赤ちゃんと僕(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『赤ちゃんと僕』とは、突然の事故で最愛の母を亡くしてしまった、主人公の小学5年の拓也が、父と協力しながら慣れない2歳の弟の実の子育てや家事に四苦八苦しながら日々を過ごす日常生活を舞台にしたホームコメディ。拓也と実を中心に友人やご近所の人と繰り広げられる笑いあり涙ありの物語の中には、家族のあり方や子育ての大変さ、DVやイジメについてのエピソードも多く描かれているため、人として大切なことを教えてくれる作品になっている。多くのファンからは「赤僕」と呼ばれて愛され続けている作品である。

弟の実が、自分で身の回りのことが少しずつできるようになってきた実の成長を喜びながらも、少しずつ自分から離れていってしまう寂しさを感じて落ち込んでいる拓也。母が亡くなってから弟の世話をすることが自分の役割と強く思ってきたからこそ、実にとって自分は必要なくなってしまったように感じると拓也は昭広に相談する。その時、6年生に絡まれた拓也を助けようとするも泣きだしそうになる実に、「泣くな!」と拓也が叫ぶ。この言葉は、拓也の言いつけを守り、泣くのを必死で我慢する実の様子を見ていた昭広が、拓也に語りかけた言葉。

拓也「パパが僕のパパでよかった」

夏休みを利用して家族で訪れた際、一足先に海に向かう拓也と実の目の前で、地元の中学生が停めてある車を傷つけている現場に遭遇してしまう。その様子は、たまたま同じ旅館に宿泊していた春美の部下である江戸前も目撃していた。拓也と実は運悪く、車の持ち主とも遭遇してしまう。地元の中学生達は車を傷つけたことを拓也のせいにし始める。やってもいないことで車の持ち主から問い詰められる拓也の前に春美が現れる。春美は、最後まで「拓也に限って絶対にあり得ない」と否定する姿勢を崩さなかった。地元の中学生がイタズラする現場を目撃した江戸前が現れたことで、晴れて拓也への誤解は解かれた。この言葉は、何も見ていない状態でも自分の無実を信じてくれた春美に対する拓也の想いだった。

春美「この子達は僕の生き甲斐なんです」

出典: ameblo.jp

自分は望まれて生まれてきたわけではなかったと疑心暗鬼になってしまった拓也

突然榎木家に、亡くなった母の叔母だと名乗る女性が現れる。拓也は両親には親戚は誰もいないと聞かされていたため混乱してしまう。実は、拓也くらいの年齢で両親を亡くしている由加子は、母の兄である叔父と叔母の元に引き取られていた。しかし、日舞の家元ということもあり厳しく育てられた由加子は、18歳で叔父と叔母の元を飛び出していたのだ。半年前に実の息子を亡くしていた叔母は、拓也か実に家元を継いでもらおうと考え拓也と実を自宅に連れて行ってしまう。この言葉は、手段を選ばない叔母と由加子から聞いていた春美が、子供たちを取り戻すために叔母の元に出向き、叔母に伝えた春美の子供たちへの想いだ。

安西「本当にいい子なのは成績がいいとか手がかからないとかそんなことじゃなくて 人の痛みを分かることができる子なんだわ…」

春美と同じ会社で総務部主任をしている安西は、会社ではお局様として他の女性社員に避けるような態度を取られている。家に帰れば、夫や娘に文句ばかり言われ疲れ果てていた。ある日、会社の食堂でお弁当食べていると、そこに春美が現れる。安西は「家事をしっかりやる代わりに働かせてもらえる」と話すと、春美に否定される。その夜、拓也は春美から「お母さんが家にいた方がいいか?」と聞かれたり、安西と一緒に歩く春美と遭遇したことから、春美が安西と再婚するのではと心配になる。心配のあまり春美の会社まで押し掛けた拓也は、安西と直接話をすることができた。安西は、夫も子供もいるから再婚はないときっぱりと否定するが、なぜか辛い表情をしていた。自分の勘違いで辛い表情させてしまったと気遣う拓也。この言葉は、そんな拓也の優しさを感じ取った安西の言葉。

春美「泣きたい時に泣けない それは君が作った君の感情だ」

社員旅行でハワイ旅行に行った春美と拓也と実は、クリスとジェニーの兄妹に出会う。クリスとジェニーは亡くなった父にそっくりな春美に驚く。小さい頃から実の父に暴力を振るわれていた兄のクリスは、無関係と分かっていながらも春美に冷たい態度を取ってしまう。妹のジェニーは春美を「ダディー」と呼び、本当の父のように甘えるようになる。しかしクリスは、目の前で銃で撃たれた父の夢を見ては毎晩うなされるようになってしまう。自分にひどいことをしていた父が、亡くなる直前に「愛している」と言い残し亡くなったことで、父の本当の気持ちが分からなくなり、一人で悩み続けていた。そんなクリスを心配していた春美の元をクリスが訪ねてくる。クリスは父とのことを春美に話し始める。この言葉は、そんなクリスに語りかけた春美の言葉。

『赤ちゃんと僕』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

物語の中で木村太一が泣いたのはたったの2回だった

出典: manga0001.seesaa.net

ハイハイで動き回る太一を止めようとする実

1日に何度も泣く実と違い、木村家の太一は滅多に泣かない赤ちゃんだ。しかし、泣き始めると怪獣のように泣く太一だが、実は物語の中で泣いた回数はたった「2回」だった。その1回目に泣いたのは、第25話で成一と智子が二人で出掛けたいからと、初めて榎木家に太一が預けられた時だ。初めは太一にヤキモチを妬いていた実だったが、自分よりも小さな太一に布団をかけてあげたりミルクを飲ませたりとお兄ちゃんらしくお世話をするようになる。帰り際に、実と離れたくない太一が大声で泣いたのだった。そして、2回目に泣いたのは、第32回で成一家族と春美家族で旅行に行った時だ。移動中の車の中でも、旅行先でも些細なことですぐにケンカを始める成一と智子を見ていた太一が、大声で泣き出したのだった。

『赤ちゃんと僕』は文庫版と愛蔵版も出版されている

出典: www.netoff.co.jp

愛蔵版第2巻

『赤ちゃんと僕』は、単行本以外にも、文庫版と愛蔵版が発売されている。

1つ目の単行本は、1992年~1997年にかけて全18巻発売。本編の他にも番外編と読み切りのストーリーが4種類収録されている。
2つ目の文庫版は、2001年~2002年にかけて全10巻発売。単行本から『赤ちゃんと僕』の本編のみが収録されているため、『赤ちゃんと僕』の世界を存分に楽しめる。
3つ目の愛蔵版は、2010年に全9巻発売。最大の特徴としては、書き下ろしのイラストとメッセージが収録されている。また、巻頭にフルカラーのイラストギャラリーも収録されている。

『赤ちゃんと僕』の主題歌・挿入歌

OP(オープニング):小橋賢児『B.B.B.(Be Bad Boy)』(第1話 - 第27話)

作詞 - 小橋賢児 / 作曲・編曲 - 富樫明生 / 歌 - 小橋賢児

OP(オープニング): Platinum Peppers Family 『LOVE AFFAIR』(第28話 - 第35話)

作詞・作曲 - 佐々木享 / 編曲 - 守時龍巳&PLATINUM PEPPERS FAMILY / 歌 - Platinum Peppers Family(WEA JAPAN)

ED(エンディング): 熊谷幸子『YOU』(第1話 - 第23話)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ましろのおと(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『ましろのおと』は、2010年5月号から「月間少年マガジン」(講談社)に連載されている津軽三味線を題材にした漫画。作者は羅川真里茂。 タイトルには「ましろの音」と「ましろノート」(ノートは音符などの意)の2つの意味がある。 三味線奏者にして師匠の祖父を亡くしたことをきっかけに上京した16歳の少年、澤村雪が様々な出来事を通しながら三味線や自分の音と向き合い、三味線で生きていくことを決意する。

Read Article

東京ミュウミュウ(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

十二国記(ラノベ・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

Read Article

GALS!・GALS!!(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『GALS!』・『GALS!!』とは少女漫画雑誌『りぼん』で1998年から連載された藤井みほなによる漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。2019年よりマンガMeeにて続編『GALS!!』が連載中。舞台は東京渋谷で最強カリスマ女子高生・寿蘭を中心としたコギャル3人が街で遊ぶ様子や、恋愛模様を描く青春物語である。さらに「家庭問題による親や大人への反発」をコンセプトとして家庭問題やいじめ、不良行為、援助交際など当時の社会問題も題材として扱う熱いヒューマンドラマであり幅広い年齢層から支持されている。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

今日から俺は!!(今日俺)のネタバレ解説まとめ

『今日から俺は!!』とは、西森博之によるヤンキーギャグマンガである。通称「今日俺」と呼ばれ幅広い年齢層から親しまれている。1988年9月号から『増刊少年サンデー』(小学館)にて連載。千葉県にある典型的なヤンキー学園「私立軟葉高校」に通う不良の三橋貴志と伊藤真司が、他校のヤンキーとバトルしたりと珍事に巻き込まれていく。不良なのに根っからの悪ではない二人の青春物語でもある。各サブタイトルは全て「○○編」と短編なので気軽に読みやすい。アニメ化、ドラマや映画では実写化もされている人気作品。

Read Article

CLAMP学園探偵団(漫画・アニメ)のネタバレ解説まとめ

『CLAMP学園探偵団』とはCLAMPの漫画及びアニメ。小学生3人が織りなす探偵コメディ漫画である。漫画は『月刊Asuka』、『ミステリーDX』で1992年1月から1993年10月まで連載。全3巻。気球で視察をしていたCLAMP学園初等部学生会会長・妹之山残(いものやまのこる)は、東京タワーの窓に涙を流している老婦人を発見。フェミニストである彼は彼女の涙の理由を解決すべく、書記・鷹村蘇芳(たかむらすおう)、会計・伊集院玲(いじゅういんあきら)を加えたメンバーで探偵団を結成する。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

幽☆遊☆白書(幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents