赤ちゃんと僕(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『赤ちゃんと僕』とは、突然の事故で最愛の母を亡くしてしまった、主人公の小学5年の拓也が、父と協力しながら慣れない2歳の弟の実の子育てや家事に四苦八苦しながら日々を過ごす日常生活を舞台にしたホームコメディ。拓也と実を中心に友人やご近所の人と繰り広げられる笑いあり涙ありの物語の中には、家族のあり方や子育ての大変さ、DVやイジメについてのエピソードも多く描かれているため、人として大切なことを教えてくれる作品になっている。多くのファンからは「赤僕」と呼ばれて愛され続けている作品である。

『赤ちゃんと僕』の概要

出典: gentoku.blog6.fc2.com

母の由加子、父の春美、兄の拓也、弟の実

『赤ちゃんと僕』は、白泉社から出版されている少女漫画雑誌の「花とゆめ」にて、1991年11号から1997年14号まで連載された羅川真里茂の作品である。平成6年に第40回小学館漫画賞を受賞する。「花とゆめ」連載期間には、番外編として「お兄ちゃんの僕」やその他「タイムリミット」などの読み切りが4作品掲載されている。単行本は全18巻まで出版され、後に文庫版として全10巻も出版された。
1996年7月から1997年3月には、漫画を原作としてテレビ東京系列の9局でテレビアニメ化される。製作当初は26話(2クール)で放送をする予定だったが、高視聴率だったこともあり全35話(3クール)まで放送が延長された。その後、2008年7月にDVD-BOXが発売された。
その他、「赤ちゃんと僕おもちゃ箱ひっくりかえした」などの画集や、『赤ちゃんと僕』の世界観やキャラクターで羅川真里茂以外の漫画家による新ストーリーを収録した「赤ちゃんと僕トリビュート35周年花とゆめメモリアル」も発売されている。

小学5年生の榎木拓也は、突然の事故により母親を亡くしてしまう。残された幼い弟の実の保育園の送り迎えや身の回りの世話、家事すべてを父親の春美と協力してこなさなければいけなくなった。母親がいない大変さを強く感じながらも、必死に良き兄として実の母親代わりとして奔走する拓也が、実に愛情を注ぎぐ一方で、友人とのコミュニケーションを通じて様々な感情と向き合いながら成長していくホームコメディ。また、「こういう人よくいる」と共感できる登場人物や、イジメやDVなどを取り入れたエピソードが多く描かれていることから親しみやすい物語だ。実をはじめ、登場する子供達の子供ならではの遊び心や感情、父の春美と拓也の実に対するトレートな愛情が魅力的な作品。

『赤ちゃんと僕』のあらすじ・ストーリー

第1話 「泣き虫は嫌いだ!!」

出典: gensun.org

保育園から実を連れて帰る拓也

2ヶ月前、突然の交通事故で大好きな母を亡くしてしまった小学5年生の榎木拓也は、残された父と弟の実、男3人だけの生活をしている。毎日のように、実の保育園の送り迎え、食事やお風呂など全ての世話をしなければいけない拓也にとって、一番の辛さは今までのように自由に友達と遊ぶことができないことだ。保育園に必要なタオルを準備するためお裁縫をしたりしている自分と同級生を比べてしまい、いつも自分にくっついている実を見るとイライラする拓也。ある日の散歩中、実を邪魔に思ってしまった拓也は、実が追い付けない速さで歩き始めてしまう。実の姿が見えなくなってしまったことに気付いた拓也は来た道を戻り始める。「バカ犬フランソワーズ」と呼ばれている犬に吠えられて、今にも泣き出しそうになっている実を見つけた拓也だったが、助けようとするも自由になれるかもしれないと考えてしまい体が動かなくなってしまう。しかし、恐怖で泣いている実を見て我に返った拓也は、猛スピードで実を抱き上げ自宅に駆け込むのだった。必死にしがみつく実が泣きながら初めて「にーちゃ」と呼んだ。この出来事から実が寂しい思いをしていたと気付いた拓也は、実のことを可愛く思うのだった。

第2話 「ママなんていらない!!」

出典: www.amazon.co.jp

第二ひまわり保育園に迎えに来た拓也が帰り支度をするのを待つ実は、一緒に遊んでいた子が迎えに来た母に甘える姿を見てしまう。母親がいる子が羨ましく感じていた実は、思わずその男の子の頭を持っていた積木で叩いてしまう。目の前で子供を叩かれた母親が、「母親の教育が悪い」と怒鳴っているのを聞いた拓也は相手の母親に何度も謝る。実のせいで母を悪く言われた怒りが収まらない拓也と、叱られて落ち込む実を見た父の春美はある計画を立てる。翌日曜日、拓也と実は父に連れられピクニックに出かけることになった。電車に乗って降りた駅で待っていたのは、父の同僚の大谷という女性だった。大谷は一日だけ拓也と実の母親になるという。実は大谷を「まんま」と呼びながら一緒に楽しく遊ぶが、拓也はどうしても受け入れることができずにいた。そんな拓也を見た父は、喜んでいる実に合わせてあげるよう話をする。いつも我慢ばかりしている自分の気持ちを考えてもらえてないと思った拓也は、「実なんか大っ嫌いだ!!」と言ってしまい、怒った父に頬を叩かれてしまう。帰り際、大谷がもうすぐ子持ちの男性と結婚することを父から知らされた拓也は、実を嫌いと言ったことを父に謝る。後日、保育園で実が叩いてしまった男の子と会った拓也が男の子に謝る。二人が話しているのを見た実は男の子を突き飛ばしてしまう。拓也はまた男の子の母親に叱られ何度も謝ることに。拓也を叱りつける母親に向かっていく実だったが、拓也に謝るよう促され、「ごめちゃ~」と泣きながら謝る。謝ることを覚えた実は、許してもらうためすぐに謝るようになったのだった。

第3話 「ゴンちゃんのおとうと?」

出典: manga-park.com

実に恋をしてしまった浩子

両親が酒屋を営んでいる後藤正は、忙しい両親の代わりに日曜日は妹の浩子の面倒をみるように言われる。しかし、浩子を可愛いと思えない上に、世話をするのが面倒な正は母親に反論するも、母から「拓也君みたいな人がお兄ちゃんだったらヒロも幸せだったのにね」と言われ、正は本当に浩子を拓也に預けてしまう。突然初対面の浩子を預けられた拓也と実は、浩子を男の子と勘違いしたまま一緒に遊ぶ。仲が良い拓也と実の姿を見た浩子は、嫉妬からか徐々に実に意地悪を始めてしまう。一方、浩子を拓也に預けたことで両親から注意され、拓也が家事や実の世話をしなければいけない状況だということを改めて気付かされた正は、浩子のことを迎えに向かう。その頃拓也は、浩子と実を連れて公園にいた。拓也を探していた正が公園に現れた際、浩子と実の近くには「バカ犬フランソワーズ」が近づいてきていた。「バカ犬フランソワーズ」に吠えられ、恐怖から実が泣き始めてしまう。拓也と正が助けに向かおうとするも、正が飛び越えようとした公園の柵に足を引っかけてしまう。そんな中、滅多に泣かない浩子があまりの怖さから泣き出す。泣いた浩子を見た実は、以前「バカ犬フランソワーズ」に襲われた時に拓也に助けてもらったことを思い出す。実は浩子を守ろうと浩子に覆いかぶさる。実の行動に驚く拓也。正は「バカ犬フランソワーズ」を蹴って追い払い、浩子と実は助かる。拓也は男らしい行動をした実を抱きしめ褒める。正は泣いている浩子を連れて帰る際に、女の子を守って偉かったと実を褒める。女の子だったと聞いて驚く拓也をよそに、浩子は突然実の手を握ってくる。どうやら身をていして守ってくれた実のことを好きになってしまったようだ。実に恋心を抱く浩子だったが、浩子を苦手に感じていた実にとっては複雑な思いしかなかった。

第4話 「実のいたずら書き」

出典: times.abema.tv

拓也が大切にしている写真に落書きをしてしまった実

お絵描きが大好きな実が家の壁に落書きをしたことを拓也は注意をする。写真の整理をしていた拓也の後ろで、実は写真に落書きをしてしまう。その写真は、生まれたばかりの拓也と母の由加子が写っている写真だった。大切にしていた写真に落書きをされた拓也は怒りのあまり実の頬を叩いてしまう。帰宅そうそう腫れあがった頬で泣く実を見た父の春美は、拓也を問い詰めるも、二人を仲直りさせるために除光液で落書きを消そうと考える。しかし、落書きどころか写真の画像まで消してしまい、余計に拓也を怒らせてしまう。翌日、実は父に連れられ保育園に行くも、翌日に控えた発表会の練習もままならないほど落ち込んでしまっていた。

第5話 「実はだれが好き!?」

出典: manga-park.com

クラスが違う一加は実を浩子に取られまいと、実のクラスでお昼寝をすると言い出す

夏休みが近づくある日、後藤正の「夏休みに妹の面倒を見たくない」という理由から、実が通う第二ひまわり保育園に正しの妹の浩子が入園することになった。大好きな実と同じクラスになれた浩子の心が躍る反面、浩子のことが苦手な実は憂鬱な気持ちになっていく。そんな二人の前に、実に恋をしている一つ上のクラスの一加が現れる。実は一加は、藤井昭広の妹だった。この日から、実のことが好きな一加と浩子の戦いの日々が始まることになる。それは実にとっては迷惑でしかない耐え難い日常の始まりだった。ある日、いつものように実を巡ってケンカをしていた一加と浩子は、実が描いた二人の似顔絵を破いてしまい、実に「嫌いにゃ」と言われてしまう。

第6話 「みんなで海へ行った日」

出典: www.animecharactersdatabase.com

海で貝殻を集める実

夏休みをどう過ごそうかと悩んだ父の春美は、会社の部下達から海を勧められる。夏休みになった拓也と実は家族で2泊3日で海へ遊びに行くことに。拓也達は先に遊びに来ていた春美の部下の江戸前達とばったり会ってしまう。宿泊先まで一緒だった江戸前達は、夕食を囲み家族でだんらんをしていた春美達の部屋に乱入してくる。せっかくの家族だんらんを江戸前達に台無しなしにされてしまった拓也は身勝手な大人達に苛立っていた。翌朝、拓也と実は海に遊びに行く途中、地元の中学生二人組が、他人の車に10円玉で傷をつけているのを目撃してしまう。車の持ち主にいたずらを咎められた中学生二人組は、目の前にいた拓也のせいにして逃げようとする。

第7話 「怪談 ふしぎな女の子」

出典: www.amazon.co.jp

江戸前達とは別の旅館で家族水入らずの時間を過ごす榎木家

gakinko
gakinko
@gakinko

Related Articles関連記事

ましろのおと(Mashiro no Oto)のネタバレ解説まとめ

『ましろのおと』は、2010年5月号から「月間少年マガジン」(講談社)に連載されている津軽三味線を題材にした漫画。作者は羅川真里茂。 タイトルには「ましろの音」と「ましろノート」(ノートは音符などの意)の2つの意味がある。 三味線奏者にして師匠の祖父を亡くしたことをきっかけに上京した16歳の少年、澤村雪が様々な出来事を通しながら三味線や自分の音と向き合い、三味線で生きていくことを決意する。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

十二国記(The Twelve Kingdoms)のネタバレ解説まとめ

『十二国記』とは、小野不由美による小説、及びそれを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。女子高生の中嶋陽子は、人の顔色を気にして生きてきた。そんな陽子の前に、麒麟の景麒を名乗る青年が現れ彼女を王と呼ぶ。陽子は本来の故郷である十二国世界へ渡り、様々な戦いを経て王になる覚悟を決めるのだった。ある者は権力とそれに伴う責任に向き合い、ある者はコンプレックスに向き合って成長を遂げる。古代中国風の異世界を舞台にした異世界ファンタジーでありながら、不思議なリアリティを持つ作品である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

東京ミュウミュウの名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents