IZ*ONE(アイズワン)の徹底解説まとめ

IZ*ONE(アイズワン)とは、韓国と日本の合同プロジェクトによるグローバル女性アイドルグループである。
韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」の視聴者投票で選ばれた韓国人9人と、日本人3人の12人で結成された。活動期間が限られており、2018年10月29日から2021年4月までの2年6か月の期間限定で活動している。
美しいビジュアルと華麗なフォーメンションダンスが人気の正統派アイドルグループである。

チャン・ウォニョン

本名:チャン・ウォニョン
生年月日:2004年8月31日
血液型:O型
身長:169cm
出身地:韓国 ソウル特別市龍山区
メンバーカラー:ピンク
所属事務所:STARSHIPエンターテインメント
PRODUCE48最終順位:1位

IZ*ONEの最年少メンバー。幼少の頃から英語を習っており、英語幼稚園に通っていたため特技は英語の発音である。デビュー前に芸能養成学校「ドリームボーカル実用音楽学院」に通っていた。姉の中学校の卒業式へ付き添いで行った際に、現所属事務所STARSHIPエンターテインメントにスカウトされた。デビュー前にもかかわらず、ペプシコーラの広告モデルに起用されたり、ボーイズグループYDPPの「LOVE IT LIVE IT」のミュージックビデオに出演した。

「PRODUCE 48」では可愛らしいベビーフェイスにモデル並みのスタイルで、同じ事務所のアン・ユジンと共に実力も高かった為、常に目立っており人気も高かった。最終順位では1位を獲得し、デビューアルバムのタイトル曲「La Vie en Rose」のセンターを務めた。

当時中学生だったのにも関わらず、ステージでは大人のような色気のある表情を披露し、普段はグループ最年少らしく、メンバーに甘えている姿もファンの心をくすぐる人気の理由のひとつである。また、勉強も優秀でデビュー後のハードなスケジュール中にも関わらず、学校のテストで満点を取るなど才色兼備の持ち主である。

IZ*ONEのディスコグラフィー

韓国

1stミニアルバム『COLOR*IZ』

出典: iz-one.co.kr

収録曲
1. Colors
2. O' My!
3. La Vie en Rose
4. Memory
5. We Together(IZ*ONE Ver.)
6. 好きになっちゃうだろう?(IZ*ONE Ver.)
7. 夢を見ている間(IZ*ONE Ver.)
8. PICK ME (IZ*ONE Ver.)(CD only)

IZ*ONEのデビューミニアルバム『COLOR*IZ』は、英語の「色を着せる」という意味をもった「Colorize」と同じ発音を活用したタイトルだ。IZ*ONEはデビュー時のティーザー映像で公開したように、メンバーそれぞれのカラーを持っている。この中でもデビューアルバムの『COLOR*IZ』はIZ*ONEの情熱を最もよく表したカラーである赤を中心に表現、また赤を最も美しく、かつ情熱的に表現できる「ROSE(薔薇)」をコンセプトにしてアルバムを構成した。

特にタイトル曲「 La Vie en Rose」はIZ*ONEの魅力を感じられる曲となっており「バラ色の人生」という意味の題名のようにIZ*ONEの情熱で、あなたと私、そして私達全てを「バラ色の人生」にしてみせるというメッセージが込められている
また「PRODUCE48」にて披露したデビュー評価曲である「We Together」と「好きになっちゃうだろう?」、最終回で公開された団体曲「夢を見ている間」「PRODUCE48」のメインテーマ曲、「PICK ME (IZ*ONE Ver.)」などが新しく収録され、「PRODUCE48」からIZ*ONEを見守ってきた人たちであれば新しい魅力を感じられる構成となっている。

売り上げは週間で80,822枚を記録し、K-POPガールズグループのデビューアルバム初動枚数としては歴代最高の記録となった。日本でもオリコン総合アルバム週間チャート、デジタル週間チャートで初登場1位にランクインした。

2ndミニアルバム『HEART*IZ』

出典: iz-one.co.kr

収録曲
1. Hey. Bae. Like it.
2. Violeta
3. Highlight
4. Really Like You
5. Airplane
6. Up
7. NEKONI NARITAI (Korean Version)
8. GOKIGEN SAYONARA (Korean Version)

今回のアルバムは愛と心を意味する英語「Heart」と「IZ*ONE」の合成語で、IZ*ONEが表現したい真心の話を込めたアルバムという意味を持っている。「Really Like You」はメンバーのキム・ミンジュと本田仁美が作詞に参加しており、「NEKONI NARITAI (Korean Version)」「GOKIGEN SAYONARA (Korean Version)」は彼女たちの日本曲を韓国語にキム・ミンジュとイ・チェヨンがそれぞれ翻訳し、アーティストとしてさらに幅広く深みのある感性を込めている。

タイトル曲の「Violeta」は童話「幸せな王子」の一部に着目し誕生した。メンバーたちが愛し応援する対象であるスミレを「Violeta」に、幸せを象徴する「サファイア」をスミレに届ける「ツバメ」をIZ*ONEに再解釈し、すべての方に「存在そのものが輝く人」という情熱のつまった応援のメッセージを伝えている。
更に今回のアルバムでは快いエネルギーをぎっしりつめた曲「Hey. Bae. Like it.」とタイトル曲「Violeta」の延長線でありIZ*ONEの堂々とした魅力を感じられる「Highlight」、お互いに対する特別な気持ちを表現した友情ソング「Really Like You」、IZ*ONEの未来とステージを空という広い空間に例えて表現した「Airplane」、ファンへの気持ちを込めたファンソング「Up」が収録されている。ファンを始め、IZ*ONEの音楽を聴くすべての方々に、応援のメッセージを伝えたいという彼女たちの想いが詰まったアルバムである。

初動販売量が13万2,109枚を記録し、歴代ガールズグループ初週セールス1位を達成した。また、ガオン週間アルバムチャートでも1位を獲得した。日本ではオリコン週間デジタルアルバムチャートで2位、総合アルバムチャートで初登場4位にランクインした。

1stアルバム『BLOOM*IZ』

出典: iz-one.co.kr

収録曲
1. EYES
2. FIESTA
3. DREAMLIKE
4. AYAYAYA
5. SO CURIOUS
6. SPACESHIP
7. DESTINY
8. YOU & I
9. DAYDREAM
10. PINK BLUSHER
11. SOMEDAY
12. OPEN YOUR EYES

IZ*ONEの1stアルバム。2019年11月に発売予定だったが「PRODUCE48」の投票操作疑惑の影響により延期になった為、ファン待望のアルバムである。
『BLOOM*IZ』は「花を咲かせる」という意味を持つ「BLOOM」と「IZ*ONE」の合成語で、「絶頂」の美しさを入れ込めついに「満開」を目前にしている12人の少女たちの多彩な姿が込められている。

今回のアルバムは「La Vie en Rose」「Violeta」に続くフラワーシリーズのラストを飾るアルバムで、より一層深い意味を持っている。今まで心の中に秘めていた望みを叶うため成長の踊り場を乗り越えて、万全の準備を整えたIZ*ONEは今回のアルバムで無限の可能性を持っている彼女たちの12色のすべての多彩さを披露している。
タイトル曲「FIESTA」はIZ*ONEが集まって満開の花を咲かせた姿を「祭り」というイメージで形象化した曲としている。メンバーのクォン・ウンビは「SPACESHIP」、チョ・ユリは「SOMEDAY」を作詞・作曲し、チャン・ウォニョンは「DREAMLIKE」、キム・ミンジュは「YOU & I」の作詞にそれぞれ参加している。

2020年2月17日(発売日)の1日だけで18万4,000枚以上を売り上げ、歴代ガールズグループ初日CDセールス1位を記録。また、歴代ガールズグループのアルバム初週セールスでも最多記録を更新した。2020年2月18日午前10時時点のiTunesアルバムチャートで、日本、香港、マレーシア、フィリピン、ポルトガル、シンガポール、スウェーデン、台湾、タイ、ベトナム、マカオ、インドネシア、ブルネイ、ベリーズ、ラトビアの15か国で1位を獲得した。

3rdミニアルバム『Oneiric Diary』

出典: iz-one.co.kr

収録曲
1. Welcome
2. Secret Story of the Swan
3. Pretty
4. Merry-Go-Round
5. Rococo
6. With*One
7. 幻想童話 (Secret Story of the Swan)(Japanese Ver.)
8. Merry-Go-Round (Japanese Ver.)

IZ*ONEの3rdミニアルバム「Oneiric Diary (幻想日記)」は「優雅なカリスマ」と「日常の少女」というイメージを持っているIZ*ONEメンバーの姿を、「幻想」と「日記」という相対的な素材を合わせる事で表現したコンセプトアルバムである。

タイトル曲の「Secret Story of the Swan」は、1stミニアルバム『COLOR*IZ』のタイトル曲「La Vie en Rose」以来MosPickが作詞・作曲・編曲を担当し、韓国語で「幻想童話」の意味であり、IZ*ONEの多彩な美しさを表現したシネマチックEDMダンス曲。IZ*ONE初となる、タイトル曲を含めた2曲の日本語バージョンの楽曲も収録された。メンバーの本田仁美は「Merry-Go-Round」と「Merry-Go-Round (Japanese Ver.)」、宮脇咲良・矢吹奈子は「幻想童話 (Secret Story of the Swan) (Japanese Ver.)」の作詞にそれぞれ参加した。「With*One」は、IZ*ONE初となる全メンバーの作詞の参加、そしてクォン・ウンビは作曲に参加した。

歴代ガールズグループのアルバム初週セールス1位を記録した。日本のオリコン週間アルバムランキングは4位。

4thミニアルバム『One-reeler / Act Ⅳ』

収録曲
1. Mise-en-Scène
2. Panorama
3. Island
4. Sequence
5. O Sole Mio
6. Slow Journey

日本

1stシングル『好きと言わせたい』通常盤 Type A

収録曲
1. 好きと言わせたい
2. ケンチャナヨ
3. ご機嫌サヨナラ
4. 好きと言わせたい(Instrumental)
5. ケンチャナヨ (Instrumental)
6. ご機嫌サヨナラ (Instrumental)

DVD
1. 好きと言わせたい Music Video
2. ご機嫌サヨナラ Music Video

『好きと言わせたい』はIZ*ONEの日本デビュー曲。作詞は秋元康。キャッチーで聞きやすく、耳に残る曲である。サビの「好きと言わせたい」が2番では「好きと言いなさい」となるところがインパクトを与える。「ケンチャナヨ」は韓国語では「大丈夫」という意味。「ご機嫌サヨナラ」はメンバーのチャン・ウォニョン、アン・ユジン、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、本田仁美、キム・チェウォン、イ・チェヨンのユニット曲。切ない恋心を前向きにポップに歌っている。
オリコン週間ランキング2位。

subagumi0922
subagumi0922
@subagumi0922

Related Articles関連記事

乃木坂46の徹底解説まとめ

乃木坂46とは、2011年8月21日に「AKB48の公式ライバル」として誕生したアイドルグループ。AKB48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、のちに誕生する「欅坂46」や「日向坂46」など「坂道シリーズ」の第一弾グループでもある。当初はAKB48のライバルということで何かと比較されることが多かったが、現在では第59回、及び第60回の日本レコード大賞を連続受賞するなど、「AKB48の公式ライバル」という看板はもはや不要の「乃木坂46」という唯一無二のアイドルグループとして君臨している。

Read Article

日向坂46(けやき坂46)の徹底解説まとめ

日向坂46とは、2015年11月30日に欅坂46のアンダーグループとして結成された「けやき坂46(ひらがなけやき)」を母体に、2019年2月11日に現在の「日向坂46」と改名、誕生したアイドルグループ。乃木坂48や欅坂46と同じく秋元康プロデュースのグループであり、「坂道シリーズ」の第三弾グループでもある。「けやき坂46」初期は「欅坂46」のアンダーグループのイメージが強かったが、徐々に独立した存在感が増し、現在は大躍進を遂げているグループである。

Read Article

欅坂46(櫻坂46)の徹底解説まとめ

欅坂46とは、2015年8月21日に「乃木坂46新プロジェクト」として誕生したアイドルグループ。乃木坂48と同じく秋元康プロデュースのグループであり、「乃木坂48」及び、のちに誕生する「日向坂46」などの「坂道シリーズ」の第二弾グループでもある。メンバー募集時は「鳥居坂46」というグループ名であった。センターの平手友梨奈を中心に「笑わないアイドル」として活動してきたが、2020年1月23日、その不動のセンターであった平手友梨奈が突然の脱退。今後のグループの活動に注目が集まっている。

Read Article

乃木坂46のハロウィン仮装まとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、ハロウィン時にこの2番組で放送されたメンバーによる仮装の模様や、その後のゲーム大会などをまとめて紹介する。

Read Article

HKT48の徹底解説まとめ

AKB48の姉妹グループであり福岡県を拠点に活動するアイドルグループである。 「指原莉乃」「宮脇咲良」など人気メンバーも多数在籍。 2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」でデビューし、いきなりオリコン週間チャートで1位を獲得した。メンバーの大半が九州、山口出身となっており地域に密着しているがその知名度は全国区。 「HKT」は「博多」(HAKATA)からとっている。

Read Article

乃木坂46の家族エピソードまとめ

乃木坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループであり、坂道シリーズの第1弾グループでもある。グループ結成とほぼ同時期の2011年10月にテレビの冠バラエティ番組『乃木坂って、どこ?』の放送が開始された。その後2015年4月から後継番組『乃木坂工事中』が放送されている。本記事では、この2番組で放送された内容を中心に乃木坂46のメンバーと家族とのエピソードをまとめて紹介する。

Read Article

櫻坂46(欅坂46)の家族エピソードまとめ

櫻坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ。2015年に欅坂46としてデビュー、2020年10月14日に櫻坂46へと改名している。欅坂46のデビューにあわせ、2015年10月5日からテレビの冠バラエティ番組『欅って、書けない?』の放送が開始され、櫻坂46へ改名後の2020年10月19日からは『そこ曲がったら、櫻坂?』の放送が後続番組として開始されている。本記事では、『欅って、書けない?』で放送された内容を中心に櫻坂46のメンバーと家族とのエピソードを紹介する。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

日向坂46(けやき坂46)の家族エピソードまとめ

日向坂46は秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ。2015年に欅坂46のアンダーグループ「けやき坂46(ひらがなけやき)」として発足。2019年2月11日「日向坂46」へとグループ名を変更。ひらがなけやき時代には欅坂46のテレビ冠番組『欅って、書けない?』に出演。その後2018年4月9日からは単独による『ひらがな推し』そして改名後の2019年4月8日からは『日向坂で会いましょう』の放送が開始されている。本記事ではこれらの番組で放送された日向坂46のメンバーと家族とのエピソードを紹介する。

Read Article

目次 - Contents