薬屋のひとりごと(ラノベ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『薬屋のひとりごと』は、日向夏による日本のオンライン小説、ライトノベル作品。コミカライズもされており、ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ、構成:七緒一綺)と「猫猫の後宮謎解き手帳」の副題がつくサンデーGX版(作画:倉田三ノ路)がある。なお2誌とも同じ原作の内容を描いている。物語は中国によく似た世界での話。元花街で働いていた猫猫(マオマオ)が後宮で働くことになる。そこで様々な事件に巻き込まれ(たまに自ら首を突っ込み)持っている薬の専門知識で事件を次々と解いていくファンタジーラブコメミステリー作品。

男性器を去勢された男性のこと。後宮にいる男性は全て宦官とされている。

正一品(セイイッピン)

皇后候補の妃のこと。
現在は4人の上級妃達がその候補と言われている。
その4人のメンバーは、物語当初は玉葉(ギョクヨウ)妃、梨花(リファ)妃、里樹(リーシュ)妃、阿多(アードゥオ)妃。後に阿多妃が後宮を去り、楼蘭(ロウラン)妃に変わる。

東宮(トウグウ)

帝の息子のことを指す。
産まれた順になるが次の帝になる。

公主(コウシュ)

帝の娘のことを指す。
後に家臣に嫁ぐことになるか、他国に政略結婚されるかという立場の場合が多い。

妓女(ギジョ)

歌や舞、数々の芸事で客を喜ばせる女性。

妓楼(ギロウ)

妓女を置き客を遊ばせる店。

禿(カムロ)

かむろ、と呼ぶ。
妓女見習いの童女。妓女の下に見習いとしてつき身の回りの世話をしながら、妓女としての技を勉強する。

作中に出てきた毒や薬

鉛(ナマリ)

白粉に混ぜて使用すると、一般的な他の白粉より肌が白くなるということ。
しかし長期間使用していると肌から鉛が吸収され鉛中毒に陥り、最悪の場合死にいたることある。

チョコレート

酒や薬に耐性のないものが食べると媚薬としての効果がでてくる。
ただし普段から酒や薬を口にしているもの、チョコレートを食べ慣れている地元民達には効果は期待出来ない。

石楠花の葉 (シャクナゲのハ)

毒を持っており、誤って体内に入れると吐き気や呼吸困難を起こす。

煙草の葉(タバコのハ)

手に入れやすく食べればすぐに噎せるほどの即効性がある毒。

つつじの蜜(つつじのミツ)

毒ではあるがそんなに摂取しなければ死なない。

kariaka13
kariaka13
@kariaka13

目次 - Contents