バウンサー(漫画・テレビ)のネタバレ解説まとめ

『バウンサー』とは2014年に創刊された『別冊ヤングチャンピオン』で連載されている日本のアウトロー漫画。作者はみずたまこと。単行本は発刊から3巻で50万部を突破した。単なる不良とヤクザを題材にしたアウトロー漫画ではなく、用心棒という職業を取り入れた。主人公は曲がったことが許せない獅子戸丈一郎。夜の街を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い人生の転機を迎える。裏社会の洗礼と命の危機にさらされる丈一郎。苦境に立ち向かい、自身を磨くため葛藤しながらも成長していく姿を描く。

『バウンサー』の概要

『バウンサー』は2014年に創刊された『別冊ヤングチャンピオン』で連載されている日本のアウトロー漫画。作者はみずたまこと。単行本は発刊から3巻で50万部を突破した。単なる不良とヤクザを題材にしたアウトロー漫画ではなく、用心棒という職業を取り入れた。作品の中では、みずたが『ヤングチャンピオン』で並行して連載している少年院を出た17歳の井口達也が暴走族のメンバーと出会い、トラブルに巻き込まれながらも更生する姿を描いた不良漫画『OUT』のストーリーがところどころに散りばめられている。また、2017年4月から「BSスカパー!」で平埜生成と超新星のユナクをW主演に迎え、実写化されたオリジナルドラマが放映された。作中では、家庭内暴力やいじめ、ネグレクトなど現代社会が抱える闇についてのテーマが盛り込まれている。主人公は曲がったことは許せない獅子戸丈一郎、19歳。その性格が影響して、これまでに派遣社員を26回クビにされる。落ち込んでいたある日、夜の街を守る民間警備会社「東京フィスト」の社長・鰐渕剛志と出会い、人生の転機を迎えることとなる。クラブや依頼人を警護するボディーガードいわゆる”バウンサー”として新しい道を歩み始める。しかし、丈一郎が身を置く東京フィストは警察関係組織と裏でつながる「雌鹿(めじか)」と噂されている。物語は東京フィストの鰐渕社長が保有する極秘情報「Bデータ」を巡って進んでいく。それを狙う暴力団組織の影。新たな一歩を踏み出した獅子戸丈一郎に次々と裏社会の恐怖が襲い掛かる。命の危機にさらされる丈一郎は新たな仲間と支え合いながら、苦境に立ち向かっていく。育ての親である叔父の教えを胸に、自分を磨くために葛藤しながら成長していく姿を描く。

『バウンサー』のあらすじ・ストーリー

「東京フィスト」との出会い

育ての親の叔父と話す幼少期の獅子戸丈一郎

主人公の獅子戸丈一郎。父親は不明、母親は生まれて半年で丈一郎を施設に捨てた。唯一の親戚の叔父が彼を育ててきたが、15歳の時に事故死する。「男を磨いて強い男に」。苦労した生い立ちを持つ丈一郎にとって叔父の教えが礎となり、まっすぐな男として成長していく。しかし、筋が通らないことにキレてしまう性格が災いし、高校では教師を殴ったことで退学となり最終学歴は中卒に。その後も真っすぐすぎる性格が影響して勤めていた会社で、理不尽な上司や先輩に暴力をふるうなどしてしまい、解雇された経験は26回に上る。

クラブで暴力をふるい鰐淵社長につまみ出される獅子戸丈一郎

派遣社員として勤めていた会社で、上司を殴り解雇されてしまった丈一郎。途方に暮れる中、ふと入ったクラブで民間警備会社「東京フィスト」の社長・鰐渕剛志と運命の出会いをする。一人で酒を飲んでいた丈一郎は女性にしつこく言い寄る男性を殴ってしまう。その様子を見ていたクラブの警備にあたっていた鰐渕につまみ出されてしまう。対応に納得いかない丈一郎は鰐淵に向かっていくが、圧倒的な実力差から打ちのめされる。満身創痍になりながらも何度も立ち上がる丈一郎だったが、脱臼や打撲など徹底的にやられてしまい、最後は意識を失う。約1か月後、完治した丈一郎は、鰐渕からの示談に承諾するため「東京フィスト」を訪れる。鰐渕に恐怖心を抱きながらも”自分を磨く”ために目標にすべき人物であると感じた丈一郎。”まっすぐな思い”に心を打たれた鰐渕は「東京フィスト」で働くことを勧め、丈一郎は見習い用心棒として新たな道を進むことになる。

警察署で丈一郎を見つける同級生で新人警察官の鴨川

東京フィストの見習いとして歩み始めた丈一郎だったが、警備に当たっていたクラブで暴力沙汰に巻き込まれ警察に連れていかれることに。丈一郎は、警察署内で同級生で新人警察官、鴨川に声をかけられたが気づかないほど落ち込んでいた。

格闘訓練に励む獅子戸と指導役の蜂野

見習いの獅子戸丈一郎は正社員になることを目指し、同い年の先輩社員・蜂野信也と「東京フィスト」の幹部社員・虎井清十郎から指導を受けることになる。日中は2人から護身術や格闘技を学び、夜は現場に出てクラブの警護に当たる日々を送っていた。厳しい指導の背景には、東京フィストで命を落とす社員がいた過去があった。自分自身の命を守るためにはどうすればいいのか。虎井は丈一郎に対して、警護の際、危害を加えられそうになったら「どんな方法を使っても相手を弾き返す」ことの大切さを説く。それが、”バウンサー(弾き返す者)”としての心得だった。やりがいを感じる丈一郎は、勉強が苦手だったが課せられた正社員になるための筆記試験も乗り越え合格するのであった。

最終試験に臨む丈一郎の前に現れた謎の男「佐藤」と「鈴木」

正社員になるための最終試験は、指定された場所に小包を届けること。しかし、虎井は試験の一環として「関東暴狂連合(関暴連)」のメンバーを雇い、丈一郎を邪魔するように指示。10人以上に囲まれるも何とか切り抜けられそうな丈一郎だったが、突如、謎の2人組の男佐藤と鈴木が現れる。犬のマスクをかぶった鈴木は、関暴連のメンバーをあっという間に片づけてしまう。首はへし折られ、頭が陥没するなど広がる凄惨な現場。命の危機を感じた丈一郎は逃げることを選択したが、関暴連のメンバーの一人から助けを求められ2人と戦うことを決意する。

実力差を感じながらも必死に応戦する獅子戸丈一郎

2人を足止めするも目を潰されてしまった獅子戸丈一郎

圧倒的な力を持つ佐藤と鈴木。実は、東京フィストとは因縁の過去があり、多くの社員を再起不能にするだけなく3人の命を奪っていた。丈一郎は2人の存在を知らなかったが、関暴連のメンバー・有賀からの「依頼」を達成するために死に物狂いで佐藤と鈴木と応戦する。何とか2人を足止めすることができ、関暴連のメンバーを逃がすことができた丈一郎だったが佐藤に両目を潰されてしまうのであった。

瀕死にながらも最終試験の指令を達成する獅子戸丈一郎

鳴り響くサイレンの音を頼りにして蜂野が現場に駆けつける。そこに佐藤と鈴木の姿はなく、意識を失った丈一郎の姿があった。蜂野の呼びかけに意識を取り戻した丈一郎だったが、両目を潰されたうえ、あばら骨が肺に刺さる重傷を負っていた。最終試験の制限時間の午前2時まであとわずか。丈一郎は蜂野が呼んだ救急車に乗り込んで指定された場所にたどり着くことができ、小包を鰐渕に手渡すのであった。

懸命なリハビリに取り組む丈一郎を見守る川内(左下)

一命をとりとめた丈一郎。潰された両目の手術をしたところ、幸い眼球破裂はしていなかった。しかし、治療を担当した東京海王病院の女医、川内からは左目については100パーセント失明すると告げらてしまう。右目に関しても視力を失う可能性が高いという。

ヴィンセントからの依頼を受ける虎井

丈一郎が入院生活を送る中、騒がしい日々は変わらない東京・六本木。虎井の友人でナイジェリア組織のボス、ヴィンセントがある人物を痛めつけてほしいと依頼する。その人物とは元軍人のマヌク。マヌクはヴィンセントから管理を任されていた女性の身体を子どもが産めないほどまで傷づけるなど暴力を繰り返していた。ヴィンセントは暴挙を止めるために虎井に頼んだのであった。

虎井に倒されたあと、右腕と両足を切断されたマヌク

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents