Radiohead(レディオヘッド)の徹底解説まとめ

Radiohead(レディオヘッド)とは、1992年にイギリスでメジャーデビューしたロックバンドである。
「Creep」が世界中で大ヒットし、以降アルバムをリリースするたびに国内外問わず大きな影響を与えている。
活動中でありながら「ローリング・ストーンの選ぶ歴史市場最も偉大な100組のアーティスト」に選出されている。
それまでのロックの枠に捉われない実験的なサウンドで、陰鬱でありながら美しい音楽を作り続けている。

A Moon Shaped Pool

『A Moon Shaped Pool』のジャケット。

1. Burn the Witch
2. Daydreaming
3. Decks Dark
4. Desert island Disk
5. Ful Stop
6. Glass Eyes
7. Identikit
8. The Numbers
9. Present Tense
10. Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Thief
11. True Love Waits

2016年にリリースされた9thアルバムである。前作よりも音が太く、また音数が少ないシンプルな楽曲が並んだアンビエントミュージックに接近した作品であり、落ち着いた演奏にトムの繊細な歌声が美しいアルバムである。

Redioheadの代表曲

Creep

バンドの知名度を広めるきっかけになった1stアルバムの曲である。サビで「僕はウジ虫」と歌うのが印象的である。

Fake Plastic Trees

2ndアルバムに収録されている。サビでファルセットを使うトムの歌声が美しい曲である。

Paranoid Android

3rdアルバムに収録された曲である。プログレッシブロックの影響を受けた複雑な構成になっている。ジョニーのノイジーなギターソロが印象的である。

There There.

6thアルバムに収録された曲である。パーカーションの音が印象的であり、ライブではギター担当のエドとジョニーもパーカーションを演奏する。

Radioheadのミュージックビデオ(MV/PV)

Pyramid Song

5thアルバムに収録された曲である。このMVのストーリーは、ダイバーが海に沈んだ自分の街並みを探しに行き、最終的に命綱を消し去るというものである。

Jigsaw Falling into Place

7thアルバムに収録された曲である。MVは、ヘッドカメラを使用して楽曲を演奏するメンバーの顔を映したものでシュールな映像になっている。

Lotus Flower

馬場大地
馬場大地
@daidai

目次 - Contents