バウンサー(漫画・テレビ)のネタバレ解説まとめ

『バウンサー』とは2014年に創刊された『別冊ヤングチャンピオン』で連載されている日本のアウトロー漫画。作者はみずたまこと。単行本は発刊から3巻で50万部を突破した。単なる不良とヤクザを題材にしたアウトロー漫画ではなく、用心棒という職業を取り入れた。主人公は曲がったことが許せない獅子戸丈一郎。夜の街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い人生の転機を迎える。裏社会の洗礼と命の危機にさらされる丈一郎。苦境に立ち向かい、自身を磨くため葛藤しながらも成長していく姿を描く。

鶴見拓哉

東京フィストの社員で、セキュリティ部門の幹部候補(オペレーター担当)。やや小柄で眼鏡をかけている。蜂野と同じ伝統派空手を経験しているが白帯。格闘技術はあまりない。鉄道オタク。有名私立大卒。

有賀勇気(ありが ゆうき)

有賀勇気

関東暴狂連合(関暴連)の元メンバー。獅子戸丈一郎の最終試験で襲い掛かった一人。関暴連の資金を持ち逃げしたことで丈一郎に助けを求める。その後、東京フィストに入社し、セキュリティとして現場担当を務める。

主な敵対人物

柿根陽介(かきね ようすけ)

柿根陽介

演:大東駿介
指定暴力団「剛浄会」直参。33歳にして武闘派組織「阿藤組」の若頭補佐に上りつめる。細身のスーツ姿でインテリ暴力団員。額の右側に銃痕があり「不死の男(アンデッドマン)」と呼ばれているほか、人の心を読むことができると噂されている。

佐藤(さとう)

佐藤

突如、獅子戸の前に現れた覆面・隻腕の謎の男。フードをかぶり、国籍年齢などの詳細は不明。犬のマスクをかぶった鈴木とのコンビで「裏社会の便利屋」とされている。圧倒的な格闘センスを持つ。

鈴木(すずき)

鈴木

佐藤と同じく獅子戸の前に現れた謎の男。犬のマスクをかぶり、語尾に「ワン」を付ける。レスラーのような体格で、長い金髪をオールバックにしている。虎井との戦いで首をへし折られて殺害される。

田中(たなか)

田中

牛の被り物をしている巨漢。語尾に「モオ」をつける不気味な男。虎井に殺害された鈴木に代わるかのように、佐藤とバディを組む。国籍年齢など詳細は不明。

風間麗民(かざま れみ)

風間麗民

自称・アクション動画専門のユーチューバーチーム「チームアニサキス」のメンバーで関暴連のメンバー。細身の女性で、通称はフーミン。語尾に「ピヨ」を付けて話す。有賀の資金持ち逃げの責任をとらされて、兼平拳一に殺害される。

朝風道也(あさかぜ みちや)

朝風道也

関暴連の精鋭部隊「死華裏終」の一員。腕の筋肉に触れられると怒り狂って暴力的になる。雷門と共にスポーツクラブでインストラクターとして働いていたが、獅子戸丈一郎とのつながりがばれたことで兼平拳一に殺害されてしまう。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents