バウンサー(漫画・テレビ)のネタバレ解説まとめ

『バウンサー』とは2014年に創刊された『別冊ヤングチャンピオン』で連載されている日本のアウトロー漫画。作者はみずたまこと。単行本は発刊から3巻で50万部を突破した。単なる不良とヤクザを題材にしたアウトロー漫画ではなく、用心棒という職業を取り入れた。主人公は曲がったことが許せない獅子戸丈一郎。夜の街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い人生の転機を迎える。裏社会の洗礼と命の危機にさらされる丈一郎。苦境に立ち向かい、自身を磨くため葛藤しながらも成長していく姿を描く。

雷門大治(らいもん だいじ)

雷門大治

関暴連の精鋭部隊「死華裏終」の一員。足の筋肉に触れられると怒り狂って暴力的になる。朝風と共にスポーツクラブでインストラクターとして働いていたが、獅子戸丈一郎とのつながりがばれたことで兼平拳一に殺害されてしまう。

黒須東阿(くろす とうあ)

黒須東阿

関暴連の元一員で、財務部門のトップ。褐色の肌で日本人とフィリピン人のハーフであるジャピーノ。幼少期に両親から虐待を受けてていた経験があり、「理新」という別人格を持つ解離性同一性障害を抱えている。理新が出ている際の戦闘能力は大幅に上がる。

兼平拳一(かねひら けんいち)

兼平拳一

4人いる関暴連トップの一人。病的なまで「バランス」を重視しており、バランスを保つためなら冷酷な殺人も行う。ハーバード大学を卒業。最後は、獅子戸に撃ち殺されてしまう。

兼平兼斗(かねひら けんと)

兼平兼斗

アクション動画を専門とするユーチューバー「アニサキス」のメンバー。地下格闘技のチャンプで、兼平拳一の兄。動画撮影のために東京フィストの鶴見を襲撃するも獅子戸丈一郎に敗れる。

その他

獅子戸勇一郎(ししど ゆういちろう)

獅子戸勇一郎

獅子戸丈一郎の叔父で育ての親。丈一郎が15歳の時に事故死したとされているが、謎の男「佐藤」の正体として描かれている。

ヴィンセント アカモチ

ヴィンセント アカモチ

東京・六本木に拠点を置くナイジェリア組織のボス。虎井清十郎とは友人関係にある。

マヌク カンドゥ

マヌクカンドゥ

ヴィンセントがトップを務めるナイジェリア組織の上位組織のボスの甥。元軍人。ヴィンセントから組織の女性の管理を任されるも、子どもを産めない身体にするなど次々と暴行を加える。ヴィンセントの依頼を受けた虎井に倒されたあと、右腕と両足を切り落とされる。

鴨川(かもがわ)

鴨川

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents