王様ランキング(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『王様ランキング』とは、十日草輔によるファンタジー漫画である。
最初はweb漫画投稿サイト『マンガハック』で毎週土曜日に更新されていたところ、徐々にその人気が認められ、現在は様々なweb媒体で読むことが可能であり、KADOKAWA書店(ビームコミックス)より書籍化もされている。絵本のようなやさしいタッチが魅力の作品。
主人公の耳が聞こえず、話すこともできないボッジ王子と友人のカゲが『王様ランキング』で1位になることを目指して奮闘する物語である。

『王様ランキング』の概要

『王様ランキング』は、十日草輔による日本の漫画。漫画投稿サービス『マンガハック』にて2017年5月20日から毎週土曜日に更新されているのである。「みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019」6位。発行部数は30万部。
この作品は人を選ぶであろう画風である。絵本チックな絵に、登場人物の一人「デスパー」が美男という設定も普通の漫画からしたら首を傾げてしまうかもしれない。
あらすじは、耳の聞こえない非力な王子「ボッジ」と「カゲ」と呼ばれる不思議な生物の出会いから物語は始まり、だんだんと王子の謎や王様を取り巻く人物たちに関わっていくことになる。
主人公は耳が聞こえない上に木剣すらも持てないほど非力な存在だ。だが、それに負けないほどの大きな器も持っているのである。彼を取り巻く人々も一様に自分の信念を持っているのである。主人公ボッジ王子と友人のカゲはもちろん、ライバルにあたる第二王子の弟ダイダ、義母ヒリング、ボッスとミランジョ、そのキャラクターが織りなす物語がすべてつながっていく。王様ランキングとは一体何なのかその謎はまだ解き明かされない。

『王様ランキング』のあらすじ・ストーリー

笑いものの王子

街をパンツ一枚で歩き笑い者にされているボッジ王子

巨人であり一台で王国を築き上げた強さだけなら王様ランキング1位である豪傑の父。巨人であり戦士でもある勇猛な母。その二人から生まれた子は小さく非力な子であった。
それが主人公ボッジ。ボッジは非力なだけでなく耳も聞こえず本当にか弱い存在だ。ボッジを守っていた母も死んでしまう。そんな中新しく王妃をめとった父。次の王妃はヒリング、後の義弟第二王子ダイダの母だ。そうして生まれた剣の才能も備えたダイダ。
そんな環境の中話は始まる。
始まりはパンツ1枚で歩いているボッジが周囲から笑われるところで始まる。「耳が聞こえないから口も聞けない」ダメ王子と周りから非難されたり笑われたりするがボッジ。ボッジがパンツ一枚で歩いているのは自分の服をカゲにあげていたからだ。カゲはドロボウでボッジに見つかった時にうまくだまして服を持ってくるように仕向けていた。ボッジはなぜか自分の言ってることがわかるカゲに喜び協力する。カゲとも仲良くなり自分が王子であることを伝えるボッジ。カゲをそれを笑うが、拳を握りしめ必ず王様になるとカゲに語るボッジ。その様子に少し興味を持ったカゲはボッジの後を追った。ボッジは笑っていた、大勢が馬鹿にする中でも笑っていたのだ。次期王様候補として、前王妃の息子ボッジは耳も聞こえず口も聞けずその上非力と人望はなかった。それに比べると剣術にも優れ人気が高い第二王子であるダイダを次期王様に推す人が多かった。王妃ヒリングもダイダを次期王様にと考えていた。それでも、ボッジは王様を目指す、そんなボッジに感銘し「友達」となるカゲ。こうしてボッジの王様への道は始まる。

先代王ボッスの死去

病床のボッス

病に伏していたボッス王がついに亡くなるとき、遺言として次期王様をボッジに託す。しかしヒリング王妃の策でダイダが次期王となる。友人のカゲも行方知れずになってしまい、塞ぎ込んでしまうボッジ、しかしとうとう旅に出ることを決意する。ヒリング王妃は心配し止めるが、ついにはボッジの剣術指南役でもあり王国の四天王の一人でもあるドーマスとボッジに対して恩があり手話で会話をすることができるホクロをつけて王妃の実家までの旅を許可する。こうしてボッジは旅に出る。旅は一筋縄ではいかず、途中で鞄を盗まれたり、何者かに毒の塗った短剣で狙われもした。そうしてヒリング王妃の実家へ向かう途中に、冥府への穴別名「地獄の門」にたどり着く。
ドーマスはホクロに宿の手配を任せると、地獄の門を見下ろすボッジを崖から突き落としたのだった。しかし、ボッジはカゲに助けられる、実は影ながら旅の途中で助けていたのだ。
ドーマスに突き落とされたことを悲しむボッジを励まし、ボッジを強くしてくれる人への推薦状があるという。二人はボッジを強くしてくれる人に会いにいくため、さらに冥府への穴を下っていく。そしてボッジとカゲは冥府の王、王様ランキング2位のデスハーに出会う。デスハーがボッジを最強にしてくれると思っていたカゲはデスハーにボッジを強くしてくれと頼むが、無理だと言われてしまう。その上、推薦状に書いてある人物の名前がデスハーではなくデスハーの弟であるデスパーであるとわかる。冥府騎士団の隊長とともにデスパーの元へ行く。冥府の奥にある町へつくとそこには人間以外にも多種多様な種族が暮らしていた。そこでついにデスパーに出会う。

謎の鏡の暗躍

魔法の鏡と会話をするダイダ

ポッジはデスパーに弟子入りした。彼は勇気の大切さ、可能性をポッジに示してくれた。デスパーはまずボッジにあう武器を選ばせた、そしてそれからずっと特訓を始める。稽古後のボッジは、毎日疲れ切って気絶するように寝てしまう。稽古が終わる時間になるとカゲが台車を持ってきてボッジの事を運んでいた。一方その頃、ボッス王国ではダイダが魔法の鏡と話していた。ボッス王の力を手に入れられる薬だと鏡に勧められるダイダだが、それを断る。そこに王国の四天王の一人であるアピスが現れ、ダイダに向かって攻撃を仕掛けるが魔法の鏡に止められる。その声を聞いたアピスは「ミランジョ様ですか?」という。謎の女性の名前を呟いたアピスは魔法の鏡と何かを話しダイダを気絶させるのであった。

激しい特訓をしているボッジ

特訓後のボッジを支えるカゲ

一方、ついに特訓を終え強くなったことをお祝いするボッジとカゲとデスパー。しかしそこで、酒場でガラの悪い三人組に絡まれてしまう。しかし特訓を終えたボッジは相手をまったくの無傷のまま倒せるようになっていた。ボッジはドーマスに突き落とされたことや、そのドーマスをお供につけたヒリングの事などいろいろ考えてしまう。ヒリングのことを疑ってしまった自分に喝を入れ、いったん国に帰ることにした。その頃ボッス王国では大きな棍棒を持ったダイダに向かって魔法の鏡がこう伝える。「ボッス様、これよりヒリングを殺害します」と。そのすこし前ドーマスとホクロは言い争っていた。ドーマスは国へはもどれないといい、ホクロはそれでもボッジ様を守れなかった報告に行くという。国へ戻ったホクロはヒリングの怒りに触れ磔にされ処刑されようとしていた。そこへ、フードを目深にかぶった男ドーマスが助けに入る。何とかホクロを救い逃げる寸前、ダイダに行手を阻まれる。ダイダにより正体を暴かれたドーマスをみるとヒリングが処刑しろと叫ぶ。しかし、そのときダイダがいう「ボッジは無事だ。死んではおらん」と。ダイダは、ヒリングの方を向いてボッジは修業をして強くなったと嬉しそうに言う。ドーマスとホクロは驚き、ヒリングは腰が抜けてヘナヘナと倒れる。ダイダはドーマスとホクロに城から追放すると告げ、ドーマスの耳元で何かを呟いた。それを聞かされたドーマスは、ブルブルと震える。そうしてホクロと共にその場を去った。
ドーマスは、この城の地下に冥府へつながる入り口があり魔物を呼び寄せるものだと聞いた。それを破壊するように命じられたことをホクロに話す。そして残されたヒリングはダイダに「自分がボッスであること」を告げられる。頭を抱えてへたり込んでしまうヒリング。ドルーシはそんなヒリングを連れ帰り休ませたが、ヒリングはうなされていた。ドルーシはヒリングとの思い出を思い出す、王の槍であった自分がヒリングを守る役目にされたこと。ヒリングがボッジと仲良くなるために一生懸命だったこと。最後に追いかけっこになったときその遅い動きを心配されて「本当に自分を守れるのか?」と尋ねられたこと。「もちろん、守れますよ」そういい、うなされるヒリングの部屋の前で魔獣と相対する。死闘の末何とか魔獣を撃退し、ヒリング暗殺は防がれる。ドルーシの大怪我はヒリングが魔法で回復させた。そうしてヒリングはダイダを取り戻す、と決意する。

体を乗っ取られたダイダに語りかけるヒリング

母の声は聞こえても返事は届けられないダイダ

正面から堂々と「ダイダを返しなさい」とボッスの前に現れるヒリング。そうしてボッスのうちからはダイダの気配を確かに感じた。しかしどうにもできず、ドルーシに気絶させられその場を後にするしかなかった。ボッス、つまりは自分の中にいるダイダは暗闇の中にいた。確かに母の声は聞こえた、しかしどうにもできずにいた。泣き叫び、魔法の鏡のこと恨んだ、そうして、兄ボッジもこのような不安といつもいたのかと思うようになっていった。ダイダは魔法の鏡に褒め称えられ育ったためいつしか兄を弱者だと決め付けていた。ある日王国の四天王でありダイダの教育係でもあるヘビンにそれを問うと、耳も目も見えない男性を差し「同じ境遇になったらどうされますか?」ととわれたことを思い出す。その時の自分は死ぬといった、ヘビンはその返しに「あのものはその境遇に負けず打ち勝っている強者」だと言われてしまう。その時の自分は屁理屈だと憤ったが、暗闇の中で一人何もできずにいる自分を悔いるのだった。

王国に帰る中に冥界騎士団の隊長に会うボッジとカゲ

ボッジとカゲを騎乗に誘う隊長

一方、国へ戻る道中にあったボッジとカゲは冥府軍の隊長達と共に馬で急ぎボッス王国へ向かっていた。冥府から脱走した罪人たちがボッス王国にいること、その罪人を捕まえるために派遣されたと隊長から伝えられ一緒に向かうことになった。隊長はデスハーから内乱中のボッス王国も手にするように指令もされていたが、ボッジには言えずにいた。そのことボッス王国では脱走した罪人達によりボッスが捕らえられていた。罪人達はいざこざを起こしオウケンとキングホが殺し合いを始めてしまう。そしてキングボは殺され、オウケンは興味なさげにしていた。外ではヒリングとドルーシが鎧を見に纏い兵士と共に駆けつけていた。そこへ魔獣と共に魔法の鏡を持ったアピスが現れる。その頃ドーマスとホクロは冥府の扉を壊すために突入していた。それぞれの場所で、ついに戦いが始まってしまう。ドルーシとヒリングは最初は魔獣と対決していたが、あとから罪人達にも襲われ窮地に陥ってしまう。すんでのところをアピスに救われはするが、ミランジョに2度と逆らわないように釘を刺されてしまう。ドルーシは追い込まれていた、そこへミツマタが現れ火星に入る。昔ボッジとヒリングに助けられたと伝えると、ヒリングにドルーシの回復に専念するように伝え、魔獣と戦う。ドルーシも回復させ安心したその時、ミツマタが罪人の一人ギガンに撃ち倒されてしまう。とどめのハンマーを振り上げたギガンだったが、急に膝をついてしまう。

脱走した在任を前にして一歩もひかないボッジ

特訓の成果が現れる、その瞬間

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents