ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

出典: blog.livedoor.jp

グンダバドを偵察するレゴラス(画像右)とタウリエル(画像左)

一方、レゴラスとタウリエルはグンダバドに到着した。グンダバドの先には、今はナズグルの首領となったアングマールの魔王のかつての王国があった。レゴラスは、「昔ここで多くのエルフの血が流れた。母も死に、墓もない。父は何も話さない。」とタウリエルに話すのだった。

スランドゥイル(画像左)に戦を止めるよう説得するガンダルフ(画像右)

谷間の町デイルでは、エルフ軍と町民たちが戦の準備をしていた時、ガンダルフが到着した。ガンダルフはスランドゥイルに、ドル・グルドゥアのオーク軍がはなれ山に向かっていると警告する。さらにガンダルフは、サウロンが北にあるアングマールの地を取り戻すために、はなれ山を戦略の拠点とするため狙っていること、トーリン一行のはなれ山奪還の旅の邪魔をするためアゾグを使ったことなどを告げた。はなれ山が奪われアングマールの地が力を取り戻せば、エルフの国である裂け谷、ロスローリエン、ホビット族が住むホビット庄、人間の国ゴンドールでさえ滅びるとガンダルフはスランドゥイルに訴える。しかし、スランドゥイルは「オーク軍がどこにいる?」と全く耳を貸そうとしなかった。実はオークたちは地上からではなく、はなれ山に続く地下を掘り、見えないように進軍していたのだった。

グンダバドでは夜になり、大量の大きな蝙蝠が飛び立ち、その後ボルグが大量のオークの軍勢を引き連れ進軍を開始した。偵察を続けていたレゴラスとタウリエルは進軍を知らせるため、急ぎはなれ山に向かった。

仲裁を図るためアーケンストーンを渡したビルボに怒るトーリン

出典: japaneseclass.jp

アーケンストーンを手に交渉するバルド

ドワーフの王国では、見張りをしていた気の優しいボフールが、抜け出そうとしていたビルボを見つけ「逃げ出したくなって当然だ。」と言い、ビルボの脱出を見逃してくれた。戦になればトーリン一行は死んでしまうと思ったビルボは、彼らを救うため、スランドゥイルやバルドの元に向かったのだ。
ガンダルフがスランドゥイルやバルドにドワーフとの戦の準備を止め、オーク軍に備えるよう説得し続けていたところにビルボがやってきて、スランドゥイルにアーケンストーンを渡した。「なぜ?」と問うスランドゥイルとバルドに「彼らを救いたい。これを渡すと言えば望むものをくれるはず。戦う必要はない。」とビルボは話した。オーク軍が向かってきており危険なため、ガンダルフはビルボに翌朝すぐにここから発つように言う。旅の仲間を見捨てたくないと話すビルボに、ガンダルフは「トーリンは金に心を蝕まれてしまった。長らく竜が抱えていた金の魔力を甘く見るな。」と忠告した。

翌朝、ドワーフ王国の城門前にエルフ軍と町民たちの人間軍がやってきた。スランドゥイルに矢を向けるトーリンに、スランドゥイルはアーケンストーンを受け取ったことを告げる。バルドが見せたアーケンストーンを見たドワーフたちは憤るが、トーリンは「偽物だ。」と言う。しかしそこに戻ってきたビルボが「本物だ。僕が渡した。」と言う。トーリンはそれを聞き、「盗っ人め。」と罵る。ビルボは「あなたは変わった。僕の知っているトーリンは約束を必ず守る男だ。仲間の忠誠も疑わない。」と言う。トーリンは信じていたビルボがアーケンストーンを持っていたのに渡さず隠していただけでなく、スランドゥイルに渡してしまったことに激しく怒り、仲間のドワーフにビルボを城門から投げ捨てるよう命じるが誰も従わなかった。トーリンが自らビルボを投げ捨てようとすると、ガンダルフが前に出てきて「わしの友人を傷つけないでくれ。山の下の王と呼ばれるにはまだ品格が足りないようだ。」と叫んだ。その言葉を聞いたトーリンがビルボを離し「魔法使いとは二度と取引せぬ。ドブネズミめ。」と言い返している隙に、ボフールがビルボを連れていき、ビルボは縄を伝って城門から降り、逃れることができた。

ガンダルフ(画像左)と話すダイン(画像中央)の軍勢

バルドは「アーケンストーンは宝と交換だ。」と言い、ガンダルフは「武器を収めて門を開けよ。このままでは命がない。」と説得するが、怒り狂ったトーリンは説得に耳を貸さない。バーリンは「我々に勝ち目はない。」とトーリンに言い、仲間のドワーフもトーリンの結論を待つ。そこにトーリンの従兄弟である、くろがね山の「鉄の足」ダインが軍勢を率いてトーリンの援軍としてやってきたのを見て、トーリンはエルフや町民たちと戦うことを決めた。
ガンダルフはダインに、オーク軍が来るのにドワーフ、人間、エルフが戦っている場合ではないことを訴えるが、ダインは「情け知らずの森のエルフに背は向けない。」と言い、スランドゥイルに宣戦布告し、エルフ軍と戦いを開始した。

エルフ、ドワーフ、人間軍対闇の勢力

出典: www.cinematoday.jp

からすが丘の上から闇の軍勢を指揮するアゾグ(画像中央)

ドワーフ軍がエルフ軍に向かい戦いを始めたとたん、はなれ山の向かいにある山の中腹から化けミミズという大きなミミズのような生き物が飛び出してきた。化けミミズが掘った穴から大量の闇の軍勢のオーク軍が現れ、いつの間にか、はなれ山から向かって右手にある、からすが丘の頂に闇の軍勢を指揮するアゾグの姿があった。王国の城門内ではトーリンの仲間たちも共に戦うと息巻くが、トーリンは「手出し無用だ。」と参戦を認めなかった。

エルフ軍とドワーフ軍は戦いを止め、共にオークの大軍に突撃していった。アゾグは巨大な生き物トロルを改良し日光を浴びても石化しないオログ=ハイも戦に投入し、エルフ軍とドワーフ軍を背後からも攻撃するため、彼らの後ろにある町デイルに向かわせた。アゾグの意図を知り、ガンダルフやビルボ、そしてバルド率いる人間軍は慌ててデイルに戻った。デイルでは町民たちが襲ってきたトロルやオークから逃げていた。バルドや男たちは押し寄せる敵と戦い、まだ少年のバインも姉と妹を助けるために勇敢に戦う。

エルフ軍、ドワーフ軍、人間軍の連合軍は必死で戦うが、圧倒的な兵力差から徐々に劣勢となっていった。王国の中に閉じこもっているトーリンに、腹心の部下であり友でもあるドワーリンが「このまま仲間を見殺しにするのか?」と詰問する。それでも黄金に固執しているトーリンに、さらに「この虚ろな空間で王冠を戴いているが、中身は王とは程遠い。今は自分を見失っている。」と言う。トーリンは虚ろな目で「殺される前に出ていけ。」とドワーリンに言い、黄金を集めた広間に行った。そこでトーリンは今までに皆に言われた言葉を思い出し、祖父と同じように黄金に憑りつかれた自身に気づき、正気に戻ったのだった。

トーリンの復活と仲間たちの参戦

ドワーフ王国から出てきて闇の軍勢に向かって突撃するトーリン(画像中央)と仲間たち

トーリンは仲間たちの元に向かい、「今さら皆に命じる資格は私にはないが、もう一度だけついて来てくれるか?」と告げた。
ドワーフ軍が城門前に退却し、アゾグが連合軍に最後の攻勢をかけようとしていた。その時、角笛が吹き鳴らされ、トーリンと仲間たちが城門からオークの大軍に突撃していった。劣勢になっていたドワーフ軍だが、王が戻ったことで勢いづく。デイルでは男だけではなく、女たちも戦いの声を上げ敵に向かっていった。

しかし兵力差はどうにもならず、トーリンは敵の頭であるアゾクを倒すしかないと考え、仲間と共にからすが丘の頂にいるアゾグの元へ急いだ。ヤギに乗ったトーリンを追い、トーリンの甥フィーリ、その弟キーリ、そしてドワーリンが丘の頂に辿り着いた。丘は凍って雪が降っていた。

デイルでは町民たちやガンダルフ、ビルボが必死で闇の勢力と戦っていた。そこにレゴラスとタウリエルが到着し、ボルグがグンダバドのオーク軍を引き連れてくることをガンダルフに伝えた。ガンダルフは、アゾグが戦っている隙にボルグが北から来て、はなれ山を奪うつもりだと気づいた。北にはトーリンたちが向かった、からすが丘があった。
キーリたちもその丘にいるというビルボの話を聞いたタウリエルの顔色が変わった。
からすが丘に辿り着いたトーリンたちだが、アゾグや他のオークの姿は見えない。トーリンはフィーリとキーリに頂にある塔を偵察するよう命じる。

出典: twitter.com

闇の軍勢と戦うスランドゥイル

自ら戦線に出て戦っていたスランドゥイルは、デイルの町中に倒れているエルフの死体を見て愕然としていた。ガンダルフが、ボルグ率いるオーク軍が来ることをトーリンに伝えるため、からすが丘に兵を派遣するようスランドゥイルに頼むが、スランドゥイルはこれ以上エルフの血を流したくないと断った。それを聞いていたビルボが「僕が行く。」と申し出るがガンダルフは「オークに見つかり殺される。」と却下する。しかしビルボはガンダルフの言うことを聞かず、旅の途中で拾った、はめると姿が見えなくなる指輪を使い、からすが丘に向かうのだった。
兵を集め、逃げようとするスランドゥイルの前にはタウリエルが立ちはだかり、「目を覚ましなさい。逃げてはいけません。」と言う。さらに「ドワーフが死にます。」と言うタウリエルだが、スランドゥイルは「限りある命だから死ぬだろう。」と全く耳を貸さない。タウリエルは怒り「王の命はより尊いと思っているのか。あなたには愛の欠片さえない。」とスランドゥイルに矢を向けた。スランドゥイルはその弓矢を斬り、「お前に愛の何が分かる?若者への思いは本物の愛ではない。愛と言うなら死ぬ覚悟はあるか?」とタウリエルに剣を向けた。そこへレゴラスが来て「殺すなら私を先に殺せ。」と父親であるスランドゥイルに告げた。その言葉を聞いたスランドゥイルは悲しそうな表情をし、レゴラスはタウリエルを促し戦いに向かった。

からすが丘での壮絶な戦いと旅の仲間の死

出典: blog.livedoor.jp

大蝙蝠につかまり飛んでいくレゴラス

からすが丘では、ビルボが到着し、トーリンに北から別の軍が来ていることを伝えた。ドワーリンは近くにいるアゾグを倒すと息巻くが、トーリンは、アゾグが自分の姿を晒して自分たちをこの場所に誘った罠だと気づき、ドワーリンを制した。トーリンは、偵察に行った2人を呼び戻すようドワーリンに命じる。しかし、その時、丘の頂の塔から、フィーリに剣を向けたアゾグが現れ、「まずこいつを殺す。次に弟を、最後にオーケンシールドを。」と言い、フィーリを剣で刺し殺し、下に落とした。怒ったキーリがアゾグの元に向かい、トーリンはキーリを助けるために塔に向かった。待ち構えていたアゾグがトーリンと戦う。そこにボルグの軍が到着し、ドワーリンが戦い、ビルボも石を投げて立ち向かった。
からすが丘に向かっていたレゴラスとタウリエルは、大量の大蝙蝠がからすが丘を抜けてはなれ山に向かうのを目撃し、ボルグの率いるオーク軍が到着したと気づいた。レゴラスは飛んできた大蝙蝠の足首をつかみ、大蝙蝠の行き先を誘導して丘の頂まで一気に飛んで行き、オークの軍勢を倒していった。タウリエルは塔で戦っているキーリを見て、助けに向かう。必死に戦っていたビルボは、ボルグに打ち倒され気を失ってしまった。

出典: muuseo.com

キーリをボルグに殺され、力を振り絞って立ち上がろうとするタウリエル

レゴラスは戦況をよく見て、アゾグだけでなく、他のオークとも戦っているトーリンを弓矢で助ける。タウリエルはキーリを探し、答えたキーリの声に一瞬気を取られている間にそばに来たボルグに蹴られ、反撃するものの、圧倒的な力の差があり首を絞められ、投げられてしまう。ボルグがタウリエルに止めを刺そうとしたその時、キーリがボルグに飛び乗り、必死で戦うも、タウリエルの目の前でボルグに刺し殺されてしまった。悲しみと怒りで立ち上がったタウリエルがボルグと共に下に転げ落ちる。それを遠くから見たレゴラスが矢で助けようとするが、矢は使い果たしていた。レゴラスは剣でオログ=ハイの頭を刺し、誘導して傍にあった塔に頭突きをさせ、倒した塔を梯子にして伝ってタウリエルの元へ向かい、ボルグと対戦した。強靭でしなやかな体を持ち身体能力が高く、弓矢や剣の腕も優れたレゴラスは、通常のオークなら容易く倒すことができるが、アゾグの息子ボルグは通常のオークより体が大きく力も強く、戦闘能力が高かったため、互角の戦いを強いられた。頂上ではトーリンがアゾグやその部下と戦い、崖っぷちに追い詰められていた。それを見たレゴラスは、自分の持っていたエルフの名剣オルクリストをトーリンを追い詰め殺そうとしていたオログ=ハイ目掛けて投げた。心臓に剣が刺さり死に倒れるオログ=ハイから、オルクリストを引き抜いたトーリンはそれを持ちアゾグに向かった。オルクリストは、トーリン一行が旅の途中で捕まったトロルの洞窟にあったものでトーリンがそれを持っていったが、一行が闇の森のエルフに捕まった時に取り上げられていたのだった。オルクリストを渡したレゴラスは短剣2本でボルグに立ち向かい、ボルグの脳天を突き刺し勝利した。
トーリンは頂上の氷上でアゾグと一対一で向かい合っていた。アゾグの分銅で氷が割れ、不安定な足元で戦っていると、大鷲の軍団が彼らの上を飛んで行った。茶の魔法使いラダガストが大鷲に乗り援軍として駆け付けたのだ。他の大鷲には「皮を変える者」であるビヨルンも乗っていた。はなれ山の戦場に着いた大鷲の軍団と大熊に変身したビヨルンが瞬く間にオーク軍を蹴散らしていく。

トーリンのビルボへの謝罪とタウリエルの悲痛な叫び、そしてレゴラスの旅立ち

アゾグ(画像下)と相討ちするトーリン(画像上)

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。マーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画化作品としては4作目で、完結編となる。マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として2008年公開の第1作『アイアンマン』から続いてきたMCUシリーズとしては22作目、本シリーズのフィナーレとなっている。サノスとの戦いに敗北し宇宙を漂流していたトニー・スタークは、キャプテン・マーベルの協力によって地球へと帰還する。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

ドクター・ストレンジ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドクター・ストレンジ』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2017年1月27日。製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。マーベル・コミックの実写映画の中でも、同一の世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第14作品目。 不慮の事故により医師の道を断たれ、厳しい修行の末に魔術師として再起した元天才外科医ドクター・ストレンジと、闇の魔術を操る集団との戦いを描く。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

アントマン&ワスプ(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アントマン&ワスプ』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。日本での公開は翌年2018年8月31日。マーベル・コミックの実写映画の中で同一世界観を共有する『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては第20作品目、『アントマン』シリーズとしては第2作品目。 特殊スーツで体長1.5cmの「アントマン」に変身するスコット・ラングは、スーツの開発者ピム博士とその娘で相棒のワスプ(ホープ)と共に、行方不明となったホープの母ジャネットの探索に協力する。

Read Article

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

Read Article

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

第二次世界大戦中に、ドイツのエニグマ暗号の解読に挑んだアラン・チューリングの実話を、グレアム・ムーア脚本、モルテン・ティルドゥム監督により2014年に映画化した、歴史ミステリー映画。解読不能と言われたエニグマ暗号を、万能マシン「クリストファー」によって解読し、イギリスを勝利に導いたものの、同性愛者であることから不遇の人生を送ったアラン・チューリングをベネディクト・カンバーバッチが熱演している。

Read Article

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

キャロル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャロル』(原題:Carol)とは、パトリシア・ハイスミスの半自伝的小説に基づいた、1950年代を舞台に2人の女性の恋愛模様を美しくリアルに描いた恋愛映画。監督は、トッド・ヘインズで、主演をケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの2人が務め、2015年公開となった。ルーニー・マーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したほか数々の映画賞にノミネートされた。ニューヨークを舞台に離婚調停中の人妻キャロルと、彼女に心を奪われた女性テレーズとのせつない恋愛が描かれている。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

目次 - Contents