僕等がいた(アニメ・漫画・映画)のネタバレ解説まとめ

『僕等がいた』とは、2002年から「ベツコミ」で連載され、第50回小学館漫画賞少女向け部門を受賞した小畑友紀の漫画であり、2006年にアニメ化され、2012年に完結後、実写映画化もされた大人気漫画である。舞台は北海道釧路市と東京で、高校生活に期待を寄せる少し天然で一途な普通の女の子高橋七美と、運動神経抜群でクラスの大半が好きになるが、心に大きな影を抱える矢野元晴の高校時代~社会人までの青春と純愛を描いたラブストーリー作品である。

出典: www.marv.jp

出典: kencarter.exblog.jp

CV:中山恵里奈
演:本仮屋ユイカ
11月16日生まれ 身長158cm 血液型B型
矢野の亡き元カノ山本奈々の妹。矢野とは中学からの同級生で七美とは同じクラスだが、人を寄せ付けないオーラがあり、周囲から孤立しどこか闇を垣間見せる女の子。美人だった姉の奈々とは似ていなく、地味で自分を卑下し陰湿な性格。中学時代から密かに矢野のことがずっと好きで、姉の死後に悲しみの最中悩み苦しんでいた矢野と1度だけ体の関係を持ってしまう。それ以降矢野に執着し、七美の前で意味深な発言をし、矢野と七美の関係に亀裂を生んでいた。高校卒業後は東京の大学に進学するが、母が亡くなった矢野を追いかけ、中退し北海道へ帰郷。行方不明だった矢野の居場所を見つけ出し、自分と似た境遇に同情した矢野と付き合い同棲することになる。しかし、自分の矢野に対する想いは、矢野が七美を想う気持ちに勝ることはなく、東京へ移り矢野が七美と6年越しの再会以降に矢野とは別れることになる。

山本 奈々 (やまもと なな)

出典: twitter.com

CV:ゆりん
演:小松彩夏
7月29日生まれ 身長161cm 血液型B型 一部からの愛称はバカナナ
中学時代に矢野と付き合っていた1学年上の元彼女で山本有里の姉。美人で非常にモテるがダメ男ばかり好きになるため、影では馬鹿にされていた。DV男との交際中に、矢野からの告白で付き合うことになるが、矢野との約束を破り別の元彼と会い、ドライブ中に交通事故に遭い亡くなった。矢野にとって初めて本気で好きになった人であり、忘れられぬ存在となる。

千見寺 亜希子 (せんげんじ あきこ)

出典: twitter.com

演:比嘉愛未
9月28日生まれ
矢野が東京へ転校した高校の同級生で、J大卒業後に就職した男性向け漫画の出版社で七美の同期。才色兼備で面倒見がよい性格。七美とは、消息後も矢野のことを振り切れずに想い続けていた姿を見守り支えてきて親友となった。そして仕事で偶然再会した矢野に惹かれていき、竹内と一緒にいた方が七美は幸せだと言い聞かせたり、七美との別れを悩んでいた竹内を励ますなど、どうにかして自分と矢野との距離を縮めようとしていた。だが、矢野が七美のことを一途に想っていることを強く感じ、七美を羨ましく思いつつ自分の気持ちは諦め、矢野のことを応援する側に立ち、2人が結ばれるまで見守り続けた。

矢野 庸子 (やの ようこ)

出典: mission12.tistory.com

CV:渕崎ゆり子
演:麻生祐未
矢野の母。親友だった長倉美智子の旦那と不倫し矢野を身籠り、未婚のまま出産。性格はいい加減で、考えなしに自由に生きてきたため、周囲からは成長せずに子供のまま大人になってしまったと言われていた。だが、息子のことは女手一つで立派に育てていたので親子関係は良好だった。北海道で結婚するも、矢野が高2の冬に離婚し上京。息子と2人で新しい生活を送り始めた矢先に癌を発症。後に矢野の実父の妻で親友だった美智子が現れ、息子を取られてしまうのではないかと精神が錯乱し、追い詰められていき首を吊り自殺する。

水口 (みずぐち)

CV:清水香里
愛称は水ちん
主人公である高橋七美の親友。七美が高校入学後に初めて出来た友達で、情報通な矢野の熱狂的ファン。七美が矢野と交際後も何かと問題を抱えていた二人をずっと側で見守り、七美を励まし、時には矢野に喝を入れていた。高校卒業後は北海道の大学に進学し、七美とは離れてしまったが、ときどき連絡を取り合い、良い親友関係を築いている。

アツシ

出典: mission12.tistory.com

CV:加古臨王
演:柄本佑
矢野と竹内の中学時代からの友人。七美の友人と結婚した。

功太郎 (こうたろう)

愛称は功
矢野が東京へ転校した高校のクラスメイトで、出会った当初は生意気な転校生だった矢野のことを嫌っていたが、すぐに打ち解け仲良くなる。矢野が消息を絶った後もただ1人行方を知っていたが、千見寺たち同級生には隠していた。高校時代から千見寺への想いを寄せ続けているが、報われてはいない。

長倉美智子 (みちこ)

出典: comic-review.com

演:山下容莉枝
矢野の母である庸子のかつての親友だった。庸子が旦那と不倫し、子供を作り矢野が生まれた事が許せずにずっと恨んできた。ある時、家庭内で跡継ぎ問題が生じ、旦那の血を引く実の息子である矢野を引き取りに庸子と矢野の元へ現れる。だがその行為が原因となり、庸子は精神崩壊し自殺してしまい、庸子と矢野のことは許した。

マスター

演:神尾佑
札幌市内でバーと営む矢野の恩人。母親の自殺によるショックでパニック障害を抱え、過去との決別のため周囲からの消息を絶ち、札幌に戻っていた矢野と偶然出会う。自暴自棄となり、闇を抱え社会から孤立していた矢野を店へ雇った。非常に温厚であり、矢野の過去を問い質すこともなく、優しくあたたかい言動で寄り添い、抱えていた心の闇から救おうとしてくれていた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ギャグマンガ日和(ギャグ日)のネタバレ解説まとめ

『ギャグマンガ日和』とは、増田こうすけによるギャグ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。『月刊少年ジャンプ』にて2000年から連載が始まり、2007年から後継誌である『ジャンプスクエア』に移動した。 増田こうすけが作り上げた架空のキャラクターや、増田こうすけによる脚色が入った歴史上の人物が奇天烈な行動を巻き起こしていく。

Read Article

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、1995年から1997年にかけ、『週刊少年ジャンプ』にて連載されたギャグ漫画及びそれを原作としたアニメ作品。作者は「うすた京介」であり、同氏の連載デビュー作である。奇妙な格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である主人公・花中島マサルと、彼を中心としたセクシーコマンドー部員たちとの日常が描かれる。突拍子もない展開の続くナンセンスギャグが主だが、随所で当時のテレビ番組などの固有名詞や、様々なパロディも挟まれるなど、緩急ついた笑いが人気を博した。

Read Article

あたしンち(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『あたしンち』とは1995年6月からけらえいこ原作で朝日新聞より連載が開始された日常コメディ漫画。その後メディアファクトリーよりコミック化される。母、父、長女のみかん、弟のユズヒコの4人家族「タチバナ家」の日常が繰り広げられる。みかん・ユズヒコの学校生活や友達とのやりとり、母の友好関係、父の仕事などからリアルな描写が描かれている。他にも個性的なキャラクターが多く登場。アニメ化や映画化もされており長年根強いファンを獲得している。

Read Article

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさんの名言・名セリフまとめ

『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』とは、ナンセンスギャグを得意とするうすた京介が、『週刊少年ジャンプ』で描いた伝説的なギャグマンガである。 謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手である本作の主人公・花中島マサルの繰り出すシュールで支離滅裂なギャグが本作の見所である。 本作に出てくる名言もシュールなものばかりで、名言と言うより、どちらかと言うと迷言に該当しそうなものばかりである。

Read Article

目次 - Contents