コウノドリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した産科医療漫画である。産婦人科医でありながら、正体を明かしていないピアニストでもある、主人公鴻鳥サクラ。サクラが勤務する聖ペルソナ総合医療センターで、妊婦とその家族を中心に物語が繰り広げられる。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。

『コウノドリ』の概要

『コウノドリ』とは、2012年より鈴ノ木ユウが「モーニング」(講談社)で連載を開始した漫画である。7年間の掲載を経て、2020年10月23日最終巻が発売され完結している。コミックの累計発行部は800万部を超えている大人気コミックである。
2015年、第39回講談社漫画賞・一般部門にノミネート、2016年、第40回講談社漫画賞・一般部門受賞。作者の鈴ノ木ユウは、ミュージシャンとしての活動経験も持つ。2006年、彼自身の妻の出産に立ち会った際に強く感動し、その出産というものを伝えることが自分の使命だと思ったことがこの漫画の誕生のきっかけになったそうだ。妻の出産時の担当医であった、りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長兼婦人科部長の「萩田 和秀」先生が主人公のモデルである。妊娠・出産というあくまで女性向けのような漫画だが、男性誌「モーニング」で掲載されていたこともあり、出産を自分事と受け止めづらい男性へ向けたメッセージなのかとも捉えられる。また、医療従事者が、医療漫画でこの作品を超えるものはないという評価を残している。

2015年10月~12月に綾野剛主演で実写テレビドラマ化され、好評だったことから2017年~12月には第二シリーズも放送されている。

産科医師でありながら、ピアニストでもある主人公鴻鳥サクラが勤務している「聖ペルソナ総合医療センター」で起こる、出産にまつわるストーリーが描かれている。出産は病気ではないからこそ、安全だと思い込んでしまっている。だが、この総合医療センターで行う年間約2000件の出産のうち、約15%の出産は生命の危機と隣り合わせなのだ。小さな命は必ず助かるわけではない。絶対の安全など、出産には存在しないのである。少子化が進んでいるこの時代において、「中絶手術」「未受診妊婦」など目を背けてはいけない問題が、妊婦の家族のやりとりを中心に描かれている。

『コウノドリ』のあらすじ・ストーリー

全てが謎につつまれている「ベイビー」というピアニスト。本当の顔は産科医の「鴻鳥サクラ」である。サクラは、生まれてすぐに母親を亡くす。サクラの家族は母親しかいなかったため、その後児童養護施設に預けられたのだ。そこで出会う保育士に、大切に育てられてきたサクラは、ピアニストになる夢、産科医になる夢を持ち、実現したのだった。

彼のピアノの音色は人を、トリコにする才能がありコンサートチケットはすぐに売り切れてしまう程のピアニストである。それにも関わらず本業はベテラン産科医なのである。今日も演奏中、急患を知らせる電話が鳴り始める。サクラは、変装グッズであるカツラをはぎとり、演奏を中断して走り出す。向かう先は「ペルソナ総合医療センター」だった。
「ペルソナ総合医療センター」には、総合病院であるがゆえに、様々なリスクを抱えた妊婦さんが訪れるのだ。

未受診妊婦

この日、運ばれた妊婦は検診を一度も受けていない「未受診妊婦」だった。「野良妊婦」とも呼ばれる妊婦は、胎児の状態も不明、母親の感染症の情報等さえもないため、受け入れる病院のリスクは大きく、搬送を受け入れてもらえずにたらい回しにされることが多い。ペルソナも例外ではなく、受け入れを拒否しようとしたが、サクラだけは赤ちゃんを思い、受け入れを決めたのだった。結局、感染症もなく無事に赤ちゃんは生まれたのだが、母親は浮かない顔をしてベッドに横になっていた。
実は、赤ちゃんの父親とは音信不通となり、両親に頼ることもできず、更には借金まで抱えている状況だというのだ。そして彼女は、お金が払えないという理由から病院から赤ちゃんを置いて逃げ出してしまう。

結局、母親はサクラにすぐに見つかってしまい諭されるのだが、堕胎するお金もなく、これから赤ちゃんを育てていく自信がないという気持ちをサクラにぶつけ返すのだ。
自分の気持ちなんて医者のサクラにはわからないと怒る母親に、サクラは気持ちはわからないが、「生まれようとしている赤ちゃんがいれば、僕らは全力で助けます」と言った。それでも、母親は赤ちゃんを育てることはできないと判断し、赤ちゃんは乳児院に預けられることとなる。

「きっとキミはこれから人の何倍、何十倍も辛いことがあるかもしれない。でも、人一倍幸せになることはできる。」
残された赤ちゃんの側で、サクラは自分のピアノを聞かせながら、笑顔の赤ちゃんに、涙をこらえながら「負けるなよ」と続けて囁いたのだった。

自然分娩と帝王切開

サクラが診察していると妊婦はこう言う、「絶対、助産院で出産したいんです。」。毎日5kmのウォーキングと、食事管理で体重にも気を付け、自然分娩をするために日々の努力を怠らない、強く自然分娩を望む女性だった。それでもサクラは、「今のところは問題ないと思いますが、妊娠出産には予測不可能なことが起きる場合もあるので、その時は産科医が介入することもあります。」と忠告をするが、妊婦は自分の力で産むと言い張った。

この妊婦はペルソナが提携している「ののむら助産院」に通っていた。ここで働く助産師の野々村は、「御産は分娩台で産まないといけないなんてことはない。好きなように産めばいい。全ての妊婦さんに、楽しくお産をしてほしい。」と考えている。妊婦は沢山考えてきたバースプランを、野々村に伝え、野々村は全て受け入れた。後日、旦那とののむら助産院に訪れた妊婦はサクラと同様のことを野々村に言われるのだ。「出来るだけ、二人のバースプランをかなえたいと思っていますが、助産院はサービス業。医療行為は行えない。御産が順調でなくなったときは、すぐに提携先のペルソナ病院に協力してもらいます。」。信頼する野々村の言葉さえも、彼女には届かず自然分娩と言い張るのだった。

遂に陣痛が始まり助産院で、出産を初めたが、赤ちゃんが後方後頭位となり進まなくなる。ペルソナに搬送され、赤ちゃんも危険な状態になる可能性がでてきたため、帝王切開することに。それでも首を縦に振らない妊婦に、旦那は怒るのだった。旦那をなだめながら、野々村はこう言った。「あなたがこれまで頑張ってきたのは、赤ちゃんのため?それとも自分のため?今、あなたを救えるのは病院の人たち。」。そして「私も帝王切開で赤ちゃんを産んだのよ」と優しく続ける。

帝王切開を受け入れ、彼女は無事に手術が終わり出産を終えた。「帝王切開を受ける妊婦さんは自分の病気や怪我を治す為でもなく、赤ちゃんの命を守るためだけに命をかけて自分から手術台の上に上るんです。僕らはそれをお産でないと言えません。帝王切開は、立派なお産です。」サクラの言葉を、彼女はただ黙って聞くのだった。

妊婦と喫煙

サクラが、妊娠中の喫煙のリスクについて話している妊婦がいる。彼女は、やめようと思ってはいるが喫煙がやめられない。
たばこを吸い血管が細くなることで赤ちゃんに酸素と栄養が十分届かなくなり、流産、早産のリスクも増加する。早剥の危険性だってある。早剥になってしまうと、赤ちゃんの致死率はは30~50%。ただ、喫煙を直接的な原因と断定できならいから、余計怖い。そうなったときに、あのとき禁煙ができていたらと、一生責め続ける女性だっている。そのサクラの説明を受けた帰り、女性はたばこをゴミ箱に捨てようとしたが、結局捨てることなく帰宅してしまったのだ。

次の診察の際、女性を診ていたのはサクラの同僚の四宮ハルキ(しのみやはるき)だった。まだタバコをやめられれていなかった女性に、四宮は「私はタバコを止めない妊婦は、母親になる資格がないと思ってますから。」とキツく言い放つ。診察後に怒る妊婦をみかねて、院長は四宮に患者に優しくするようにと諭すが、「優しくしたら患者を救えるんですか?優しいけど患者を死なせる医者と、嫌なヤツだけど助けてくれる医者。院長だったらどっちに診て貰いたいですか?」と言い、去っていった。

ある日、女性宅に義母が訪れた。義母の言葉や、買ってきた子供服への不満とイライラが募りタバコを吸おうとすると、旦那が止めたのだ。だが旦那自身は吸っており、彼女は自分だけが止められることにも腹を立てる。その後、一人でペルソナに向かう途中、悩んだ末にタバコを吸ってしまったのだ。すると、急にお腹が痛くなる。通りがかった四宮が気づき、病院に運ばれすぐに手術となる。案の定、女性は早剥になったのだ。赤ちゃんは無事に取り上げられたが、出血が多く、子宮収縮もよくない。過去に子宮を残そうとしたことで、患者を死なせてしまった経験のある四宮は、彼女の子宮を残そうとするサクラを止め、二人はもめるのだ。サクラが子宮を残せると言い張り、最終的に子宮を残して手術は終わった。

過去の四宮は患者に優しかった。四宮が優しく接し、喫煙をやめられなかった妊婦は、今回の女性を同様に早剥になり大量出血で手術中に亡くなった。さらに産まれた赤ちゃんは、植物状態になってしまった。その経験から、四宮はこんなことになるなら無理にでも辞めさせるべきだった、患者に嫌われても助けられる方がいいと思ったことが現在の四宮の言動に通じている。当時の悔しさ、悲しみからを背負い続けていた四宮だったが、今回の妊婦の母体も赤ちゃんも助けられたことが、嬉しかった様子が描かれている。

中学生の妊娠

元気にバスケットボールをしている女子中学生が突然倒れた。保健室の先生は、彼女の様子がおかしいことに気付き「最近の生理はいつ?」と聞いた。彼女は14歳。妊娠に気付かないうちに、8ヶ月目に入ってしまっていたのだ。そして女の子の父親の旧友が院長だったこともあり、ペルソナに訪れる。
サクラが担当医となり検診を行った。しかしエコーで見た赤ちゃんの画像を「CGアニメみたい」と言い、女の子はイマイチ現実を受け入れていない。少女の母は離婚しておりシングルマザー、赤ちゃんの父親である男子中学生の父は市議会議員。男の子の父は、お金の援助はするが、息子の将来のために赤ちゃんのことは少女側に任せると言うのだ。少女の母は持病を持っており、母が少女と一緒に育てることもできない。男の子は、現実が受け入れられず女の子からの連絡を拒否するようになる。ようやく、女の子と男の子、それぞれの親との話し合いの場が設けられた。男の子の父が、話し合いもしようとせず特別養子縁組を強行しようとしたとき、はじめて男の子は「いやだ」と言葉を発したのだ。その言葉に憤慨する父に、サクラは「赤ちゃんの親はこの二人です。中学生だろうとちゃんと考える責任があります。まだ時間はあるから二人でちゃんと考えて欲しい。どうすれば生まれてくる赤ちゃんを幸せにできるか。」と伝えたのだ。二人で話す時間が設けられ、ようやく二人は自分の気持ちを素直に伝える。「この子よく動くんだ。すごく元気なの。」と女の子がお腹をなでると、「触ってもいい?」と、男の子は優しく触れた。女の子は嬉しそうな顔で微笑み返す。
サクラと触れ合っていくなかで、赤ちゃんの母親としての自覚が芽生えてきた女の子は、考えた末に赤ちゃんを養子に出す決意をしたのだ。「きっとその方が赤ちゃんは幸せになれると思う。私一人じゃ育てられない。これ以上自分の母に苦労をかけらない。赤ちゃんの幸せが一番だ。」と、サクラに伝えた彼女の顔は幼いながらに子どもを思う母の表情になっていた。
遂に、女の子に陣痛が訪れる。養子縁組の夫婦も彼女の隣の部屋に到着し、その時を待った。女の子の部屋に入ろうとするサクラは男の子が廊下で待っていることに気付いた。「俺、なにも出来ないですね。」とサクラに言う。サクラは「そうだよ、君には彼女の痛みも苦しみも肩代わりする事は出来ないし、まだ子供を育てる力もない。だからじっくり考えていかなきゃね。起きたことから目をそらさずに、生まれてくる命をしっかり受け止められる大人になれるように。」と優しく返すのだった。
やがて赤ちゃんの産声が響き渡る。赤ちゃんを見て女の子は笑顔を見せたかと思うと、多量の涙を流しながら赤ちゃんを抱きしめ離さないのだ。助産師の小松ルミ子(こまつるみこ)は赤ちゃん女の子から離し、隣の部屋の夫婦の元に連れていく。赤ちゃんを抱かせてもらった妻は、「生まれてきてくれてありがとう。」そう赤ちゃんと赤ちゃんの母親に伝えるのだった。女の子の鳴き声は廊下にも響き渡り、その声を聞きながら男の子はその場で泣き崩れた。生まれてすぐに可愛い我が子と離れる決断をした女の子、自分の無力さに打ちのめされた男の子。血の繋がりのない赤ちゃんを我が子として迎え入れたいと望む夫婦。誰しも願っているのは、今誕生した命がずっと幸せであるようにとただそれだけだたのだ。

「ペルソナ総合医療センター」では、サクラだけではなく、助産師、新生児科医など、それぞれの登場人物が手を取り合い、妊婦と新たに生まれ来る小さな命を守るために、全力を尽くす姿が描かれている。次々に、「切迫早産」、「不育症」など、様々な問題や悩みを抱えた妊婦が登場し、サクラたちが、すべての患者さんに真摯に向き合う姿が描かれていく。女性だけでなく、男性もその家族も、どの立場であっても「出産」というものを、しっかり考えさせられる涙無しでは見ることのできないストーリーである。

『コウノドリ』の登場人物・キャラクター

主人公

鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)

演:綾野剛、高村佳偉人(幼少期)
ペルソナ総合医療センターで働く産科医兼、「ベイビー」という児童養護施設で育ったこと以外情報を何も公開していない人気ピアニスト。好物はカップ焼きそば、天然パーマでぼさぼさの髪型が特徴的。
子宮頸がんを患っていた母親がサクラを産んだのちに亡くなってしまったため、児童養護施設で育った。実の家族からの愛情は受けることはできなかったが、児童養護施設の人たちに大切に育てられ、サクラはとてもやさしい人となる。どんな患者さんにも、優しく寄り添い、時に厳しくも、患者さんが後悔することのない決断ができるように助言をしていく。
ピアノコンサート中に、たびたび急患コールが鳴るだけでなく、大好きなカップ焼きそばを食べる際にも声かけられ中断することもしばしば。

産科医

k_yuma1
k_yuma1
@k_yuma1

Related Articles関連記事

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

万引き家族(英題:Shoplifters)とは、2018年に公開された日本映画である。監督は『そして父になる』などで知られる是枝裕和。主演はリリー・フランキーと安藤サクラ。 第71回カンヌ国際映画祭において最高賞のパルム・ドールを獲得するなど、国内外で高い評価を受けた。 貧困のなか、万引きによって生計を立てながら身を寄せ合う家族6人の姿を描く。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

miwa(ミワ)の徹底解説まとめ

miwa(ミワ)の徹底解説まとめ

miwaとは、日本で活躍するシンガーソングライターである。神奈川県出身で東京都育ちである。2010年、大学1年生の頃に「don't cry anymore」でメジャーデビュー。翌年にリリースされた自身のファーストアルバム「guitarissimo」は、平成生まれの女性アーティストとしては初の快挙となる、オリコンアルバムチャートで1位を獲得。さらに近年では音楽活動だけでなく、女優として映画やドラマなどに出演するなど、多才な才能を発揮している。今後の活躍が期待できる女性シンガーソングライターである。

Read Article

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

箱入り息子の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『箱入り息子の恋』とは、2013年公開の日本の恋愛映画。この物語の主人公、天雫(あまのしずく)健太郎、35歳は市役所勤務で性格は内気。そして、彼女いない歴=年齢という持ち主。結婚願望がない健太郎を見て、心配した両親は代理見合いに出席する。代理見合いをきっかけに健太郎は奈穂子と出会うが、奈穂子は目が見えなかった。健太郎との恋愛を反対する奈穂子の父と、立ちはだかる障害という壁。もどかしい恋と2人の純粋な気持ちに胸を打たれた人が続出。日本映画監督協会新人賞を受賞した市井昌秀が送る感動のラブストーリー。

Read Article

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

MIU404(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『MIU404』とは、性格が全く違う二人の刑事が日本の社会問題に立ち向かいながら事件解決を目指す、警視庁機動捜査隊を舞台としたテレビドラマである。臨時部隊として新設された第4機捜に召集された刑事が志摩一未と伊吹藍だ。二人は相反する性格ながら、様々な事件に相棒として立ち向かうことになる。斬新なストーリーと共に、二人の刑事がバディとして絆を深めていく姿も目が離せない作品だ。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

賭ケグルイ(Kakegurui)のネタバレ解説・考察まとめ

『賭ケグルイ』とは2014年に原作河本ほむら、作画尚村透によって出版社スクエアエニックス『月刊ガンガンJOKER』で連載が開始されたギャンブル漫画である。名門、私立百花王学園に転校してきた蛇喰夢子(じゃばみ ゆめこ)は大きなリスクを負うことに興奮を感じる通称『賭ケグルイ』だった。 人間の心の闇、執着、醜さと言ったリアルで生々しい表現は、日本国内のみならず世界中から評価されている。2017年7月にアニメ1期『賭ケグルイ』の公開。2019年1月にはアニメ2期『賭ケグルイxx』が公開された。

Read Article

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

映像研には手を出すな!(大童澄瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『映像研には手を出すな!』とは、大童澄瞳による日本の漫画及び、それを原作としたアニメ、ドラマ、映画作品。アニメ好きの女子高生3人が、部活動で様々なアニメ制作を手掛けていくというストーリー。アニメ制作を通じての3人の成長が見られ、映像制作の場面はアニメファンの心をくすぐるような話になっている。また、映像も空想と現実が入り混じり、独特の世界観を醸し出している。本編では、女子高生と戦車の戦い、ロボットと怪獣の戦い、異星人と地球人との交流がアニメ作品として描かれており、独特なタッチの映像となっている。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダー電王(Den-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダー電王(Den-O)』とは、石ノ森章太郎原作の東映製作特撮テレビドラマシリーズの一つで「電車」がモチーフである仮面ライダーである。2007年1月28日~2008年1月20日までテレビ朝日系列で放送された。平成仮面ライダーの8作品目で、未来の人間の精神体である「イマジン」と呼ばれる怪人が過去の世界を支配して自分たちの良いように歴史を変えようとするが、仮面ライダー電王が「時の列車デンライナー」で現在と過去を行き来して悪のイマジンから現在の世界を守るために戦う時間SFストーリーである。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)のネタバレ解説・考察まとめ

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)のネタバレ解説・考察まとめ

『逃げるは恥だが役に立つ』とは、海のつなみによる同名コミックスを原作に作られ、2016年にTBS系「火曜ドラマ」枠で放送された恋愛ドラマである。星野源演じる津崎平匡と、新垣結衣演じる森山みくりが「契約結婚」という結婚生活のあり方を描いた社会派ラブコメディ。「逃げ恥」の愛称で親しまれ、最終回後も「逃げ恥ロス」など社会現象を引き起こした。また、2019年には朗読劇として舞台化されている。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

リトル・フォレスト(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

リトル・フォレスト(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『リトル・フォレスト』とは、主人公の成長を描くヒューマンドラマであり、五十嵐大介による漫画、漫画を基にした森淳一監督、橋本愛主演の映画である。漫画『リトル・フォレスト』は、作者の実体験を基に制作され、2002年12月から講談社発行の『月刊アフタヌーン』で連載された。映画『リトル・フォレスト』は、2014年8月に公開された『夏』『秋』、2015年2月に公開された『冬』『春』の4部作である。東北地方の小さな村に住む主人公のいち子が、自然に向き合いながら自分を見つめ直すストーリーとなっている。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新しい靴を買わなくちゃ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新しい靴を買わなくちゃ』とは、北川悦吏子が原作・脚本・監督すべてを担当した日本の恋愛映画である。世界的な音楽家である坂本龍一が音楽監督、映像作家の岩井俊二がプロデュースを手がけたことで話題となった。妹のパリ旅行に付き添ってきたカメラマンのセンと、パリ在住の日本人アオイが一足の靴をきっかけに出会う3日間のラブストーリーを描いた作品。ロマンチックな物語展開はもちろん、舞台となったパリの美しい風景と繊細な音楽、瀟洒な台詞もこの作品の魅力である。

Read Article

結婚できない男(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

結婚できない男(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『結婚できない男』とは、2006年7月から9月まで放送された、独身中年を題材としたテレビドラマ。仕事もできて収入もあるが、皮肉屋で結婚したくない独身男性が、徐々に女性に心を開いていく過程を描くストーリー。主人公の桑野信介を演じるのは主演の阿部寛。また、本作の放送13年後の2019年10月から12月にかけて、続編『まだ結婚できない男』が放送された。53歳となった主人公がまだ結婚んできていない姿を描いた本作は、高視聴率を記録し、メディアでアラフォー独身男性の特集が組まれるなど社会現象となった。

Read Article

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ふたがしら(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふたがしら』とは、『月刊IKKI』(小学館刊)また増刊『ヒバナ』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作とした連続テレビドラマである。時は江戸時代。盗賊「赤目一味」の頭目だった辰五郎が死去。その際に、手下である弁蔵と宗次二人に一味のことを託したことからすべては始まった。『ACCA13区監察課』や『レディ&オールドマン』数々の人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、巧妙な駆け引きと巧みな騙しあいが織りなす時代劇盗賊エンターテインメントだ。

Read Article

罪の声(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

罪の声(小説・漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『罪の声(映画)』とは塩田武士の同名小説を2020年に土井裕泰監督、小栗旬主演で映画化されたサスペンス映画である。1984年に実際に起こった「グリコ森永事件」を題材にした、フィクションでありながらも限りなく事実に近い作品としてサスペンスフルに仕上がっている。実際の事件でも犯人が使用した「子供の声」を中心に、自分の声が使われていたことを知ってしまった人物と過去の大事件の犯人を追うジャーナリストの2人の視点から犯人を追い詰めていく物語である。

Read Article

だから私はメイクする(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

だから私はメイクする(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『だから私はメイクする』とは、シバタヒカリによる日本のヤングレディース漫画。原案は、劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』。『FEEL YOUNG』2019年8月号より2021年4月号まで連載された。メイクが好きすぎてあだ名が「マリー・アントワネット」の女、推しのためにセルフネイルに励む女、自分のしたいおしゃれと周囲の目で板挟みになっている女など、メイクを通して現代の戦う女性を描いたオムニバスストーリー。2020年にテレビドラマ化もされている。

Read Article

【号泣】結婚式・ 披露宴で使えるおすすめ人気ウェディングソングまとめ!【back number など】

【号泣】結婚式・ 披露宴で使えるおすすめ人気ウェディングソングまとめ!【back number など】

結婚式の曲選びって意外と大変。いい曲だけど、意外に歌詞は失恋ぎみの内容だったり、バラードだけど意味わかんなかったり。そんな中でもみんなが聞いたことがあったり、歌詞が最高によかったりと結婚式に使うに最適な曲のYouTube動画をまとめました。ぜひ最後までご覧ください!

Read Article

意味深?星野源と破局したaiko制作の歌詞【仕事だって嘘ついたね】

意味深?星野源と破局したaiko制作の歌詞【仕事だって嘘ついたね】

世の中に無数に存在する恋愛ソング。その中には失恋を歌ったものが多く、恋に悩みを抱える人びとの間で大きな支持を得ています。aikoもそんな歌を作るのが上手な1人。実は、彼女の作った歌『透明ドロップ』は、かつての恋人・星野源との破局を歌ったものであるとしてファンの間で話題になりました。真偽はともかく、人の心に刺さる楽曲を制作できる才能って本当にすごいですよね。

Read Article

【松山ケンイチ】誰が好み?芸能界のイケメン塩顔男子まとめ【星野源】

【松山ケンイチ】誰が好み?芸能界のイケメン塩顔男子まとめ【星野源】

「塩顔男子」って、ご存知ですか。顔の印象が薄い人のことで、一重か奥二重、色白でひ弱そうだけど実は隠れマッチョ、といった特徴が一般的とされています。世の中の女性たちが抱く憧れの男性像そのものですよね。この記事では、芸能界における塩顔イケメン男子の画像をまとめました。あなたの好みの人は、いましたか?

Read Article

NEW
【綾野剛】イケメンの条件!高身長な男性芸能人をまとめてみた!【石黒英雄】

【綾野剛】イケメンの条件!高身長な男性芸能人をまとめてみた!【石黒英雄】

いわゆる“イケメン”の条件の1つとして挙げられるのが、高身長だということである。顔立ちが同程度なら身長が高い方により魅力を感じるというのは、女性からよく聞かれる意見だ。 ここでは、背丈が180cm以上の、芸能界の中でも高身長で知られる男性俳優をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents