恋のツキ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋のツキ』とは月刊『モーニングツー』にて連載された大人の恋愛を描いた作品である。作者は新田章。2018年よりテレビ東京ほかにて実写ドラマが放送された。31歳フリーターの主人公平ワコ。結婚適齢期になる彼女は、同棲中の彼氏との生活や将来に、当たり前の毎日に不満を抱いていた。そんな時、バイト先に現れた男子高校生の事を好きになってしまう。結婚を考える彼氏と、ときめきをくれる男子高校生の狭間で揺れ動くアラサー女性の、人生の選択に迫る崖っぷちラブストーリー。

ワコがフリーターの時に勤めていた映画館である。古い映画館で、客足が少なくなっていたこともあり潰れてしまう。

『恋のツキ』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

31歳だって恋をする

ふうくんに嘘をついてイコくんとホテルに来たシーン

ふうくんには水野さんと飲み会に行くと嘘をつき、イコくんとホテルまで行ってしまうシーン。そこでイコくんに告白されるが、ワコは彼氏がいないと嘘をついていたため返事を先延ばしにする。年齢のこともあり、ふうくんと結婚する道しかないと思っていたワコだったが。狭まっていた視界が開け、少しの期待を乗せるのだった。ホテルを出る前に抱き合う2人。ときめきのある恋なんて自分にはもう無縁な話だと思っていたが、まだ恋ができることに喜ぶワコなのだった。ふうくんとはマンネリ気味になっていたことから、現実逃避でもあったと思われる。目の前のふうくんとの日常や、結婚に目を背けて「ほしいもの」をくれる、ないものねだりを叶えてくれるイコくんに惹かれていってしまうのだった。

4年間という重み

ふうくんと別れる決意が出来ず布団の中で泣くシーン

イコくんに告白の返事を迫られ、彼氏がいることを正直に話す。当然拒絶されてまうが、ふうくんとは上手くいっていなかったので「彼氏とは別れる」と言ってしまう。このチャンスを逃してはいけないと意気込むワコだったが、交際して4年の彼と過ごしてきた月日は、ワコにとって当たり前の存在で、体の一部になっていた。簡単に壊せるものじゃなかったということに気づき布団の中で一人泣くワコ。

ワコが溺れている

ワコの浮気が発覚し、リサさんのところに行くが逆に説教されてしまうシーン

ワコとイコくんが神社で話している内容を全て聞いてしまい、ワコが浮気をしていたことを知る。家に帰ることができなかったふうくんはリサさん夫婦のところへ行き愚痴を聞いてもらうのだった。リサさんからはどんな理由があれ浮気をしたことが第一に悪いが、ふうくんもワコとの生活の中で悪かったところはあるんじゃないかと言われてしまう。リサさんも浮気をしようと魔が差してしまいそうだったことがあったらしい。しかし浮気をしなかったのは旦那が自分のことをどれだけ大事にしてくれていたか、自分の為に何をしてくれるかが思い浮かんだからだと言う。日頃の行いや、家事のお礼だったり、お金のことに関しても、うやむやにしていたところがあったんじゃないかと怒られた。同棲しているということは運命共同体になっていて、お互いを思いやったり助け合っていくことが大切なのに、どちらかが傾いてなかなか前に進めなくなっていたことに気づくことができなかったふうくんなのだった。ワコが溺れていることに気づいてあげてとリサさんに背中を押された一言。

イコくん「でもコレ ボクにとっては大当たりですよ?ワコさんが獲ってくれたんだから」

ガチャガチャを引きハズレが出たとワコは落ち込むが、イコくんにとっては当たりだと喜んでくれるシーン

イコくんとの浮気がバレてからふうくんとちゃんとしようと、お互いに思いやり、向き合っていこうとしたが、気づけば元通りの生活になり再びイコくんに会ってしまう。少しの時間だけ喋ったその帰りに、ガチャガチャを見つけワコがハズレを引いたときのイコくんの言葉。ふうくんとどんな嫌なことがあったって、イコくんの存在がワコを生かしていたのだった。

負けても良い賭け

スーパーの帰り際に引いたガチャガチャを開けるシーン

数年後になんと再会をしていたワコとイコくん。これまでないものねだりばかりをしてきたワコだったが、イコくんと結婚を考えられる歳になった上でのワコが見つけた答えは、イコくんと再び付き合うことが出来たことを「負けても良い賭け」と言った。中途半端だった頃とは変わって迷いがなくなったワコは年齢や、結婚という世間の呪縛を取っ払い、好きな人と過ごす何気ない日常と向き合うことが出来たのだった。人生”当たり”を多く感じるのか、”ハズレ”を多く感じるのかは自分次第で、どんな巡り合わせを引いても楽しめる自分でありたいと前向きに話した。

『恋のツキ』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

ガチャガチャを例えにしたストーリー

恋のツキという漫画は、主人公が好きなガチャガチャの運試しをモチーフにした漫画で、何が出るかわからない、色んな巡り合わせとどう向き合っていくのかがテーマになっている。主人公ワコは、レアはなかなか出ないがレアな出会いを求めていて、ワコにとっての運命的なレアな相手はイコくんになっているのだ。しかしふうくんから見たレアな運命の相手はワコだったんじゃないかと言われている。自分から見ればハズレでも、他人から見れば当たりの場合もあり、お互いを当たりと思うケース、それもレアなのであった。

イコくんの年齢設定

最初イコくんは小学生という設定にしようとしていたと作者が話してる。体の関係がなくても精神的に繋がれる話を描こうとしたが、担当の方に小学生を好きになれるかと聞かれ、無理だと断念する。なのでもう少しリアリティがあり、大人過ぎずピュアなことが許される年齢の設定に変更したという。

ふうくんのクズ過ぎない人間性

ふうくんのことを読者に「こんな人だったら浮気されるだろう」と思われない程度の、器は小さいがひどい人にはしなかったという。そこそこ理想のカップルに見えるように、こと細かく日常の不満要素はありつつ、同棲を解消して別れるほどではない絶妙な距離感を描いた。いい事だらけの人生ではない、一筋縄ではいかないリアルな2人の人生が見事表現できている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents