まもって守護月天!(初代/解封の章)のネタバレ解説・考察まとめ

『まもって守護月天!』とは1996年から『月間少年ガンガン』にて連載を開始した桜野みねねによるハートフルコメディ漫画及び、漫画を原作としたアニメ作品のことである。幼少期より家族の不在によって心に寂しさを抱えて過ごしてきた少年が、父からの贈り物によって呼び出された精霊たちと生活を共にして賑やかな日々を送るようになる。日常のドタバタ劇だけではなく、登場人物たちの恋模様や頼りなかった少年が徐々に成長していく姿も見どころだ。

『まもって守護月天!』の概要

『まもって守護月天!』は1996年4月より『月間少年ガンガン』にて連載が開始された桜野みねねによるハートフルコメディ漫画作品及び、原作を基にして制作されたアニメ作品のことである。『月間少年ガンガン』での連載は出版元であるエニックスの間で起きた編集者の独立騒動によって2000年2月までで休載となっており、コミックス全11巻が発行された。
2002年の3月より『月間コミックブレイド』において『まもって守護月天!再逢』(まもって守護月天!レトルバ)が連載を開始する。ところが作者自身の体調不良があり『まもって守護月天!再逢』の第三話以降はストーリーのみ作者の桜野みねねが担当し、イラストは別の作者が描いていた。2005年3月に本誌での連載が終了しコミックス全6巻が発行されている。
1998年10月17日から1999年4月3日までテレビ朝日系によって原作全11巻をもとにしたアニメ『まもって守護月天!』の放送が行われた。毎週土曜日18時から18時30分までの放送で全22話となっている。その後2000年6月から2001年11月にかけてOVA版の『伝心 まもって守護月天!』が全8巻で発売された。

2015年12月25日よりマックガーデンのウェブコミックス『MAGCOMI』において、桜野みねねによって本編の3年後を描いた続編『まもって守護月天!解封の章』の連載が開始された。『まもって守護月天!再逢』と『まもって守護月天!解封の章』の間にストーリーの繋がりがないことが、作者の桜野みねねのブログにて説明されている。

『まもって守護月天!』のあらすじ・ストーリー

守護月天招来

突然現れた少女に思わず後ずさる太助

中国の奥地に『心の清い者が覗くと、あらゆる災難をはねのける守護月天(しゅごげってん)の守りを得ることができる』という伝説が伝わっている支天輪というものがあった。世界を旅してまわっていた七梨太郎助は中国の骨董市で支天輪を見つけ、日本で一人暮らしをしている息子の太助に贈る。
支天輪を手にしたのは14歳の中学校に通う少年七梨太助。父、母、姉は世界を旅して不在であり、幼少期より心の中に孤独感を抱えながら広い一軒家に一人暮らしをしていた。支天輪を手にした太助は中を覗き込むが、暗闇があるだけで何も見えない。ふと冷静になった太助が向こう側が見えないことを不審に思ったとたん、支天輪の中から一転の光があふれだし一人の少女が中から姿を現した。

少女の名は小璘(シャオリン)と言い、主をあらゆる災難や不幸から守る役目を持った守護月天という月の精霊だった。自分を呼び出した太助のことを主と定め、玄関にわなを仕掛けて太助のことを守ろうとするシャオ。しかし平和な現代に過ごす太助に命を狙う敵はおらず、近所とのトラブルを巻き起こすだけの結果となってしまうのだった。
太助は一人で入浴しながらシャオの存在に困惑しつつ、外見の可愛さや現代で初めて見たテレビの中に映っていた犬にお菓子をあげようとする優しさに「ちょっとずれてるけど優しい子だな」と感じる。しかしシャオは一人での入浴は危険だと風呂に乱入してしまい、思春期の恥ずかしさもあって気絶してしまった。

目を覚ました太助はシャオに「一所懸命に守ろうとしてくれるのはうれしいけど、自分のことは自分で守れるから」と告げると、今までの無礼を詫びシャオは支天輪へと戻ってしまう。太助は「不思議なこともあるもんだな、くらいにしとこう」とつぶやくと、ため息をつきながら一人コンビニのおにぎりを食べ始める。その様子を見ていたシャオは太助の寂しそうな姿を見て、自分から支天輪より現れ「あなたの中にある寂しさや孤独から守ってあげたいのですが、それではいけませんか?」と太助に問う。太助は「君がいれば寂しさなんてふっとんじゃうよ」と笑顔で答え、太助とシャオの二人の暮らしが始まった。

いつも一緒にいなくっちゃ

常に主と一緒にいる為に軒轅で追いかけてきたシャオ(画像中央)

今まで武将や姫君など身分の高い主人に仕えてきたシャオは、朝から宮廷料理のような朝食を用意して太助を唖然とさせる。細かい料理の説明を始めかけたシャオを遮った太助は学校に遅刻しかけていることに気付き、留守番をしているようにシャオに告げると家を飛び出していった。しかし現代のことを何も知らないシャオは学校がどういう場所なのかがわからず、軒轅という空を飛べる星神を呼び出して太助の後を追いかけた。太助はシャオと遭遇して驚くが、目立たないように家で留守番をしていろとシャオを残して学校へと急ぐ。

シャオは太助から家にいろと言われたが、目の届かないところで太助が危険な目にあっては大変だと考え学校に潜入する。生物の解剖実験や体育でランニングをさせられている様子を見たシャオは、学校を強制訓練所だと勘違いし太助を救い出すために星神の羽林軍を呼び出して学校を徹底的に破壊するように命じる。
学校の様々な場所で目撃されていたシャオは噂の的になっていたが、太助は教師に追い詰められていたシャオを見つけ出すと屋上に連れ出し「この時代のことを何もわかっていないんだから余計なことをするな」とシャオに怒り、教室へと戻っていった。
太助に叱られ自信を失っていたシャオは帰りづらさから屋上で悩んでいたが、太助は放課後「さっきは言いすぎて悪かった」とシャオを屋上まで迎えに行き「現代のことをいろいろ教えるから一緒に帰ろう」と伝えると、シャオは太助に抱き着いて「太助様が許してくれてよかった」と安堵の笑顔を見せた。

お買い物ってなあに?

シャオと翔子(画像中央)の出会いは万引き現場の目撃だった

日曜日の朝新聞を眺めていた太助は、高級食材が忽然と消えてなくなるという記事を見てシャオに「料理の食材はどうやって集めてくるんだ?」と尋ねる。シャオは食料を調達する星神八穀を使っており、現代での買い物の仕方を知らなかったため太助はシャオを連れて町へ買い物に出かける。
買い物の仕方を覚えたと自信を持ったシャオは一人で買い物へと出かけ、太助に頼まれた消しゴムを売っている店で万引きをしようとしている山野辺翔子と出会う。シャオに急に声を掛けられて驚いた翔子は何も盗まずその場から逃走し、シャオに何者なのかと尋ねる。シャオが現代のことを何も理解していないことを知った翔子はシャオに万引きを手伝わせるために見張りを頼んだが、星神の軍南門を呼び出してさらに騒動になってしまったためまたもや逃走した。
シャオの能力に目を付けた翔子は瓠瓜を呼び出してもらい胃袋の中に商品を入れて盗み出そうとたくらむが、駄菓子屋ではシャオが翔子に声を掛けたために失敗、本屋ではシャオと二人でいる翔子の後をつけてやって来た太助に見つかって失敗に終わる。

翔子は太助と同じクラスの中学2年生だったが、遅刻や早退、喫煙などを繰り返す学年一の問題児と呼ばれていた。太助は何も知らないシャオに万引きを手伝わせたことを怒っていたが、翔子は何も知らないほうが悪いと開き直る。その言葉を聞いた太助は怒鳴りかかろうとするが、シャオはそれを止め「翔子さんは悪い人ではありませんわ」と翔子を庇う。守護月天であるシャオは翔子の本質を見抜いており、翔子が非行を繰り返す理由は言葉の話し方や見た目で判断されるのが寂しかったことが原因だった。

シャオは「今日は楽しかったからお礼です」と言って自分で買った本を翔子にプレゼントし「また遊びましょうね」と誘う。翔子もそれに笑顔で答えて別れたが、シャオは太助と二人きりになると突然目を閉じて太助に顔を近づける。動揺する太助に対してすぐ目を開けたシャオは翔子から「七梨が喜ぶぞ」と教えられたと素直に答え、太助は真っ赤になりながらも翔子に「人騒がせな奴」と心の中でつぶやいていた。

とっても危険な祭りの夜

通りがかったシャオを気にする出雲(画像下)

買い物帰りのシャオが店先にいた熱帯魚を眺めながら「可愛いなぁ」とつぶやいていると、突然若い男性から「あなたのほうが何万倍も可愛いですよ」と声を掛けられた。そしてシャオは男性から「宮内神社の縁日にいらっしゃいませんか。金魚をとって差し上げますよ」と誘われ、家に戻ったシャオは太助とともに縁日へと向かった。
浴衣姿のシャオに見とれながら縁日を楽しんでいると先ほどの男性が現れ、自分は宮内神社で神主をしている宮内出雲だと名乗りシャオに対しとても紳士的にふるまう。しかしシャオが少し場を外した途端出雲の態度は豹変し、シャオが「太助様」と呼んでいることを咎めて初対面の太助に「君って変態?」とまで冷たい態度をとり始めた。

太助はシャオが戻ってきたとたんに出雲がまたもや紳士的な態度に戻ったことから「二重人格か」と思わず考えてしまうが、シャオは出雲に「お願いがあるので一緒に来ていただけますか?」と自分から誘い、太助に離珠を渡して二人で歩いて行ってしまう。太助はシャオに置いて行かれてしまったショックから、思わず離珠に「やっぱり俺なんてシャオにはふさわしくないのかな」と寂しげにつぶやいていた。一方のシャオは出雲に金魚をすくってもらっていたが、シャオにメッセージを伝えることができる星神の離珠から太助が苦しんでいることを伝えられると、軒轅を呼び出して急ぎ太助の元へ向かった。思わず軒轅に飛び乗った出雲はシャオから、自分は守護月天で主である太助を守るための存在の精霊であると聞かされる。

太助が無事な様子を見てホッとしたシャオは、太助からどこに行っていたのかと問われるとそっと金魚を差し出した。シャオは家の水槽が空っぽだったことが気にかかっており、金魚すくいが得意だと言っていた出雲に取ってもらおうと考えていたのだった。太助はシャオの優しい気持ちに感謝し、家の水槽が空っぽの理由を明かす。昔は父親が飼っていた鯉が住んでいたが、父親が家を出て言ったとたんに元気をなくし死んでしまったことが幼い太助にとってものすごく大きなショックをうけていたのだった。
シャオは「これからは自分も、星神たちも、金魚も一緒にいるから哀しまないでくださいね」と太助に優しく声を掛けると、太助も嬉しそうに笑顔を見せる。いい雰囲気になっていた二人だったが、側で聞いていた出雲はシャオの優しさに感動して惚れ込み、シャオをデートに誘う。太助にとって最大の恋のライバルが誕生した瞬間となったのだった。

シャオはだれにも渡さない!!

突然賭けを持ち掛けた出雲(画像左)

宮内神社の縁日の夜からシャオに一目惚れをした出雲は、日曜日ごとに七梨家の周りを歩き回りシャオとのデートの機会をうかがっていた。太助はそんな出雲を警戒していたが、たまたまシャオが下駄箱を掃除していた時に見つけたテニスラケットを見てシャオとのテニスデートを思いつく。念のため裏口から出ていった太助だがポケットに入れていたテニスボールを落としたことに気付かず、裏口でボールを見つけた出雲は二人を追ってテニスコートに現れた。

スポーツが得意だという出雲はシャオにテニスのコーチを申し出るが、成り行きで太助もともに練習することになる。練習のどさくさに紛れてシャオの体や素足に触れている出雲を見た太助は、二人の間に割り込み出雲を牽制した。出雲はシャオとの一日デート権を掛けたテニス勝負を申し込む。たまたま通りがかった翔子が審判を申し出て試合が始まるが、30分経過した段階で太助は一点も取ることができずあと一ゲーム取られたら負けというところまで追い込まれてしまう。心配した翔子はシャオに「テニスの試合に負けたやつは千尋の谷に落とされる」という嘘をつき、シャオはあらゆる球技に精通しているコーチのスペシャリストの星神である虎賁を呼び出し太助をサポートする。

虎賁のアドバイスは「その場でラケットを振り回せ」などアバウトな教えだったが、実力は確かで着実に巻き返しあと一点のファイナルセットまで持ち込んだ。太助はここまで追いつくことができた虎賁に感謝し、最後の一点は自分の力だけで取ってみせると宣言する。勝負の結果は太助の空振りで終わってしまうが、出雲との賭けはシャオが太助もついてきてほしいと頼んだことで二人きりのデートとはならずに終わった。

慶幸日天 汝昴参上

突如現れたセクシーな美女の汝昴(画像上)

中国の奥地を旅している太助の父太郎助は、心の清い者が覗くと太陽が見え幸福をもたらす精霊が呼び出せるという伝説がある黒天筒を中国の骨董市で見つけ、日本に住む太助に贈る。すでに支天輪から守護月天の小璘を呼び出していた太助は「そんな凄いものが幾つも有るわけがない」と思いながらも筒を覗いてみると、筒の中に太陽が見えあふれ出る光の中から魅惑的な女性が現れる。彼女は黒天筒から自分を呼び出した心の清い者を主と定め、幸福をもたらす太陽の精霊である慶幸日天汝昴(けいこうにってん ルーアン)だった。

汝昴は初対面の太助を「かわいいボーヤ」と言い太助を幸せにするために色っぽいしぐさで誘惑するが、太助は抵抗してシャオに助けを求めた。シャオの名を聞いた汝昴は途端に表情を変え「ここで会ったが1652年目!」と叫ぶと黒天筒を回転させ「陽天心招来」と呪文を唱える。汝昴の能力は無生物に命を与えて使役するもので、黒天筒から発せられた光を浴びた本棚からは手足が生え自我を持っていた。

シャオと汝昴は志の違うそれぞれの主の命によって戦いあって過ごしてきた数千年にも及ぶ顔見知りだったが、平和主義のシャオは汝昴と戦わずに済むことを安堵していた。一方の汝昴はシャオのことをライバル視しており、シャオを追い出す計画を立てる。使命に対してとても忠実な思いを持っているシャオに対して、汝昴は「主を守る事しかできない小璘が現代にいてもできることは何もない。邪魔だからさっさと帰りなさい」と無常に宣告する。
真面目なシャオは役に立てないという現実にショックを受け支天輪に帰ることを考えるが、太助は「シャオが側にいてくれるだけでいい」と引き留めた。こうしてシャオ、太助、汝昴の3人での賑やかな生活がスタートしたのだった。

汝昴学校に現る

太助をものにするため学校に潜入した汝昴(画像左上)

シャオと太助の暮らしの中に汝昴が加わって賑やかになった七梨家だが、太助は騒がしい毎日の中で徐々に安らぎを学校に求めるようになっていた。学校へ向かう太助を見送っているシャオを不思議に思った汝昴は「主に付いていなくていいのか?」と尋ねる。シャオは以前学校で大騒動を起こしてしまい学校に行くことができなくなっていたため、シャオにテレパシーで状況を伝えることができる星神の離珠だけを太助のそばに置き留守番をしているのだった。

事情を知った汝昴はシャオが来れないことをチャンスととらえ、シャオを太助の元から追い出すため教師に成り代わって中学校に潜入する。汝昴は様々な授業で太助の凄さをアピールする「たー様褒めたたえ作戦」を実行していたが、限界を迎えていた太助は体育の時間の鉄棒で空へ吹き飛ばされてしまった。あわや落ちるかと思われたとき、離珠から事情を聞いて軒轅で飛んできたシャオに救われる。
太助に迷惑をかけたことを怒っていたシャオは突然手持ちの星神の中で最高戦力である北斗七星を呼び出し汝昴と対峙する。好戦的ではなかったはずのシャオの代わり様に内心驚いた汝昴だったが、北斗七星に対抗するために学校の校舎に陽天心をかけ精霊同士の戦闘が始まってしまうのだった。

呆然とする太助に対して翔子は「二人を止められるのはお前だけだぞ」とはっぱを掛け、太助が二人を止めようと間に入った瞬間太助の頭上に大きながれきが落ちてきて直撃してしまう。思わず手を止めた二人に対して「お願いだからおとなしく家で待っててくれよ」と懇願する太助に、シャオと汝昴は「もうここには来ない」と宣言する。事態が収まったかと思われたその時、太助の友人でシャオと汝昴に一目惚れをしたたかし、乎一郎の言葉によって二人は前言を撤回。シャオは中学生として、汝昴は教師として学校に通うことになったのだった。

airlifing
airlifing
@airlifing

Related Articles関連記事

地獄先生ぬ~べ~(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『地獄先生ぬ~べ~』とは、真倉翔と岡野剛によるアクションコメディー漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。鬼の力を左手に宿す霊能力教師・ぬ~べ~こと鵺野鳴介が、生徒を守る為に妖怪や悪霊と戦うのが主軸。オカルト、ギャグ、お色気、友情、成長、恋愛、バトル、都市伝説、教養など多彩なジャンルを取り入れており、幅広い読者層の支持を得た。週刊少年ジャンプに1993年から1999年まで連載。JC全31巻。1996年から1997年にテレビアニメ化された。続編に『地獄先生ぬ~べ~NEO』がある。

Read Article

おジャ魔女どれみ(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。春風どれみは、ひょんなことから魔女マジョリカの正体を暴いてしまい、素性がばれたマジョリカは呪いによって魔女ガエルにされてしまう。マジョリカを元の姿に戻すため、どれみは親友の藤原はづき、妹尾あいこ、妹の春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励むことになる。魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーとなっている。

Read Article

ラブ★コン(漫画・映画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラブ★コン』とは『別冊マーガレット』にて2001年から2006年まで連載された中原アヤ原作の漫画およびそれを原作としたアニメ、ゲーム、ドラマCD、実写映画作品である。舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。高身長で明るい性格の小泉リサは、入学当初から犬猿の仲である大谷敦士と学園のオール・阪神巨人と呼ばれ名を馳せていた。漫才風の泉州弁で高校生活の模様がコミカルに描かれている。小泉を中心に身長、男性恐怖症、へたれ、それぞれコンプレックスを抱えた高校生たちが織りなす笑って泣ける青春ラブコメディ。

Read Article

おジャ魔女どれみ♯(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

『おジャ魔女どれみ♯』とは、東映アニメーション制作のアニメ作品。以後シリーズ化し、コミックス・ゲーム・OVA・映画化などのメディアミックス展開をしている。今作では、「ウィッチー・クイーン・ローズ」から生まれた赤ん坊・ハナちゃんを育てることが主なストーリー。おジャ魔女である春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこ、瀬川おんぷ、春風ぽっぷが彼女を育てることを通して愛情を知り一人前のママになっていく。また、一期と同じく魔法の力を借りながら周囲の人々の悩みを解決していく模様を描いたストーリーも顕在である。

Read Article

おしりたんてい(アニメ・本)のネタバレ解説・考察まとめ

『おしりたんてい』とは、NHK Eテレで放送されているテレビアニメ。顔が、「おしり」のようなかたちをしている名探偵おしりたんていが事件をププッと解決していく。2011年に、FLAMAから子ども向けiPad専用本アプリ『おしりたんてい』として初登場。幼児や小学校低学年向けの書籍は、シリーズ累計700万部を超える人気作。参加型の謎解きアニメなので視聴者も一緒に楽しめるようになっている。「しつれい こかせていただきます」という決め台詞で放たれる「オナラ」のような必殺技も必見だ。

Read Article

魔女見習いをさがして(おジャ魔女どれみ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔女見習いを探して』は1999年に放送開始した、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの20周年を記念して制作された映画。本作は、テレビアニメ『おジャ魔女どれみ』を視聴して成長した3人を主人公としているため、小学生・春風どれみを主人公としたアニメシリーズとは異なる完全新作映画である。大学4年生で進路に悩む長瀬ソラ、仕事が思うようにいかず苦しむ会社員の吉月ミレ、夢のために奮闘するフリーターの川谷レイカ。3人が偶然にも『おジャ魔女どれみ』という共通点で繋がり、ゆかりの地を巡る旅に出かける。

Read Article

も〜っと!おジャ魔女どれみ(第3期)のネタバレ解説・考察まとめ

『も~っと!おジャ魔女どれみ』とは東映アニメーション制作のオリジナルアニメーション『おジャ魔女どれみ』(全4期)のシリーズで、第3期にあたる。その後、OVA・映画・漫画・小説とマルチメディア化している作品である。ストーリーは、魔女見習いでなくなってしまった主人公春風どれみと、同じ魔女見習いの仲間たちが再びチャンスを与えられ、魔女見習いとして新たな課題「お菓子づくり」に挑戦していく。仲間と協力しながら様々な課題をクリアし、魔女として認めてもらえるよう奮闘・成長していく物語。

Read Article

目次 - Contents