青春の記録(韓国ドラマ)のネタバレ解説まとめ

『青春の記録』とは、韓国で2020年9月に放映を開始したロマンティックヒューマンドラマである。芸能界を舞台にそれぞれの夢を抱える若者の成長を描いている。家柄が重視される業界で自分だけの力で成功しようと努力する主人公やヒロイン達が厳しい現実に直面しながらも挑み続ける日々はまさに青春の記録である。多くの若者が夢を諦めざるを得ない韓国社会の現実を描いている。主演のパク・ボゴムがドラマの役柄と同様に撮影入隊することが決まっており話題を呼んだ。

『青春の記録』の概要

『青春の記録』とは、2020年下半期に韓国tvNで放送された全16話のロマンティックヒューマンドラマシリーズである。2020年10月27日にシリーズ最終回第16話が放映された。韓国国内での放映後日本では同日中にNetflixを通じて配信された。制作会社パン・エンターテイメントによると今後アジアおよび英語圏地域を皮切りに約190か国に配信を予定。放送前に全世界公開を決定したことから、Netflixを通じて大ヒットしたドラマ『愛の不時着』、『梨泰院クラス』に続く海外市場での期待値の高さが伺えた。このドラマは家柄や学歴が重視される社会でも現実の壁に絶望することなく、夢と愛を叶えるため努力する若者たちの成長が描かれる。脚本は『ドクターズ』、『愛の温度』を手掛けたハ・ミョンヒ、監督は『秘密の森』、『アルハンブラ宮殿の思い出』等人気作品を手掛けたアン・ギルホが担当した。制作会社は第4次韓流ブームの立役者と言われているスタジオドラゴンである。スタジオドラゴンはサムスングループから分離した総合エンターテイメント企業でその資金力の高さを武器に数々のヒットドラマを手掛けている。『パラサイト』の配給や『愛の不時着』の制作、Netflixとの提携と最近の勢いは目覚ましく、最近の話題作はほぼスタジオドラゴンが関わっている。
ドラマの内容はよくある「夢を追いかける若者のロマンティックヒューマンドラマ」だが、主演のパク・ボゴムが兵役のための入隊前最後のドラマという事で放映前から話題になっていた。さらに相手役のパク・ソダムが『パラサイト 半地下の家族』に出演した新鋭女優であることでも注目を集めた。

舞台は2018年。主人公は俳優を目指すモデル歴7年のサ・ヘジュン。未だにモデルの仕事だけでは食べていけず、実家暮らしでバイトを掛け持ちする毎日。幼馴染で裕福な家庭に育ったヘヒョとの差に落ち込むこともあるが、良きライバルとして友情を育んできた。まだ兵役を済ませていない26歳のヘジュンを父親や兄は心配しながらも厳しい態度で諭す。一方、ヘジュンの夢を応援する祖父と母親の存在もある。ある日、ヘジュンはメイクアップアーティストを目指すアン・ジョンハと出演するファッションショーで出会う。同じショーに出演したヘヒョもジョンハと仲良くなり、その人柄に惹かれてゆく。良くも悪くも家族と親密なヘジュンは父の干渉、兄へのコンプレックス、母や祖父の応援へのプレッシャーで挫けそうになっていた。さらにヘジュンはモデルデビュー時代からの事務所社長とは賃金未払いで決裂して契約解除し俳優への夢を諦めざるを得ない状況になる。俳優になる夢とジョンハへの愛にまっすぐに向き合うヘジュンの青春の記録である。

『青春の記録』のあらすじ・ストーリー

第1話

ヘジュンがジョンハの独り言を偶然聞いてしまいファンである事がバレてしまいそうになる

サ・ヘジュンは俳優になることを目標にするモデル歴7年目。芸能界は家柄や親の資産がものを言うため、普通の家庭で育ったヘジュンには後ろ盾もなく中々芽が出ない。人気俳優のパク・ドハは同い年だが俳優としてのキャリアもなく家柄も普通であるヘジュンを見下す。ドハの控室に押し掛けた女性を追い返さずドハと修羅場になったことからドハは怒り、ヘジュンを殴りケガを負わせる。メイクアップアーティストを目指すアン・ジョンハは大企業を辞めてサロンへと転職したが、見習いについた先輩に上得意であるキム・イヨン女史に取り入ったと誤解され「大企業から転職したことを後悔させてあげる」とまで言われる。そんな時ジョンハは以前からファンである売れないモデルサ・ヘジュンの写真を見ながら「私は今日もあなたのおかげで頑張れる。あなたも頑張ってね」と自分を慰める。ヘジュンの幼馴染のヘヒョもヘジュンと同じモデルで俳優志望だが、裕福な家庭に生まれ「金のスプーンをくわえて生まれてきた」者だった。SNSでは華やかな生活をアップしフォロワーもヘジュンと比べて桁違いに多い。ヘジュンが大親友でもあり、ライバルでもあるヘヒョに対して複雑な思いを抱くのは理由がある。ヘジュンの母親が家計を助けるために家政婦として雇われているのがヘヒョの家なのだ。経済的に親に頼りたくないヘジュンだが、事務所の社長イ・テスが出演料を支払わないため決裂し、契約を解除する。その時にヘジュンを擁護してくれたイ・ミンジェにマネージャーになるようお願いするも断られる。厳しい現実に泣きそうになるヘジュンだが、バイトをこなす。ヘジュンの実家では兄キョンジュンの就職祝いでヘジュン以外が食卓を囲んでいた。父親のヨンナムはいつまでも夢を追いかけるヘジュンに厳しく、大卒で大企業に就職した兄と何かと比べる。そんな中、ヘジュン宛に兵役の通知が届く。夢を応援したい母親は複雑な思いを抱える。ジョンハはファッションショーへの同行を社長から依頼され、ヘジュンと会える事に喜ぶ。ヘジュンはバイト先の代表から兵役を終えたら店を譲るから正式に働かないかと誘われ、断るがよく考えろと言われる。幼馴染のジヌはすでに兵役を終え今はカメラマン見習いをしている。ジヌはヘヒョの妹と付き合っているがヘヒョには言えずにいる。ヘジュンとヘヒョは同じ役のオーディションを受けたが結果はまだ出ない。ヘジュンはこのオーディションに落ちたら兵役に行くとヘヒョに告げる。翌日のファッションショーでジョンハはヘジュンとヘヒョのメイクを担当するがヘジュンの前では素直になれずファンであることを隠す。先輩の嫌がらせに落ち込み人気のない場所で泣くジョンハはヘジュンの写真を見ながらいつものように独り言をつぶやく。ヘジュンがジョンハの独り言を偶然聞いてしまいファンである事がバレてしまいそうになる。

第2話

祖父もヘジュンの父親に楽をさせてやりたいが、働き口がないと泣きながら打ち明ける

ヘジュンに独り言を聞かれたジョンハはとっさにヘヒョのファンだと誤魔化す。それでもヘジュンは落ち込むジョンハの悩みを聞いて慰める。ジョンハはヘジュンが去った後で自分がどうしてヘジュンのファンなのか分かったとしみじみ思いながらヘジュンのコミュニケーション能力の高さに感動した。ヘジュンはファッションショーを終えた後デザイナーに誘われて高級ホテルへ向かう。仕事の話かと思いきや「ずっと前から君のことが好きだった」と抱きつかれ、後ろ盾のないヘジュンのスポンサーになると告白される。ヘジュンはこれまでよくしてくれたことに感謝しながらも気持ちに応えられないと申し出を断る。デザイナーは悔しさから「絶対に成功しない」とヘジュンの後ろ姿に言い放つ。ショーの後片付けをするジョンハを手伝ったヘジュンはお互いの連絡先を交換する。オーディションに落ちたヘジュンはヘヒョとジヌと会い酒を呑んでストレスを発散する。帰宅すると父親と兄にこれからの事を問い詰められる。祖父がヘジュンを庇うがその祖父もヘジュンの父親に楽をさせてやりたいが、働き口がないと泣きながら打ち明ける。祖父が寝た後で泣きたくなるヘジュン。同じ部屋で寝ているため隠れて泣く場所もなく近所の見晴らしのいい公園へ向かう。一方、オーディションに合格し役を得たヘヒョはヘジュンと一緒でないと断るとマネージャーにつたえる。ヘジュンを口説き落としマネージャーになったミンジェは事務所「チャンポン・エンターテイメント」と立ち上げる。ミンジェはヘジュンをミラノのファッションショーへ連れていく。ヘジュンとヘヒョは一緒にジョンハが勤める美容院へ行く。ヘジュンはジョンハを「ヘヒョのファンだよ」と紹介するが、後でジョンハはヘヒョに本当はヘジュンのファンだけど秘密にしてほしいと伝える。ミンジェはヘジュンにヘヒョがオーディションに合格したのは演技力でなく、SNSのフォロワーが多かったからだと伝える。ヘヒョのフォロワー数はヘヒョの母キム・イヨンがヘヒョに黙ってお金で買ったものだった。ヘジュンは決心した表情でジョンハの美容院へ向かう。そしてジョンハに「髪を短く切ってほしい、入隊するから」と伝える。

第3話

ジョンハはついに本当はヘジュンのファンだという事を告白する

ヘジュンはジョンハとメッセージのやりとりを重ねて親しくなる。ある日ヘジュンが落ち込んだ時に来る大きな書店でジョンハと待ち合わせをする。お金の価値観など他人にはしづらい話をしてお互いの距離が縮まっていく。二人でカフェにいると、ヘジュンの祖父からビデオ電話がかかってくる。ヘジュンは祖父にジョンハを紹介する。ジョンハは祖父を見てシニアモデルの仕事を提案するが、ヘジュンはすぐに無理だと言った。雨が降り始めヘジュンの買った傘を二人で差しながらバス停に向かう。ヘジュンはこれまで一人の女性としか付き合った事がないと真剣に話す。真剣な恋愛を避けてきたジョンハはヘジュンの告白にいたたまれず走ってバス停へ向かう。ある日ヘヒョがジョンハの美容院へ行き、担当をジョンハに指名する。ヘヒョの母親の担当であるジョンハの先輩は当然自分が担当するものだと思い抵抗するが上司の命令でジョンハが担当になる。ヘヒョの家では家政婦として働くヘジュンの母がヘヒョの母親からいらなくなった高級な服をもらう。嬉しいと思う反面気が重くなる。ヘジュンが16才の時に友人であるヘヒョの家で母親が家政婦をすることにコンプレックスを感じていた事を思い出していた。ヘジュンはジョンハに本当にヘヒョのファンなのかと問い詰めるとジョンハはついに本当はヘジュンのファンだという事を告白する。家に帰ったヘジュンが祖父にシニアモデルの仕事を勧めると、まんざらでもない様子でモデルの真似をして部屋を歩いて見せる。後日ヘジュンにオーディションに落ちた映画の脇役のオファーが来る。すぐに家族に報告するが、ヘジュンの入隊祝いに肉まで買ってきた父親は怒ってそれをヘジュンに投げつけてしまう。ヘジュンはその肉をかわすが、母は父に怒り、夫婦喧嘩になる。

第4話

ヘジュンの父は怒りのあまり入隊祝いに買った肉をヘジュンへ投げつけた

息子の入隊を喜び、祝いのための肉まで買ったヘジュンの父は、脇役をもらった途端に決心を変えたヘジュンに激怒する。ヘジュンは父親が投げつけたその肉を避けながらこの肉の塊こそが凶器の印であり自分の選択は間違っていないと確信する。ヘジュンの母はヘジュンをかばううちにこれまでの不満が一気に爆発して夫に怒りをぶつける。部屋に逃げ込んだヘジュンを母が慰め、ヘジュンは母に抱きつく。ヘジュンに傘を借りたままのジョンハが連絡しようか迷っているとヘジュンから電話がかかり、驚いてスマホを投げてしまう。ジョンハの休日に意地悪な先輩から研修があるから出勤するようにと電話連絡がくる。納得のいかないジョンハは前もって連絡すべきだと抗議し電話を切った。その後でヘジュンと会ったジョンハはお酒を呑み、酔った勢いで先輩とのトラブルを愚痴りながらも先輩を苛立たせる自分の行動が悪いと泣きじゃくった。ヘジュンが入会手続きをしたモデル養成学校を祖父が訪ねてシニアモデルのレッスンを見学する。ジヌはアシスタントをしているカメラスタジオで雑用ばかりさせられることに腹を立てカメラマンである上司に告訴すると言って辞めようとするが、ヘヒョの撮影を任されていることもあり、引き留められる。ジヌはヘヒョの妹ヘナとの関係を進めるためヘナの希望どおり子宮頸がんワクチンの予防注射を受けることにする。一人で予防接種を受けるのが恥ずかしいジヌはヘジュンとヘヒョを道連れにする。ヘジュンが映画の撮影に向かうとそこには主演であるパク・ドハと以前ヘジュンと決裂した事務所の社長がいた。ヘジュンは暴力的な役だったがアドリブの演技が監督に評価されヘジュンの提案が次々と採用された。

第5話

ジョンハはヘヒョのメイク担当として依頼を受け撮影に同行するようになる

ジョンハはヘヒョのメイク担当として依頼を受け撮影に同行するようになる。メイク担当としてジョンハが自分に接近するとヘヒョは意識しはじめる。ヘジュンの兄ギョンジュンは職場の近くにアパートを借りて一人暮らしをすると宣言する。母親は就職したばかりで結婚資金の貯金ができないからと反対する。ヘヒョの妹ヘナは無事に大学に受かり、家政婦として居合わせたヘジュンの母も祝福する。以前ヘジュンの母は家政婦を辞めたことがあった。ヘヒョの母は別の人を雇うも気に入らず、ヘジュンの家まで来て戻って来てほしいと頼み込んだのだった。ヘジュンの母は「真珠の耳飾りをした少女」の本を事あるごとに読み返していた。その本の内容が貧しい家の少女が家政婦として働く家の主人と関係をもってしまうという事を知った父親は心配になる。ヘジュンはすでに母親からその本が好きな理由を聞いていた。母はその本の中の「家の中の物すべてを、きちんとあるべき場所に置くこと」と家政婦の仕事についての書かれ方が好きだと言っていた。兄ギョンジュンが家を出る件で家族会議が開かれる。その時に祖父を邪魔もの扱いした内容の会話を聞かれていたと知ったヘジュンの両親とギョンジュンは罪悪感を覚える。映画の撮影ではヘジュンが額にケガをしてジョンハが薬局に走り手当をする。ヘジュンがジョンハを家に送る途中で突然雨が降り出した。「あなたといると、なぜか雨が降る」とジョンハに言われたヘジュンは思わず「好きだ」と告白する。

第6話

ジョンハの昇進を知ったヘヒョはお祝いに花束をプレゼントする

ヘジュンは土砂降りの雨の中、突然ジョンハに「好きだ」と告白する。走り出すジョンハを追いかけたヘジュンがコンビニで追いつく。濡れたヘジュンに対しジョンハは自分の部屋で乾かすよう提案する。服や髪を乾かしたヘジュンはジョンハに「告白の返事を聞いていない」と言う。ジョンハは照れてしまい自分の部屋に隠れる。ヘジュンが「帰る」と言って玄関まで行った時、ジョンハは「私も好き」と告白しヘジュンから「付き合おう」と言われる。ジョンハは勤める美容院でもデザイナーに昇進する。それを知ったヘヒョは花束をプレゼントする。ジョンハがヘジュンを好きなことをしりつつ想いを募らせていく。ヘジュンは新しいドラマへのキャスティングが決まった事をマネージャーから知らされる。早速報告するヘジュンに家族も喜ぶ。しかし、監督からマネージャーにキャスティングを取り消すと連絡が入る。前の事務所の社長とのトラブルが原因だった。ヘジュンの祖父はモデルの仕事のためのポートフォリオを作成することになり、ジョンハがメイクしジヌが撮影することになる。出来栄えに気を良くした祖父はみんなが帰った後のレッスン場でウォーキングの訓練に励む。兄ギョンジュンは条件の良い物件を見つける。格安だが大家と直接交渉しないままで不安に思いながら仲介人と契約を交わしてしまう。ジヌはヘナとモーテルへ行くが、ヘヒョへの後ろめたさから先に進めない。煮え切らないジヌに怒るヘナは帰ってしまう。ヘジュンは電話に出ないマネージャーを心配して事務所を訪ねる。そこで初めてドラマのキャスティングがキャンセルになったことを聞かされる。ヘジュンの母はヘヒョの母が持っているドラマの脚本を見てヘジュンも出演が決まったと言う。モデルの練習に没頭しすぎたヘジュンの祖父は過労とストレスで倒れてしまう。入院のための荷物を取りに部屋へ入ったヘジュンの父が祖父のポートフォリオを見つける。シニアモデルの事を知った父親は怒り、ヘジュンに手をあげてしまう。一人で泣く部屋のないヘジュンは父の作業用トラックの中で声を上げて泣いていた。ヘジュンの胸にはドラマの役を逃した悔しさ、祖父への申し訳なさ、父に殴られた悔しさ等いろんな感情がこみ上げてきた。そこにジョンハから電話がかかってくる。泣いていたことを隠してヘジュンはジョンハに会いに行き、夜の公園のピアノで弾き語りをしてジョンハにキスをする。

第7話

ヘジュンが泣いていた事を気づかないふりをして「一緒に遊ばない?」と誘うジョンハ

ジョンハの勤務する美容院にヘジュンのマネージャーミンジェが現れる。二人でランチに行くが、そこでジョンハはヘジュンの元カノの話を聞いてしまう。ミンジェはドラマの役を逃して落ち込んでいるヘジュンを慰めてほしいとジョンハに頼む。ジョンハは「プレゼント」というタイトルの本をヘジュンに贈ることにした。ヘジュンに電話をすると泣いているのがわかったが気づかないふりをして「一緒に遊ばない?」と誘う。父親の車で一人泣いていたヘジュンは泣くのをこらえながら「いいよ」と返事をした。ジョンハは自分にも顔では平気なふりをして心で涙を流す経験があったと昔を思い出す。幼いころのジョンハの父親との思い出は画家を目指していた父に絵を褒められたことだった。母親は売れない絵を描く父に嫌気が差しジョンハを連れて離婚したのだった。ヘジュンを慰めようとするジョンハは好きな気持ちを再確認する。公園でのデートで二人の仲はさらに深まる。ヘジュンの祖父が退院し、部屋にポートフォリオが落ちているのを見つける。ヘジュンが父親に叩かれたことを家族が知る。兄ギョンジュンは引っ越しの当日を迎えヘジュンの運転で新居へ向かう。部屋のキーロックのパスコードが何度入れてもエラーになり困っていると、部屋の中から男性が出てきて自分が住人だと言う。男は「もう5人目だ」と言った。詐欺に遭ったことを確信したヘジュンとギョンジュンは警察に被害届を出した後二人で焼肉を食べに行った。荷物ごと帰ってきた二人に家族は驚くが、ギョンジュンはショックで説明できずヘジュンが代わりに話す。ジョンハは職場の後輩からジョンハが先輩の顧客に媚びを売り横取りしているといった噂が流れていると聞く。ヘヒョのドラマ撮影に同行したジョンハは撮影が終わると車で送るとの申し出を断る。ヘヒョは思わずジョンハを追いかけながら彼女への想いを確信する。ジョンハに追いつくが、本心を言えるわけもなく「おつかれ」と言って別れる。ジョンハはメイクのYouTubeチャンネルが好評で大手の事務所から提携の話が来る。ヘジュンに新たなオファーが来る。トップ女優が主演するドラマの役を得るため監督に会いに向かうバスの中でジョンハにもらった本を読むヘジュン。気に入ったページをジョンハにメールする。その時ジョンハも新たなオファーのため担当者へ会いに行っていた。法科大学で学ぶヘナが先輩のチョン・ジアと話しているとジヌが現れる。ジアとジヌが知り合いで兄のヘヒョを知っていることに驚くヘナ。ヘナがヘヒョの妹であることを驚くジア。ジヌの両親がヘジュンの両親を食事に誘いヘジュンの両親は仲直りをする。ジヌとヘヒョがいつもの公園でヘジュンを待つ。落ち込んだ様子のジヌにヘヒョが問いかけるが、ヘヒョの妹と付き合っていることを隠すジヌは黙る。ヘジュンが現れ、ジヌが「ジアに会った」と話す。微妙な表情を見せるヘジュン。トップ女優が主演する「ゲートウェイ」の出演が決まったヘジュンは嬉しさのあまりジョンハに報告しに行く。ドラマの撮影が始まり、慣れない医療用語に苦戦するヘジュンに主演女優がアドバイスをする。ヘジュンはドラマで主人公に告白するシーンで好演し視聴者を虜にする。

gamico616
gamico616
@gamico616

目次 - Contents