胸と気風の良さでムードメーカーとして仲間を牽引、呪霊との戦いに臨む。 主人公虎杖悠仁とはクラスメイトで、同学年では唯一の女子生徒。ヒロインというよりは性別を超えた悪友といった間柄である。

Read Article

パンダ(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

パンダは、『呪術廻戦』の登場キャラクター。 見た目はただのパンダだが人語を操り、そればかりか人間関係の機微にも気を遣うほどの高い知性を持つ。その正体は内に呪力を宿した無生物・呪骸であり、その中でも極めて稀な“感情を持って生まれた”突然変異呪骸である。 一個の人格を持つ存在として周囲に受け入れられ、現在は東京都立呪術専門高等学校の二年生。呪術師を目指して修行と勉学に励んでいる。人間ではないからこそ独特のスタンスから物事を観察しており、その実力と落ち着いた性格で仲間たちから頼りにされている。

Read Article

虎杖悠仁(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

虎杖悠仁とは、『呪術廻戦』の主人公である。 宮城県の学校に通う高校生で、砲丸投げで30m弱を記録するほどの驚異的な身体能力を誇る。心霊現象研究会に所属していたが、ある日仲間を救うために特級呪物をその身に取り込んでしまう。結果“呪いの王”両面宿儺と肉体を共有するようになり、その力を御する術を学ぶために東京都立呪術高等専門学校に編入。最強の術者である五条悟の下、両面宿儺の力を狙う呪霊たちと戦いを繰り広げながら、同級生の伏黒恵、釘崎野薔薇らと共に呪術師を目指していく。

Read Article

伏黒甚爾(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒(禪院)甚爾は、『呪術廻戦』の登場人物。 虎杖悠仁の級友である伏黒恵の実父で、呪術師の名門禪院家の出身。生まれつき呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を備えた"天与呪縛"という特殊体質で、禪院家では日陰者扱いされていた。実家を出奔し、荒んだ生活を続け、術師殺しとして名を馳せ、一度は最強の術師・五条をも倒すも、死の淵で才能を開花させて息を吹き返した彼の前に敗死した。 物語開始時点で故人だが、様々なキャラクターに深く関わり、印象的な悪役として高い人気を誇る。後に意外な形で再登場を果たす。

Read Article

狗巻棘(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

狗巻棘は、『呪術廻戦』の登場人物である。 東京都立呪術高等専門学校の二年生で、主人公の虎杖悠仁からすると一学年先輩に当たる。言葉に呪力を乗せて放つ「呪言師」であり、声が届く距離かつ呪力などによるガードが無ければいかなる命令でも他者に強制することができる。強力な分だけ反動も大きく、普段は語彙をおにぎりの具に限ることで、呪言の効果が働かないように努めている。 その独特の口調から敬遠されることもあるものの、本人は温厚で優しい性格。特級被呪者である乙骨憂太と最初に親しくなった呪術師である。

Read Article

脹相(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

脹相(ちょうそう)とは、『呪術廻戦』の登場キャラクター。人造の呪霊・呪胎九相図の長兄である。 “史上最悪の術師”加茂憲倫によって生み出され、呪物の状態で保管されていた。しかし二人の弟・壊相と血塗ともども人類廃絶を目論む特級呪霊たちによって開放され、彼らに協力するようになる。弟たちを倒した虎杖悠仁を仇と見定め、これを追い詰めるも、突如「自分たち呪胎九相図と虎杖は家族同然の間柄である」という謎の記憶を想起し、混乱して撤退。改めて自分と虎杖の関係を見極めるべく、独自の行動を取り始める。

Read Article

東堂葵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

東堂葵とは、『呪術廻戦』の登場人物である。 呪術高専京都校の三年生。屈強な肉体とドレッドヘアがトレードマーク。学生ながら一級の資格を持つ呪術師で、性格は粗暴にして唯我独尊。高田というアイドルの熱狂的なファンで、自分の嗜好や好悪の感情に合わせて極端に態度を変える扱いにくい男だが、単身で特級呪霊を払うほどの実力者。 主人公・虎杖悠仁とは趣味が合い、彼を一方的に“超親友(ブラザー)”と認定。共に肉弾戦を主とするため戦闘での相性は抜群で、彼と共闘した際は作中屈指の高位呪霊である花御をも翻弄した。

Read Article

五条悟(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

五条悟とは、『呪術廻戦』の登場人物である。 日本に四人しかいない特級呪術師の一人で、その中でも別格の実力者。自他ともに認める「最強の呪術師」であり、作中屈指の実力者たちをまとめて相手にしてなお圧倒するほどの恐るべき戦闘能力の持ち主。その存在そのものが呪術界のバランスを成すジョーカーである。 特級呪霊・宿儺の宿主となってしまった主人公虎杖悠仁を、東京都立呪術高等専門学校に誘った張本人で、同校では教師を務める。主な敵勢力である呪霊たちに与する呪詛師の夏油とは、かつては親友の間柄だった。

Read Article

夏油傑(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

夏油傑とは、『呪術廻戦』の登場人物。 呪術を悪用する呪詛師であり、その中でも特に強力な存在。体内に数千もの呪霊を宿し、それを使役する呪霊操術の遣い手。『呪術廻戦』本編が始まる一年前に起きた百鬼夜行事件の首謀者で、自身の持つ全ての呪霊をも超える力を有する特級呪霊折本里香を我が物にせんと、その被呪者たる乙骨憂太と激しい戦いを繰り広げた。 かつては人々のために尽くさんとする高潔な呪術師を志し、最強の呪術師五条悟とは親友の間柄だった。道を違った現在も、五条とは互いに友情を捨て切れずにいる。

Read Article

真人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

真人とは、『呪術廻戦』の登場キャラクター。人の負の感情が形を成した呪霊という存在であり、その中でももっとも高位の特級に分類されている。 “人間への恐怖”から生まれた呪霊で、言動は無邪気かつ快活。しかし他者の命を玩具のごとく捉え、戯れに人を惨殺し弄ぶ危険な存在。人類の廃絶を目論む特級呪霊の一味に属し、そのリーダーを任されるも、導き手たる自覚は薄い。 主人公虎杖悠仁の仲間を次々手にかけ、「絶対に倒すべき相手」と目される。当人もまた幾度も邪魔してきた虎杖に強い敵意を抱き、殺す機会を狙っている。

Read Article

乙骨憂太(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

乙骨憂太は、『呪術廻戦』の登場人物。 ごく普通の少年だったが、幼馴染の折本里香の死後、彼女の霊に取り憑かれる。やがて里香は国家規模の破壊すらもたらしかねない強大な呪霊と成り果て、これを御する術を学ぶために東京都立呪術高等専門学校に転入。呪術の世界と関わっていく中で秘めた才能を開花させ、里香の力を悪用せんとする者たちに狙われるもこれと最後まで戦い抜いた。 『呪術廻戦』本編では主人公虎杖悠仁の一学年上の生徒という立場で、現在は海外留学中。現代最強の術師五条悟に特に期待されている若手の一人である。

Read Article

漏瑚(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

漏瑚(じょうご)とは『呪術廻戦』に登場する呪霊(人の負の感情が形を成した怪物)の一体であり、その中でももっとも高位である特級に分類される存在。 大地への恐怖から生まれた呪霊であり、単眼かつ火山状の頭頂部を持つ異形の魔人。恐るべき火力を自在に操り、高位の呪術師すら一瞬で焼却する。人類の廃絶を目論む特級呪霊の一味に属し、サブリーダーとして実質的な組織の舵取りを担う。 邪悪にして狡猾、残忍にして凶悪な作中屈指の実力者だが、さらに圧倒的な力の持ち主と戦っては容赦なく叩きのめされることが多い。

Read Article

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

Read Article

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

呪術廻戦の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

目次 - Contents