薬屋のひとりごと(ラノベ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『薬屋のひとりごと』は、日向夏による日本のオンライン小説、ライトノベル作品。コミカライズもされており、ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ、構成:七緒一綺)と「猫猫の後宮謎解き手帳」の副題がつくサンデーGX版(作画:倉田三ノ路)がある。なお2誌とも同じ原作の内容を描いている。物語は中国によく似た世界での話。元花街で働いていた猫猫(マオマオ)が後宮で働くことになる。そこで様々な事件に巻き込まれ(たまに自ら首を突っ込み)持っている薬の専門知識で事件を次々と解いていくファンタジーラブコメミステリー作品。

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

猫猫からはやぶ医者と心の中で呼ばれている。後宮の医官。宦官である。
実家は宮廷の御用達と言われる紙を作る村の出身で元々は裕福な家の出。
しかし先帝の母君である女帝が良質な紙を作る木の伐採を禁止したことにより商売が上手くいかなくなってしまった。
そのため金がなくなり姉が後宮に行き、更に妹まで後宮に行くと言ったため代わりに自分が宦官として後宮にやってくる。
宦官の方がなり手が少ないため高く売れたらしい。
一時村で生産している紙の質が落ちたため、御用達から外されるかもしれないと妹から連絡が来たが、猫猫が原因を教えたため無事に解決した。
初めは猫猫のことを自分の仕事を荒らしに来た厄介者として扱っていたが、猫猫が薬が作れると知ると一気に彼女と仲良くなりお茶菓子と一緒にお茶を飲み、水死体の検視も猫猫にやってもらおうとするぐらいに仲が良くなっている。

緑青館の人々

梅梅(メイメイ)

ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ)

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

「一晩の酌で一月の銀がとぶ」といわれる最高級妓楼、緑青館の三美姫のひとり。
猫猫が壬氏に買い取られた時、色々な品物を猫猫に渡し、せっかく良い仕事貰えたのにそれに見合う人間になろうと思わないの?と猫猫に発破をかけている面倒見の良さをみせる。
妓女としては引退を考える年齢だが、人気は衰えていない。何故なら彼女自身歌や碁や将棋で客を楽しませる知性があるからであり、努力をしてきたからだ。
猫猫の母親である鳳仙の禿で、鳳仙と羅漢のやりとりをずっと見守ってきた人物。
羅漢が来た時は殆ど彼女の部屋に通される。その際2人で将棋をしていたこともあり、彼女の将棋の師匠は羅漢といえる。
羅漢が鳳仙を見つけれるように手配したが、彼女も羅漢に対して恋心を抱いていた様子だ。
猫猫も羅漢が鳳仙を身請けしたと連絡が来た時に梅梅を身請けすればよかったのにと思わせるほど器量の良い女性である。

白鈴(パイリン)

ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ)

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

緑青館三美姫の1人で最年長。
筋肉が好きで、猫猫が紹介した李白のことを気に入った様子。
本当ならもう年季も明けているはずなのだが、彼女が妓楼に残って稼いでいるのは彼女の性癖が妓女の仕事にあっているからだ。
年齢だけでいえばもう価値のないはずなのに年々その容貌に磨きがかかっている。
舞踏を得意とすると同時に性欲がとても強い。なので夜に負け戦がないことで有名だ。欲求不満になれば妓楼の男衆や禿にまで手を出す色欲魔である。
しかし同時に母性もとても強く、出産経験はないが母乳がでる体質だったため猫猫に与えていた。猫猫にとっては「あね」よりは「かあさん」に近い存在。
自由に恋愛をし、いつかおうじさまが迎えに来るのを待っている、そんな夢見る少女のような一面があるため彼女はいつまでも若いのかもしれない。

女華(ジョカ)

ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ)

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

緑青館三美姫の最後の1人。三美姫の中では最年少だが、彼女との会話についていければ科挙に合格すると言われるほどの才女。
無表情であまり感情を表に出していないが、妹分である猫猫のことは可愛く思っている様子。
ただし、猫猫の仕事先で良い客がいたら紹介するようにと言うように、緑青館で長く妓女をすると皆やり手婆に性格が似てくる模様。

やり手婆

ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ)

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

王都の花街の中でも老舗である緑青館の店主。
金に関してすごく細かく、猫猫のことをすぐに妓女にさせたがろうとする。
昔は身長が高く舞が得意で天女と称されるほどの売れっ子の妓女だった。

漢 羅門(カン・ルォメン)

ビッグガンガン版(作画:ねこクラゲ)

サンデーGX版(作画:倉田三ノ路)

花街で医者をしている。猫猫の養父であり、羅漢の叔父。
医師としても薬師としても優秀な人物だが、損得勘定というものが欠落しており常に困窮している。
元は名家の出身で優秀。ただし一族の中で要領が悪かった。
若い頃に西方に留学し漢方のみならず西方の医術まで心得がある。しかしそのせいで先帝の母から宦官にされてしまった。
後宮で医官として働く。そのため後宮のあちらこちらに彼の植えた薬草がある。
先帝の皇后妃出産の際、幼い身体のため通常出産が無理と判断すると帝王切開に切り替え見事子供を取り出す。
その後阿多妃の赤子の入れ替えに気付かずしかも気付いた時には先帝の子は亡くなっていたため全ての責任を押し付けられる形になり片膝の骨を肉刑としてとられ後宮から追放された。

鳳仙(フォンシェン)

kariaka13
kariaka13
@kariaka13

目次 - Contents