賢者の孫(ラノベ・アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『賢者の孫』とは吉岡剛によるファンタジー小説及びそれを原作とした漫画、アニメ作品である。
小説は2015年1月より『小説家になろう』にて連載されている。小説版は菊池政治がイラストを担当し、ファミ通文庫より書籍化されている。ヤングエースUPにてコミカライズも連載されており、緒方俊輔が作画を担当している。外伝作品に、マーリンとメリダの若かりし頃を描いた『賢者の孫 Extra Story』のほか『賢者の孫SP おじょうさま奮闘記』、『賢者の孫SS』がある。

『賢者の孫』の概要

『賢者の孫』とは吉岡剛によるファンタジー小説及びそれを原作とした漫画、アニメ作品である。小説は2015年1月より『小説家になろう』にて連載している。小説版は菊池政治がイラストを担当し、ファミ通文庫より書籍化されている。ヤングエースUPにてコミカライズもされており、緒方俊輔が作画を担当している。アニメは2019年4月10日から全12話が放送された。

交通事故に遭い死んでしまったサラリーマンは異世界へ新しい命として転生した。賢者・マーリンに拾われた転生者はシンと名付けられ育てられる。山奥で賢者マーリンに魔法を教わりながら暮らし、導師メリダによる魔道具作成の指導や剣聖に剣術を習い、規格外な強さに成長した。成人を期に王都にある魔法高等学院へ通うことにする。
クラスメイト達がメンバーの究極魔法研究会が作られ、これから学院生活が本格的に始まろうという頃、シュトロームの人工的に生物を魔物化させる実験によって、シンの同級生であるカートが魔人化してしまう。学院に現れ攻撃を仕掛けるが、シンによって討伐される。
シンは過去に魔人を倒したマーリン、メリダと同じ勲章を授与され、新たな英雄となった。

アールスハイド軍の追手から逃れたシュトロームは大量の魔人を生み出し、ブルースフィア帝国に入り込みアールスハイド王国との戦闘を引き起こす。
見通しの良い平原でのアールスハイド軍と帝国軍は戦闘になる。その間に帝国内では魔人達による人間の掃討が行われていた。
平原で戦う両軍に帝国に大量の魔物と魔人の出現したと報告されブルースフィアへ向かうが、帝国民は全滅、アールスハイド軍が到着した時には駆け付けた帝国軍も全滅していた。

帝国を滅ぼした後、平民から魔人になった者達がシュトロームの元を去り、スイード王国に襲撃を仕掛けた。アウグストの立太子の儀式の最中に報告を受けた究極魔法研究会の皆は、浮遊魔法を使いスイードへ救援に向かう。出撃の際にチーム名を考えろとアウグストに言われ、シンは咄嗟にアルティメット・マジシャンズと名前を付けた。

魔人達に立ち向かうため、アールスハイドは世界各国と連合を組むことにする。アウグストは交渉のため、シン達はゲートを開けるようにするために各国を回る。
旧帝国と国境を接する三国を回り、大国とはスイードにて会議を開き世界連合が発足した。
世界連合は魔人討伐作戦を進め、周辺国を襲っていた魔人の討伐を行い、シュトロームが留まっている帝都以外を制圧した。シュトロームに動く様子がなく、魔物の数も減ったため、余計な争いはせず帝都の周りに監視網を構築することになった。
監視網完成する頃、シュトロームが動く。旧帝都に大量の災害級の魔物が出現し、シン達は土壁で旧帝都全体を包囲する。土壁が完成したところで、シュトロームの声が響き渡った。そしてシュトロームは、一か月後に決着を着けようとシンに提案をする。

人間側は一か月間、魔人と戦うためそれぞれ準備をし最終決戦に挑む。
シン達はシュトロームとの赤ん坊を抱いたミリアに遭遇するが見逃し、シュトロームの元へ向かった。
シュトロームとの戦闘で、シンが決め手となる一撃を放ったところへミリアが立ちはだかり致命傷を負う。シンは再度魔力を集めシュトロームの討伐に成功するが、ミリアはシシリーに赤ん坊の事を託し息を引き取った。シンとシシリーは自分達が赤ん坊を育てると決意し、連れて帰る。

エカテリーナにより勝利宣言が行われ、シン達は魔法高等学院を卒業した。アルティメット・マジシャンズは組織として活動を行っていくことになる。

卒業後早速アーロンから要請がありエルスを訪れたアルティメット・マジシャンズは、東の山脈と砂漠を越えた先にある国、クワンロンのシャオリンと出会う。
クワンロンとの交易を行いたいというアーロンと、クワンロンにいる姉の病気を治してほしいというシャオリンのために、シンは飛行艇を作りクワンロンへ赴いた。
クワンロンでは、官僚の中でも一際高い地位と発言力を持つハオが、私欲のために竜狩りと革の取引を禁止し、遺跡から発掘した兵器を無断で所有していた。しかし、ハオが理不尽に暴力を振るったことをきっかけに副官はハオのもとを去り、一切の情報を得られなくなったことでハオの思惑は崩れていく。竜が大量発生した際には、遺跡から発掘した兵器で対処するつもりでいたが、ハオが動いた時にはシン達が事態を解決していた。今までの悪事がすべて暴かれ、プライドを傷つけられたハオは禁忌に手を出し魔人化してしまう。魔人化したハオはシン達によって討伐され、クワンロンとの交易交渉が再開される。
クワンロンには古代の遺跡が存在しており、その遺跡にはシンが前世にいた世界と同じ光景が広がっていた。遺跡から発掘される兵器の魔法付与には漢字が使われている。シンは自分と同じような転生者が過去に存在し、自重をせずに行動した結果、強力な兵器による戦争が起こり前文明が滅んだとの考えに至る。同じ歴史を繰り返さないためにも、シンは皆に自分が前世の記憶があることを話し、その世界の事もできるだけ話をした。皆はシンの告白をすんなり受け入れ、それまでと態度を変えるようなことは一切なかった。
クワンロンとの国交樹立に成功し、帰国。アールスハイドへはシャオリンも同行することになった。

アールスハイドへ戻った後、アルティメット・マジシャンズの活動が本格的に始動し、皆は忙しくも充実した日々過ごしていく。
魔人が居なくなり、平和になった世界では、新たな暗躍が動き始めていた。

『賢者の孫』のあらすじ・ストーリー

王都での生活と学生生活の始まり

魔物に襲われた馬車から救い出された赤ん坊は「シン」と名付けられ、この世界で知らない者はいないとされる賢者「マーリン=ウォルフォード」によって育てられた。シンは前世の記憶を持ったまま、この世界に転生していた。魔法が存在する世界に興奮したシンは、言葉を覚え始めたころから積極的に魔法を習い始める。5歳からミッシェルに武術を習い、8歳でメリダに教えてもらった付与魔法を使いこなし魔道具を作る。
10歳になったシンはマーリンとともに魔物を探しに出かけ、遭遇した魔物レッドグリズリーをシン一人で倒してしまう。賢者たちに育てられ、尋常でないスピードで魔法を習得し、15歳になったシン。しかしこの世界の常識を一切習ってこなかったため、非常識人に育ってしまっていた。

シンは世界を学び同世代の友人を得るため、マーリンの友人でこの国の王である「ディセウム=フォン=アールスハイド」の勧めで、王都にある高等魔法学院に入学することにする。
入学試験を受けるためマーリン、メリダとともに王都へ引っ越すことになったシンは、王都での待遇に戸惑いつつ町を探索する。そこで男たちに絡まれていたマリア、シシリーを助けたことがきっかけで、友人となる。二人も魔法高等学院の入試を受けるため、合格すれば同じ学院生になる。

魔法高等学院の入学試験で、シンは「アウグスト=フォン=アールスハイド」と出会い、アウグストもシンを気に入る。魔法の実技試験でシンは初めて同世代の魔法を見ることになる。詠唱を連発し、自身の魔法とはくらべものにならない小さな威力の魔法にシンは頭を抱える。「威力を抑えるように」と言われたシンがだした無詠唱の魔法は、試験場の的をチリと化し、周りを驚かせるには充分だった。筆記試験・実技試験ともにほぼ満点だったシンは、王子であるアウグストを抑え入試首席として入学式であいさつをすることとなる。
マーリン、メリダとともに入学式に向かうシン。マリアとシシリーも合格しておりクラスメートとなった。

入学式で新入生代表挨拶をするシン

ホームルームの後、マリアから「シシリーに付きまとっている男がいる」とシンが相談を受けていると、その男であるカートが現れる。入試の日から何かとシンにからんできていたカートは、恐怖で震えるシシリーに暴言を吐き続ける。親の権力を利用しシシリーを脅すカートに、場を見守っていたアウグストの一喝しその場は収った。このままカートがおとなしく引き下がると思えない一同は、シンの提案でウォルフォード家に集合する。シンはシシリーをカートから守るため、自分の制服と同じように付与魔法を書きかえたいと申し出る。シンに自覚はなかったが、付与魔法を書きかえられた制服は国宝級の防具となっていた。そのとんでもない付与の加護を受ける資格があるかとシシリーに問うメリダ。メリダは今回の件でシシリーがシンを利用していたことを見抜いていたのだった。正直に「シンのやさしさに付け込んだから、その資格はない」と話したシシリーを優しく諭し、シンの書き換えがどれだけ常識外れなのかをわからせるために、皆の前での書き換えをさせる。シンの付与魔法を目の当たりにしたディセウムは「絶対に他言してはいけない」と念を押す。シンは自分の力が戦争の道具になってしまうかもしれない事を自覚した。
防御は整えたが登下校時の危険が予想されるため、朝ゲートでシシリーを迎えに行き、シンの家から一緒に歩いて登校することにした。

翌日、シン達はアルフレッドの案内で学院内を見て回る。学院には部活動のような研究会という活動があるらしい。様々な研究会の説明を受け盛り上がったが、アウグストの一言でSクラスの皆はシンを会長、アルフレッドを顧問とし研究会を立ち上げることにし、「究極魔法研究会」が発足した。

リンの提案で決まった研究会の名前。

シンたちが研究会の話題で盛り上がっているころ、アールスハイド大国では騎士団総長のドミニク、魔法師団団長のルーパー、警備局長のデニスとディセウムが集まり定例会議が行われていた。
ドミニクの報告によると魔物の出現数がここ一年で大幅に増えているという。日次報告で気づかないほど少しずつ増えていたため、これまで増加に気づけなかった。今のところ対応はできているが、この異常事態を騎士団、兵士団、魔法師団、そして魔物ハンター協会も使って、徹底的な調査をすることになった。

魔人の出現

その夜、先日のシシリーとカートの一件で呼び出しを受けたカートの父により、リッツバーグ邸ではカートが叱責されていた。しかしカートは食い下がり異常な発言をしたため、父により自宅謹慎となった。
翌日、カートが自宅謹慎となったことがシン達にも伝えられ、中等学院の頃とは変わってしまったカートを不思議に思うアウグスト、トール、ユリウス。話すうちに中等学院3年の時に来た、両目を眼帯で覆いながらも普通に行動していた魔法の教師、シュトロームの事を思い出す。カートはシュトロームの研究室に通っていた一人だった。シン達が学院で話しているころ、シュトロームはリッツバーグ邸を訪れていた。カートと話をしていたが、防音の結界を張っていたため何が話されていたのかは誰にもわからなかった。

昼休みが終わり、研究会の説明会に向かう途中、グラウンドを通りかかったシンは害意が向けられていることを感じる。害意を向けてきた方向にはカートが立っていた。狂ったように叫びだしたカートは魔力が暴走し、魔物化。魔人となったカートはシンたちに攻撃を仕掛ける。魔人化したカートが言葉を発したため、シンは何とか人間に戻す方法はないかと探るが、仲間たちの危険を察し討伐する。マーリン達から聞いていた魔人と異なる特徴を魔人化したカートは持っていたためアウグストとシンは、カートが人体実験に利用されたのではないかと疑う。

魔人化してしまったカート

翌日、学院中が魔物討伐の話題で浮ついていており、究極魔法研究会への入会希望が殺到。顧問の判断でSクラスの全員が使える「異空間収納」の魔法を使えることを条件とし、Aクラスから、鍛冶屋の息子マーク=ビーンと食堂の娘オリビア=ストーンの二人が入会した。

カートの件で警備局捜査官オルトは事情聴取のためリッツバーグ邸を訪れ、ラッセルと使用人たちに話を聞きシュトロームに疑いを持つ。オルトはシュトロームに同行を求め、練兵場へ案内した。箝口令により魔人化したのがカートだという事は伏せられていたがシュトロームは知っていた。指摘されたシュトロームは自身の関与を認め、壁を壊し浮遊で逃亡を図る。練兵場に集まっていた魔法使いや剣士たちが攻撃をするが、まったく通用しない。シュトロームが逃げてしまうと思われたその時、壊れた壁の向こうにはたまたま練兵場の近くを通りかかったシン達がいた。魔人騒動の真犯人であるシュトロームと対峙したシンは、バイブレーションソードを取り出し攻撃を仕掛ける。シンの攻撃により眼帯が外れ、見えたシュトロームの目は赤かった。シュトロームは完全に理性を保ったままの魔人だった。シンは太陽のチカラを使った魔法でシュトロームに傷を負わせたが、取り逃がしてしまう。

シュトロームと対峙するシン

警備隊と軍務局総出で王都中を捜索したが、シュトロームを見つけることはできなかったため、シュトロームはすでに王都を離れているという判断となった。
シンを狙ってくる可能性を考え、ビーン工房とともに武器の開発と防御魔法を付与したアクセサリーの開発をすることにした。魔人と対等に戦うことができるのが、現状シンだけであるため開発費を国が援助してくれることになった。

魔法学院に現れた魔人の討伐の功績をたたえ、シンは叙勲を受ける。ディセウムは、マーリン、メリダの大切な孫であるシンを軍事利用も政治利用もしないとを約束。叙勲式では理由とともに、ディセウムにより宣言された。

ブルースフィア帝国との戦い

シュトロームの動きを追って国外にも捜索を広げていた王国に、帝国が戦争の準備を進めているという情報が入った。戦争に備え、王国も準備を進めることとなる。
一方、戦争の準備をしている帝国軍内ではゼストにより「王国の魔物が増え、帝国の魔物が減っている」との報告がされ、いよいよ王国を手に入れられるときが来たと貴族の男はその場を去る。

究極魔法研究会の皆はシンの提案で魔法のレベルアップを図る。異常なことが続いており、また騒ぎが起きる可能性に備えるためだ。シンがマーリンに教えてもらった魔法の基礎、魔力制御を皆が理解し数時間練習することで効果を実感。今後も練習を続ける意義を見出す。研究会の後シンの家に集まった皆の前で、マーリンはゲートの魔法を使って見せる。シンの魔法はシン以外にも使えることを証明し、皆は希望を持ったのだった。

開発していた武器の試作品が出来る日、シン達はビーン工房を訪れる。トニーの発案で開発していた刀身を交換できる剣は、アールスハイド王国軍に支給され今度の戦争で早速取り入れられることになった。
そしてついに帝国軍が進軍を始めたとの一報が入る。それに対し王国軍も出兵し、アールスハイド国民にも知らされた。王国は魔物の対策に必要な人数を残し、足りない人員を募集して帝国軍の総力と互角の戦力を確保。帝国との国境近くまで軍勢を進め、情報を整理していた王国軍は帝国軍の進軍の仕方に疑問を抱いていた。何かまだ裏があるのではないかとドミニクが帝国の意図を読めずにいる頃、帝国軍にも王国軍の情報が報告されていた。ブルースフィア帝国皇帝のヘラルド=フォン=ブルースフィアの元に伝えられた報告は、王国軍は魔物の対応に追われ軍勢を整備することすらできていないというものだった。進軍以降、ヘラルドの元に入っていたのは帝国優勢の報告。しかし進軍した帝国軍の前には、魔物の対処に追われ、ここにいるはずのない王国軍が待ち受けていた。戦闘の結果は、帝国軍の大惨敗であった。

戦闘開始から4日目、中型以上の魔物が大量に発生し、ブルースフィア帝国帝都へ向けて侵攻していると両軍に報告された。さらにその中には、魔人も多数いるという。帝都軍はすぐに帝都へ引き返し始める。王国軍も魔人の放置は危険と判断し帝国軍の後方から帝都に向けて進軍を決めるが、王国軍に大量の魔物が向かってきた。魔物に足止めを食らい、王国軍は夜明けまで進軍を待たなければならなくなった。帝都は守護に当たるべき軍隊が不在の中、中型以上の魔物の大群と魔人に攻め入られ、成す術も無く地獄絵図と化していた。帝都民の断末魔が響く中をシュトロームとミリアは涼しい顔をして帝城に向かって歩いく。

王国軍が帝都に到着したのは、既に全滅した後だった。

帝国軍が到着した時には既に帝都は魔物が占領しており、王国軍が帝都に到着する頃には帝国軍も全滅していた。そして唖然とする王国軍に、シュトロームは王国軍のおかげで帝国軍の数が減り、楽に全滅させることができたと声をかける。自分達も利用されたことを知った王国軍だったが、現在残っている戦力ではシュトロームに対抗することは難しく、他国の協力要請が必要だと判断し王国へ帰還。そしてアールスハイドでは、シュトロームの存在とブルースフィア帝国帝都が滅ぼされたこと、今回の戦争がシュトロームによって引き起こされたものであることが公表された。

騎士学院との合同訓練

シュトロームに滅ぼされた帝国からは何の声明も出ておらず、魔人たちの今後の動きは全く読めなかった。アールスハイドは他国と連携し、旧帝国を監視する方向で話を進めていく。

シン達は戦力を上げるため魔法の練習に力を入れていた。攻撃魔法の練習には毎回練習場の申請が必要なため、シンが魔法学院に入る前に使っていた荒野を練習場所として使うことにした。シンが魔法の説明を行った後、皆で同じ練習を行うことで、皆の魔法は順調に上達してる。そんな中、王国の出した通達には万が一に備えて学生も戦えるようにしておくようにという内容も含まれていた。そして、魔法使いと騎士との連携をとれるように、魔法学院の生徒は犬猿の仲である騎士学院の生徒と合同訓練を行うことが決まる。
魔法学院からはシン、オーグ、マリア、シシリーの四人、騎士学院からは一年首席のクライス、次席のミランダ、そしてノインとケントの四人の計八名でパーティーが組まれた。騎士団と魔法師団からジークとクリスが訓練の指導教官としてシン達のパーティーについた。王都の外に出てパーティーごとに訓練を行う。騎士学院の生徒は魔法学院の生徒と協力する気は無い様子で、自分たちだけで魔物を討伐できると言い張るため、オーグは騎士学院の生徒のみで魔物を討伐するように提案する。ジークフリードとクリスティーナにも事情を説明し、騎士学院の生徒は剣を抜き二メートルほどの猪の魔物に突撃。しかし突進してくる猪をよけきれず、跳ね飛ばされる。シンは衝撃で立ち直れずにいる騎士学院の生徒と、それにめがけて再度突進しようとしている魔物の間に立ち、バイブレーションソードで魔物を倒す。ジークフリードとクリスティーナの助言もあり、剣と魔法の連携を理解した両生徒は和解、協力し合同訓練の初日を終えた。翌日以降も合同訓練は順調に進んでいたが、シュトロームの動きが読めず旧帝国領で何が起きているかもわからず皆は不安を抱えながら訓練に臨んでいた。

合宿

皆が不安を抱える中、アウグストは公表されていない情報を研究会のメンバーに話す。既に相当な実力集団となった究極魔法研究会の皆は、学院卒業後、国の管理下に置かれオーグ直轄の特殊部隊となる予定であり、魔物との戦闘で重要な戦力となるため魔人の動向は知っておくべきだと考えたからだった。
帝国領内では魔人たちが町や村を襲って回っているが、国外には被害は広がってはいないらしい。町を収めている貴族は皆殺し、平民も殆どは殺され、殺されていないものは魔人となっているという。
シュトローム率いる魔人たちの動向に危機を感じたシンたちは、長期休暇を利用してクロード家の領地で合宿を行うことにした。マーリンとメリダも保護者として同行するだけでなく、皆のレベルアップのために協力してくれることになった。合宿の間王都を離れ魔人たちの情報が入り辛くなるため、シンとオーグは一日に一度、ゲートで王城へ確認に戻る。ある日王城でアウグストを待っていたのは、放置されて怒る婚約者エリザベート=フォン=コーラルと、メリダの大ファンである妹メイ=フォン=アールスハイドだった。合宿の間、二人もクロード邸に滞在することで話はまとまった。その夜、皆に見守られる中シンとシシリーは恋人同士に。翌日にはシシリーの両親に挨拶をし、正式に婚約者となった二人のために、その夜は身内だけの婚約披露パーティーが開かれた。
婚約披露パーティーの翌日から、防御魔法を付与した皆の戦闘服が用意できたため、実戦での訓練を始めた。災害級の獅子の魔物に遭遇し、支援系の魔法が得意なユリウス、シシリー、ユーリ、マーク、オリビアでの討伐に成功する。その後、攻撃の魔法とバイブレーションソードを使いトニーは単独で災害級の虎の魔物を討伐。皆は自身のレベルアップを実感していた。

アルティメット・マジシャンズ出陣

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド・カオチャ)のネタバレ解説・考察まとめ

『CHAOS;CHILD』とは、2014年12月18日に発売されたXboxOne用のゲームソフトであり、2017年にアニメ化がされた。略称は「カオチャ」。「科学アドベンチャーシリーズ」の第4弾で、シリーズ第一弾の「CHAOS;HEAD NOAH」の後継作である。 渋谷は、6年前に起きた大災害『渋谷地震』から復興した。新しく設立された『碧朋学園』に通う宮代拓留は、所属している新聞部の活動の一環として街で起こった事件を追っていく。そして拓留は、渋谷の街を巻き込む事件へと足を踏み入れていく。

Read Article

魔王学院の不適合者(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔王学院の不適合者』とは2017年よりWEB小説サイト「小説家になろう」で「秋」が連載しているハイ・ファンタジー学園ライトノベル、またそれを原作とした漫画やアニメ作品のことである。二千年前の神話の時代に魔王として君臨したアノス・ヴォルディゴードが前世の記憶を持ったまま二千年後に転生し、驚くほど低次元の魔法しか使えなくなった子孫達に不適合者の烙印を押されながらも魔王学院デルゾゲードで活躍する様子を描く。原作はシリーズ累計2020年11月の時点で160万部を超える大ヒット作品である。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(バトラーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Butlers〜千年百年物語〜』とは、原作である「Intouchable Butlers」をベースに「SILVER LINK.」により制作されたアニメ作品。千年の歴史を有し、特殊な能力を持つ『血族』。その一族から選ばれた『血霊』を守護する存在、バトラーズ。その血族達のある事故によって、神宮司高馬ことジェイは、時空のゆがみに巻き込まれてしまう。彼が降り立った場所は、自分のいた時代から百年も経過した世界だった。

Read Article

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…(はめふら)のネタバレ解説・考察まとめ

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』とは、乙女ゲームの世界に転生した主人公が、自分の破滅フラグを回避すべく奮闘する異世界転生系小説であり、それを原作としたアニメである。作者は山口悟。小説投稿サイト『小説家になろう』にて本編が連載され、後に一迅社文庫アイリスよりライトノベルとして出版される。ライトノベルの2巻までが『小説家になろう』の本編に相当し、3巻以降は文庫版の書き下ろしである。2020年にテレビアニメ化され、略称「はめふら」で親しまれる。2021年に第2期が放送。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

異世界食堂(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「異世界食堂」とは、犬塚惇平のライトノベル作品。2013年から小説家投稿サイト「小説家になろう」で連載し、2017年にはSILVER LINK.製作でアニメ化。現代日本にある洋食店「洋食のねこや」は、土曜日になると扉が異世界と繋がり、異世界の住人達が料理を食べにやってくる「異世界食堂」となる。異世界の客達が現代日本の洋食を食べる、所謂飯テロアニメ。客達の完璧な脳内食リポが特徴的。

Read Article

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)のネタバレ解説・考察まとめ

『落第騎士の英雄譚』とは、海空りくによるライトノベル作品またはそれを原作とするアニメ作品である。 ジャンルとしては相対的に魔法要素等が少ないとされるロー・ファンタジーの学園物で、ライトノベルよろしく多数の女性キャラが登場する。 しかし本作の特徴として女性キャラは多数登場するものの、あくまでメインヒロインは一人である。 能力者としては最低ランクかつ、その能力の低さと大人達の汚い関係性故に一度落第している主人公が文字通り一生懸命頑張る姿とメインヒロインとの恋仲の様子が描かれる。

Read Article

のんのんびより(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画家あっとが書いた原作「のんのんびより」を基にした脱力系田舎ライフコメディアニメ。 この物語はとある田舎にある旭丘分校に通う子供たちの楽しい日常を描いた物語である。1期は2013年の10月から12月まで放送され、2期は2015年の7月から9月まで放送された。基本的に一話で完結する物語となっている。

Read Article

田中くんはいつもけだるげ(たなけだ)のネタバレ解説・考察まとめ

「田中くんはいつもけだるげ」とは、ウダノゾミによる漫画、及び「SILVER LINK.」製作のアニメ作品。2013年から「ガンガンONLINE」で連載開始し、2015年にアニメ化した。けだるく無気力な主人公「田中」と、田中を世話する同級生の友人「太田」の周りで起こる日常系コメディ。作中にはポケモンやドラクエなどの映画やゲームのパロディ要素がある。

Read Article

川柳少女(Senryu Girl)のネタバレ解説・考察まとめ

『川柳少女』とは、週刊少年マガジンで連載されている漫画、及びそれを原作としたアニメ。原作者は五十嵐正邦である。 川柳を題材に主人公の雪白七々子と彼女が想いを寄せる同じ文芸部の毒島エイジを中心に展開される学園ラブコメディである。話の大半はギャグシーンが多く、最後の大ゴマで恋愛要素を含めた落ちで締めくくられるというのが主なストーリー構成となっている。

Read Article

三ツ星カラーズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『三ツ星カラーズ』とは、作者「カツヲ」による漫画作品。2014年から月刊コミック電撃大王で連載を開始。2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。「赤松 結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野の平和を守る秘密組織「カラーズ」を名乗り、上野にあるアジトを拠点に今日も活動する。カラーズは新に元盗人野良猫の「モノクロ大佐」をメンバーに加え、警察官の斉藤や雑貨屋のおやじ、パン屋の笹木姉妹などと交流していく。可愛いが悪ガキなカラーズと上野に住む大人たちの日常を描くギャグコメディ。

Read Article

妹さえいればいい。(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『妹さえいればいい。』とは、平坂読による青春ラブコメライトノベル、およびそれを原作としたアニメ作品である。 今をときめくライトノベル業界を彩る作家たちを舞台に妹をこよなく愛する小説家『羽嶋伊月』を中心とした個性豊かな登場人物たちが繰り広げていく、青春ラブコメ作品。

Read Article

賢者の孫(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『賢者の孫』とは吉岡剛による小説、及びそれを原作としたアニメ作品である。交通事故で死んだはずだったサラリーマンが、赤ん坊として異世界に転生。賢者・マーリンに拾われ、「シン」と名付けられ育てられる。すくすく成長し、規格外の魔法能力を身に着けたシンであったが、なんと賢者は彼に常識を教えていなかった。魔法の才能はあっても常識がないシンは、様々なトラブルに巻き込まれていくことになる。世間知らず系異世界転生ファンタジー。

Read Article

賢者の孫(第2話『常識破りの新入生』)のあらすじと感想・考察まとめ

チンピラに絡まれていた二人、シシリーとマリアを無事に救出したシン。二人はシンと同じく高等魔法学院の受験生だった。学院の入学試験の日、シンはカート=フォン=リッツバーグと名乗る受験生に因縁をつけられるが、これを軽く受け流す。入学後、カートはシシリーに付き纏うストーカーだったことが判明する。カートからシシリーを守るため、シンはシシリーの制服に強力な付与魔法を施すことになった。 今回は「賢者の孫」第2話『常識破りの新入生』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

賢者の孫(第1話『世間知らず、王都に立つ』)のあらすじと感想・考察まとめ

交通事故で死んだはずだったサラリーマンは、赤ん坊として異世界に転生する。彼は賢者・マーリンに拾われ「シン」と名付けられ育てられる。規格外の魔法能力を身に着けて成長したシンであったが、何と賢者は常識を教えていなかった。シンは常識を身に着けるため、そして友人を得るために王都の高等魔法学院に入学することに。王都に向かった彼は、チンピラ三人に囲まれている女の子二人に遭遇。二人を華麗に助けるのだった。 今回は「賢者の孫」第1話『世間知らず、王都に立つ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第12話『千年百年』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは、命を懸けた天奈の希望であるこの世界を救うことを選択した。そう決めたジェイは、羽早川と共に御国と対峙する。何度も繰り返される応酬の中、天奈の想いを守ろうとするジェイの意志に応えるように、右手のブレスレットが光り輝く。 そしてその輝きはペンダントの光となって、ジェイの希望であったものへと姿を変えていく。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第12話『千年百年』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第1話『運命の時』)のあらすじと感想・考察まとめ

転校して間もなく、名門・京常見学園の生徒会長に任命された神宮司高馬、通称ジェイは、日々の学園生活を送りながら、羽早川翔という人物を探し出すことに注力していた。 忙しない生徒会の仕事や行事に追われる中、ある日の就任式パーティで羽早川を見かける。 そして多くの生徒達が通うカフェで働いていることを突き止め、ついに彼と対峙する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第1話『運命の時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

春人だけでなく、蛍や蓮、藤代までもが血族の末裔であったことから、ジェイは自分の素性を彼らに明かす。 蓮はその突拍子もない話に有り得ないと首を振り、その後、藤代が力に目覚めたという話も信じずにいた。 しかし自身もバトラーとしての能力が開花してしまい、動揺した彼は学園内を彷徨う。 一方、御国は、ジェイ達の陰に隠れて不穏な動きをしていた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第3話『すれ違う思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園では生徒会を中心に、町内会と協力して行われるイベントの準備に追われていた。 そんな中、再びジェイは羽早川の元を訪れ真意を確かめようと襲撃を掛けるが、本気を出した羽早川に抑え込まれ、またしても逃げられてしまう。 その現場に春人が駆けつけて介抱しようとするが、邪魔をするな、お前には関係ないと、ジェイは冷たい態度を露わにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第3話『すれ違う思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第10話『愛執』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイを心配してカフェ・ド・ヴェインへ向かおうとしていた春人達は、その途中で影山に襲われている黒澤と茶野に出会い、彼らから学園長の不穏な動きを知らされる。 その頃、互いに譲れない信念を掛けて、ジェイと羽早川は戦いに挑む。 しかしジェイは羽早川から彼の真意と、天奈の秘めた想いを知り愕然とする。 それを害するように、御国の魔の手が二人に忍び寄る。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第10話『愛執』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第5話『名探偵ホームズの事件簿』)のあらすじと感想・考察まとめ

屋敷が取り壊されることを春人達から聞かされたジェイは、学園長の御国に直訴を試みるが、理事長からのお達しである以上、取り壊しは避けられないと告げられる。そんなジェイのために春人達は、屋敷の取り壊しを阻止しようとある行動を開始する。そしてついに、ジェイは羽早川から天奈のペンダントを取り戻すことに成功する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第5話『名探偵ホームズの事件簿』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第2話『表と裏』)のあらすじと感想・考察まとめ

羽早川が務めるカフェ・ド・ヴェインから、突然客足が遠のいてしまう。 その理由は、羽早川が女性を見境なくナンパしているとの噂がネットに流れたためだ。 この窮地を脱するため、店の常連客である藤代を筆頭に、更に羽早川の素性を調査するために訪れた春人達や偶然居合わせた黒澤、茶野も巻き込んで、彼らは店に客を呼び込もうとあることを始める。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第2話『表と裏』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第11話『岐路』)のあらすじと感想・考察まとめ

天奈のペンダントと羽早川のブローチを影山に奪われたジェイは、後を追った先で御国と遭遇する。 御国が裏で暗躍していたことを知らされ、影山の失った家族に会いたいという強い意志を前に、ジェイは立ち尽くす。 羽早川と御国の双方の意見の食い違いは平行線を辿ったまま、やがて時空の歪みの入り口が開く。 全ての結末は、ジェイの意思に託される。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第11話『岐路』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第9話『メッセージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ブレスレットに刻まれた「222〇」というメッセージが、この屋敷の「〇」に纏わるものだと判明する。 それを頼りに考えを巡らせたジェイは、天奈と過ごした思い出の中で、その「〇」に因んだものがあったことに気付く。やがて訪れた場所で、ジェイは天奈の想いが綴られた手紙を手にする。 一方、羽早川は黒澤達から、空のプラズマ事件が五年前にもあったという事実を知らされる。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第9話『メッセージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第6話『過去の逆襲』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分の強引な行いによって、春人に重傷を負わせてしまったことに罪悪感を覚えるジェイ。 同時に学園ではジェイに関する悪い噂が流れ始め、生徒会長を辞任する事態に追いやられてしまう。 そんな中ジェイは、春人に初めて自分の素性と目的を語り始めると、そこで血族に関する新たな事実が発覚する。そして羽早川の方でも、同じ事態に直面していた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第6話『過去の逆襲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第4話『華麗なる対決』)のあらすじと感想・考察まとめ

生徒会主体による町おこしイベントで、ジェイは急遽羽早川と「執事対決」をすることになる。 そこにジェイに個人的な恨みを持つ北園アヤメの妨害によって窮地に立たされるが、春人達の援護や、持ち前のバトラーとしての能力をいかんなく発揮していく。 そしてジェイは、以前天奈から贈られたブレスレットに隠された、ある秘密を目の当たりにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第7話『目覚めの時』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは怪我から復帰した春人と共に、生徒会室に続く地下室を訪れていた。 そこで彼は自分と天奈に起こった百年前の出来事、そしてブレスレットの謎の文字についてを説明する。 羽早川の方でも、血族の末裔と称する店長の橘と共に、突如現れたある予言の言葉を耳にしていた。 そんな中、蛍によって生じたある出来事きっかけに、新たな血族の末裔が出現する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第7話『目覚めの時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents