異世界居酒屋「のぶ」(ラノベ・アニメ・漫画・テレビ)のネタバレ解説まとめ

『異世界居酒屋「のぶ」』は、蝉川夏哉によるライトノベルを原作とし、コミカライズ・スピンアウト・アニメ・ドラマと多岐にわたるメディアミックス化をしている。異世界転移というジャンルではあるが、経営している居酒屋の入口が異世界に通じ現代日本の料理と酒で異世界の人々を癒すという異世界転移にグルメジャンルを取り入れた異色のストーリーだ。帝国の古都アイテーリアにある居酒屋「のぶ」。そこはアイテーリアの人々が見たこともないようなお酒や料理を出し訪れた客を暖かく癒やしてくれる不思議な居酒屋だった。

『異世界居酒屋「のぶ」』の概要

『異世界居酒屋「のぶ」』とは、蝉川夏哉によるライトノベル。及びそれを原作とし各種に展開したメディアミックス作品。主にコミカライズやスピンオフ作品、アニメ、ドラマと非常に幅広いメディアに展開している。
小説投稿サイト「小説家になろう」にて2012年10月より連載が始まり、ライトノベルが宝島社より2014年9月から刊行された。また、2016年8月より加筆修正を経て、新規エピソードが追加された文庫本が第2回エリュシオンライトノベルコンテスト受賞。
2020年1月時点でシリーズ累計300万部突破している

帝国の古都アイテーリアにある居酒屋のぶでは摩訶不思議な酒と料理を出す。しかもとても美味しい。そんな噂を耳にして、今日もたくさんの客が居酒屋のぶを訪れる。
やってくる客の対応をするのは無口で厳格な空気をだすノブタイショーと呼ばれる店主である料理人といつも笑顔を絶やさずお客様に細かな気配りをする女給仕のシノブちゃん。
のぶには帝国の古都の住民が通常高価で手が出せないガラス製品や見慣れない文字で書かれたお品書き、2人が着ている服も提供している酒や料理も何もかもが異国感あふれているが、そんなことはここでは関係ない。
美味い飯に酒、そして暖かい接客を求めて皆のぶに来ているのだから。

コミカライズ版について

原作をベースにコミカライズされているヴァージニア二等兵による漫画は『ヤングエース』(KADOKAWA)にて、2015年8月号より連載中。
原作者による書き下ろしストーリーをイラスト担当者である転(くるり)によってコミカライズされた漫画は『異世界居酒屋「のぶ」 しのぶと大将の古都ごはん』として2015年10月より「このマンガがすごい!WEB」に掲載。2016年4月から刊行されている。
スピンオフ作品としてシノブとエーファがおやつを作り味わう姿が可愛らしい内容のノブヨシ侍による漫画『異世界居酒屋「のぶ」〜エーファとまかないおやつ〜』は2017年11月より「このマンガがすごい!WEB」にて連載。
スピンアウト作品として、のぶとは違う別の居酒屋が異世界にオープンした内容の碓井ツカサによる漫画『異世界居酒屋「げん」』が2018年3月より「このマンガがすごい!WEB」にて連載している。

アニメ版について

2018年4月よりWEBアニメとして放映。
同年10月からBS11およびJ:COMテレビにて放送される。
アニメとアニメの間にのぶプラスという実写の企画が入る。前半はアニメで放送された料理を料理研究家のきじまりゅうたがアレンジ料理する内容で、後半は現実世界で居酒屋のぶにも負けない居酒屋をタレントであり俳優のなぎら健壱が探し歩き紹介する内容だ。

ドラマ版について

2020年5月より品川ヒロシ監督、大谷亮平主演によりWOWOWプライムで全10回に渡って放送された。

『異世界居酒屋「のぶ」』のあらすじ・ストーリー

日本のシャッター通り商店街の片隅にある居酒屋のぶは、白狐により居酒屋店舗の入口が異世界に通じてしまった。入口を開ければそこは中世ヨーロッパのような世界で、現代日本とは何もかもが違う異世界。帝国の古都であるアイテーリアと呼ばれるその場所で居酒屋のぶの営業が始まった。
ある冬の日情報通である衛兵のニコラウスが同僚であるハンスに連れて行きたい店がある、と居酒屋のぶへ飲みに誘った。そこは扉にも上質な硝子を使っていたためとても高級な店に見えたハンスは慌てるが、ニコラウスに促され店内へ。
外の寒さなどまったく感じない暖かい店内。異国情緒あふれる雰囲気。キンキンに冷えたエール(ビール)。いつもの食べ飽きた馬鈴薯だがまったく違う味の料理。飲んだことのない酒。それなのにとても安いときている。そして女給仕であるシノブの笑顔。
すっかり感動してしまったハンスはのぶの常連に。
もちろん、ハンスだけではない。
ハンスやニコラウスのイカ嫌いな上司に、皆の嫌われ者だった税金請負人、一筋縄ではいかなそうな聖職者達、マイスターと呼ばれる職人達や、様々なギルドマスター達に、自身のやるべき事に悩む遊び人、美食の吟遊詩人、果ては先帝や現皇帝、隣国のスパイだけじゃない、魔女だってやってくる。
しかしタイショーもシノブもやることは変わらない。
タイショーは寡黙だが変わらず美味い料理を提供し、シノブは笑顔で客を暖かく迎えて料理にあった酒を勧める。
そうして彼らと客の絆が深まっていった。
異世界の住人であるタイショーとシノブであるからこそ迎える数々のピンチに、客や従業員が一丸となって立ち向かう。
もはやそこに異世界は関係ない。
暖かい人物であるタイショーとシノブ、その象徴である居酒屋のぶを守るために奔走する人々。
美味しい料理に酒を紹介するだけじゃない。これは居酒屋で出会った人と人との交流を描いた物語である。

豚汁

お客さんの幸せそうな笑顔を見て思わず笑うタイショー。

帝国の古都アイテーリアでは冬になると物流が止まってしまい料理の質が落ちてしまう。
そんな中、衛兵であるニコラウスは新しくできた店に行くがいつも通りの固いパン、脂身ばかりのベーコン、それに酸っぱいエールを出される。
″いつも通りだ″
ニコラウスはがっかりしながら自分の人生も″いつも通り″なのかと落ち込みそうになるが、すぐに首を振る。
そして″いつも通り″から逸脱出来る店、居酒屋のぶへと向かった。

「いらっしゃいませ!」
「…らっしゃい」
と笑顔で迎えてくれる女給仕のシノブと小さく表情は変えずに迎え入れてくるノブタイショー。
そこには同僚であるハンスが先に入店して食事を始めていた。
ハンスにオトーシを尋ねると、チクゼンニだという答えを聞き、確かチクゼンニは煮物でそれに合いそうな酒はアツカンだなと言いニコラウスはその内容をシノブに注文する。
味が染みたチクゼンニにアツカンを流し込むと、沁み込むような温かさと美味しさにニコラウスの顔が緩む。
ニコラウスとハンスは雪の中での衛兵訓練についてその辛さについて愚痴りあった後ノブの店内と食事に有り難さを感じながら
「外は雪だがノブにいる限り寒い思いをする事はないしな。暖かさも御馳走だ」とニコラウスは言う。
ハンスが温かい汁物をシノブに頼む。アツカンがなくなったニコラウスはアツカンのおかわりを一緒に頼み、徳利を受け取る際自身の手が震えていることに気付いた。ニコラウスは明日の訓練に障らないよう今日の酒はこれで最後と決め、ハンスと同じ汁物を頼む。
「はい!今日のおすすめの豚汁です」
シノブが持ってきたお椀の中には豚の脂がキラキラしていた。
2人は初めて見るメニューに興味津々でお椀に触れるととても温かく冷えた指先がジンと温まる。
暖かい店内でも真っ白な湯気をあげる豚汁。
口に含めばその熱さに驚きながらも喉から胃に熱いスープが通っていく感覚に思わず笑顔になった。
豚肉から出た脂身が溶け込んでそれがスープの温度を下げずに熱いまま喉から胃へ運ばれるのを感じる。そしてゴロリとした野菜の色とりどりの具、クリーミーにさえ感じるような濃い味のスープ。美味い。この熱さごとごちそうだ。
そうニコラウスは思いながら一気に豚汁を飲み干す。
あまりの温かさと美味さに2人はおかわりをタイショーに頼む。
そんな2人におかわりの豚汁をよそいながらもタイショーの口端が上がっていた。そんな彼の様子にニコラウスはいいことでもあった?と尋ねる。
タイショーは少し驚いたような顔をして「いいことですか?」と聞き返す。ニコラウスは笑顔で「笑ってたからさ」と答えるとタイショーは若干照れ臭そうな顔をしながらも先のニコラウスの質問に答えた。
「ふと思ったんですよ。昼間に色々大変なことがあっても夜ここで美味しいものを食べてお客さんが幸せな顔をしてくれる。これってとてもいいことだなぁって」
タイショーの言葉にニコラウスも同意する。
美味い飯を食べるのは本当に幸せなことだ、と。
おかわりの豚汁を受け取るとニコラウスはハンスと美味いなと笑い合いながら飲み込む。
そして思う。
明日もまたノブに来よう。ハンスもきっと来るはずだ。訓練は毎日厳しいけど美味しいものが食べられると思えば耐えられる。
シノブが何かに気付いたように入口の扉を開けると雪が止み星が見えていることを2人に告げた。

トリアエズナマの秘密

居酒屋のぶの名物トリアエズナマ。

一話完結の話が多い居酒屋のぶにおいて複数話にわたった話。居酒屋のぶが異世界で商売をすることに対してのリスクと常連客達がどれだけ居酒屋のぶを大切に思っているかがわかる話である。

居酒屋のぶの名物であるトリアエズナマが帝国の先帝が製造流通を禁止していたラガーであることが、バッケスホーフ商会トップで市参事会の議長であるバッケスホーフから指摘された。
しかもバッケスホーフはその事を黙っている代わりに居酒屋のぶを買い取り更に女給仕であるシノブとヘルミーナを自分の妾にすると脅す。ヘルミーナはこの時すでに衛兵隊の中隊長であるベルトホルトと結婚したばかりで、シノブとタイショーは怒りを露わにしその脅しを突っぱねる。しかしラガーを無断で販売した者は莫大な違反金が支払うか、最悪死罪だとバッケスホーフは居酒屋のぶの面々に告げる。
居酒屋のぶの面々はバッケスホーフの脅しに屈しなかったため、バッケスホーフはラガーを販売していた罪で居酒屋のぶを潰すこととヘルミーナとベルトホルトの婚姻無効調査願いを教会に出すことにした。
本当に居酒屋のぶは帝国が禁止しているラガーの販売をしているのか?
その調査を居酒屋のぶの常連客であり、徴税請負人であるゲーアノートが担当することになった。ここで功績をあげれば将来も安泰であり、ゲーアノートは元々一度食い付いたら骨までしゃぶり尽くすような人間であることから居酒屋のぶに対して良い結果が出ることは期待出来ない状況。
完全なる不利な状況のなか、居酒屋のぶへバッケスホーフとゲーアノートが調査結果を告げにやってきた。
結果、ラガーは密輸されていたがその数は37樽。30樽は東王国オイリアへ、6樽は帝国の南へ、1樽は古都アイテーリアに密輸されていたことがわかる。
その1樽が居酒屋のぶに密輸されていたのか?
しかし居酒屋のぶが開店してから半年ほど経った状態で、たった1樽のラガーを例えエールと混ぜて提供していたとしてもラガーと分かる味わいが残っているものなのだろうか。
ゲーアノートの調査結果にバッケスホーフは慌ててシノブにトリアエズナマを持ってくるように指示。彼は飲めばトリアエズナマがラガーであることがわかるとゲーアノートに言うが、ゲーアノートは首を振った。何故ならゲーアノートは今までラガーを一滴たりとも飲んだことがない。だから飲んでもわからないのだ。
それならば何故バッケスホーフはラガーの味を知っているのか、ゲーアノートは逆にバッケスホーフを問い詰める。
呆然とするバッケスホーフに、ゲーアノートが答えを言う。
古都アイテーリアに密輸された1樽の行方はバッケスホーフ商会に納品されていることを。
密輸をしていたのは自分だという証拠を突きつけられ、ガックリと項垂れるバッケスホーフ。
こうして居酒屋のぶが帝国のラガーを密輸販売していないという事実が証明され、これまでのように営業出来るようになった。

後にタイショーとシノブが居酒屋のぶ開店半年記念日を2人でお祝いしていた時、この事件のことを「バッケスホーフ事件」と語っているので今後この事件のことはバッケスホーフ事件と言うことにする。

いつもの

突然現れた新メニューにハンスは慌てる。

帝国古都アイテーリアの衛兵であるハンスとニコラウスは今日も一緒に居酒屋のぶへとやってきた。
ハンスはニコラウスに今日は何を食べるか決まった?と尋ねると彼はああと短く答え笑顔でシノブに注文する。
「シノブちゃん。オレ、トリアエズナマと″イツモノ″!」
″イツモノ″という聞いたことのないメニュー名にハンスは目を点にした。
いつの間にメニューが増えたのか?とニコラウスに詰め寄るハンスだったが、シノブに注文を促され思わず
「オレもその″イツモノ″で!トリアエズナマも!」
と注文をする。
ニコラウスにしつこく″イツモノ″とはなんなのか教えるように言うハンスだったが彼は答えない。そんなやりとりの間にも他の常連客がやってくる。
徴税請負人であるゲーアノートも、教会の助祭であるエトヴィンも、鍛治職人であるホルガーも決まって皆″イツモノ″を注文し、ますます混乱するハンス。
トリアエズナマがまずやってきてハンスとニコラウスが一気に飲み込むと、ニコラウスはニヤリと笑ってハンスに言う。
「それで?ハンス。そろそろ教えろよ」
「ん?何が?」
「何がって、最近節約している理由をさ」
ニコラウスに言われてハンスはトリアエズナマをくぴーと飲みながら呟く。
「ああ、そのことか」
「相手は誰だよ、ん?オレに秘密なんて水臭いぜ!」
ニコラウスがグイグイと迫ってくるが、ハンスはジトッとした目で彼を見る。
「…残念だけどニコラウスが思ってるようなことじゃないぞ」
「なんだ、女じゃないのか。だって金といえば女。女といえば金だろ」
と言うニコラウスに話が聞こえていたシノブがじとっと、彼を見つめて非難した。タイショーからも呆れた様子で女遊びもほどほどにしろよと注意されてしまいニコラウスは焦る。
「オレの話は置いといて…で?話の続きだよ、ハンス」
焦りながらも話題を元に戻すニコラウスにハンスは真剣な顔でポツリと言った。
「オレさ、衛兵、辞めようと思ってんだ」
その言葉にニコラウスは訓練もきついしなと相打ちを返すがハンスは否定する。
衛兵が嫌になったわけじゃない、訓練は意味もなくきついわけじゃない、あの厳しさは戦場で生き残るためのものだから。
そう言うハンスにニコラウスは茶化すように言った。
「はー、前から思ってたけどハンス!お前さんそゆとこホント真面目っつうか素直っつうか」
真面目で悪いか、とニコラウスの茶化しにムッとしながらも答えるハンスにニコラウスは更に、厳しさはベルトホルト中隊長の愛のムチかと揶揄う。そんなこと言ってないとハンスも否定する。
「で、辞めてどーすんのよ。親爺さんの硝子職人を継ぐのか?」
ニコラウスの真面目な質問にハンスは硝子職人は兄が継ぐからと答えた。その答えにニコラウスは何かに気付いたのか質問を重ねる。
「何か急にやりたいことでも見つかった?」
「ん、まぁ、そんなとこ」
「衛兵もいつまでも続けられる仕事じゃねーしな…」
「ニコラウスは何かやりたい事とか考えないのか?」
逆にハンスがニコラウスへ質問をすると彼は結婚がしたいと言い真実の愛はどこにあるんだーと落ち込みカウンターの席に突っ伏す。それをみてハンスは笑いながらそこは中隊長を見習おうぜと答えた。そんな2人の後ろでベルトホルト中隊長の新妻であるヘルミーナは幸せそうに笑っている。
そこへシノブがニコラウスへ注文した″イツモノ″を持ってきた。
それはチキン南蛮であった。
ゲーアノートにはナポリタン。
エトヴィンには塩辛と冷酒。
人によって料理の種類が違うことに呆気に取られているハンスにニコラウスは笑いながら教えてくれる。
「″イツモノ″ってのはな。メニュー名じゃなくて″自分がいつも頼んでいるもの″ってことさ」
だから皆違う料理が出てきたのか、と納得するハンス。
ニコラウスは美味しそうにチキン南蛮を食べながら、シノブちゃんはここの常連の顔も注文も全部覚えているらしいと言う。
それを聞いてハンスは悩む。最近自分はノブに来れてないし、どの料理も美味しいから決まった注文をしていない。
何がくるのか、ハンスがそわそわと待っていると、シノブがハンスの″イツモノ″を持ってきた。
「里いもの煮っ転がしです」
それを見てハンスは嬉しそうに笑う。
「サトイモ…!!これがオレの″イツモノ″…?」
そこでハタッとハンスは気付きシノブに尋ねる。ニッコロガシなんて頼んだことがない、と。
それに対してシノブは勝手にごめんなさいと謝りながらも笑顔で
「どんな料理に入ってる時でも、サトイモだけはいつも美味しそうに食べてるから」
と答える。
それに驚き目を見開くハンスにタイショーも小さく笑う。
ハンスは照れながら2人にありがとうとお礼を言った。
とても美味しそうに食べるハンスにニコラウスが物欲しそうに里いもの煮っ転がしを見るが、ハンスはこれはオレのだからやらないと料理をガードする。
そんなニコラウスにシノブがニコラウスさんの分も出しましょうか?と聞き彼は頷きついでにアツカンも合わせて注文した。ハンスも慌ててアツカンを注文する。
美味しそうに食べているハンスにタイショーがこれもどうだ?と新作の料理を渡す。それはサトイモの天ぷらであった。ハンスは嬉しそうに口に運び、思わず「あ…」と声を漏らす。その反応にニコラウスも気になって思わずその天ぷらを食べ同じように「あ…」と声を漏らしハンスと顔を見合わせた。
「サトイモだけどサトイモじゃない…」
2人が同時に感想を言う。煮物にした時のねっとり感じゃなく、じゃがいも以上のほくほく感が強い食感に驚いたのだ。
タイショーはエーファにも一つその天ぷらを渡す。
それをはふはふと食べたエーファは得意げな顔で頷いた。
「…これはよいものです!」
その反応にハンス達はハハハハと笑った。
「ああ。″よいもの″だ!」
そんな皆の反応にタイショーも笑顔で品書きに加えてもよさそうだと言う。
そしてハンスは笑顔でタイショーに
「口の中がテンプラになっちまった。タイショー他のも揚げてくれよ!」
と注文を追加し、タイショーも笑顔であいよと答える。
わくわくと天ぷらが揚がるのを待つハンスは笑顔でタイショーに伝えた。
「″イツモノ″も美味いけれど、新しいメニューも美味いよ、タイショー」
その言葉に対してタイショーは馴染みの客が来てくれて店の料理を気に入ってまた食べに来てくれるのはありがたい話だと言いつつも、ハンスにこそっと言う。
「本音はね、″いつもの″だけじゃなくどんどん新しい料理を皆に頼んでもらえるようになりたいもんだよ。…ハンスお前さんも、今の仕事を辞めた後もお前さんが進みたい道で、なりたい自分になれるようにな」
タイショーの暖かい言葉にハンスはアツカンに口をつけながら答える。
「…ああ、ありがとう」

まだ胸の奥にあるだけの夢だけど…
いつか…
いつか
きっと

ハンスの誓いは果たされる。

古都の大市

初めて訪れた人物でも居酒屋のぶのあたたかさが伝わる。

今日はアイテーリアの大市。
最近では来訪者の数も減ってきていたが、先帝のおかげで北方三領邦との関係も和らいだこともあるのか、ここ十数年にはない来訪者の数がやってきた。

大市の賑やかさは居酒屋のぶにも伝わっていた。
人の多さにシノブが驚いていると、タイショーが焦りながら手伝いをお願いする。夕方に間に合うように支度をしないといけない。
そんな慌ただしさの中、エーファがシノブに今日は誰か来るのかを尋ねた。
聞かれたシノブは指をおりながら今日の来訪者を確認する。が、とにかくたくさん来るという言葉でまとめてしまい、テーブルを中央に寄せて椅子を片すことにした。立食形式での提供に決める。
1番最初にやってきたのはクローヴィンケルとブランターノ。そしてすぐにヨハンと先帝もやってきた。それに続きヒルデガルドとその夫のマクシミリアンものぶに来訪する。そしてアンカケドーフの注文をシノブに笑いながら言う。
その後水運ギルドのゴドハルトとラインホルトとエレオノーラがやってきた。彼らの話題は今日出される新しいメニューでとても楽しみにしているようだ。
薬師のイングリドとその弟子カミラもやってきて、一番乗りだと思ってたのにすでに多くの人達がいて思わず笑ってしまう。その後も大勢の客達が居酒屋のぶにやってきた。
そしてタイショーが料理を提供し始め、テーブルに様々な料理が並び出すと人々の賑わいが一気に加速していく。
そんな居酒屋のぶへゴドハルトとゲーアノートがバッケスホーフの代わりに新議長になったマルセルを連れてきた。
彼は店内の光景に思わず驚く。
先帝にその甥、大司教に枢機卿、男爵達と子爵の面々。
あまりの重要人物達の多さに顔が青ざめるが、彼らがとても美味しそうに料理を食べている姿を見て、まさかこの居酒屋の新作料理を皆食べに来たのかと言うが、ホルガーがそれを否定する。
何が始まるのかわからずにいるマルセルだったが、そこへタイショーの言葉をきっかけに家業を継ぐことを決めたアルヌがやってきた。今から始まるのはサクヌッセンブルク侯爵アルヌ・スネッフェルスの即位前御披露目式だ。
アルヌは集まってくれた人々へ挨拶をし、枢機卿から祝福の言葉を受ける。
それを皆が拍手をしながら見守った。
少し離れたところでシノブがタイショーにこそっと尋ねる。
侯爵ってどれくらい偉いの?と。
タイショーも異世界と自分達の世界で同じかわからないが、男爵子爵伯爵の上だと答えた。
アルヌがとても位の高い人間だったことにシノブは驚きながらも、侯爵になったらもう来なくなるのか…と心配する。
タイショーはそれはどうだろうねと言いながらも、自分でその道を決めたんだ、今日は心からお祝いしてあげようとシノブに答えた。
シノブもその言葉に同意する。
そして居酒屋のぶの新作料理である″肉じゃが″が登場した。
皆に配り、皆がその美味さに微笑みを浮かべる。
その様子を見ていたマルセルは声をかけてきたゲーアノートに言った。
最初は驚いたが、良い店だ、と。皆笑顔で身分の上下も分け隔てなく、美味しいものを美味しいと心から楽しみ、料理と酒とその喜びを分かち合える、人と人をつなぐあたたかい店だ…。
マルセルの言葉にゲーアノートも頷き、皆ノブが好きなんだと答える。
そして皆が笑顔で乾杯をした。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

機動戦士ガンダム 第08MS小隊(08小隊)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』とは、1年戦争当時、東南アジアのジャングル地帯でジオン軍の開発する新兵器を巡る攻防と、それに関わる若き連邦士官とジオン軍女兵士との関係を描いた外伝作品。 ビデオ11作と完結編で構成されており、1996年から1999年にかけて発売された。陸戦が主体で、リアルな戦場を描いた作品であるとともに、戦時下の兵士の苦悩を描いている。ガンダムシリーズには珍しく、特別なガンダムが活躍する話ではない。

Read Article

聖戦士ダンバイン(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『聖戦士ダンバイン』は、1983年から富野由悠季が名古屋テレビと日本サンライズで放送・制作したロボットアニメである。 異世界と地上で起こる戦争に巻き込まれた人々がおのれの愛と憎しみ、エゴに翻弄され自滅していくさまを残酷なまで丁寧に描き切っている。 美しいファンタジー風の世界観と救いようのない人の業のコントラストが特色である。

Read Article

NEW

半妖の夜叉姫(犬夜叉続編アニメ)のネタバレ解説まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子高生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、せつなは夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

TIGER & BUNNY(タイガー・アンド・バニー、T&B、タイバニ)のネタバレ解説まとめ

2011年4月〜9月にかけてMBSほかで放映された、サンライズ制作のヒーローアニメーション。シュテルンビルドと呼ばれる街で、ベテランヒーロー・ワイルドタイガーとキザでクールな新人ヒーロー・バーナビーのコンビがW主人公で活躍する。アメコミと日本のヒーローものの良いところが満載の大ヒットアニメである。実在の企業がヒーロー個人のスポンサーになっており関連企業はタイバニとのコラボイベントを数多く実施した。

Read Article

スクライド(s.CRY.ed、s-CRY-ed)のネタバレ解説まとめ

監督・谷口悟朗、脚本・黒田洋介によるサンライズ制作のオリジナルアニメーション作品。2001年7月4日から12月26日まで放送され、熱いストーリー展開で人気を博した。アルター能力者であるカズマが好敵手である龍鳳や多くの敵との戦い、さらには本土からの刺客との激戦を繰り広げる能力バトルアニメである。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED(シード)のネタバレ解説まとめ

「機動戦士ガンダムSEED」は2002年10月から2003年9月まで毎日放送・TBS系列で放送されたロボットアニメ。「機動戦士ガンダム」シリーズの中でも新しい世代に向けて作られた、“平成のファーストガンダム”と呼ばれる作品。幼少期の親友でありながら敵対する立場にいる2人の少年と、戦争を終わらせるために戦場に身を投じる中での葛藤や苦悩を描いた壮大なストーリーが見どころ。

Read Article

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(アニメ)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(Mobile Suit Gundam 0083)とは、1991年から1992年にかけて、全13話が製作されたOVAシリーズである。アムロ・レイの活躍によって終結した、『機動戦士ガンダム』の戦いの三年後を描く。本作の星の屑作戦によって地球にコロニーが落とされたことで、物語は『機動戦士Zガンダム』へと続いていく。

Read Article

夏色キセキ(Natsuiro Kiseki)のネタバレ解説まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。 2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。 作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

Read Article

機動戦士Ζガンダム(Mobile Suit Zeta Gundam)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士Ζガンダム』とは、1985年から1986年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。全50話で略称は「Ζ(ゼータ)」。 一年戦争終結から7年、地球連邦軍は増長したエリート組織ティターンズと反地球連邦組織エゥーゴが内紛状態に陥っていた。学生だったカミーユ・ビダンはその抗争に巻き込まれる中で、様々な出会いや別れ、戦いを経験し、新たなニュータイプとして覚醒していく。

Read Article

機動警察パトレイバー(Mobile Police Patlabor)のネタバレ解説まとめ

「機動警察パトレイバー」は、1988年にリリースされたオリジナルビデオアニメーション(OVA)と少年サンデー誌上での漫画版の連載開始から始まった、メディアミックス・コンテンツの先駆け的タイトルである。 作業用のロボットが需要により暮らしの日常の風景にまで普及した1999年の東京が舞台で、主人公の新米女性警官・泉野明(いずみ のあ)が同僚の仲間たちと共に悪戦苦闘しながら、警察に導入されたロボット部隊の搭乗者のひとりとして日々巻き起こる事件と出来事の数々に立ち向かう様を描いた物語。

Read Article

アイカツ!(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『アイカツ!』とは、バンダイの展開するトレーディングカードを用いた女児向けアーケードゲームと連動して作られたアニメである。 主人公の星宮いちごはトップアイドルである神崎美月にあこがれて、名門アイドル養成学校スターライト学園に入学する。個性豊かなアイドル仲間達と切磋琢磨し、学園の女王「スターライトクイーン」を目指す青春ストーリーである。 姉妹作品に『アイカツスターズ!』、『アイカツフレンズ!』、『アイカツオンパレード!』がある。

Read Article

コードギアス 亡国のアキト(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム』でお馴染みの赤根和樹(あかねかずき)が監督を務め、2012年〜2016年にかけて劇場公開されたSFロボットアニメ。世界の3分の1を支配する大国・ブリタニア帝国に祖国を奪われた日本人の少年少女たちは、遠く離れたヨーロッパの地に流れ着き、尚も過酷な戦争に身を投じていく。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュR2(アニメ)のネタバレ解説まとめ

サンライズ制作によって放送されたダークヒーローアニメの続編。現実とは異なる世界線で、母国に捨てられた皇子・ルルーシュが、テロリストの仮面をかぶり、”ギアス”という名の超能力を駆使して復讐劇を開始する。だが前章にて、ルルーシュは親友だったはずの男に売られ、記憶を失ってしまった。彼が記憶を取り戻し、野望を現実にした時、世界はかつてない変革を迎える。

Read Article

機動戦士ガンダム00(Mobile Suit Gundam 00)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム00』とは、サンライズが製作した日本のオリジナルロボットアニメである。2度のテレビ放映の後に劇場版も公開されている。 宇宙へ進出し、地域格差が現代よりも厳しくなっている地球を舞台に武装組織「ソレスタル・ビーイング」が戦争根絶を目的として、世界へ宣戦布告する。世界は混乱しながらも一致団結して「ソレスタル・ビーイング」と戦いを繰り広げていく。

Read Article

ガンダム・バルバトス(Gundam Barbatos)の徹底解説まとめ

ガンダム・バルバトスとは、アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場する機動兵器「モビルスーツ」の一体にして、同作の主役機である。物語開始の300年前に起こった「厄祭戦」時に建造された72機のガンダムタイプのうちの一機で、「バルバトス」の名はソロモン72柱序列8位の悪魔の名に由来する。

Read Article

機動武闘伝Gガンダム(Mobile Fighter G Gundam)のネタバレ解説まとめ

機動武闘伝Gガンダムとは、1994年より地上波で放送されたテレビアニメ作品。 未来世紀60年、スペースコロニー間の代理戦争として行われるガンダムファイトを戦う、ファイターたちの成長を描く。 ガンダムシリーズの監督である富野由悠季以外の手によって製作されたアニメで、従来とのシリーズ作品との繋がりはなくなっている。

Read Article

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』とは、アニメ「機動戦士ガンダム」の作画監督を務めた安彦良和が原作アニメ設定やストーリーを再構築したコミカライズ(マンガ化)作品をアニメ化したもの。 アニメ化に際し、原作マンガの描いた79年の原作アニメの前日談の部分を再構築し、原作アニメにつながるストーリーとなっている。79年のアニメでは主人公アムロ・レイの好敵手であるシャア・アズナブルが本作の主人公として描かれている。

Read Article

機動戦士ガンダムAGE(エイジ)のネタバレ解説まとめ

「機動戦士ガンダムAGE」とは2011年10月から2012年9月までMBS・TBS系列にて放送されたテレビアニメである。突如あらわれた謎の勢力との戦争の中で、主人公(フリット、アセム、キオ)が世代交代していくのが特徴だ。子供向けの絵柄とは裏腹に、敵との戦争の中で各々の異なった葛藤を描いているのも魅力の一つであり、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

Read Article

シャア・アズナブル(機動戦士ガンダム)の徹底解説まとめ

シャア・アズナブルとは、「機動戦士ガンダムシリーズ」に登場するキャラクターである。 天才的なパイロットにしてシリーズの初代主人公「アムロ・レイ」のライバルであり、同時に謀略家としての一面を持つ。常に仮面で顔を隠しているが、アムロにとっての敵でもあるジオン公国、それを統べるザビ家への復讐を胸に秘める。そのため時にアムロたちを利用し、時に手柄として付け狙い、やがて壮絶な私闘を繰り広げていくこととなる。 そのミステリアスな雰囲気と華々しい活躍から、シリーズ全体でも屈指の人気キャラクターである。

Read Article

コードギアス 反逆のルルーシュ(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』とは、2006年10月~2007年3月にかけて全25話が放送されたサンライズ制作のSFロボットアニメ作品。コードギアスシリーズの第1期作品である。 神聖ブリタニア帝国領土下の日本に住むブリタニア人のごく普通の学生ルルーシュ・ランペルージがある日、超能力であるギアスの力を手に入れたことをきっかけに、死んだ母親の仇と妹のナナリーのためにブリタニアへの復讐を始めていく。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)のネタバレ解説まとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは富野由悠季氏による日本のアニメーション作品。 技術の頂点を極めた人々が戦争の末に人類を滅亡しかけた宇宙世紀の1000年以上後を舞台にしている。命からがら生き延びた人々は新しい時代を「リギルド・センチュリー(R・C)」と名付け、さらには同じ轍を踏まぬよう技術に制限をかけ再び繁栄を初めていた。 明るく純粋無垢な主人公ベルリ・ゼナム、少し世話の焼けるお嬢様アイーダ・スルガンの二人の成り行きで始まった世界の仕組みを知る旅の物語である。

Read Article

男子高校生の日常(Daily Lives of High School Boys)のネタバレ解説まとめ

「男子高校生の日常」とは山内泰延によるギャグ漫画、及び2012年にサンライズで制作されたアニメーション作品。2013年には実写映画化もされた。男子高校生たちの日常生活の中で起こるギャグを描いた作品。また男キャラに負けない存在感と力強さを持った女子高校生達も登場する。主人公のタダクニに入野自由、タダクニの友人ヒデノリとヨシタケに杉田智和と鈴村健一などベテラン声優が数多く出演している。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)のネタバレ解説まとめ

1979年から1980年にかけて日本サンライズによって制作・放送されたロボットアニメ。ファンが多く知名度が高い作品だが、放送当時は視聴率が振るわず打ち切りとなった。 ガンダムシリーズの1作目で「初代(ガンダム)」や「ファースト(ガンダム)」とも呼ばれる。 ガンダムに乗ったアムロやその仲間が各地を転戦しながら、宿敵シャアをはじめ様々な人々との出会いや別れ、戦いを経て成長していく物語である。

Read Article

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 2007年より小説版が連載され、2010年よりOVA劇場上映および発売、2016年にはTVアニメ版が放送された。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、ラプラスの箱と呼ばれる重要機密を巡る戦いを描く。

Read Article

機動戦士ガンダムF91(Formula 91)のネタバレ解説まとめ

機動戦士ガンダムF91は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズである「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と貴族主義を掲げるクロスボーン・バンガードとの戦いを描く。 「人は、いつ戦争を忘れることが出来るのか?」がキャッチコピーとしてつけられた。

Read Article

新機動戦記ガンダムW(Mobile Suit Gundam Wing)のネタバレ解説まとめ

『新機動戦記ガンダムW』とは、サンライズ制作の『ガンダムシリーズ』のテレビアニメ。物語の主軸は戦争であるが、本作ではコロニーを支配するためにOZがめぐらす戦略やガンダムに乗るパイロットたちをめぐる人間性と様々な葛藤も描かれている。また日本、西洋、中東、アメリカ、中国をイメージした5機のガンダムが登場し、それぞれのガンダムパイロットの5人全員が主人公役扱いになっている。

Read Article

コードギアスシリーズのナイトメアフレーム(KMF)まとめ

『コードギアスシリーズ』とは、サンライズによって制作されたSFロボットアニメ。 世界の3分の1を支配する超大国「神聖ブリタニア帝国」。その第11皇子として生まれたルルーシュ・ランペルージはテロで母を亡くし、妹のナナリーも重傷を負うという悲劇に遭う。日本に追放されたルルーシュはそこで生来の友となる枢木スザクと出会い、「ギアス」という異能の力と関わっていく。 ナナリーが幸せになれる世界を作るため、ブリタニアの植民地となった日本のレジスタンスを巻き込みながら、ルルーシュは故国に反旗を翻す。

Read Article

機動戦士ガンダムUCのモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムUC(機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096)は福井晴敏による小説、およびそれを原作としたアニメ作品。 機動戦士ガンダムから続く宇宙世紀を舞台に、重要機密であるラプラスの箱を巡る戦いに巻き込まれた少年の葛藤と成長を描く。 緻密に練り込まれた物語もさることながら、戦闘シーンも見所の一つであり、それを彩る兵器であるモビルスーツ、モビルアーマーも幅広い層から人気を集めている。

Read Article

機動戦士ガンダムF91のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダムF91(Mobile Suit Gundam F91)は、1991年に劇場公開されたアニメ作品。 シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」の劇場公開10周年を記念して製作された。 宇宙世紀0123年を舞台に、地球連邦軍と武装集団クロスボーン・バンガードの戦いを描く。 シリーズの代名詞である人型兵器モビルスーツも、作品の見どころのひとつとして挙げられる。

Read Article

半妖の夜叉姫の武器・必殺技まとめ

『半妖の夜叉姫』とは、高橋留美子の漫画作品『犬夜叉』の十数年後の世界を描いたアニメ作品。 普通の女子中学生日暮かごめと、半妖の少年犬夜叉が、現代と戦国時代を行き来しながら繰り広げた大冒険から十数年。2人の姪であるとわは、幼い頃に生き別れた双子の妹せつなと再会するが、彼女は夢の胡蝶という妖怪によって眠りを奪われ、過去の記憶も失っていた。かごめと犬夜叉の娘であるもろはも加わり、かつて彼女たちの親がそうしていたように、3人は現代と戦国時代を行き来しながら大妖怪麒麟丸を追う冒険を繰り広げる。

Read Article

機動戦士ガンダム0083のモビルスーツ・モビルアーマー・艦船・兵器まとめ

機動戦士ガンダム0083(Mobile Suit Gundam 0083)は、OVAとして発売されたアニメ作品である。1991年より全13話が発売、1992年にはOVAを編集した総集編が劇場公開された。地球連邦軍と、ジオン軍残党デラーズフリートとの戦いを描く。シリーズ作品である「機動戦士ガンダム」と「機動戦士Zガンダム」の間をつなぐ物語として制作され、両者の空白の期間を埋めるものとなっている。

Read Article

機動戦士ガンダム(Mobile Suit Gundam)の名言・名セリフまとめ

機動戦士ガンダムは日本サンライズによって制作された矢立肇・富野喜幸(現:富野由悠季)原作のロボットアニメである。ガンダム以前のロボットアニメにとは違い、重厚な人間関係や緻密なロボット設計で新たなロボットアニメとしてジャンルを築いた。ロボットアニメでありながら、戦争という環境に置かれた主人公アムロ・レイの成長を主軸に描かれているこの作品には数多くの名言が残されている。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフまとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

ガンダム Gのレコンギスタ(Gレコ)の名言・名セリフまとめ

『ガンダム Gのレコンギスタ』とは、「機動戦士ガンダム」シリーズの続編で、全26話のアニメシリーズ。 ∀(ターンエー)ガンダム以来、ガンダムのTVアニメシリーズとしては15年ぶりの富野由悠季監督作品である。また後年にはテレビシリーズを基に再編された劇場版も制作されている。 独特な演出とセリフ回しはファンから富野節とも呼ばれ、小気味良いテンポで展開されていくストーリーの中で、物語中の状況の変化と共に数々の名台詞が存在している。

Read Article

劇場版 亡国のアキト 第3章 ~輝くもの天より堕つ~ あらすじ&見所まとめ

訳あって生命力みなぎる老婆達に扱き使われる事になり、つかの間の平和な日常を過ごすアキト達。 一方でユーロ・ブリタニアに到着した謎の軍師キングスレイはE.Uに対して「ある作戦」を実行しようとしていた。 日常パート有り、アクションシーン有りで、シリーズ中でもかなりオススメの章です。

Read Article

目次 - Contents