ロケットマン(映画)のネタバレ解説まとめ

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記・ミュージカル映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。製作総指揮にエルトン本人が携わり、エルトン役を演じるタロン・エガートンは歌声を披露している。

『ロケットマン』の概要

出典: eiga.k-img.com

『ロケットマン』とは2019年にイギリス・アメリカ合作で製作された伝記映画である。グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの自伝的映画。「Your Song」や「Rocket Man」など数々の名曲で知られるエルトン・ジョンが並外れた音楽の才能でスターとなる一方、その裏では様々な困難や苦悩を抱えていた半生が描かれている。イギリス郊外の街で両親の愛を得られずに育った少年レジナルド(レジー)・ドワイトは、唯一音楽の才能に恵まれていた。ロックに目覚めたレジーはミュージシャンを目指すことを決意し、「エルトン・ジョン」という名前で音楽活動を始める。後に生涯の友となる作詞家バーニー・トーピンとの出会いをきっかけに、成功への道を進むが、その先には困難が待ち構えていた。
日本でも社会現象となった『ボヘミアン・ラプソディ』で降板した監督の代わりに映画を完成させたデクスター・フレッチャー監督がメガホンを取り、『キングスマン』シリーズのマシュー・ボーンが製作を担当している。同じく『キングスマン』シリーズで知られるタロン・エガートンがエルトン役を務めており、歌唱シーンもこなしている。エルトン・ジョン本人も製作総指揮に名を連ね、主題歌の「(I'm Gonna)Love Me Again」が第92回アカデミー賞の主題歌賞に輝いた。他にも第77回ゴールデングローブ賞ミュージカル部門で作品賞と主演男優賞、主題歌賞にノミネートされ、主演男優賞と主題歌賞で受賞した。第25回放送映画批評家協会賞においては衣装デザイン賞とメイクアップ賞&ヘア賞、歌曲賞にノミネートされ、歌曲賞を受賞した。第73回英国アカデミー賞において主演男優賞と英国作品賞、音響賞、メイクアップ&ヘア賞の4部門にノミネートされた。

『ロケットマン』のあらすじ・ストーリー

エルトン・ジョンの幼少期

出典: eiga.k-img.com

幼いころの暮らしを振り返るエルトン

派手な赤の悪魔の衣装で依存症のリハビリテーションに参加したエルトン・ジョン。彼は他の依存症患者が見守る中、アルコール依存症、コカイン中毒、セックス依存症、過食症、買い物依存症と自分の置かれている状況を告げ、自分の人生を振り返る。
少年レジナルド(レジー)・ドワイトは1950年代のイギリスで母シーラ、父スタンリー、祖母アイヴィと共にすごしていた。シーラ、スタンリーはレジーへの愛情が欠けている一方で、アイヴィはレジーに深い愛情を与えていた。レジーは音楽へ興味を示したが、スタンリーは「俺のレコードに触るな」とレジーに冷たく当たっていた。レジーがピアノの才能があることに気づいたアイヴィはレッスンを受けるように勧める。レッスンの先生の後押しもあり、王立音楽院へ進学することになる。そんな中、母のシーラと愛人のフレッドとの不倫が原因でスタンリーは家から出ていってしまう。

出典: eiga.k-img.com

「ブルーソロジー」に参加し歌うエルトン

「エルトン・ジョン」の誕生

出典: eiga.k-img.com

「Your Song」を生み出したエルトン

レジーはロック・ミュージックに興味を持ち始める。成長したレジーは「ブルーソロジー」というバンドに参加する。そのバンドはアメリカのソウル・バンド、アイズレー・ブラザーズとパティ・ラベル&ブルーベルズのツアーのバックバンドとして雇われる。リードシンガーのロナルド・アイズレーにどうすれば有名になれるかと尋ねるレジー。「曲を書き、過去を忘れろ。なりたい自分になるために」とアドバイスをするロナルド。そこでレジーは「ブルーソロジー」のサックス奏者の名前からエルトンを、ビートルズのジョン・レノンからジョンをとり、エルトン・ジョンに改名することを決める。

名曲「Your Song」の誕生

出典: eiga.k-img.com

リードと仲を深める一方、生活が荒れていくエルトン

ロナルドのアドバイスから作曲活動を始めたエルトンは、ディック・ジェイムズが社長を務めるレコード会社のDJMレコードで、マネージャーであるレイ・ウィリアムズのマネージメントを得ようとする。ウィリアムズはエルトンに作詞家バーニー・トーピンを紹介する。彼らは友人となり、ジェイムズの助言により、共に同じアパートに引っ越し、曲作りに取り組む。アパートの女家主と交際していたエルトンだったが、ホモセクシュアルであることを女家主に伝えると、バーニーと共にアパートを追い出されてしまう。
追い出された二人は祖母や母、そしてフレッドが住む家へと引っ越し、作曲活動を続け、「Your Song」を生み出す。
「Your Song」で可能性を感じたジェイムズはロサンゼルスのライブハウス、トルバドゥールでのコンサート開催を決める。トルバドゥールのオーナー、ダグ・ウェストンはトルバドゥールでの初舞台に緊張するが、コンサートは大盛況。その後のパーティーでバーニーが女性と過ごすためにパーティーを抜け出してしまう。一人になったエルトンに同じくパーティに参加していたジョン・リードという男が接近する。彼らは親しくなり、一夜を共にすることになる。

家族やリードとの複雑な関係

出典: eiga.k-img.com

ドジャースタジアムでの演奏を行うエルトン

リードの影響でエルトンの生活は少しずつ荒れていく。一方でスター街道へと登り、エルトンはきらびやかなステージ衣装をまとい、1970年代に最も成功したアーティストの一人となる。ジェムイムズやレイのマネージメントを裏切り、エルトンのマネージャーはリードが務めることになる。リードのエルトンへの干渉はひどくなり、リードは両親にゲイであることをカミングアウトするよう主張する。父スタンリーに会うと、彼は新しい家族を築いていた。それでもエルトンへの興味を示さないスタンリーにエルトンは涙を浮かべた。取り乱したエルトンは母シーラに電話をし、カミングアウトする。シーラはすでに知っていたと話し、「あなたは永遠に愛されることはないだろう」と告げる。エルトンは両親の問題やリードの身体的及び精神的虐待に苦しみ、アルコールやドラッグ、買い物、性行為にふけり、苦悩や孤独を紛らわそうとするが、みかねた友人達はエルトンから遠ざかっていく。

依存症の悪化

出典: cinema-mode.com

幼いころのレジー(自分自身)を抱きしめるエルトン

バーニーが派手な格好をするエルトンに、「レジーに戻っていいんだ」と助言するも、エルトンは「戻るもんか。客はエルトンが見たいんだ」とバーニーの意見を突っぱねる。エルトンはリードが浮気していることを知り、恋人関係を断つが、マネージャーを続けることは許す。エルトンの自宅で行われたパーティの間、彼はドラッグとアルコールを過剰に摂取し、自宅のプールに飛び込み、自殺を図る。エルトンは病院へ搬送されるが、その後ドジャー・スタジアムでのステージで演奏をやり切る。エルトンのドラッグやアルコール依存はひどさを増していく。そんな中出会った女性レネーテと結婚をするが、エルトンの同性愛によってその関係は終わってしまう。その後、エルトンはシーラやバーニーと衝突してしまう。孤独さから、処方薬やアルコールへの依存が進み心臓発作という結果をもたらしてしまう。

スターの復活

人生が制御不能であることに気づいたエルトンは助けを求め、リハビリテーション施設へ入院する。想像の中に現れた幼いころのレジー。エルトンはレジーにハグをし、誰かに愛されるよりも、自分自身を愛することが大事だと気づく。リハビリテーション施設で掃除をしているエルトン。そこにバーニーが現れ、新しい歌詞を届けに来た。エルトンはドラッグなしで曲を作れるか不安を感じたが、「I'm still standing」をつくり、再びスター歌手へと戻る。
エピローグでは、エルトンが28年以上禁酒していること、一方で買い物依存症は治ってないことが述べられている。バーニーとは親友のままで、デヴィッド・ファーニッシュと結婚し、2人の子供を持ち、今では愛のあふれた場所で暮らしている。

『ロケットマン』の登場人物・キャラクター

エルトン・ジョン(演:タロン・エガート)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ジュラシック・ワールド(Jurassic World)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・ワールド』とは2015年のアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシック・パーク』シリーズ4作目である。前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めている。イスラ・ヌブラル島で起きた「ジュラシック・パーク」の事件から22年。新たなるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、多くの観光客で賑わっていた。しかし、新たな目玉アトラクションとしてパークが用意していた新種恐竜インドミナス・レックスが脱走し、パークは大パニックに陥る。

Read Article

ジュラシック・ワールド/炎の王国(映画)のネタバレ解説まとめ

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』とは、2018年6月22日にアメリカ合衆国で公開された映画。『ジュラシック・パーク』シリーズ5作目の映画である。 日本公開は2018年7月13日。前作での大惨事から3年。放棄されたジュラシック・ワールドを有したイスラ・ヌブラル島には火山噴火の兆候が見えていた。噴火へのタイムリミットが迫る中、主人公オーウェンと彼の仲間たちは恐竜たちの救出チームに参加する。それぞれが奮闘する中、オーウェンたちは救出劇の裏に隠された陰謀にも巻き込まれていく。

Read Article

ボヘミアン・ラプソディ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ボヘミアン・ラプソディ』とは、2018年11月9日に日本で公開された、伝説のロックバンド「クイーン」のボーカルで、類まれなる歌声と才能を持ったフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画である。「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」など名曲の誕生秘話、クイーンとフレディ・マーキュリーの栄光とその影を描く。20世紀最大のチャリティーコンサート「ライヴ・エイド」での伝説のステージが蘇る。興行収入53億円を超え、各地で応援上映が開催された。

Read Article

目次 - Contents