ショートケーキケーキ(漫画)のネタバレ解説まとめ

『ショートケーキケーキ』とは、2015年より森下suuが集英社のマーガレットコミックス(2016年1月25日発売分)にて連載を開始した漫画作品。高校一年生の主人公、芹沢天(てん)が友達の下宿先で生活を始め、同じ下宿先の男子高校生との出会いをきっかけに恋に目覚め、成長していく物語。

『ショートケーキケーキ』の概要

『ショートケーキケーキ』とは、2015年より森下suuが集英社のマーガレット(2016年1月25日発売分)にて連載を開始した漫画作品である。
森下suuは原作担当のマキロ・作画担当のなちやんによる漫画家ユニットである。
2009年にユニットを結成し、同年の第57回NEWまんがゼミナールで『僕の星を君へ』が第1位期待賞を受賞。
2010年に『ザ マーガレット』に掲載された『あのて このて』でデビューを果たした。

主人公の芹沢天が、あることをきっかけに親友の春野あげはと同じ下宿先に住み始めるところから物語がスタートする。
天は下宿所で出会った水原理久からの告白を一度は断るが、後に両想いになり付き合う事になる。
理久は血の繋がらない兄との因縁が深く、出生に関して暗い過去を持っていた。
天は、そんな理久を救うため下宿所のメンバーである笠寺千秋と協力して理久と兄を仲直りさせようと奮闘する。
暗い過去と向き合いながら、少しずつ絆を深めて精神的に成長していく恋愛ストーリー。

『ショートケーキケーキ』のあらすじ・ストーリー

理久・千秋との出会い

毎日高校まで2時間かけてバス通学する天

主人公の芹沢天は、猫千谷高校の一年生。

毎日バスで片道2時間かけて学校へ通っており、
放課後に友達と過ごす時間を充分に取れないことを不便だと感じていた。

ある日、親友の春野あげはの住む星野下宿所へこっそり泊まることになった天は、そこで同じ下宿生の笠寺千秋と出会う。
翌日あげはに一緒に住もうと誘われるも決心がつかないままの天であったが、
千秋の「乗りかけた船にはためらわず乗ってしまえ」という言葉に後押しされて星野下宿所への入所を決意するのであった。

あげはの下宿所で無断宿泊しているところを見つかりそうになり、千秋に助けてもらう

下宿所へ泊まった翌朝、もう1人の下宿生である水原理久と出会っていた天。
初対面からスキンシップが激しい理久に天はあまりいい印象を持たなかった。

理久は普段から女の子に優しく誰にでも「可愛い」と言っており、
それゆえかなりモテるようであったが告白される度に断っているようであった。

初対面で天に抱きつく理久

理久からの告白

下宿してしばらく経った頃、いつものように理久が女の子を振っている場面に遭遇した天は、理久の思わせぶりな態度に思わず物申してしまう。
理久は、自分が本当に好きな人とでないと付き合えないと言い、それを聞いた天は、
下宿に住むという事は自分と価値観の異なる人たちと一緒に生活することなのだと考えるのであった。

対して理久は、率直に意見をしてくれる天がほかの女の子とは違うと感じ、
ある日何気なく天に褒めてもらったことをきっかけに天のことを特別な女の子として意識するようになる。

天に対してだけほかの女の子と同じ扱いが出来ないことに焦る理久であったが、
ある日、天・あげは・理久・千秋の4人で遊びに出掛けた際にバスの中で千秋に天のことが好きだと打ち明ける。

眠っていると思っていた天がその会話を聞いていて、理久に私のことが好きなのかと問いただす。
天は、理久がいつもの調子でほかの女の子に対するのと同じように「好き」と言っているのだと勘違いしていたのだが、
そうではなく本気だと気づき、その場で「ごめん」と断るのであった。

謎の男・水原鈴との出会い

理久から告白された日、天はみんなで遊びに行った神社の洞窟で黙々と石を積む男に出会っていた。

その男は理久を見るやいなや理久に暴言を吐き、天に向かって「ブス」と叫んで去っていった。

後日、その男に自分の女になれと迫られた天。
彼は水原鈴といい、理久のことを嫌悪している彼は理久の好きな相手である天を自分のものにしてやろうと考えていたのだった。
鈴は天に大量の花束を送りつけたり、やたらと天にしつこく付きまとう。

後日改めて交際を迫ってきた鈴を振るが、なかなか諦めない鈴に対し、
その場にいた千秋は天を助けるため思わず天は自分と付き合っているのだと嘘をついてしまうのであった。

気持ちの変化

鈴を諦めさせるために千秋と付き合っていることになった天は、下宿生のみんなにその事を打ち明ける。
理久は、例え嘘だとしても2人のことをどういう風に見れば良いのかわからずモヤモヤしてしまう。

水原兄弟の事情を深く知っていそうな下宿長の星野蘭から理久を振った理由を問われた天。
また、理久の気持ちを知っている千秋からも同じような質問をされ困っていると、話を聞いていた理久が現れて気まずい雰囲気になる。
理久は千秋に対しおせっかいだと怒るのであった。

しかし、千秋のおせっかいにより理久がまだ自分のことを好きでいることを知った天は、少しだけ理久のことを少し意識するようになっていた。

ある日、夕食の席で雷による停電が起こり怖がっている天を、理久はさりげなく気遣う。
理久の優しさに触れて天はさらに理久のことを意識するのであった。
そして、2人で懐中電灯の電池を取りに行った時、理久は思わず天にキスをしてしまう。

安心させるためにキスしたと理久に言われ、その真意が分からず理久の事ばかり考えている天

キスされた事により、本格的に理久のことを意識し始める天。
恋愛に疎い天は、あの時なぜ理久がキスしてきたのか理由が分からずに困惑していた。

鈴は相変わらず天に鬱陶しい態度で接してくるが、その都度千秋が天のことを助ける。

一方、千秋はいつの間にか天のことが好きになっていた。

天への気持ちに気づいた千秋は一度天に告白しかけるが、天はそれが告白だと気付かない。
代わりに千秋は自分がある人に片思い中だと打ち明け、そして天は千秋のことを応援すると言ってしまう。

その後千秋は、天が好きだということを理久にも打ち明ける。

夏休み、天・理久・千秋の3人は海へ遊びに行き、そこで天は改めて理久のことが好きになっていると自覚する。
その後実家に帰省した後もずっと理久の事を考えていた天は、理久に早く会いたくて下宿所へ戻る日程を前倒ししてバスで戻るのであった。

下宿へ戻ってきた天は、恥ずかしくて理久の顔をまともに見ることが出来ない。
理久の事が好きだが、同じ下宿に住んでいるので他の下宿生達に気を遣わせてしまう事を恐れ、なかなか行動にうつせずにいる。

千秋は、自分の好きな人には別に好きな人がいるが、諦められないため頑張りたいと天に打ち明け、天は遠足のとき千秋と一緒に千秋の片思い相手へのお土産を選ぶのであった。

理久の高校の体育祭で天にキスする千秋

その後、理久の通う高校の体育祭をこっそり見に行った天と千秋。

天が千秋に「理久の事が好きだ」と打ち明けるが、天の事が好きな千秋は思わず天にキスをしてしまう。
千秋の好きな相手が自分だと気づいた天は、その場で千秋のことを振るが、
今後下宿内で千秋とどういう風に付き合っていけばよいか分からず、思い悩むあまりやつれてしまう。

そんな中天は思い切って理久を買い物へ誘い、2人は初めてのデートへ行く。
はっきりと理久に好きだと伝えていないこともあり、お互いがお互いの気持ちに答えを見出せない2人を見かねて、
千秋は「天が自分の恋愛を成就させようとするのは自然な事」だと天を勇気づける。

千秋のおかげで元気を取り戻した天は、神社で理久に好きだと告白する。
そして、最初理久に告白された際に断ってしまった事で理久を傷つけてしまったので、
今度は理久が自分に振り向いてもらえるように頑張るから待っていてほしいと伝えるのであった。

天は、あげはの協力を得てキレイになろうと努力し始める。

親友あげはの協力を得て女子力を磨く天

mori1210
mori1210
@mori1210

目次 - Contents