アークナイツ(Arknights)のネタバレ解説・考察まとめ

『アークナイツ』はHypergryphが開発、Yostarによる運営されているスマートフォン向けタワーディフェンスゲームアプリ。略称として「アクナイ」と呼ばれる。2020年1月16日にiOSおよびAndroid対応ゲームとしてリリース。主人公でもありプレイヤーでもある「ドクター」という存在。プレイヤーはその「ドクター」となり、同時に指揮官となる。ストーリーでは、敵対しているレユニオン・ムーブメントとの対立とそこに関わる「鉱石病」と呼ばれる病が描かれる。

『アークナイツ』の概要

『アークナイツ』(明日方舟、Arknight)とは、Hypergryphが開発、Yostarによる運営・提供されているスマートフォン向けタワーディフェンスゲームアプリ。2020年1月16日にiOSおよびAndroid対応ゲームとしてリリースされた。日本だけではなく、中国版(大陸版と今後表記)も存在している。大陸版のみの実装キャラ等がいる。
プレイヤーはキャラクターの配置、必殺技の使用時を見極める指揮官という立ち位置になる。ストーリー上では「ドクター」と呼称される。

この人物がドクター。他の外見についての説明はない。

各ゲームステージで決まっているのは、来る敵の数や種類、それとキャラクターをどこに配置できるかのみである。プレイヤーはどのような戦場であるか、どのような敵が来るかを判断し、ある程度好きなようにキャラクターを配置できる。そのため、いくつもの攻略法が存在し、どのようなキャラクターであったとしても扱いようによっては高難易度のステージも攻略することが可能になっている。
また、このゲームには「対戦」というものが存在しておらず、自身のペースでゆっくりとストーリーを進めることができる。また育成自体もそれほど難しくなく、戦略を練りづらいところではレベルを上げ、元々の戦力差で勝つことも可能になっている。

世界観は「テラ」と呼ばれる惑星が舞台。そこでは多種多様な種族が存在している。またそこでは「鉱石病(オリパシー)」という病も流行している。その病に感染した人は「感染者」と呼ばれ迫害の対象にもなっていた。その「感染者」の保護を行っているのがロドス・アイランド製薬(以下ロドスと記載)という組織だった。
ある時、その感染者たちの集団レユニオン・ムーブメント(以下レユニオンと記載)が新たな軍事勢力となり、他国にとっての脅威となり始めていた。その感染者の保護を目的として活動しているドクター率いるロドスにとって彼らは敵となる。

アークナイツには、戦闘以外にも、自身の「基地」という要素がある。これはオペレーターを配置させることで経験値上昇などのアイテムを作成したり、スキルの強化を行える場所である。
そして、アークナイツのすべてのキャラクターには、その基地での適正というものがある。そのため、普段戦闘には連れて行かないオペレーターでも基地で働かせることができる。つまりは、使わないキャラクターというものが存在しないのである。

また、基地への配属や戦闘参加などで「信頼度」というものも溜まっていく。それにより、キャラクターの新たなボイスや、そのキャラクターのプロフィールなどが公開されていく。そのため、戦闘には連れて行くことは難しいが、深く知りたいキャラクターなどには、日々基地に配属させるのが有効である。

これが戦場のマップ。青い部分に敵を行かせなければ勝ちとなる。

どのような敵が来るか知ることができる。

『アークナイツ』のあらすじ・ストーリー

アークナイツのストーリーについて以下に記載する。プレイヤーは「ドクター」として物語内に登場し、記憶を失ったまま戦場に立つ指揮官として描かれることになる。

序章『暗黒時代・上』

主人公は、ウルサス帝国チェルノボーグという移動都市にてアーミヤというウサギ耳の少女と、複数の一般オペレーターに助けられる。助けられた主人公とアーミヤたちは、建物内に攻め入ってきたレユニオンを倒しつつどうにか建物内から抜け出すことに成功する。しかしながら外ではレユニオンの構成員とウルサスの憲兵による暴動のようなものが既に発生していた。
その戦火から撤退していく中で、刻一刻と時間が迫っていた。「天災」というものが、この都市に降り注ごうとしているのだった。
撤退の中で、主人公たちは霧に包まれる。そうして、レユニオンの幹部に見つかってしまうが、なんとか逃げ出すことに成功する。
作戦計画の通りに撤退できているものの、もう少しで合流地点というところで、先程のレユニオンの幹部(ここで名前がクラウンスレイヤーだと判明)に追いつかれてしまう。そこで自身の縄張りを主張しているのが「メフィスト」という存在だった。メフィストは一人で何人もの兵士を指揮することで、ロドスを包囲網として閉じ込めていた。そのような状況で、はなった信号弾によってこちらに来たオペレーターが現れ、その包囲網から脱することができた。

第一章『暗黒時代・下』

天災の先触れとなる雲がチェルノボーグの空を覆い始めている。
時間が迫っているために、迂回するルートはなく、ロドスは激戦区を突っ切ることを選択する。その中で、メフィストの命を受けたファウストが追ってきていることにロドスは気付けていなかった。
「――恐怖がかの者たちの声を奪い、大地は静寂に包まれる。巨大な原石が降り注ぎ――そは墜ちる、死に焦げた影の上に」
ロドスは、天災の第一波を免れた。しかし、自分の身を守るため、レユニオンの包囲に再度遭ってしまう。その包囲の中からこちらに歩み寄ってきたのは、レユニオンのリーダー「タルラ」という存在だった。彼女は何も言わず、自身の能力でロドスに対し攻撃してくる。アーミヤが何度かその攻撃を耐えるものの、一般オペレーターを置き去りにして撤退しなければならなくなる。
出口にて、主人公を知っているという「W」と会う。彼女はレユニオン側に立っているようだが、リーダーであるタルラとは気が合わないという。戦闘にはなるが、彼女は最終的にロドスを逃がす。また、タルラ自身も撤退命令を出したことにより、追いかけられていたアーミヤたち一行はロドスに帰れることとなる。

第二章『相思相殺』

天災の迫るチェルノボーグからなんとか脱し、ロドスに帰還するドクター。ロドスを逃した今、レユニオンの次の目標は同じく移動都市である「龍門(ロンメン)」であると知り、その指導者と話をすることになる。そのような中で、先に到着していたロドスのトップの一人であるケルシーと会うことができる。
ロドスは感染者への知識とその実力をかわれ、龍門近衛局と協力しレユニオンを対処することになる。その中で隊長と呼ばれる「チェン」という人物と共に行動することとなる。その近衛局の指示で「ミーシャ」という少女を保護した。保護はしたものの、彼女の身柄は近衛局に渡すことになる。それによりミーシャ自身はロドスに対して不信感を抱くことになる。ロドスには、どうしてミーシャを保護するのかなどということは、一切知らされていなかった。
またミーシャは近衛局と共にいたが、レユニオンと関係のある「W」という人物にさらわれてしまう。

第三章『起死回生』

なぜミーシャを取り合うのか、とロドスは近衛局に聞く。そこでミーシャの父親がチェルノボーグの要人であることが明かされる。そのため、その父親がチェルノボーグについての有益な情報を知っているのではないか。またその娘であるミーシャ自身も何か情報を持っているのではないかと考えたのである。そのうちに「ホシグマ」という龍門の兵士が合流する。
ミーシャはレユニオンにさらわれる中で「スカルシュレッダー」と会話をした。この人物は過去ミーシャと家族であった(弟であったと後に明かされる)。
ミーシャのいる場所を突き止め、見張りと交戦しているなかでロドスは強襲を仕掛ける。幹部であるスカルシュレッダーはロドスの頭脳たるドクターの暗殺をはかる。そのドクターを守るため、アーミヤは自身の封じられた力を解放し、スカルシュレッダーを撃退する。しかし、それをミーシャが見ていた。Wはアーミヤにミーシャと繋がった携帯電話を渡す。その中で、ミーシャがレユニオンの思想に染まってしまったことを知る。
ミーシャを追う中で、もう一度スカルシュレッダーと対面する。しかし、それはスカルシュレッダーの格好をしたミーシャであった。そうしてロドスは、こちらに向かって攻撃をしてきたミーシャとレユニオンを撃退した。

第四章『急転直下』

龍門からロドスに帰還したアーミヤとドクター。そこでアーミヤのすべての指にはめられた指輪は身体に関係があるもので、激しい戦いの後には必ず確認してほしいことを伝えられる。ひびが入る、または変色するようなことがあればすぐにこちらに報告をしてほしいとも、ケルシーから伝えられる。ミーシャを救うことができなかったという気持ちの整理のためアーミヤは一人で、龍門に向かうことになる。
龍門郊外には、チェルノボーグの一部が廃都市として存在していた。レユニオンの痕跡を確認するため、いくつかの偵察部隊が組まれ調査を行っていた。
アーミヤは雨の中でスラムの子供たちと話すチェンを見かける。そこで戦場とは異なる表情を見せるチェン。そこで彼女は少女から人形を受け取っていた。
ドクターはアーミヤと別れた後にロドスに戻っていた。そうして程なくしてアーミヤも戻ってくる。そこで話をしていると、ケルシーから事態が急変したことを伝えられる。偵察にしていた部隊からこちら側が敵に見つかり、そのまま交戦となったと。
一般隊員も撤退し初めており、受けた傷のどれもが「凍傷」であった。
廃都市の中心部に向かうアーミヤとドクター。同時にケルシー自身も廃都市に向かうことになった。
中心部に向かう中で、メフィストと出会う。そうして、広場の中央にチェルノボーグの人間で作られたオブジェを見る。そうして、それを作ったのは「フロストノヴァ」という人間だとも。
「フロストノヴァ」から撤退していく中で、チェンから通信が入る。龍門が、危ないと。

第五章『快刀乱麻』

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents