Radiohead(レディオヘッド)の徹底解説まとめ

Radiohead(レディオヘッド)とは、1992年にイギリスでメジャーデビューしたロックバンドである。
「Creep」が世界中で大ヒットし、以降アルバムをリリースするたびに国内外問わず大きな影響を与えている。
活動中でありながら「ローリング・ストーンの選ぶ歴史市場最も偉大な100組のアーティスト」に選出されている。
それまでのロックの枠に捉われない実験的なサウンドで、陰鬱でありながら美しい音楽を作り続けている。

ライブ時のトムの写真。

ボーカル、ギターを担当している。
多くの楽曲で作詞作曲を行っている。
ソロアーティストとしても活動している。

ジョニー・グリーンウッド

ライブでギターを弾くジョニー。

リードギターを担当している。
ギターの他にもシンセサイザーや、ヴァイオリンなど多様な楽器も演奏してる。
バンドのサウンドメイクの中核を担っている。

エド・オブライエン

ライブでギターを演奏するエド。

ギター、コーラスを担当している。
ギターを担当する3人のメンバーの中で最もギターサウンドを志向しており、多くのエフェクターを使用している。

コリン・グリーンウッド

ライブでベースを弾くコリン。

ベースを担当している。
メンバーのジョニー・グリーンウッドの実兄である。
トム・ヨークと最初に出会ったメンバーであり、20年以上音楽活動を共にしている。

フィル・セルウェイ

ドラムセットに座るフィル。

ドラムを担当している。
ドラムセットのチューニングを高めに設定しており、線の細いドラムスタイルが特徴的である。

Radioheadのディスコグラフィー

Drill

『Drill』のジャケット。

1. Prove Yourself
2. Stupid Car
3. You
4. Thinking About You

1992年にメジャーデビュー作品としてリリースされた4曲入りのEP。当時主流だったグランジの影響を受けたようなノイジーでシンプルなギターサウンドだが、トムの繊細かつエモーショナルな歌声が印象的な作品である。デビュー作ではあるが安定した演奏であり、5人のメンバーの演奏技術のセンスを感じることができる。

Pablo Honey

『Pablo Honey』のジャケット。

1. You
2. Creep
3. How Do You?
4. Stop Whispering
5. Thinking About You
6. Anyone Can Play Guitar
7. Ripcord
8. Vegetable
9. Prove Yourself
10. I Can’t
11. Lure
12. Blow Out

1993年に1stアルバムとしてリリースされた。基本的にはノイジーなギターサウンドで前作の『Drill』と同じ方向性の音楽性だが、音が良くなり、よりクリアな音像になっている。大ヒットした「Creep」のようにキャッチーなメロディだが、暗い雰囲気を持つ楽曲が並んでいる。

The Bends

『The Bends』のジャケット。

1. Planet Telex
2. The Bends
3. High and Dry
4. Fake Plastic Trees
5. Bones
6. (Nice Dream)
7. Just
8. My Iron Lung
9. Bullet Proof…I Wish I Was
10. Black Star
11. Sulk
12. Street Spirit(Fade Out)

1995年にリリースされた2ndアルバム。前作で「Creep」が世界中で大ヒットしたが、その後のシングルはリリース面で苦しみ、メンバーの精神状態の悪化から本作の制作は難航していた。しかし、苦しんでいたトムがジョン・レッキーのライブを見に行き、感銘を受けたことで制作は完成に向かい、結果的に評論家から高い評価を受けるアルバムとなった。ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバムにも選出されるなど、彼らの初期の名盤である。

馬場大地
馬場大地
@daidai

目次 - Contents