重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

『重版出来!』の概要

『重版出来!』とは、2012年から松田奈緒子が『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。舞台はコミック誌『バイブス』の編集部。異色の経歴を持つ新人漫画編集者・黒沢心を主人公に編集者と漫画家とのコミック作りにかける情熱だけでは済まされない悲喜こもごもを描く。「仕事マンガランキング」(日本経済新聞社)第1位、第62回小学館漫画賞(一般向け部門)受賞など、仕事マンガとして幅広い層に支持されている。
また2016年4月12日から6月14日までTBS系列にてドラマも放送。全10話。脚本は野木亜紀子(『図書館戦争』シリーズ・『俺物語‼』)、演出は土井裕泰、福田亮介、塚原あゆ子。プロデューサーは那須田淳(『コウノドリ』・映画『ビリギャル』)、東仲恵吾吾、八尾香澄。黒木華が主人公を主演を演じ、出版社・印刷業者・デザイナーや書店員など様々な出版に携わる人たちにもフィーチャーしており出版業界の裏側も知ることができる。
オリンピック出場選手の候補として柔道に打ち込んでいた主人公・黒沢心はケガのためその夢を断たれた。しかし自分が何をしたいのかと問うた時、子どもの頃読んでいた『柔道部物語』を思い出したのだ。主人公たちの辛さや喜びを一緒に味わうことで実生活を頑張ることができた。心は「私もそういう作品を作りたい!世界の共通語となる漫画作りに参加して、地球上のみんなをワクワクさせたい!」と編集者を目指す。アクの強い編集者の面々、初めて担当すること緒になった新人漫画家、芽が出ないアシスタント、重鎮と言われる漫画家の苦悩など様々な人間模様が展開していく。

『重版出来!』のあらすじ・ストーリー

黒沢心参上!

出版社・興都館の受験に向かう主人公・黒沢心

オリンピック出場選手の候補として柔道に励んでいた主人公・黒沢心はケガがもとでその夢を断念せざるを得なかった。だが子どもの頃読んだ『柔道部物語』で柔道に憧れたように、今度は自分がそんな漫画を作ると出版社「興都館」を受験。面接中、清掃員に扮して受験生を偵察していた社長は、心を廊下で目にしてその立ち姿の美しさから「できる」と直感。その手並みを見てみたいと心が疼き、手に持っていた箒を振り上げ面接会場内へ乗り込んで来たのだ。心はとっさの判断で得意の一本背負いで投げ飛ばしてしまう。その後、その投げ飛ばした人物が社長だったことを知り、絶対に落ちたと思って意気消沈していた心の元に採用の電話が鳴る。「出版も勝負の世界だ。彼女のような人材こそ、いい働きをすると思うよ」と社長の一押しで採用が決定した。

重版出来の場面に、心も早く参加したい様子

一方コミック誌『バイブス』編集部では社長を投げ飛ばした小柄な割にがっしりとした新人「小熊(黒沢心)」についての話で盛り上がっていた。
無事『バイブス』編集部への本配属が決まった心は編集部内で「重版出来」の場面に遭遇する。重版出来とは、一度出版した書籍に重版がかかり更に書籍として販売することをいう。編集部内みんなで円陣を組み「重版出来!ありがとうございます!!」と一丁締めを行う姿を見て自分も早く重版出来をやりたいと思う心だった。

漫画界重鎮の葛藤

三蔵山から原稿を引き上げたいとの電話がきて、編集長はパニックに

編集長の和田からできあがったばかりの自分の名刺を受け取った心は、編集部の先輩編集者の五百旗頭に同行して漫画家との打ち合わせに向かうことにした。最初に向かったのは人気漫画『いつでもハニーむう』のオーノヨシヒト先生。ちょっと暗いところがあるが締め切りを守る律儀な性格の漫画家である。彼は漫画界の重鎮の一人である三蔵山龍のアシスタントをしていたこともあり、三蔵山とは今でも連絡を取るほどの関係性である。心と五百旗頭が次に向かったのがその三蔵山の自宅兼作業場。心は流行る気持ちを抑えながら向かう。「生三蔵山先生」に興奮を隠せない心であったが好々爺然とした三蔵山に好感を覚える。そこへアシスタントがお茶を運んできた。「才能あるのになかなかデビューできなくてねぇ」とそのアシスタントに向かって言う。その言葉を聞いた彼はどこか苦々しい表情で三蔵山を見つめるのだった。
同日の夕方、編集部に突然三蔵山から電話があり、それは「原稿を引き上げたい」という一方的な内容だった。朝の時点では三か月分前倒しで原稿を上げていたのにと編集部でどよめきがたつ。そこへ弁当の買い出しに出かけていた心がエントランスでオーノと会ったと、編集部へと連れてくる。三蔵山の元アシスタントで現在では人気漫画家のオーノは、三蔵山から自分のところに電話があり、その電話の声が酷く落ち込んだ様子で心配だったため編集部へ知らせに来たのだった。

ネットのアンチコメントを知り、失意の三蔵山を心配するオーノ

三蔵山に原稿を見てもらっていたアシスタントは三蔵山の「何を伝えたいのか、わからないな」という言葉で切れて喚き散らした。10年もアシスタントをしていて芽が出ない男は「あんたが古いからだ、絵だって間延びしてデッサンが崩れている」と散々に罵る。その後三蔵山が仕事場を中座している間に、アシスタントの荷物は無くなり、かわりに三蔵山の机の上にネットの書き込みを印刷した紙が乗せられていた。そこには「オワコン」という言葉が書かれてた。
ネットスラングを知らない三蔵山はオーノに電話し、その意味を知ることとなる。絵が変わっていたことに気づかなかった、何十年続けてきても何一つ読者には伝わっていなかったと打ちひしがれた三蔵山は漫画家引退を考える。

自信を取り戻した三蔵山。これまで以上に漫画に情熱を傾ける

新人研修の時にお世話になった書店に足を運んだ心。知り合いの書店員・河が作っていた「大仏特集」コーナーを見て、なぜお客さんが見えにくい位置に大仏の写真を飾るのかと疑問に思った。心は河からの話で大仏は下から眺めてちょうどいいサイズで作られているのだということを知る。はっとした心は急いで三蔵山の担当・五百旗頭とともに三蔵山の仕事場に向かうのだった。
五百旗頭は三蔵山の漫画のストーリー作りや絵について話し合いを怠っており、担当者失格だったと頭を下げた。それを見た三蔵山は達観した様子で淡々と制した。担当者に頼るなど考えてもみなかったと。
心は「先生の絵は狂っていない」と唐突に告げた。年を取るにつれて筋肉が落ち、背が曲がったまま作業をしていると印刷したときには、デッサンが狂ったように見える。だが工夫次第ではそれを正すことができる。だから先生が描いた絵は狂っていないのだと漫画家重鎮でもひるまず切々と心は説く。そこへ三蔵山の元アシスタントで今や売れっ子の漫画たちがやってきた。漫画続けてください、絶対にという言葉に三蔵山は憑き物が取れたように筆を執った。

本を売るということ

発売部数で対立する和田編集長と岡営業部長

『バイブス』編集部には営業部から小泉がやってきていた。次回売り出す新人漫画家の販売部数について交渉しにきていたのだ。しかし編集長の和田は煮別もなく小泉を追い出し、営業部へと向かった。
営業部ではすました顔で岡課長が和田編集長を出迎えながら、部数決定会議で決着をつけようと申し出る。
部数決定会議とは単行本を一冊でも多く売り出したい編集部と無駄な赤字を出したくない営業部とのせめぎ合いの場である。
和田編集長は早速噛みつく。初版五千部では全国に本がいきわたらず、棚にさされたまま読者に見つけてもらうことができない。すなわち次巻を出すことも危うくなると。岡課長は、無駄に刷ったところで売れなかったら在庫の山になる、また雑誌を失ってもいいのか、お互いに。と何やら含み持った言い方をした。その言葉にぐうの音が出なくなった和田編集長は、口ごもってしまう。結局初版五千部という、一番最小単位での販売部数となった。

居酒屋「重版」にて、心と五百旗頭、フリー編集者の菊池は飲みながら部数決定会議のことを振り返っていた。営業と編集では考え方が根本的に違うので毎回発行部数を決めるには駆け引きが必要である。発行部数を引き上げるにはそれなりの理由が必要となるのだ。営業も編集も売る努力をせず、経費をあっただけ使い込み、作れば作っただけ売れた時代のツケが出版不況と言われる今になって重くのしかかってきているのだ。
五年ほど前にもこの居酒屋「重版」で和田と岡が喧嘩していた。結局、その時は雑誌を失ってしまう結果となってしまった。どちらが悪いかなんてわからないけれど、雑誌がなくなるのは人の人生を変えてしまうことに繋がるのだと五百旗頭は言う。
別の場所では営業部と書店員とで懇談会を行っていた。営業部・小泉は書店員から唐突に「ホントは漫画好きじゃないでしょ」と問われる。内心をつかれたようで焦る小泉は注いでいたビールをこぼしてしまう。でも言葉では漫画好きですよと取り繕うのだった。小泉はなぜ今までは何の障害もなかった人生で、今になって自分の不得意な営業という仕事でモヤモヤしなければならないのかと自宅に帰ってからも眠れずにいた。
資料室では心と先輩編集者の壬生がテレビ局に頼まれた10年前の資料を探していた。そこで心は『FLOW(フロウ)』というコミック雑誌を見つける。それは居酒屋での会話で出てきた廃刊した雑誌だった。当時は面白かったけどなと話す壬生。菊池もフリーになる前はこの『FLOW』に携わるれっきとした興都館の正社員だったのだという。だが雑誌が廃刊となってから別の部署に配属されることになったが、どうしても漫画が作りたくてフリーになったのだと壬生が教えてくれた。心は様々な人の人生が変わるということが今更ながら理解できたような気がした。

販売部数の確認をすると八丹カズオの作品が動いている。仕掛けるなら今かと思案する岡

営業部には売上表のデータが届いていた。そのデータからはフリー編集者・菊池が担当する「八丹カズオ」の作品が月に100冊売れるという動きが見て取れた。他の営業部員の反応も上々。どうしてこんなに売れているんだと思案する岡は、この漫画を読み込んでいる同僚に話を聞いてみると途中加入のキャラクターが抜群にいいことが分かった。しかも八丹は廃刊になった『FLOW』でデビューした漫画家だったことも分かった。八丹の『タンポポ鉄道』は初版では8千部以下で出版社からは期待されていないスタートを切っている。漫画作品発表の主な場所は漫画雑誌である。特に新人漫画家にとってはたくさんの読者の目に触れる機会を持てる場が雑誌なのだ。だからこそ、雑誌を守るため、営業は単行本を間違いなく売らなければならないのだと岡は考えている。
岡が喫煙室へと向かうとそこに和田編集長もやってくる。「タンポポ、芽がでてるな」と岡が告げると「いい作品だろう」と和田が答える。「よし、仕掛けるぞ」と言い切った岡の手には八丹カズオの『タンポポ鉄道』がしっかりと握られていた。

『タンポポ鉄道』の主人公・児太郎は都会で働き「人間」ではなく「物」として電車に運ばれいるのではと自分に疑問を抱く/誰もコミック雑誌を読んでいない、出版界は傾いているのではないかと心配する小泉

八丹カズオの描く『タンポポ鉄道』の主人公は都会のどこかで働くサラリーマン、児太郎。児太郎は人身事故で止まってしまった電車にイライラしていた。はっとした彼は自分自身が「人間」としてではなく「物」としてこの電車に毎日毎日揺られているのだと思ってしまったのだ。そう気づいてしまった児太郎はそのままの勢いで旅へと出かける。そして全国各地で様々な出会いを通じて成長していく物語である。
小泉は電車で揺られながら、誰一人として電車の中でコミック雑誌を広げている人を見かけなかった。出版社は全盛期を過ぎたのではないのかと考えながら自身の職場である出版社営業部所へと向かうのだった。
営業部では岡課長が『タンポポ鉄道』を売るためのフェアについて説明していた。そこへ大量の『タンポポ鉄道』の漫画本を持って心がやってきた。岡はその『タンポポ鉄道』の漫画で「試し読み冊子」を作るという。お金をかけずに宣伝するにはこれしかないと。この試し読み冊子を読んだ読者に必ず単行本を買ってもらうというのが狙いだ。小泉は心と組んで近隣の書店に手渡しでこの冊子を配ることになった。そこへ噂の漫画家・八丹カズオがやってくる。彼は自身が描く漫画の柔和な雰囲気にとてもよく似ていた。八丹はサイン本を仕上げるために出版社にやってきていたが、場所が取れずこの営業部の空席に案内された。大量の本を前にサインをはじめる八丹。皆が驚く中、今がふんばり時だと担当の菊池とともに奮起していた。菊池はこの不況の中でもよい漫画は売れてほしいのだと答えた。実は菊池は八丹の漫画に惚れ込み、フリーになってまで担当をしているのだった。心は二人の関係性に憧れ自分も信頼に足る編集者になると鼻息荒く書店巡りへと歩き出した。

心と小泉は書店回りをしていた。棚の前に立ちここの書店はいつ来てもいい棚だなと小泉がぼそりと漏らす。すかさす心が営業さんはそんなところまで見ているんですねと言い、照れる小泉。
書店のコミックコーナーの担当者に声をかけ店内で『タンポポ鉄道』のフェア開催をお願いする。現在人気が上がってきているし、岡課長の肝いりならと快く了解してもってほっとする二人だった。心がふと別のコーナーへ目を向けるとそこには「鉄道コーナー」が作られていた。『タンポポ鉄道』とも関連性があるかもと考えた心は直接その「鉄道コーナー」の担当者へ交渉しに行く。君は行かなくていいのかとコミックコーナーの担当者に問われた小泉だったが、その場に突っ立っているだけで笑われてしまう。しかも「ユーレイ」みたいだと重ねて言われしまい呆然とする。そこへ交渉へ行っていた心が戻ってきて「鉄道コーナー」にも『タンポポ鉄道』を置かせてもらえることになったと喜ぶ。あの担当者は気難しいのにとコミックコーナー担当者は感心しきりだった。

心の強い気持ちがどこからくるのか思案する小泉

書店巡りの途中で休憩していた二人だったが、ふと小泉が心に聞いてきた。なぜ頑張ってってよく言うのか、自分はその頑張ってと言われるのは嫌いだと言い始めた。心は自分は嬉しいと思える、それが原動力となり言ってもらった相手にも喜んでもらえるようにより努力したいと笑顔で言い切った。小泉ははっとした表情を浮かべた。心のその真っすぐな強さはどこから来たのだろうか、それはきっと柔道で培ってきた負けても負けても戦い続ける「情熱」に違いないのだろう。

漫画は面白くても売れるとは限らない、それほどでもない作品が一気にヒットしたりと書店として売る側が思いもよらないことも多い。だから「売る」のは面白いのだ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀魂(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

仮面ライダークウガ(空我)のネタバレ解説まとめ

『仮面ライダークウガ』とは、テレビシリーズ『仮面ライダーBLACK RX』の終了より10年、劇場作『仮面ライダーJ』の公開より6年を経て誕生した、平成仮面ライダーシリーズ第1作。 超古代の戦闘種族グロンギは長き封印から蘇り、人間に対して“殺人ゲーム”を繰り返す。若き冒険家・五代雄介は、超古代の遺跡から発掘されたベルトの意思に導かれ、戦士クウガに変身し、人々の笑顔を守るために熾烈な戦いにその身を投じてゆく。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

水曜どうでしょう(水どう)のネタバレ解説まとめ

『水曜どうでしょう(水どう)』とは、1996年より北海道テレビで放送されたテレビ番組。 大泉洋、鈴井貴之、藤村忠寿、嬉野雅道の4人が、企画に挑戦するバラエティ番組である。 バラエティ番組でありながら、主に移動中の車内の様子を放送するといった独特な手法により人気番組となった。 家庭用ビデオカメラを用いるなど、低予算番組ならではの撮影方法が取られている。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説まとめ

『孤独のグルメ』とは、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画(扶桑社刊)、およびそれを原案としたテレビドラマ作品である。自営業の中年男性、“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が営業中に立ち寄った飲食店でただひたすら淡々と食事し続けるだけで、予測不能な展開やドラマティックな展開も皆無という内容でありながら、『飯テロ』『夜食テロ』という流行語を生み出し、一躍テレ東の看板作品の一つになった人気作品。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

目次 - Contents