東堂葵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

東堂葵とは、『呪術廻戦』の登場人物である。
呪術高専京都校の三年生。屈強な肉体とドレッドヘアがトレードマーク。学生ながら一級の資格を持つ呪術師で、性格は粗暴にして唯我独尊。高田というアイドルの熱狂的なファンで、自分の嗜好や好悪の感情に合わせて極端に態度を変える扱いにくい男だが、単身で特級呪霊を払うほどの実力者。
主人公・虎杖悠仁とは趣味が合い、彼を一方的に“超親友(ブラザー)”と認定。共に肉弾戦を主とするため戦闘での相性は抜群で、彼と共闘した際は作中屈指の高位呪霊である花御をも翻弄した。

東堂葵のプロフィール・人物像

性別:男
身長:190cm以上
所属:京都府立 呪術高等専門学校 三年生
階級:一級呪術師
好きなアイドル:長身アイドル高田ちゃん
好みのタイプ:身長と尻のデカい女

東堂葵(とうどう あおい)は、『呪術廻戦』の登場人物。
呪術師を育成するために設立された、呪術高等専門学校京都校の三年生。非呪術師の家系ながら呪術師としての力量は高く、一級呪術師としての資格を持つ。額から左頬にかけての古傷、格闘家と見紛うほどの屈強な肉体とドレッドヘアがトレードマークである。

性格は粗暴にして極めて自分本位。己の嗜好や好悪の感情に合わせて極端に態度を変え、教師の命令であれ気に入らなければ武力をもって拒むことも厭わず、初対面の男には好みのタイプを尋ねて興味をそそられる回答が得られなければ殴り掛かるなど、唯我独尊を絵に描いたように振る舞う。一方で身だしなみには気を遣っており、常に良い匂いを漂わせているが、見た目や言動とのギャップから周囲の評判は芳しくない。
「長身アイドル高田ちゃん」の熱狂的なファンで、本人の中で彼女を応援することのウェイトは非常に大きく、そのためだけにスケジュールを組み、邪魔する者へは武力行使も辞さないほど。そればかりか脳内で自分の作り出した高田ちゃんと会話し、彼女から助言を得て敵の攻撃の特性を見破るなどすごいのかキモいのかよく分からないことまでやってのけている。

一年前の“百鬼夜行事件”の際、単身で特級呪霊1体と一級呪霊5体を祓う活躍を見せる。学生ながら呪術師として半ば完成の域にあり、呪いに関わる過酷な世界で生きてくこと、呪霊との戦いで避けられない多くの死と悲劇、全てを受け入れながら自ら歩んでいくだけの実力と精神を兼ね備える。
そのため気に入った同輩を積極的に導こうとする一面があり、実際に主人公の虎杖祐二にとっては頼れる先輩のようなポジションである。

呪術高等専門学校東京校との姉妹校交流会で虎杖と出会い、好みのタイプを尋ねた際、彼が自分と同じ「長身で尻の大きい女」への嗜好を口にしたことで親友だと認定。その際、“自分と虎杖は中学の頃から友人だった”という謎の幻覚に囚われるも、特に疑問に思うこともなくそれを受け入れた。
性癖だけでなく戦法や性格も含めて虎杖とは相性が良く、その後もさらに「親友(ベストフレンド)」、「親友(マイベストフレンド)」、「超親友(ブラザー)」と呼び方をグレードアップさせつつ、技の指南をしたり共に戦う未来を夢想したりと一方的に親しく接している。虎杖の側も彼の暑苦しさに辟易している面はあれど、こと戦闘においてはその判断や力量を信頼している。

主な戦法は呪力を帯びた肉体による肉弾戦。パワーもタフネスも尋常なレベルではなく、作中屈指の力を持つ特級呪霊である花御とも渡り合った。いかにもフィジカル頼りの暴れん坊に見えて相当な切れ者で、咄嗟の機転で敵を出し抜くシーンもしばしば見られる。
さらに自身から一定範囲内に位置する“呪力を持った物体”の位置を、一瞬かつ強制的に入れ替える「不義遊戯(ブギウギ)」という術式を操る。呪力さえ帯びていればどのような物体でも対象になるため、自分、仲間、敵、さらには呪具なども位置を入れ替え可能。
撹乱だけでなく仲間の援護や救援など多様かつ柔軟な使い方ができ、東堂の戦闘におけるIQの高さと生身を主とする戦闘スタイルを十二分に活かす術だといえる。

虎杖と意気投合した直後、姉妹校交流会を襲撃しに現れた花御を迎え撃つ。虎杖が呪力による打撃の極致「黒閃」を成功させるところを見届け、以後は彼と共闘して花御を追い詰めた。
その後渋谷事変に援軍として駆けつけ、敗死寸前だった虎杖を救援。応急処置を受けて息を吹き返した虎杖と共に、真人との死闘に臨む。格上の真人相手に奮戦するも、「0.2秒だけの領域展開」に巻き込まれて片腕を失う大きなダメージを負う。それでもなお虎杖のサポートを続け、自身はいったん後方へと退いた。

東堂葵の呪術・能力

不義遊戯(ブギウギ)

東堂の用いる術式。掌を打ち合わせることで発動し、自身から一定範囲内に存在する「呪力を帯びた物体」の位置を一瞬かつ強制的に入れ替えることができる。
直接的な攻撃力こそ無いが、敵への奇襲から相手の攻撃の緊急回避、仲間と位置を入れ替えることによる援護、フェイント、あるいは救援など、様々な使い方が可能。術の効果と仕組みを見抜かれていても、「掌を打ち合わせるだけで発動しない」といった方法でいくらでも敵の虚を突くことができる。術者の工夫と発想によって、戦術のバリエーションを無限に等しく拡大する術である。
それだけにこの術の真価を発揮するには、戦闘時においても冷静さを失わない胆力と、柔軟な思考力が不可欠だが、そのどちらも兼ね備えている東堂は十二分にこれを活用。花御や真人といった格上の呪霊をもやすやすと翻弄している。

脳内高田ちゃん

東堂の高田ちゃんへの愛が生み出した幻影もしくはイマジナリーフレンド。高田ちゃんからのアドバイスの形で、ごく些細な情報や違和感から敵の特殊攻撃の正体を見抜き、ほぼ一瞬(0.01秒)で対応する。
単純にいえば積み重ねた経験や論理的思考から瞬間的に導き出される推論、つまりは一種の勘だが、「高田ちゃんとの脳内会話」でそれが示されるところが、東堂の東堂たる所以である。
また、詳細不明ながら虎杖には「相対する者に“自分と虎杖は昔から親しい仲である”と誤認させる」能力があることが明らかとなりつつあるが、東堂もこの力によって存在するはずのない“虎杖との中学時代の思い出”を植え込まれている。しかしその中にも虎杖が知らないはずの高田ちゃんが登場しており、つまり部分的ながら「謎の強制記憶植え付けをさらに上書きする」という離れ業を披露していた。一級呪術師として相応の強靭な精神力を示すと共に、東堂の高田ちゃんへの偏愛ぶりを表すエピソードである。

黒閃(こくせん)

呪力による打撃の極致。打撃と呪力が0.000001秒以内に対象に炸裂した際、空間が歪み、黒い雷のような光が放たれる。これが名前の由来にもなっている。
威力は通常の打撃の比ではなく、漏瑚ですら数発で祓えるほど。しかし難易度が非常に高く、狙って出すことはほぼ不可能である。東堂独自の技というわけではなく、虎杖や野薔薇、七海なども成功させている。
先んじて黒閃を成功させた虎杖に追いつくため、真人との戦闘の中で発動させる。魂そのものである真人に大きなダメージを与えることはできなかったものの、黒閃を成功させること自体が「自身の呪力の性質を真に理解する」こととイコールであり、東堂にとってさらなる飛躍の足掛かりとなった。

東堂葵の来歴・活躍

九十九由基と出会い、呪術師を志す

特級呪術師・九十九由基との出会いが、東堂が呪術師を志すきっかけとなった。

呪術とは無縁の一般家庭に生まれる。子供の頃から腕っ節が強く、小学生三年生の時にはケンカで高校生を一方的に叩きのめすほどの力を持っていた。
その力を持て余していたところ九十九由基と出会い、退屈を紛らわせてくれる何かを感じ、彼女の影響で呪術師を目指すようになる。

呪術高等専門学校京都校に入学

東堂が何よりも優先する、長身アイドル高田ちゃんの握手会。

京都府立 呪術高等専門学校に入学し、めきめきと頭角を現す。しかし非呪術師の家系の生まれであるため呪術師の間の常識やパワーバランスに無頓着で、さらに京都校の同世代には並び立つほどの猛者がいなかったことから生来の傲慢さに磨きがかかり、腕力に物を言わせて我意を押し通す傍若無人な性格が形成される。
具体的な経緯は不明ながらこの頃には長身アイドル高田ちゃんにぞっこんになっており、彼女のライブや握手会に頻繁に赴くようになった。

一年前、夏油とその一味が起こした「百鬼夜行事件」の際、単身で特級呪霊1体と一級呪霊5体を祓う。これによって学生の身ながら一級呪術師の資格を得て、また事件の首魁である夏油を撃退した乙骨憂太に興味を持つ。

伏黒との接触

伏黒の答えに失望し、嘆きの言葉と共に襲い掛かる東堂。

呪術高等専門学校東京校との交流会(模擬戦)の打ち合わせのために東京を訪れ、本編に初登場。伏黒に「どんな女性が好みだ」と尋ね、彼がそれに「揺るがない人間性を持つ女性」が好みだと答えると、ありきたりでつまらないと一蹴して襲いかかった。この時の目的は交流会に参加する東京校の生徒の品定め、さらに彼らが興味をそそられない者たちだった場合はそれを叩きのめして海外留学中である乙骨を連れ戻させる呼び水とすること。しかし伏黒の力やパンダなどとの連携を見て「ただ退屈なだけの相手ではない」と認識を改め、高田ちゃんの個別握手会の時間も迫っていたため引き上げる。

交流会に参加

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

NEW

虎杖悠仁(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

虎杖悠仁とは、『呪術廻戦』の主人公である。 宮城県の学校に通う高校生で、砲丸投げで30m弱を記録するほどの驚異的な身体能力を誇る。心霊現象研究会に所属していたが、ある日仲間を救うために特級呪物をその身に取り込んでしまう。結果“呪いの王”両面宿儺と肉体を共有するようになり、その力を御する術を学ぶために東京都立呪術高等専門学校に編入。最強の術者である五条悟の下、両面宿儺の力を狙う呪霊たちと戦いを繰り広げながら、同級生の伏黒恵、釘崎野薔薇らと共に呪術師を目指していく。

Read Article

NEW

伏黒甚爾(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒(禪院)甚爾は、『呪術廻戦』の登場人物。 虎杖悠仁の級友である伏黒恵の実父で、呪術師の名門禪院家の出身。生まれつき呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を備えた"天与呪縛"という特殊体質で、禪院家では日陰者扱いされていた。実家を出奔し、荒んだ生活を続け、術師殺しとして名を馳せ、一度は最強の術師・五条をも倒すも、死の淵で才能を開花させて息を吹き返した彼の前に敗死した。 物語開始時点で故人だが、様々なキャラクターに深く関わり、印象的な悪役として高い人気を誇る。後に意外な形で再登場を果たす。

Read Article

NEW

五条悟(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

五条悟とは、『呪術廻戦』の登場人物である。 日本に四人しかいない特級呪術師の一人で、その中でも別格の実力者。自他ともに認める「最強の呪術師」であり、作中屈指の実力者たちをまとめて相手にしてなお圧倒するほどの恐るべき戦闘能力の持ち主。その存在そのものが呪術界のバランスを成すジョーカーである。 特級呪霊・宿儺の宿主となってしまった主人公虎杖悠仁を、東京都立呪術高等専門学校に誘った張本人で、同校では教師を務める。主な敵勢力である呪霊たちに与する呪詛師の夏油とは、かつては親友の間柄だった。

Read Article

NEW

夏油傑(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

夏油傑とは、『呪術廻戦』の登場人物。 呪術を悪用する呪詛師であり、その中でも特に強力な存在。体内に数千もの呪霊を宿し、それを使役する呪霊操術の遣い手。『呪術廻戦』本編が始まる一年前に起きた百鬼夜行事件の首謀者で、自身の持つ全ての呪霊をも超える力を有する特級呪霊折本里香を我が物にせんと、その被呪者たる乙骨憂太と激しい戦いを繰り広げた。 かつては人々のために尽くさんとする高潔な呪術師を志し、最強の呪術師五条悟とは親友の間柄だった。道を違った現在も、五条とは互いに友情を捨て切れずにいる。

Read Article

NEW

真人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

真人とは、『呪術廻戦』の登場キャラクター。人の負の感情が形を成した呪霊という存在であり、その中でももっとも高位の特級に分類されている。 “人間への恐怖”から生まれた呪霊で、言動は無邪気かつ快活。しかし他者の命を玩具のごとく捉え、戯れに人を惨殺し弄ぶ危険な存在。人類の廃絶を目論む特級呪霊の一味に属し、そのリーダーを任されるも、導き手たる自覚は薄い。 主人公虎杖悠仁の仲間を次々手にかけ、「絶対に倒すべき相手」と目される。当人もまた幾度も邪魔してきた虎杖に強い敵意を抱き、殺す機会を狙っている。

Read Article

NEW

呪術廻戦(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

NEW

伏黒恵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

伏黒恵は、『呪術廻戦』の登場人物。 東京都立呪術高等専門学校の一年生で、主人公虎杖悠仁とはクラスメイト。呪術の名門禪院家の血筋を引く麒麟児で、この歳にして二級呪術師の資格を有する。 一見するとクールで真面目な優等生ながら、内には激しい情動を秘めた少年。善人だった姉が呪いによって倒れたことが呪術師を目指す動機となっており、最強の呪術師五条悟に師事する。自身を救うために特級呪霊両面宿儺の宿主となった虎杖を庇い、彼の善性と呪術師としての潜在的な才能を信じて、宿儺の力を求めるあまたの敵と戦っていく。

Read Article

NEW

七海建人(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

七海建人は、『呪術廻戦』の登場人物。 主人公虎杖悠仁の教師である五条悟の後輩で、1級の資格を持つ強力な呪術師。言動は慇懃なサラリーマンといった風だが内には強い使命感を持っており、自身の感情を原動力としながらもクールに冷徹に立ち回る。一度は呪術師という仕事への絶望から一般企業へと就職するも、自身が心の中では「やりがい」や「誰かに必要とされること」を望んでいたことに気づき、呪術の世界に舞い戻った。五条の代理で虎杖と任務に赴き、次第に彼の才能と志を認めて頼れる兄貴分となっていった。

Read Article

NEW

釘崎野薔薇(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

釘崎野薔薇は、『呪術廻戦』の登場人物。 東北の田舎出身の少女で、東京への強い憧れを持つ。東京都立呪術高等専門学校に入学したのも、呪術師の才能があること以上に“金の心配無しに東京に行ける”というミーハーな理由から。本人はこれを「自分が自分らしくあるためだから命を懸けられる」と鮮やかに言い切り、並外れた度胸と気風の良さでムードメーカーとして仲間を牽引、呪霊との戦いに臨む。 主人公虎杖悠仁とはクラスメイトで、同学年では唯一の女子生徒。ヒロインというよりは性別を超えた悪友といった間柄である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々による漫画作品。2020年10月からMAPPAによりアニメ化されている。 高校生の虎杖悠仁は、ある日呪術師の少年伏黒恵と出会う。しかし彼が回収するはずだった呪物の封印を心霊現象研究会の仲間たちが解いてしまい、学校は呪霊に襲われる。彼らを守るため、虎杖は自らの体に呪物を取り込むも、結果最強最悪の呪霊両面宿儺をその身に宿してしまう。その後虎杖は伏黒と彼の師である五条悟の勧めで、両面宿儺の力を御するため、呪術師を目指して呪術高等専門学校に通い始める。

Read Article

目次 - Contents