バウンサー(漫画・テレビ)のネタバレ解説まとめ

『バウンサー』とは2014年に創刊された『別冊ヤングチャンピオン』で連載されている日本のアウトロー漫画。作者はみずたまこと。単行本は発刊から3巻で50万部を突破した。単なる不良とヤクザを題材にしたアウトロー漫画ではなく、用心棒という職業を取り入れた。主人公は曲がったことが許せない獅子戸丈一郎。夜の街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い人生の転機を迎える。裏社会の洗礼と命の危機にさらされる丈一郎。苦境に立ち向かい、自身を磨くため葛藤しながらも成長していく姿を描く。

関暴連の精鋭部隊「死華裏終」の朝風と雷門が獅子戸に襲い掛かる

死華裏終(シカリオ)は関暴連の中で猛者を集めた精鋭部隊。

チームアニサキス

チームアニサキスの兼平兼斗(左)と風間麗民(右)

アクション動画を専門とするユーチューバーのチーム名。所属する風間麗巳は、関暴連の幹部であり死華裏終の一員。

TFM

虎井清十郎直伝の格闘術を繰り出す獅子戸丈一郎

TFM(トライファイティングメソッド)。スペインの格闘術を参考にして虎井がアレンジした接近の格闘術。頭を守りつつ身体の中心軸で回転するイメージで遠心力を利用、主に肘やひざ、頭などの硬く部分を使い相手に攻撃する。

『バウンサー』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

土下礼

命の守り方を教えてほしいと鰐渕に頼むため「土下礼」する獅子戸丈一郎

東京フィストの研修で不採用になりかけた獅子戸丈一郎。土下礼は、土下座を超える表現として丈一郎が鰐渕に対してとった行動。高い台から飛ぶ「ジャンピング土下寝」をしたあと、尻と腰をそのまま突き上げる「土下礼」を見せた。

鰐渕剛志「ダメだ!」

東京フィスト・鰐渕剛志社長の口癖

東京フィストの鰐渕社長の口癖。作中では、まっすぐな性格をしている獅子戸丈一郎に対して言われる言葉。決して相手を否定する時には使っていないとみられる。

高島亮一「合理的に~」

「合理的に」が口癖の高島

東京フィストの幹部社員、高島の口癖。あらゆる会話に「合理的に」という言葉を付け加える。意味が通っていないとしても付ける。

虎井清十郎「心配すんな……オメェは一人じゃねえからヨ」

初めて人を殺めてしまった獅子戸丈一郎に寄り添う虎井清十郎

単行本9巻で出てくる虎井清十郎のセリフ。獅子戸丈一郎が関暴連のトップの兼平拳一を銃で殺害したあと、虎井は寄り添う姿を見せた。日頃、丈一郎に対して粗暴な対応を見せていたがこの時ばかりは違った。

獅子戸丈一郎「どんなクソ野郎だったとしても………この男は俺の依頼人だ」

依頼人は絶対に守ると誓う獅子戸丈一郎

単行本7巻に出てくる獅子戸丈一郎のセリフ。関暴連の有賀勇気が獅子戸丈一郎に嘘を付いていたことが明らかになった時、海外マフィアに放った言葉。依頼人は命をかけてでも守るという「バウンサー」の使命を心に誓っている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents