神様はじめました(神はじ)のネタバレ解説・考察まとめ

『神様はじめました』とは2008年から鈴木ジュリエッタが『花とゆめ』(白泉社)で連載している人間と妖の恋愛模様を描いたファンタジー少女漫画およびそれを原作としたアニメ作品。主人公の桃園奈々生を中心とした、廃れた神社の神使の巴衛に助けられながら、様々な神と出会うことで奈々生の成長を描いている。父親が蒸発しホームレスになったり、神様になったりあり得ないシチュエーションに遭遇するヒロイン・奈々生が何があっても前向きにトラブルを乗り越える。人と妖の禁断の恋を明るく丁寧に描く、笑いあり涙ありの不朽の名作。

『神様はじめました』の概要

『神様はじめました』とは2008年から鈴木ジュリエッタが『花とゆめ』(白泉社)で連載している人間と妖の恋愛模様を描いた漫画およびそれを原作としたアニメ作品。単行本は全25巻が刊行されている。2012年10月からアニメ1期が始まる。2014年8月からアニメ2期がスタートし、それと同時に舞台化するなど人気が高い。人と妖の禁断の恋を明るく丁寧に描いた、笑いあり涙ありの不朽の名作である。

高校生の桃園奈々生は、ギャンブル好きの父親が蒸発したところ、家を追い出されてしまった。公園で途方に暮れているところ、犬に怯えるミカゲと出会う。神社の土地神であるミカゲから、土地神としての役割をもらい受けた。奈々生は、ミカゲと出会ったことをきっかけに女子高生として学校生活を送るとともに、土地神として神使の巴衛たちと神社で一緒に生活をする。奈々生は、次第に巴衛に恋愛感情を抱くようになる。奈々生は一度告白し玉砕するも、一途に思い続ける姿と巴衛の心の変化が見事に表現されている。奈々生を中心とし、様々な神と困難に立ち向かう姿を描いている。

『神様はじめました』のあらすじ・ストーリー

出会い(巴衛が奈々生の神使になるまで)

奈々生がミカゲ神社で神使の巴衛と出会う

主人公の桃園奈々生は、ギャンブル好きの父親が借金を残したまま行方をくらましてしまう。家を借金のカタに取り上げられて住む家を無くし公園で頭の中が真っ白になる。そこで、怪しげな男・ミカゲと出会い、奈々生に自分の家を譲る。奈々生は、野宿よりはマシだと思い、ミカゲの家に向かうが、辿り着いたのは廃神社であった。

奈々生がミカゲに教えてもらった場所に行ってみる

そこでミカゲが土地神であることが判明した。
ミカゲは、自分の住まいであるミカゲ神社を奈々生に与えると同時に、その代償として土地神の責務も同時に譲っていた。その後奈々生は、ミカゲ社の神使である巴衛と出会う。巴衛は、20年間の留守を守ってきたので、人神である奈々生に仕えることに反発する。

巴衛は奈々生がピンチなときでもからかう姿に、奈々生は怒りを感じる。そこで、神使の契約(キス)によって絶対服従の主従関係を結ぶことに成功する。普通の女子高生としての生活を続けつつも、土地神としての生活を始めるようになる。

奈々生が巴衛の不意をついて神使の契約をする

土地神としての初仕事 「沼皇女のお願い」

沼皇女を助ける小太郎

新たな土地神として就任した奈々生のもとに、多々良沼を治める多々良沼皇女と側近の青竹がやって来た。沼皇女は10年前、幼い頃に出会った人間の少年(裏嶋小太郎)に恋愛感情を抱き、小太郎との仲を取り持つお願いをする。ミカゲから預かることになったミカゲ社は縁結びの神社であり、奈々生自身も主に縁結びに神力を発揮しようとする。奈々生は、巴衛の変化の術で人間の少女の姿になった沼皇女と小太郎の縁を取り持った。

アイドルKURAMAが編入

テレビで放送されているアイドルKURAMA

奈々生のクラスに、「地獄の堕天使」という異名をもつ大人気のビジュアル系アイドルKURAMA(鞍馬)が編入してくる。そんな鞍馬の正体は、鞍馬山の天狗で、奈々生の土地神の印を奪おうとする。

巴衛にダチョウにされてしまった鞍馬について奈々生が巴衛に説明を求めている

そのことに気づいた巴衛は、変化の術で鞍馬をダチョウにさせ、奈々生を守る事に成功。

奈々生、再び家を失う

鞍馬の家に一時的に転がり込む奈々生と巴衛

ミカゲ神社の主の座を企てる鳴神姫が来て、有無を言わさず奈々生の額にある土地神の印を奪う。奈々生を守ろうとした巴衛は、打ち出の小槌で子供の姿にされる。鳴神姫に「元の姿に戻してほしければ自身の神使になるように」と吐き捨てる。居場所を失った巴衛と奈々生は、事情に詳しい鞍馬の家に転がりこむ。しかし、子供の姿になった巴衛は、奈々生を守れない自分に苛立ち、自ら鳴神姫のもとに行く。鳴神姫から巴衛を守るためにミカゲ神社に赴いた奈々生が、見事巴衛との絆を見せつける。鳴神姫はミカゲ神社を手中に収める事をあきらめる。

奈々生が白蛇に誘拐される

鳴神姫の一件で、奈々生は巴衛の事を異性として意識するが、人間と妖の恋はタブーとされている。沼皇女が人間の小太郎との恋を成就させようと頑張る姿に感化され、奈々生は巴衛への恋心を受け止めることに決めた。

学校にいる白蛇が追い出されそうになっている

そんなある日、学校で奈々生はいじめられていた白蛇を助ける。しかしその白蛇の正体は、ヨノモリ神社の神使だった白蛇・瑞希だった。奈々生は瑞希に気に入られ、誘拐される。ヨノモリ神社はダム建設のために水没しており、人々に求められなくなったために祭神のヨノモリ様は消滅していた。瑞希は奈々生に「ヨノモリ様の代わりにそばにいてほしい」とお願いされる。戸惑う奈々生だが、巴衛が助けに来てくれて問題なく終わった。

奈々生は、主を亡くしても、主を思い続け、1人で寂しく過ごす瑞希を陰ながら支えていく事を決める。一方で巴衛は、人神というか弱い身でさまざまなトラブルに巻き込まれる奈々生が気掛かりである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

人魚シリーズ(人魚の森・人魚の傷・夜叉の瞳)のネタバレ解説・考察まとめ

『人魚シリーズ』とは、高橋留美子が1984年から週刊少年サンデーで不定期連載していた、人魚の肉を巡る不老不死をテーマにした漫画作品の総称、およびそれを原作としたOVA、テレビアニメ、小説、ラジオドラマ作品である。 人魚の肉を食べたことにより不老不死の体になった漁師の湧太と人魚に育てられた少女・真魚(まな)の二人が旅をする中で、人魚伝説の永遠の命や永遠の若さに翻弄されていく人間の愚かさや強欲にとらわれた人々の悲哀が描かれたシリアスな作品である。

Read Article

ARMS(アームズ)のネタバレ解説・考察まとめ

ARMSとは1997年〜2002年にかけて週刊少年サンデーに連載されたアクション・SF漫画である。筆者は皆川亮二。 普通の高校生として生活を送っていた主人公・高槻涼が転校生である隼人に、剣が移植された腕と共に襲われることから物語が展開される。 書籍として単行本は全22巻発行され、2001年にはテレビアニメ化、2002年にはPlay Station 2にてゲームにもなっている。

Read Article

怪盗セイント・テール(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪盗セイント・テール』とは、1994年から1996年にかけて立川恵が『なかよし』で連載していた少女漫画、およびそれを原作としたアニメやゲーム、ミュージカル作品。海が近いヨーロッパのような街並みの聖華市を舞台に、父親がマジシャンの中学生羽丘芽美が、素晴らしい運動能力とマジックの腕前を活かし怪盗セイント・テールとして活躍する様子を描く。人助けを目的とした怪盗としての活躍やセイント・テール専任捜査官であるクラスメイトのアスカJr.との恋模様は国内だけでなく韓国や台湾でも人気を博した。

Read Article

スペースコブラ(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「スペースコブラ」とは、寺沢武一氏の漫画「コブラ」を原作とした、1982年10月からフジテレビで公開されたSFアドベンチャーアニメである。全31話で構成され、主人公である宇宙海賊「コブラ」の宇宙で惑星と惑星の間をまわる冒険を描いている。サイコガンと言われるレーザーガンを操るコブラのその絶対に負けない力強さと、気の利いたセリフに日本中の人々が夢中になった。

Read Article

Dr.STONE(ドクターストーン)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dr.STONE』とは、原作・稲垣理一郎、作画・BoichiによるSF・サバイバル漫画である。2017年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した。2019年に第1期が全24話でアニメ化し、2021年に第2期が放送。ある日、謎の光によって地球上の全人類が石化してしまう。長い長い時が流れ、最初に石化から目覚めたのは主人公「石神千空」で、人類が石化してから約3700年が経っていた。人類はこれまで築いてきた全文明を失うが、千空は幼馴染「大木大樹」などの仲間と共に科学によってその文明を取り戻していく。

Read Article

Dr.STONEのアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。 ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。 千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

Read Article

D.Gray-man(Dグレ)のエクソシスト・イノセンスまとめ

『D.Gray-man』とは、星野桂による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームなどのメディアミックス作品である。 育ての親であるマナを亡くしたアレン・ウォーカーは、千年伯爵の誘いに乗ってマナの魂を呼び戻し、『AKUMA』という兵器へと変えてしまう。アレンの左腕にはAKUMAを破壊することができる『イノセンス』が宿っており、アレンはAKUMAを破壊する。アレンは『エクソシスト』となり、千年伯爵たち『ノアの一族』と戦いを始める。

Read Article

ARMS(アームズ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ARMS(アームズ)』とは、七月鏡一原案をもとに1997年から2002年にかけて少年サンデーで連載された、皆川亮二の大ヒットSF漫画である。 主人公は、右腕にナノテクノロジーで生み出された金属生命体「ARMS」を移植された少年「高槻涼」。彼が同じARMS移植者である3人の仲間と供に、ARMSを狙う謎の組織「エグリゴリ」の刺客と果てない戦いに身を投じていくという物語である。 本作は「人間とは一体何か?」をテーマとしたSF漫画作品でもあり、登場する名言は人間の心や成長にまつわるものが多い。

Read Article

目次 - Contents