五条悟(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

五条悟とは、『呪術廻戦』の登場人物である。
日本に四人しかいない特級呪術師の一人で、その中でも別格の実力者。自他ともに認める「最強の呪術師」であり、作中屈指の実力者たちをまとめて相手にしてなお圧倒するほどの恐るべき戦闘能力の持ち主。その存在そのものが呪術界のバランスを成すジョーカーである。
特級呪霊・宿儺の宿主となってしまった主人公虎杖悠仁を、東京都立呪術高等専門学校に誘った張本人で、同校では教師を務める。主な敵勢力である呪霊たちに与する呪詛師の夏油とは、かつては親友の間柄だった。

五条悟のプロフィール・人物像

CV:中村悠一

性別:男
所属:東京都立 呪術高等専門学校
階級:特級呪術師
肩書き:最強の呪術師
誕生日:12月7日
年齢:28歳
好きなお菓子:喜久福

五条悟(ごじょう さとる)とは、『呪術廻戦』の登場人物である。
白髪に青い目を持つ細身の青年。普段は黒い布で、プライベートではサングラスで目を隠していることが多い。結構な美男子であり、女子高を訪れた際は生徒や女性教師たちが大騒ぎしていた。

日本に四人しかいない特級呪術師の一人で、その中でも別格の実力者。自他ともに認める「最強の呪術師」であり、作中屈指の実力者たちをまとめて相手にしてなお圧倒するほどの恐るべき戦闘能力の持ち主。個人で呪術界のバランスを成しており、彼が健在であること自体が、呪術を悪用する呪詛師や実体を持った呪いである呪霊たちへの抑止力となるほどのジョーカー的存在。
それでいて感性は常人相応。直感に優れ、また自身の桁外れの力量から大抵の脅威は問題無く排除できてしまうため、ノリと勢いで行動する傾向がある。これは単に「考え無し」というわけではなく、多少隙を見せた方が対人関係はうまくいくという計算もある模様。誰に対してもフランクに接する一方、敵対する者には容赦がなく、巧みに挑発しては相手から怒りを買っている。

呪術師の名家として知られる五条家の生まれで、「六眼」と呼ばれる特殊な目を持つ。これは呪術に関する超常的な視力として作用し、初見の術理の看破、呪力や敵意を持つ存在の知覚といった能力を備えている。目隠しをしていても周囲を視認できているのもこのためである。
収束する無限級数を現実に変換する、五条家相伝の術式「無下限呪術」の遣い手。自他の間に“無限”を構築することであらゆる攻撃を阻み、作り出した“無限”を撃ち出すことで防御不能の攻撃を繰り出す。上述の「六眼」の効果もあって、この術式を完全な形で制御している。体術なども非常に高レベルで、術式に頼らずとも作中屈指の呪霊たちをまとめて翻弄。その際に相対した呪霊の一人である漏瑚からは、「逆にお前は何を持ち得ないのだ」と驚嘆されている。

特級呪霊・宿儺の宿主となってしまった主人公虎杖悠仁を、東京都立呪術高等専門学校(以下呪術高専)に誘った張本人。同校では教師を務め、宿儺ごと虎杖を排除せんとする呪術界上層部の思惑から彼を守っている。
呪霊たちに与する呪詛師の夏油とは同窓生で、学生の頃は親友の間柄だった。「非術師が生み出す呪霊との戦いで呪術師は次々に死んでいく」、「呪術の秘匿のためにその事実は明かされず、呪術師の犠牲が報いられることはない」という現実の前に、「人々のために呪術師になる」という理想を見失い呪詛師になった夏油に対して、倒すべき敵だと割り切っている一方で友情を捨てられずにいる。一年前の「百鬼夜行」事件の際に重傷を負った夏油と再会し、自らトドメを刺している。

夏油が直面した呪術師の現実に対し、彼とは異なるアプローチで解決しようとしており、呪術高専の教師になったのもその一環。自分だけが強くても意味がないと考え、新しい世代の呪術師を自分に匹敵するレベルにまで育てようとしている。虎杖、伏黒、乙骨など多くの生徒に期待を寄せ、また彼らを傷つけようとする者には容赦がない。
そのために横紙破りをすることも珍しくなく、極めて保守的な現在の呪術界上層部からは疎まれている。本人もそんな上層部をはっきりと敵視しており、彼らの策謀によって虎杖が一度死亡した際は「全員殺してしまおうか」と口にしている。

高度な術式の使用は脳を酷使するため、糖分の補給に甘いものを食べ続ける内にすっかり甘党になった。仙台銘菓の喜久福は特にお気に入りである。

五条悟の呪術・能力

六眼(りくがん)

呪術に関する超常的な眼力。百年単位で現れるかどうかという非常に稀な才能であり、また生来の資質で後天的に獲得することは不可能。
初見の術式であろうと一瞬で解析し、背後などの死角であろうと呪力を持つ存在を的確に知覚する。一切呪力を持たない伏黒甚爾すら感知したため、敵意や気配などに対しても作用すると思われる。
さらに視覚情報として術式を理解できることから、極めて精密な呪力制御が可能となる。このため高度かつ難度の高い呪術であればあるほど効果を発揮し、五条家の無下限術式とは非常に相性がいい。

無下限術式(むかげんじゅつしき)

呪術師の御三家の一つ、五条家相伝の呪術。収束する無限級数(作内における無限)を現実に構築する。
この術を発動すると、一見何も変化がないが五条の周囲に“無限”が生み出される。五条に攻撃を加えようとしても、そこには無限の距離があるので決して届くことはない。作中の描写としては、五条への攻撃は近づけば近づくほど指数関数的にスローになっていき、最終的にはほぼ停止する。
五条は術式の仕組みを「アキレスと亀」に例えて説明していた。「アキレスと亀」とは、ギリシャ時代の学術議論の中で語られるエピソード「ゼノンのパラドックス」の一項目である。
俊足で知られる英雄アキレスが、前を行く亀を追い抜こうとしたとする。しかしアキレスが亀のいた場所に着いた時には、亀はそれより少しだけ前に進んでいるため、結果として追い抜けない。それをさらに追いかけたところで、アキレスが亀のいた場所に着いた時には、亀はさらに少しだけ前に進んでいるため、やはり追い抜けない。これを延々と繰り返す限り、俊足のはずのアキレスが亀を追い抜けないという矛盾が発生する、というもの。
実際にはアキレスと亀のスピードの差から簡単に追い抜けるのだが、この矛盾を「呪術的に成立させる」のが無下限術式である。
五条はこの呪術を常時自動発動させている。普通であれば脳が焼き切れてしまうが、反転術式(本来負の作用をもたらす呪術同士を掛け合わせ、治療など正の作用をもたらすようにしたもの)により自動的に脳を治癒。さらに質量・速度・形状などから物体の危険度を測り、術式対象の選別を行なっている。これにより最小限のリソースで呪術を発動しているため、呪力が枯渇することもない。

術式順転「蒼」(じゅつしきじゅんてん あお)

「無下限呪術」を強化し、いわゆる吸い込む反応(収束)を発生させる術式。この効果をさらに高めると小さなブラックホールのような球体が生まれる。この球体を対象にぶつける形で攻撃に転用することも可能。
強力な吸い込む反応を作ることで、人体を強制移動させ障害物にぶつけたり、地面や構造物を破壊するなど様々に応用できる。
あまり大きな反応は自分の近くに作れないことに加え、反応の指向性(方向)にまで気を使うと呪力操作が面倒(疲れる)というデメリットがある。

術式反転「赫」(じゅつしきはんてん あか)

術式を反転させることで、収束する力である「蒼」とは真逆の“発散する力”を使うことができる。
作り出した“無限”を撃ち出せば防御不能の恐るべき一撃となり、作中で五指に入る実力者である特級呪霊の漏瑚にすら甚大なダメージを与えた。逆に威力が高過ぎて周囲に人が多い場所では使いにくく、「五条悟が一番力を発揮できるのは一人でいる時」との評価が出る理由にもなっている。
五条は「蒼」と「赫」の双方を組み合わせることで空を飛んだり、瞬間移動したりすることもできるが、術の制御と障害物を避けるのが面倒なため、普段は乗り物を利用して移動している。

虚式「茈」(きょしき むらさき)

収束する『蒼』、発散する『赫』を掛け合わせた術式。
詳しい説明はされていないが、小さなブラックホールともいえる「蒼」を「赫」により凄まじい速度で飛ばす術だと思われる。
絶大な威力を誇り、上空から地面に向けて放てば大地を抉って地層が剥き出しになるほど。虎杖の黒閃を五発まで耐え抜いた花御に戦闘続行不可能なほどのダメージを与え、撤退に追い込んだ。

領域展開 無量空処(むりょうくうしょ)

五条悟の領域展開。
この領域は無下限の内側であり、生きるという行為である「知覚」と「伝達」に無限回の作業を強制する。噛み砕いていえば、五感で汲み取った情報を無限に知覚し続ける。それ故に何も考えられず、行動することもできなくなる。この領域展開に敵を入れた時点で勝ちが確定する強力な術である。
五条自身と、五条が触れている者はこの領域の影響を受けることがない。

五条悟の来歴・活躍

幼少期

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

NEW

七海建人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

七海建人は、『呪術廻戦』の登場人物。 主人公虎杖悠仁の教師である五条悟の後輩で、1級の資格を持つ強力な呪術師。言動は慇懃なサラリーマンといった風だが内には強い使命感を持っており、自身の感情を原動力としながらもクールに冷徹に立ち回る。一度は呪術師という仕事への絶望から一般企業へと就職するも、自身が心の中では「やりがい」や「誰かに必要とされること」を望んでいたことに気づき、呪術の世界に舞い戻った。五条の代理で虎杖と任務に赴き、次第に彼の才能と志を認めて頼れる兄貴分となっていった。

Read Article

NEW

呪術廻戦(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

NEW

伏黒甚爾(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒(禪院)甚爾は、『呪術廻戦』の登場人物。 虎杖悠仁の級友である伏黒恵の実父で、呪術師の名門禪院家の出身。生まれつき呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を備えた"天与呪縛"という特殊体質で、禪院家では日陰者扱いされていた。実家を出奔し、荒んだ生活を続け、術師殺しとして名を馳せ、一度は最強の術師・五条をも倒すも、死の淵で才能を開花させて息を吹き返した彼の前に敗死した。 物語開始時点で故人だが、様々なキャラクターに深く関わり、印象的な悪役として高い人気を誇る。後に意外な形で再登場を果たす。

Read Article

NEW

虎杖悠仁(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

虎杖悠仁とは、『呪術廻戦』の主人公である。 宮城県の学校に通う高校生で、砲丸投げで30m弱を記録するほどの驚異的な身体能力を誇る。心霊現象研究会に所属していたが、ある日仲間を救うために特級呪物をその身に取り込んでしまう。結果“呪いの王”両面宿儺と肉体を共有するようになり、その力を御する術を学ぶために東京都立呪術高等専門学校に編入。最強の術者である五条悟の下、両面宿儺の力を狙う呪霊たちと戦いを繰り広げながら、同級生の伏黒恵、釘崎野薔薇らと共に呪術師を目指していく。

Read Article

NEW

夏油傑(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

夏油傑とは、『呪術廻戦』の登場人物。 呪術を悪用する呪詛師であり、その中でも特に強力な存在。体内に数千もの呪霊を宿し、それを使役する呪霊操術の遣い手。『呪術廻戦』本編が始まる一年前に起きた百鬼夜行事件の首謀者で、自身の持つ全ての呪霊をも超える力を有する特級呪霊折本里香を我が物にせんと、その被呪者たる乙骨憂太と激しい戦いを繰り広げた。 かつては人々のために尽くさんとする高潔な呪術師を志し、最強の呪術師五条悟とは親友の間柄だった。道を違った現在も、五条とは互いに友情を捨て切れずにいる。

Read Article

NEW

真人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

真人とは、『呪術廻戦』の登場キャラクター。人の負の感情が形を成した呪霊という存在であり、その中でももっとも高位の特級に分類されている。 “人間への恐怖”から生まれた呪霊で、言動は無邪気かつ快活。しかし他者の命を玩具のごとく捉え、戯れに人を惨殺し弄ぶ危険な存在。人類の廃絶を目論む特級呪霊の一味に属し、そのリーダーを任されるも、導き手たる自覚は薄い。 主人公虎杖悠仁の仲間を次々手にかけ、「絶対に倒すべき相手」と目される。当人もまた幾度も邪魔してきた虎杖に強い敵意を抱き、殺す機会を狙っている。

Read Article

NEW

東堂葵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

東堂葵とは、『呪術廻戦』の登場人物である。 呪術高専京都校の三年生。屈強な肉体とドレッドヘアがトレードマーク。学生ながら一級の資格を持つ呪術師で、性格は粗暴にして唯我独尊。高田というアイドルの熱狂的なファンで、自分の嗜好や好悪の感情に合わせて極端に態度を変える扱いにくい男だが、単身で特級呪霊を払うほどの実力者。 主人公・虎杖悠仁とは趣味が合い、彼を一方的に“超親友(ブラザー)”と認定。共に肉弾戦を主とするため戦闘での相性は抜群で、彼と共闘した際は作中屈指の高位呪霊である花御をも翻弄した。

Read Article

NEW

伏黒恵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒恵は、『呪術廻戦』の登場人物。 東京都立呪術高等専門学校の一年生で、主人公虎杖悠仁とはクラスメイト。呪術の名門禪院家の血筋を引く麒麟児で、この歳にして二級呪術師の資格を有する。 一見するとクールで真面目な優等生ながら、内には激しい情動を秘めた少年。善人だった姉が呪いによって倒れたことが呪術師を目指す動機となっており、最強の呪術師五条悟に師事する。自身を救うために特級呪霊両面宿儺の宿主となった虎杖を庇い、彼の善性と呪術師としての潜在的な才能を信じて、宿儺の力を求めるあまたの敵と戦っていく。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

目次 - Contents